皮脂は悪者じゃない!?頭皮を守る大事な皮脂

皮脂は悪者じゃない!?頭皮を守る大事な皮脂

よく頭皮にとって悪者だと勘違いされやすい皮脂。

 

シャンプーのテレビCMなどでもしょっちゅうに頭皮の皮脂をいかによくとれるかを四六時中流しています。

 

そんなにの人が皮脂がきっかけで抜け毛が増えると思っている中で、なぜ皮脂は頭皮にとって大事なのか?について書いていきます。

 

一番目に結論から言ってしまうと、皮脂は外部の刺激から肌を守る役割をしているので大事なんです。

 

毛穴にある皮脂腺から出た皮脂が汗と混ざり皮脂膜となって肌を覆います。

 

この皮脂膜が肌の乾かすや外部の刺激から守ってくれているんです。

 

万が一、皮脂がなければ頭皮はもうに乾かすしカサカサになってしまうでしょう。

 

みずみずしい肌を保っていられるのも皮脂のおかげなんですよ。

 

他にも肝心なのが、皮脂にある脂肪酸が細菌の感染を防いでいるという事。

 

空気中や皮膚には数々の菌が住んでいます。

 

その菌が異常に増殖するのを防ぐ役割もあるんです。

 

でもとは言っても皮脂を常に放置していいわけでもないのです。

 

朝素晴らしいに顔を洗って夕方には鼻の周囲などに皮脂が出てくる人は、脂性と言えるでしょう。

 

こういった人がシャンプーをせずに放置しておくと皮脂をエサとする細菌によって赤い湿疹などが可能な脂漏性皮膚炎が出てしまうので用心です。

 

つまり皮脂を取りすぎても、残しすぎてもよくないっていう事になります。

 

でも、この加減がすごい厄介なんですよね。

 

皮脂の分泌が多々ある運営者でも、洗浄力の強い市販のシャンプー(スーパーやドラッグストアで売っている)を使用すると大事な皮脂まで艶やかに落としてしまって肌のトラブルを何度も起こしていました。

 

顔や背中を流れるシャンプーのせいで顔や背中のニキビにも悩まされてきました。

 

泣相当自らに合うシャンプーが見つからない人は、運営者が諸々使ってみて洗浄力がちょうどいいと感じた育毛シャンプーを順位にしたのでそちらもポイントにしてみてください。

 

→運営者が試した育毛シャンプー順位はコチラ程よくで優しい洗浄力のシャンプーと頭皮の皮脂と卒なく付き合っていきましょう。

 

 

トップへ戻る