肥満と薄毛の関係

薄毛と肥満は関連性があるとは、医学的にはまだ解明されていないものの、肥満が引き起こす様々な症状によって薄毛が起こりやすくなるため、肥満と薄毛は結びつきがあると言われています。

 

事実、肥満が薄毛を直接的に引き起こすのではなく、肥満になる暮らし習性がヘアーや頭皮にも良くないという事だと思っています。

 

具体的には、肥満によって起こるメタボや暮らし習性病、血行不良、頭皮環境の悪化による脱毛症などで、なぜ肥満が薄毛を引き起こすきっかけとなるのか、この文章で細かいところまで紹介します。

 

目次肥満が薄毛を引き起こすきっかけとなる血行不良皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化運動不足によるAGA自身が肥満か如何にかセルフ参考に肥満対策で健康的な髪を生やそう育毛剤による対策も推奨肥満が薄毛を引き起こすきっかけとなる血行不良肥満によって起こる血行不良のきっかけは、以下の2つです。

 

1つが、食生活の乱れによって起こる高血圧と血液の質の低下。

 

2つ目が、肥満の人に多々あると予想される運動不足。

 

ヘアーは毛根にある毛母細胞が血液から栄養を補給し、生えています。

 

これらのきっかけによって血行不良が引き起こされる事で、髪に血液を通して栄養がうまく行き渡らなくなり、髪の伸びるが止まり抜け毛となり、薄毛の症状につながるというわけです。

 

▲目次に戻るドロドロの血液で血行不良が起こる肥満の人の体内には、皮下脂肪が多く付いています。

 

体内に付いている脂肪細胞は、血管を圧迫し血圧が高くなる事で高血圧を招いてしまいます。

 

高血圧は、水が出るホースの出口を指で潰したような状況で、血液の流れが悪くなり血行不良のきっかけにもなるのです。

 

しかも、肥満の人は食事の中身も脂っこいものや高カロリーなものをわりとお好きなますが、そうなると血液中にも中性脂肪やコレステロール値が高くなりドロドロの血液で流れが悪くなり血行不良を引き起こしてしまいます。

 

このように、体の手や足、頭などの末端に栄養を送る毛細血管はかなり細いです。

 

血流が悪化すると、体の末端の頭皮にもうまく栄養が行き渡らなくなり髪にも薄毛となって影響が表れスタート出来ます。

 

血中のコレステロールが多くなると、血管にへばりつき固くなってしまう事で起こる動脈硬化を引き起こしたり高血圧や、心筋梗塞などの死亡きっかけになる病も引き起こす危険性が上がるため、単に薄毛を阻止するためではなく、コレステロールの摂取のし過ぎには用心しなくてはなりません。

 

▲目次に戻る運動不足による血行不良筋肉には全身に血液を送るポンプの役割があります。

 

肥満の人はわりと食事量が多々あるにも関わらず運動をしない性質にあるため、食事から摂取したエネルギーが支出されずに脂肪となって体内に蓄えられます。

 

このように、肥満の人が運動不足になると、筋肉量も低下してしまっている確率が高いため、上述のような食生活から起こる血行不良と運動不足による2つの血行不良を招くきっかけとなってしまうんです。

 

▲目次に戻る皮脂の過剰分泌による頭皮環境の悪化肥満の人は、いうまでもなく1回の食事量や1日の食事回数が多々あるです。

 

1日や1回の食事量で必須なエネルギー量を超えて摂取した結果が肥満と言う結果になって表れます。

 

そのような肥満の人が大好きな脂の多々あるラーメンや、動物性脂肪が内蔵される肉料理などには、血中の脂肪分を高めます。

 

食事から摂取した余分な脂分は、皮脂や血液を通して体外に排出されていきます。

 

特に頭皮の毛穴には皮脂腺が多く、食事からとった脂分が多く排出されベタベタした皮脂が分泌されてしまうんです。

 

加えて、太っている人は皮下脂肪のせいで体内に熱がこもりやすく汗をかきやすい体質になってしまいます。

 

頭皮にもよく汗をかき、汗には食事から摂取した脂肪が多く内蔵されているため、頭皮からはベタベタの脂肪が多く内蔵された汗が分泌される。

 

頭皮にはベトベトした皮脂を大好物とする細菌が、皮脂をエサとし繁殖する事で刺激物を分泌させ頭皮のフケやかゆみを現れてさせてしまいます。

 

この症状が悪化し重症化すると脂漏性皮膚炎といい、抜け毛や薄毛につながる事になります。

 

試しに頭皮を指の腹で触ってみて、ベトベトするようであれば頭皮の皮脂の分泌が多々あると言えるので用心しましょう。

 

