白髪の人はハゲないの真相

昔から「白髪の人はハゲない」と言われていますが、その噂は本当なんでしょうか?白髪体質ではない運営者が、自らはハゲるのではないかと焦って調査した結果をここでお伝えします。

 

最初に、前提として白髪交じりでハゲ散らかしている人はどんだけでもいるという事。

 

髪全てがほぼ白髪の人自体をあまり見かけないかもしれないが、だいたいの人は白髪染めなどで黒髪にしている模様。

 

中でも、頭頂部がツルッツルのハゲ散らかしたおじさんでも、よーく頭部を観察してみると白髪が5対5くらいのレートで混じっている人もいます。

 

そもそも白髪のきっかけってなんだろう…そう思った運営者は白髪に関して調査してみました。

 

万が一、白髪になる事によって、髪を用意する組織を攻撃する男性ホルモンなどを阻害するなどの働きがあればこの噂は事実という事になるでしょう。

 

調査してみた白髪のきっかけですが、普通の黒いヘアーは、細胞を増殖させヘアーを上へ上へと伸ばしていく毛母細胞の上に、メラノサイトという黒いヘアーの色素を製作する器官があってそこで作られたメラニン色素をとりこみながら黒い髪を作っていきます。

 

けれども、メラノサイトがどこかに不調をきたし、色素が作られなくなってしまった様子が白髪です。

 

白髪に何故なるのかのきっかけは未だに解明されていないとの事でした。

 

白髪のきっかけはメラノサイトにあって、男性型脱毛症(AGA)のきっかけは、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の毛乳頭攻撃によっておこります。

 

つまり白髪のきっかけとAGAのきっかけはまったく別のところにあるっていう事ですね。

 

なので白髪の人はハゲないはウソだと言えます。

 

実のところに、道を歩いていて白髪でハゲている人も見ますしね。

 

笑そういう心象がないのは、白髪でハゲている人は黒髪でバーコードの人よりも感触に残りにくいからではないかと感じます。

 

「自身は白髪になりスタート出来ている」「父母が白髪体質だ」からと言ってあぐらをかいていたら、暮らし習性や食生活などがきっかけで薄毛になる事もありえるという事です。

 

 

トップへ戻る