納豆はハゲ予防になる

納豆の原料である大豆は、髪を形成するタンパク質や亜鉛、男性ホルモンを抑制するイソフラボンを含んでいるため、摂取する事で髪が生えやすくなりハゲを防止可能なと言われています。

 

納豆の大豆に内蔵されるタンパク質は髪を構成する成分で、摂取する事で丈夫な髪を仕上げる事ができ、同じく大豆に内蔵される亜鉛は、タンパク質が髪に異なるのを助ける働きがあります。

 

他にも、納豆の大豆に内蔵されるイソフラボンは、男性の薄毛のきっかけである男性ホルモンを抑制する作用があるため、脱毛を減らす影響が望みできます。

 

このように、納豆の原材料である大豆には育毛にいい栄養が豊富に内蔵されていますが、過剰摂取により体に悪影響が出る事もあるので、適量を守る事が価値があるです。

 

目次納豆が持つハゲ防止への成果納豆には亜鉛が豊富に内蔵されている納豆にはタンパク質が多く配合されている納豆には大豆イソフラボンが配合納豆キナーゼの育毛成果納豆の腸内環境改善成果大豆食品じゃなく納豆がハゲ防止にベストチョイスな要因納豆の1日の摂取量の判断基準納豆と共に行いたい育毛対策育毛剤によるハゲ対策AGAクリニックによるハゲ対策納豆が持つハゲ防止への影響納豆には亜鉛が豊富に内蔵されている納豆には髪の生成を助ける亜鉛が内蔵されているため、積極的に摂取する事で育毛やハゲ防止に応用する事ができます。

 

髪はタンパク質からできており、タンパク質が髪を構成するケラチンタンパクに異なる事で髪がレベルアップしたり太くなったりするのですが、亜鉛は食事から摂取したタンパク質をケラチンタンパクに合成するのを助ける作用を持っているため、タンパク質と亜鉛を一緒に摂る事で髪が発展しやすくなるのです。

 

しかも、ヘアーは細胞が新陳代謝により固くなって表面に現れる角化という現象によって現れてしていますが、亜鉛には細胞の新陳代謝を促進する働きもあるため、頭皮のターンオーバーを正常にし髪がランクアップしやすいように働きかけてくれます。

 

加えて、納豆に内蔵される亜鉛はストレスを感じると支出されやすくなるので、ストレスが多々ある人ほど積極的に摂った方がいい栄養素だと言われています。

 

▲目次に戻る納豆にはタンパク質が多く配合されている納豆の原料である大豆は、畑の肉と呼ばれるほど豊富にタンパク質を多く含んでいます。

 

タンパク質は俗に肉、魚、卵などから摂取可能な動物性タンパク質が良く知られていますが、納豆の原料であるう大豆から取れる植物性タンパク質と特質にほぼ移ろいはないのです。

 

けれども、納豆に内蔵される植物性タンパク質の方が肉、魚などと比較して血中コレステロール値が上がりにくいため、動物性タンパク質に比較しより健康的に摂取する事が出来ます。

 

髪は、約99%がケラチンタンパクというタンパク質からできているためタンパク質が不足すると髪が作られなくなったり、ダメージヘアが増加したりします。

 

しかも、髪は生命維持に不可欠のない器官で、タンパク質も筋肉や血液の維持形成に優先的に使われ、髪に回ってくる量は少ないので、髪を増やしたいならいつもから積極的にタンパク質を摂る不可欠があります。

 

▲目次に戻る納豆には大豆イソフラボンが配合納豆に内蔵される大豆イソフラボンは、女子ホルモンのエストロゲンに似た働きをする植物エストロゲンの一種で、男性ホルモンの抑制に役立つ成分です。

 

男性ホルモンのテストステロンが、より強力なジヒドロテストステロンになり毛根にある毛母細胞を攻撃し脱毛すると抜け毛が増大しますが、大豆イソフラボンを摂取するとイソフラボンにはテストステロンをジヒドロテストステロンに変える5aリダクターゼを抑制する作用があるため、脱毛の危険性を減らす事が出来ます。

 

加えて、納豆に内蔵されるイソフラボンには髪のランクアップサイクルに働きかけ伸ばす作用もあります。

 

女子ホルモンには髪の発展期を伸ばす働きがあるため、イソフラボンで女ホルモンの働きを助長する事で、髪のランクアップサイクルが整い、休止中の髪が再び向上して抜け毛が減り、新しい髪が増大してくる育毛成果も見込みできます。

 

▲目次に戻る納豆キナーゼの育毛成果納豆キナーゼとは、納豆のネバネバを作っている酵素の一種です。

 

この納豆キナーゼには、血液中の血栓を溶かす作用と血中のコレステロール値を下げる作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化や暮らし習性病を防止する影響がある成分として注意されています。

 

納豆キナーゼにより血液がサラサラになり血流が改善されると、全身に血帰依が巡りやすくなり薄毛対策において必須な頭皮の血行促進が可能なので、育毛成果も現れやすくなります。

 

毛根の周囲には細い毛細血管が多く血流が滞りやすくなる性質があるのですが、納豆キナーゼの血液サラサラ影響により血流量が増えると、毛根の毛母細胞に行き渡る栄養も増加し髪が伸びるしやすくなります。

 

▲目次に戻る納豆の腸内環境改善成果納豆菌は腸内細菌における善玉菌で、腸内環境を整えてくれる作用が望みできます。

 

この納豆菌は、熱や酸に強く、乳製品から取れる善玉菌より腸内で生き残る力が強いと言われています。

 

