紫外線に当たるとハゲる!?

紫外線に当たるとハゲると言われていますが、実のところに紫外線は頭皮や髪にどういった影響を与えるのか?このページで書いていきます。

 

紫外線によるダメージは、頭皮へのダメージと髪へのダメージに分かれます。

 

初めに、髪へのダメージについて。

 

紫外線を受けると髪のキューティクルが開いてしまいます。

 

キューティクルとは、うろこうした形をしていてシャンプーのCMなどでも出てくる髪を守っているところです。

 

キューティクルに蓄えた水分で髪をみずみずしく保ったり、汚れや刺激などから髪を守っています。

 

よくドライヤーの熱風がよくないといわれるのは、このキューティクルの水分が乾燥して開いてしまう事によります。

 

同じく、パーマや色味は髪が傷むと様々なところで言われていますが、そのような色彩やパーマですらキューティクルを開かせる事はないのです。

 

つまり紫外線はそのぐらい髪にとって脅威だったんですね。

 

剥がれやすくなったキューティクルにより紫外線が髪の内側にまで届きやすくなってタンパク質を破壊してしまいます。

 

破壊されたタンパク質は栄養と併せて水分も保持しているので髪のパサつきや乾かす・切れ毛や枝毛などのトラブルにつながるようです。

 

第二に頭皮へのダメージですが、女なんかだと顔や体の肌がが焼けるのを嫌がりますよね?なんでかっていうと、シミやシワのきっかけになるからです。

 

人間の体は1枚の皮膚でつながってるので、顔や体に良くない事が頭皮にいいわけがないのです。

 

ましてやヘアーも皮膚が移り変わりしてできたものです。

 

ヘアーを含む頭皮概要が皮膚のようなもので、お薦め紫外線の影響を受けやすいところなので、大きな影響を受ける事がわかると考えます。

 

可能なら、ハゲを懸念ている人であれば頭にも日焼け止めを塗装たいと思うところですが、運営者はわずか抵抗があってやめました。

 

日焼け止めにはパラベンなどの防腐剤や、化学物質も内蔵されていてどのような影響があるかわからないから怖いですよね・・・。

 

そんな訳で登場するのが、我々の救世主「帽子」です。

 

帽子をかぶったらかぶったで、「蒸れてハゲる」とも言われていますが、蒸れる事でハゲには直接つながらないと思っています。

 

ほとんど長時間帽子をかぶり続けているようだと細菌の増殖など頭皮環境の悪化にはつながるかもしれませんが、帽子が抜け毛に直結するとは思えません。

 

運営者的には、仮に帽子をかぶる事によって何かダメージがあったとしても、日差しの強い真夏ぐらいは帽子をかぶる短所よりも帽子で日差しを防ぐ良いところの方が大きいと心積もりています。

 

紫外線による髪へのダメージもさる事ながら、頭皮にもダメージは蓄積します。

 

海などで遊んだあとの肌が黒くなる前の状況は皮膚がやけどしている状況です。

 

他にも紫外線は頭皮の皮脂を酸化させるので、酸化した皮脂が増えるとフケが増大したりひどいと脂漏性皮膚炎になる事もあります。

 

ここまで頭皮の環境が悪化してしまうと脱毛につながるので用心しましょう。

 

ついでに夏場に受けた紫外線のダメージは秋ごろになって表れとりかかるので秋口は抜け毛が増えるようです。

 

 

トップへ戻る