正しいブラッシング方法とブラシ(櫛)の選び方

正しいブラッシング方法とブラシ(櫛)の選び方

シャンプーを長時間行う事は頭皮の負担につながります。

 

できるだけシャンプー時を短くやりたいものですが、その時に役に立つのが洗髪前のブラッシング。

 

ここでは、運営者が調査した正しいブラッシング手法とブラシ(櫛)の選び方をお伝えします。

 

最初に、トップダメなのが、恐らく誰もが使った事であろうプラスチックの櫛。

 

右の写真は運営者が昔使っていたプラスチックのブラシですが、プラスチックの櫛は静電気を起こし、抜け毛につながってしまうからです。

 

小学生の時に下敷きで静電気を起こし髪を断たせて遊んだ経験が一度はあると考えますが、プラスチックのブラシで髪をとかすと櫛が添加の電気を帯びます。

 

その電気が、毛母細胞からマイナスの毛乳頭へと伝わり短いしてしまい、ちょうど髪の根元の丸っこいところ(毛球)が萎縮してしまうんです。

 

この時の静電気は驚いたことに1万ボルト以上にもなるようです。

 

やはりにこの静電気が常に蓄積されるわけではないですが、髪に与える影響はいいとは言えないでしょう。

 

最悪、毛が抜ける事もあるそうです。

 

髪の健康のためにするブラッシングが脱毛を起こさせては本末転倒ですよね。

 

ブラッシングに最も適しているのは動物の毛のブラシです。

 

(イノシシや豚の毛のブラシ)このブラシは静電気を起こしにくく、頭皮のごみや皮脂、酸化した皮脂まで櫛でからめとるだけでなく、動物の皮脂でヘアーをなめらかにしてくれるおまけまでついています。

 

お手入れも、ブラシに付いた汚れを水洗いで落とせるので骨が折れるではないのです。

 

運営者は以前プラスチックのブラシを使っていたんですが、これを知ってから居宅にある櫛をすべて捨てました。

 

特に使わなければ薄毛が進むっていう事もないので、現在は使っていないんですが、いずれ良い櫛を買おうとも思っています。

 

買ったケースはこのWebページに批評を載せますね。

 

以上、手っ取り早くですが正しいブラッシング手段とブラシ(櫛)の選び方でした☆。

 

トップへ戻る