納豆の腸内環境改善成果は、免疫力の増加と栄養の吸収率を増加し、間接的に育毛に貢献します。

 

納豆によって腸内に善玉菌が増えると外部からの細菌に対抗する免疫力が高まります。

 

免疫力が高まると、具合が良好になりますし、外部の刺激に強くなり、頭皮から雑菌が侵入してもそれに対抗し頭皮環境を守る事が出来ます。

 

しかも、腸内環境がよくなると栄養の吸収率がよくなり、髪の伸びるが促進されます。

 

体に摂り入れられた栄養は、先に臓器に行き渡るため髪には元来は届く栄養が少ないのですが、腸内からの栄養吸収率が高まると比例して毛根へ行き渡る栄養も増えるので、発毛しやすくなります。

 

▲目次に戻る大豆食品じゃなく納豆がハゲ阻止にベストチョイスな訳大豆には栄養素が豊富に内蔵されていますが、大豆をデフォルト摂るより発酵食品の納豆で摂った方がハゲ阻止には影響的だと言われています。

 

大豆が発酵されると消化酵素が出るため、腸内で消化吸収されやすくなり、生のままの大豆を食べるよりパフォーマンス的に栄養を摂取する事が出来ます。

 

他にも、納豆に加工すると栄養をよりパフォーマンス的に摂取可能な事もわかっています。

 

特に、大豆に内蔵されるタンパク質は、発行して納豆に加工したステータスで摂取すると、大豆をデフォルト摂った事例と対比して消化・吸収率が15%ほど上がると言われています。

 

大豆は、成分の摂取量の結びつきで過剰摂取は逆影響になるため、大豆をデフォルト取るより納豆でパフォーマンス的に摂取した方が摂取量が少なく高い栄養素を吸収可能なので育毛にも成果的です。

 

▲目次に戻る納豆の1日の摂取量の判断基準納豆は育毛に役立つ栄養が豊富ですが、納豆に内蔵される亜鉛、イソフラボンは過剰摂取すると体に悪影響を与える事があるので、1日の摂取指標量を守らなくてはなりません。

 

納豆のイソフラボンと亜鉛は一日の摂取指標量が決まっており、厚生労働省ではイソフラボンが70mg~75mg、亜鉛が11mgとされています。

 

市販の1食分のパックにはイソフラボンが約35mg、亜鉛が約0.9mg入っており、イソフラボンと亜鉛の摂取判断基準量を納豆に換算するとイソフラボンの指標量の関連で納豆2個分が1日の指標という事になります。

 

特に、納豆に内蔵されるイソフラボンは女ホルモンに似た作用があり、過剰に摂取すると女子ホルモンの働きによる乳房肥大や男性パフォーマンスの低下といった副作用が起こる事もあるため、納豆の摂取は、多くても一日に2パックを判断基準にし、指標摂取量を守るようにしましょう。

 

▲目次に戻る納豆と共に行いたい育毛対策納豆は亜鉛、タンパク質、イソフラボンなど髪の進化に働きかける栄養素を含んだ食品で、納豆を食べる事も薄毛対策に有効ですが、薄毛を改善やりたいなら育毛剤やAGA治療薬の使用による本格的な育毛対策も並行して行いましょう。

 

育毛剤とAGA治療薬は発毛成果の高さに相違があるので、薄毛の症状によって使い分ける不可欠があります。

 

薄毛の症状が初期の方は育毛剤、薄毛がかなり進行している方はAGA治療薬が推奨です。

 

育毛剤によるハゲ対策薄毛の症状が初期の事例は、頭皮環境の改善と頭皮の血行促進により改善可能な確率が高いので、それらの成果が見込み可能な育毛剤を使用するのが推奨です。

 

育毛剤は食べ物で栄養を摂り入れるのとは異なり、頭皮と毛根にダイレクトに成分を染み渡るさせる事が可能なのがポイントです。

 

育毛剤には、頭皮の血行促進作用で毛根の毛母細胞に栄養を送り届ける、毛乳頭からのランクアップ指令を増やす向上因子など毛根に働きかける成分、男性ホルモン抑制や頭皮の皮脂の抑制により薄毛の要因を減らす成分、頭皮の炎症を抑えたり保湿したりする事で頭皮環境を健康にキープする成分などが配合されているため、使用する事で頭皮環境が改善され発毛しやすい様子に近づける事ができます。

 

育毛剤順位▲目次に戻るAGAクリニックによるハゲ対策薄毛がかなり進行している時、重度の男性ホルモンがきっかけで薄毛が進行するAGAだと腹積もりられるため髪の向上サイクルが乱れ、髪が向上しにくくなっている確率が高く、育毛剤で頭皮環境を改善するだけでは薄毛が改善されない事があるため、AGAクリニックで処方されるプロペシアやミノキシジルによるAGA治療薬で対策するのがベストチョイスです。

 

AGAクリニックで処方されるAGA治療薬には、男性ホルモンを抑制するフィナステリドを含むプロペシア、頭皮の血行促進作用と毛乳頭にある伸びる因子を増加させるミノキシジルを配合した頭皮に塗るタイプの発毛剤、内服薬などがあります。

 

プロペシア、ミノキシジルによる治療は、日本皮膚科学会が定めたAGAガイドラインで最もお薦め度の高いAランクに属しており、薄毛やAGAの改善に影響的だという事がわかっています。

 

AGAクリニックに通う育毛奉行隊員50歳のAGA改善記録!▲目次に戻る。

 

トップへ戻る