昆布やわかめが育毛にいいのは都市伝説!?

昆布やわかめが育毛にいいのは都市伝説!?

昔からわかめはヘアーに良いとされていました。

 

「食べると髪が増える」などの都市神話のような噂が広まり運営者も本気になって食べていたタイミングがありました。

 

ただ、逆に「わかめなんて食べても髪は増加しない」という説も根強く、わかめが水に揺られている姿が健康なヘアーを連想させるから噂が広まったなど諸説あります。

 

そんな訳で、運営者は昆布やわかめ、もずく、めかぶなどの海藻類を食べると現実にヘアーに良いのか?調査してみました。

 

結論から先に言ってしまうと、海藻類は育毛に成果があると言えそうです。

 

なぜかというと、ワカメなどの海藻類を食べると育毛に大切なIGF-I(インスリン様ランクアップ因子)が増える事がわかっています。

 

IGF-I(インスリン様発展因子)とは体内で血管を開く作用を持っている物質です。

 

実のところに、動物実験でも海藻類に内蔵されるフコイダンをマウスに着色したところ、IGF-Iが増大したと言います。

 

つまり血行が促進されているという事なんです。

 

しかも実験でフコイダンは傷の治りを早める力と血管を増やす影響を持っている事がわかっています。

 

血行促進と傷の治りを早める力が如何に育毛に結び付くかというと、血行促進は髪の工場である毛母細胞に栄養を送り届け、傷の治りを早める力は、そもそもヘアーは皮膚が移り変わりしたものなので、皮膚の細胞分裂を助け傷を治す力は皮膚と同じである髪にとっても良い事だと言えそうです。

 

とはいっても、配慮しなければいけないのがわかめなどの海藻類はビタミンやミネラルなどの髪に必須な栄養素が豊富ですが、これが直接ヘアーの原料となるわけではないという事です。

 

ワカメなどの海藻類にはIGF-Iを増やし血行を促進するという影響を持つ事は事実ですが、これに薬以上の影響があるとは到底心積もりられません。

 

その上ヘアーを製作する血液は、すべての臓器に回された後に残った血液で製作するため、一概に海藻類を一杯食べたからといって直接髪が生えてくるという事は考慮しづらいです。

 

だがただし!摂らないよりは摂った方が体にもヘアーにもいい事に間違いはないのでいつもの食卓に添加で海藻類を食べるのもいいですね。

 

昆布やワカメのハゲへの成果。

 

トップへ戻る