▲目次に戻る運動不足によるAGA運動をして汗をかくと汗から男性ホルモンのテストステロンが排出されます。

 

そして、運動後の筋肉や骨に強化にもテストステロンが使用されるため、結果的に体内のテストステロン値が下がるというわけです。

 

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが組み合わせし直接の脱毛因子であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。

 

つまり、運動によって体内のテストステロンの総量を抑制する事によって結果的にAGAのきっかけ物質であるDHTを減らす事につながり抜け毛を防ぐ事につながるんです。

 

ただ、肥満の人は、食事で食べた余分なエネルギーを運動などで支出しなかった結果、脂肪が付いているステータスなので運動不足の見込みが高いと言えます。

 

それにより、AGAによる薄毛も進行しやすく肥満じゃない人よりも薄毛になる確率も高くなると言えそうです。

 

▲目次に戻る自らが肥満か如何にかセルフ参考に自らが肥満か如何にかの指標は体脂肪率とBMI値を算出する事によってわかります。

 

BMI値は体重÷身長×身長(例:60キロ身長÷1.7×1.7※170センチの事例20.7)で25以上から肥満で、男性が22、女は21が目指す形のBMI値となります。

 

体脂肪率は体脂肪の重さ÷体重×100で出すため、体脂肪の重さが不明であると測定できません。

 

体脂肪計がある人は測ってみて健康的な男性であれば19%、女子であれば29%くらいまでであれば問題ないと言えるでしょう。

 

万が一、BMI値や体脂肪率の数値が高い人は、内臓脂肪が多々あるメタボだと言えるので、暮らし習性病になりやすいだけでなく、上述で紹介したような血行不良や頭皮環境の悪化が要因でハゲにもつながるので暮らし環境を変更しダイエットする事で肥満体型を改善していきましょう。

 

▲目次に戻る肥満対策で健康的な髪を生やそう健康なヘアーを発毛させるために行いたい肥満対策は、以下の食生活と運動を頭皮を清潔にキープする技術の3つです。

 

・肥満になりづらい食生活・程よくな運動・頭皮環境を清潔に維持する肥満になりづらい食生活油っこい食事や塩分の多々ある料理、炭水化物(糖質)、甘いおやつなどの糖分は血糖値を上げ体内の脂肪となりやすく、肥満と薄毛につながります。

 

ビタミン、ミネラルなど髪にも良い栄養素が多く内蔵された野菜などを中心に、ヘアーに必須な栄養をバランスよく摂取しましょう。

 

お米などの炭水化物を多く取ると血糖値が高くなるため、炭水化物を控える食事制限や納豆や豆腐などの血糖値が上がりにくい食べ物や有酸素運動を行うのも成果的です。

 

▲目次に戻る程よくな運動運動には、体内の脂肪を燃焼させるダイエット成果と、血中の男性ホルモンを減少させる事でAGAによる抜け毛を食い止める事が可能な成果を2つ得られます。

 

ストレスにならない程度のランニングやウォーキングなど程よくな有酸素運動がイチ押しです。

 

▲目次に戻る頭皮環境を清潔にキープする肥満体型になってしまうような食生活を続けていると、頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになり、それがきっかけでフケやかゆみなどの頭皮環境が悪化してしまいます。

 

頭皮環境の悪化を放置しておくと、抜け毛や薄毛につながるので、フケやかゆみなどの頭皮の炎症を押し止める影響のある育毛シャンプーや育毛剤で育毛対策しましょう。

 

薄毛に影響的な育毛シャンプーは以下の育毛シャンプー順位をポイントにしてみてください。

 

育毛シャンプー順位▲目次に戻る育毛剤による対策も推奨肥満による薄毛対策には、頭皮環境改善影響だけでなく、頭皮の血行促進成果や、男性ホルモン抑制成果、発毛促進影響など総合的な育毛成果が得られる育毛剤の使用がベストチョイスです。

 

そのような総合的な高い育毛影響が得られる育毛剤がチャップアップです。

 

チャップアップには、頭皮環境を改善させる成果のある成分が35種類、頭皮の血行促進成果がある成分が14種類、男性ホルモンを抑制する影響のある成分が4種類、毛髪に栄養を与える発毛促進影響のある成分が15種類も配合されています。

 

これだけバランスが良い成果が得られるのは、チャップアップだけなので、肥満による薄毛の症状が進行している人でも高い成果が得られます。

 

チャップアップの公式Webページを見るチャップアップの詳しい影響や成分については以下のページで紹介しているのでポイントにしてください。

 

チャップアップを試してみた感想と評判▲目次に戻る。

 

トップへ戻る