帽子をかぶるとハゲるはウソ?ホント?

帽子をかぶるとハゲるはウソ?ホント?

帽子をかぶるとハゲると聞いていた運営者は帽子をかぶって今めかしいやりたい時も我慢していました。

 

帽子をかぶるとハゲるはウソなのか?ホントなのか?運営者が調査してわかった事についてお伝えします。

 

薄毛が徐々に不安になりスタート出来た20代は、とにもかくにも帽子をかぶらないように意識してきた運営者。

 

アルバイトや業務は、帽子をかぶる職種は秒殺で却下です。

 

「帽子をかぶるとハゲる」という噂に翻弄されてきた運営者が、帽子が頭皮に与える影響について調査しハゲるのか如何にか腹積もりてみました。

 

最初に、なぜ帽子を常にかぶっている人はハゲると言われているかと言うと、「汗で帽子の中が蒸れて頭皮に雑菌が繁殖してしまうから」という訳のようです。

 

頭皮を守っている薄い皮膜、皮脂膜は毛穴から出てくる皮脂と汗が分泌し作られます。

 

この汗と皮脂が合わさって、薄い膜となって頭皮を覆うんです。

 

この皮脂膜は言うまでもなく、雑菌なども防ぎますし毛穴から体内に入る事も阻止しています。

 

なので、運営者的には帽子をかぶり続ける事がハゲに直接つながる大きな要因になるわけではないと腹積もりています。

 

帽子をかぶって汗をかいた後はシャワーで流しますしその点はとくに問題ないように考えます。

 

でも、影響がまったくないかと言うと断言もできないので、汗をかいたらこまめに帽子をとって換気するなどすれば問題ないと考えます。

 

だがけれども!帽子も髪を守る働きをする事も忘れてはいけません。

 

真夏のぎらぎらと照りつける太陽から頭皮を守ってくれのはヘアーよりも心強い帽子です。

 

無論、真夏なので汗で蒸れる事もあると考えますがそれよりも日光から頭皮を守る事の方が良い面が大きいんです。

 

窓辺に置いておいた物や紙は時が経てば日焼けして色が変化しますよね?それと同じで頭皮にも直射日光が当たり続けると日焼けします。

 

秋口は夏場の終わりの日焼けによって抜け毛が増えると言われていますが、それぐらい頭皮にとって直射日光は悪影響なんです。

 

汗はお風呂に入れば落ちますが、炎症を起こした頭皮はお風呂では治せません。

 

日差しの強い日には頭皮を守る役割として帽子をかぶるのがいいでしょう。

 

 

トップへ戻る