フケとかゆみに注意!フケとかゆみはハゲの前触れ!?

フケとかゆみに注意!フケとかゆみはハゲの前触れ!?

運営者は、薄くなり開始する前長い期間にわたってフケと痒みが続きました。

 

この痒みとフケは頭皮が荒れていて抜け毛が始まるリスキー信号なんです。

 

この信号を受け取り対策をとるか、信号を見逃し放置し脱毛が始まるかの分かれ道になります。

 

フケは、普通ならば誰からも出る生理現象です。

 

腕や足などから出る垢と同じで、何ら悩ましいする事はないのです。

 

フケ(垢)は皮膚の表面で外部の刺激から守っている角質(水分を失い死んだ細胞)がターンオーバー(代謝)により、下から新しい細胞に押し上げられ排出されるたものです。

 

正常な角質は、ものすごく小さいため塩や砂糖のような正方形でかなり小さい形をしています。

 

でも、雑菌の繁殖や合わないシャンプーなんかで頭皮に異常が起こると言うならうろこのような大粒のフケがでたり、頭皮が遠くからでもわかるほど真赤になってしまったりと異常が起こります。

 

ここまで来ると、抜け毛が急激に増加し開始出来てしまうんです。

 

実のところに運営者は、頭皮のかゆみとフケをずうっと放置したところ大粒のフケと頭皮が真っ赤になるほどの痒みが表れ、自身でも驚くほどの抜け毛の量につながりました。

 

かけばかくほどどんどん痒くなっていくしフケは一切止まりません。

 

運営者のケース、かゆみとフケが出ても放置したから抜け毛が進んでしまったが、かゆみとフケが出た時点で対策しておけば実際より一段と髪は残ったかもしれないし生えるのが早まったかもしれないと若干悔やみしています。

 

ただ、放置していたわけでもなくて、一番目はシャンプーの仕方とシャンプーが悪いんだと心積もり様々なシャンプーを試してみました。

 

シャンプーについての知識がまったくない運営者は、市販のシャンプーをドラッグストアにおいてある高めのシャンプーに変更したり、石鹸シャンプーに変更したり。

 

でも運営者の事例は、シャンプーよりも一層頭皮に悪さを働いていたのが酸化した頭皮の皮脂だったんです。

 

頭皮の皮脂をエサに増殖したカビ(真菌)が頭皮を赤くなるほどに刺激しターンオーバーを異常に早めた犯人でした。

 

運営者は皮膚科で治療し治りましたが、ちょっとフケの量が多くてかゆみを伴うぐらいであれば洗浄力の弱いシャンプーに変えるなど刺激をなくせば改善する事もあります。

 

(※運営者の脂漏性皮膚炎改善体験談はコチラ)背中や腕などが真っ赤になってかゆくなったら「あれ?おかしいな…」って誰もが考えますよね。

 

かゆみや赤みは肌がどこかにトラブルを起こしている証拠であり、頭皮も特例ではないのです。

 

炎症を起こした頭皮は、我々がトップ懸念ている脱毛につながるので早めに改善しましょう。

 

 

トップへ戻る