これでスッキリ!「筋トレはハゲる」の真実

これでスッキリ!「筋トレはハゲる」の真実

よく筋トレするとハゲるって聞きますよね?本当は、運営者もただ今筋トレにハマり、絶賛肉体改造中。

 

でも、実際よりハゲるのは困る!!そんな訳で、現実にハゲるのか調査してみた。

 

そもそもなんで筋トレするとハゲるなんて説が出回ったのか??それは、AGA(男性型脱毛症)が男性ホルモンが多々ある事によって起こるとされているからです。

 

筋トレすると筋肉をつけるため、脳がより男性ホルモンを分泌するためハゲるのではないかと言われているようです。

 

これはたしかに、うなずける話です。

 

目下、週2で筋トレにハゲむ運営者にとっては、ただ黙ってうなずいてもいられない。

 

 

そんな訳で、調査してみると、「筋トレはハゲる」の真実が明らかに。

 

本題に入る前に真っ先に、男性ホルモンがヘアーを薄くしてしまう所以を手っ取り早くに復習しておきましょう。

 

最初に筋力トレーニングで出る男性ホルモン(テストステロン)が悪玉酵素5αリダクターゼと合体する事でより強い男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に移ろいます。

 

このジヒドロテストステロンは、M字ところと頭頂部にこの男性ホルモンをキャッチする受け皿がある事例、髪の進化をとめてしまうんです。

 

これがAGA(男性型脱毛症)。

 

ここまでいいですか?これからが本題。

 

筋トレをした時に分泌されるホルモンはテストステロン(男性ホルモン)。

 

より筋肉質な男らしい体を生み出すには男性ホルモン(テストステロン)がかかせません。

 

ただこのテストステロンがどんだけ増加したところで、毛根を攻撃するのはジヒドロテストステロンなんです。

 

筋トレで5αリダクターゼの量まで増大してジヒドロテストステロンの総量が増えるのであればまずいですが、筋トレではジヒドロテストステロンの量は変わらない。

 

あくまでも増えるのはテストステロンの方です。

 

なのでこのような訳から、前にも書きましたが、男性ホルモンが多々ある(毛深い)=ハゲっていうわけではないという事ですね。

 

たとえ、テストステロンが増加しても5αリダクターゼが少なかったり、M字ところや頭頂部にある男性ホルモンのレセプター(受け皿)がない人は最初にはげません。

 

ただ、現在目下AGAの人はあまりやりすぎない方がいいかも。

 

現在AGAの人は、男性ホルモンのレセプターがM字ところや頭頂部にあるって事だから、男性ホルモンの量を増やしてしまうともしかすると影響してしまう懸念があるからです。

 

でも、ご心配無用をそうはいっても、人体が作り出すもので無意味なものなんて1つもないのです。

 

筋肉を製作するために分泌された男性ホルモンは筋肉を完成させる事に支出されるといいます。

 

その上、AGAの人の男性ホルモンが仮に、筋肉によって支出されたとしたら、男性ホルモン(テストステロン)を補うために反対にジヒドロテストステロンが増えるとも言われています。

 

なので、過剰に不安して何もしなくなるより、程よくな健康を維持するためにもやったほうがいいというのが運営者の結論です。

 

 

トップへ戻る