育毛になるキムチと納豆

かつて名古屋市立大大学院医学研究科の教授であった岡嶋研二氏が、納豆やキムチによって毛根の発展に働きかけ髪を発展させるIGF-1というレベルアップ因子が増えるという研究結果を公表しました。

 

ただし、後に岡嶋研二氏による研究データのねつ造や流用があった事が判明し、納豆とキムチに育毛影響があるという事はねつ造だったという結果に終わりました。

 

ねつ造により、名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二氏の提唱した納豆とキムチを食べると髪が生える、ハゲが治るという心積もりに充分にした事実はない事がわかりました。

 

ただし、納豆の原料である大豆は、髪を作成しようタンパク質や男性ホルモンに働きかけるイソフラボンを含み、キムチに内蔵される血行促進作用があるカプサイシンにより薄毛のきっかけである血行不良に働きかける事ができ、どっちも髪の発展に間接的に働きかける作用があるので、納豆とキムチで補助的に育毛に応用する事はできます。

 

目次名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授のねつ造についてキムチと納豆の健康と育毛への影響キムチのカプサイシン納豆のイソフラボン納豆のビオチン納豆のイソフラボンとキムチのカプサイシンの相乗成果納豆やキムチなどの食品にたよるのではなく育毛剤の使用がベストチョイス名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授のねつ造について2012年に、その頃、名古屋市立大大学院医学研究科の大学院教授だった岡嶋研二氏が監修した、納豆やキムチなどの発酵食品で髪が生えるという研究結果を整理た学術論文の局所にねつ造があった事が外部の指摘により表沙汰になるしました。

 

岡嶋研二氏は、納豆やキムチといった発酵食品を摂取する事で、納豆の原料である大豆に内蔵されるイソフラボンやキムチの唐辛子に内蔵されるカプサイシンの作用により発展因子が増加し発毛する、という事を共同研究していました。

 

ただし、岡嶋研二氏の研究論文に別の研究者の論文の流用や挿絵データに加工がされていた事が判明し、イソフラボンやカプサイシンが髪を生やすという研究結果がねつ造だったという結論に達し、納豆とキムチの育毛成果が疑わしいものになってしまいました。

 

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120319150607317(中日新聞)▲目次に戻るキムチと納豆の健康と育毛への成果キムチのカプサイシンキムチに使用されるトウガラシにはカプサイシンが内蔵されています。

 

キムチのカプサイシンには、体内の血流を促進する事で髪の発展に働きかける作用があります。

 

キムチに混ぜられている唐辛子のカプサイシンを摂ると血管拡張作用で体全ての血流が促進されます。

 

唐辛子が入った辛い食べ物を食べると汗をかいたり、体があったかくなったりする事がありますが、これはカプサイシンにより血流が良くなっている事の現れでもあります。

 

キムチを食べる事によって唐辛子からカプサイシンを摂取して、血流が良くなると毛根の毛母細胞に栄養が行き渡り、毛母細胞の細胞分裂が活発になる事で髪が向上しやすくなります。

 

特に、毛根付近は毛細血管が多く心臓より高い位置にあるため血流が滞りやすいので、キムチによるカプサイシンで頭皮の血流が改善されると発毛しやすくなります。

 

▲目次に戻る納豆のイソフラボン納豆の原料である大豆に内蔵されるイソフラボンにはだいたい、女ホルモン様作用により男性ホルモンを押し止める事、進化因子の一種であるIGF-1を活性化させて発毛させる2つの働きがあります。

 

納豆に内蔵されるイソフラボンは女ホルモンのエストロゲンと仕組みが似ているため、男性ホルモンがきっかけの薄毛(AGA)に働きかける事ができます。

 

イソフラボンには、男性ホルモンのテストステロンと結びついて毛母細胞を攻撃し抜け毛を増やすきっかけとなる物質ジヒドロテストステロンに変える5aリダクターゼを抑制する作用があるので、結果的にジヒドロテストステロンの生成を抑制する事ができ抜け毛の減少が見込みできます。

 

そして、イソフラボンにはランクアップ因子のIGF-1を間接的に増やす作用があります。

 

イソフラボンのランクアップ因子増加影響については、岡嶋研二氏の論文では影響が立証されませんでしたが、岡嶋研二氏が直近で経営している名古屋Kクリニックでのユーザーへの施術で、イソフラボンの発展因子増加影響により発毛が検証できた事が証明されています。

 

イソフラボンが胃や腸の知覚神経を刺激する事で、脳からIGF-1を増やす指令が全身に行き渡ります。

 

納豆のイソフラボンによって毛乳頭付近の向上因子IGF-1が増えると、髪の向上が促進されヘアサイクルが正常な様子になる事で薄毛が改善されていきます。

 

▲目次に戻る納豆のビオチン納豆にはイソフラボンによる男性ホルモン抑制影響だけではなく、ビオチンによる血流促進成果もあります。

 

ビオチンとはビタミンB群の一種で、血管拡張により毛細血管を太くし血流を促進します。

 

毛根の周囲には毛細血管が多々あるため血行不良になりやすいのですが、納豆に内蔵されるビオチンによって血流が良くなると毛根に栄養が運ばれやすくなって育毛にいい成果が見込みできます。

 

その上、納豆のビオチンはいつも、腸内の善玉菌によってつくられているため、腸内に善玉菌よりも悪玉菌が増えると不足しやすい特質があるため、便秘気味の人やお腹の調子がよくない人など腸内環境が悪い人はビオチンが不足しやすくなると言われています。

 

つまり、納豆で不足しやすいビオチンも補給可能なんです。

 

▲目次に戻る納豆のイソフラボンとキムチのカプサイシンの相乗影響納豆とキムチは各々育毛に役立つ作用がありますが、共に摂取する事でまた育毛への影響が高まると言われています。

 

キムチの辛味成分のカプサイシンは、胃腸の知覚神経を刺激する事で神経の末端からCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を放出し、伸びる因子IGF-1を増やします。

 

しかも、納豆のイソフラボンは知覚神経にあるCGRPを増やす働きによって間接的に毛髪をランクアップさせる伸びる因子IGF?1を増やすので、納豆とキムチを一緒に摂る事でより髪への影響を高めると言われています。

 

そして、イソフラボンとカプサイシンはどっちも大豆、唐辛子のまま摂るより、発酵食品であるキムチと納豆のまとめ合わせの方が腸内への影響が強く、IGF-1増加の相乗影響も高まると言われています。

 

▲目次に戻る納豆やキムチなどの食品にたよるのではなく育毛剤の使用が推奨岡嶋研二氏の論文データのねつ造問題により納豆とキムチの育毛影響は疑わしいものになってしまいました。

 

ただし、納豆のイソフラボンには5aリダクターゼを抑制する成果とIGF-1を増やす成果が見込みでき、キムチのカプサイシンには頭皮の血行促進作用により毛根へ行き渡る栄養を増やす作用とIGF-1を増やす成果があるため、どっちも育毛成果がある材料だという事がわかります。

 

ただ、育毛にいい栄養を体に摂取しても、毛根の周囲も毛細血管が多く、髪まで十分に栄養がいきわたりにくいので、直接頭皮に成分を発送られる育毛剤で対策した方がよりパフォーマンス的です。

 

薄毛を改善やりたいなら、納豆とキムチを食べるだけではなく、育毛剤を使って対策するのがベストチョイスです。

 

どの育毛剤が推奨なのかは以下のページの育毛剤順位で解説しているのでポイントにしてください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る