タバコを吸うと本当にハゲる!?

前のページでお酒の影響について書きましたが、今度はお酒と2大嗜好品であるタバコ。

 

タバコを吸うとハゲると言われていますが、タバコを1日に1箱吸うヘビースモーカーの人でもハゲてない人もいます。

 

実際にタバコを吸うとハゲると言えるのでしょうか?このページで運営者なりの心積もりをお伝えします。

 

最初に、上にも書いた通り、タバコを1日に何十本も吸っても禿げない人もいればタバコを実際までで1本も吸った事ないのにハゲる人もいます。

 

なので、個人的になんとなくタバコが薄毛に直接係りしているわけではないんだと思っています。

 

でも、結論から言うとハゲに悩んでいるのなら、タバコは必ずにやめるべきです。

 

訳はタバコは健康に確実に悪いからです。

 

ヘアーを作っているのはほかならぬ自らの体なので、その体が調子悪ければヘアーにも影響が出る事は容易に想像できますよね。

 

そして、間接的ですがタバコがヘアーに影響する要因を挙げてみたいと考えます。

 

最初にタバコの害悪物質のニコチンとタールによって髪の生命線でもある体内の血流が悪くなってしまう事。

 

血流は頭皮までもがわるくなり、血液をエサにヘアーは作られるので、髪の元気がなくなってしまうなんて事もあり得ます。

 

その上、タバコによって体内に増大した活性酸素(※体を錆びさせる)をなくすために大量のビタミンCなどの抗酸化成分が支出されます。

 

タバコによってどんどん錆びていった体が育毛に良い影響を与えるわけがないのです。

 

手っ取り早くに体への影響を書きましたが、タバコに内蔵される化学物質の中にはまだ200種類以上もの害悪な物質が内蔵されていると聞いた事があります。

 

タバコをピタッと止めれればいいですが、相当そうはいきません。

 

反対に、吸わない事でかえってストレスが増大しても体内の血流が悪くなる一因にもなります。

 

突然はなく、体に理不尽が起きない程度に自分のペースでと禁煙をとりかかるのがいいと考えます。

 

 

トップへ戻る