ヒゲや体の毛が濃いとハゲやすい?

胸毛が生えているワイルドな運営者は、よく言われるヒゲや体毛の濃い人はハゲやすいという噂を信じていました。

 

でも、「若干待てよ…、知り合いでヒゲがメチャクチャ濃くても禿げてない人はいっぱいいるよな…。

 

」そう考え、ヒゲや体毛の濃い人はハゲやすいのかについて専門書などで調査してみる事に。

 

このページでその結果をお伝えします。

 

真っ先に、結論から言ってしまうと体毛が濃いからといって一概にハゲるかというとそうではないようです。

 

理由を言えば、髪が抜けるのかは男性ホルモンの感受性(レセプター)によって左右されるところが大きいからです。

 

頭頂部とM字ところだけ後退し、側頭部と後頭部の髪が抜けないのは、男性ホルモンのレセプターがないからなんですね。

 

つまり薄毛には男性ホルモンのレセプターの有る無しが大きく係りしているようです。

 

その証拠に血中の男性ホルモン値がまったく同じなのにもかかわらずハゲる人とハゲない人がいるのはこのためでしょう。

 

このような結果がある以上は、男性ホルモンに加えてなんとなく脱毛が始まるきっかけは定期的の暮らしや食生活も大きく係りしていると考慮しざるを得ないように考えます。

 

中国ではヘアーの事を痛むようにから「血余」と呼んでいますが、人間の生命に直接影響しないヘアーは後回しにされてしまう事からそう呼ばれていて、字のごとく余った血で最後に作られるという解釈です。

 

でも、大いに毛が濃い人に男性ホルモンの感受性が強い人は多々あるようです。

 

外人に多々あるですが眉毛がつながりながらシャツから胸毛までもがこんにちわはしている人は、全くはげているように考えます。

 

毛が濃い=ハゲという心象が根強い事もありますが、一方で毛深いながらも禿げていない人も実のところにはいるので諦める事なく、運営者のように胸毛や腿の裏までこれでもかと毛がびっしり生えていても抜け毛を止める事は可能なので、放棄しずに育毛するのがいいと考えます。

 

なお言うとホルモンのバランスなんてプロでも如何になるかはすっきりしないようです。

 

現在のままのバランスでどんどんいく事もあるし、ある時何かのスイッチが突然入り変化し抜け毛が始まる事もあると言います。

 

このスイッチはなぜ入るのか?いつ入るのか?なんて事もプロでもわかっていないのですから、素人が深く腹積もりてもやむを得ないと言えます。

 

ポジティブな思考が癌を改善へ向かわせるように、想いが体に与える影響は大きいです。

 

ネガティブな心積もりは捨て去り、現在可能な育毛対策から開始出来てみてはどうでしょうか。

 

 

トップへ戻る