お酒の飲みすぎはハゲる?

運営者にとってお酒は、業務のストレス解決のただひとつの嗜好品です。

 

業務の人間関連などで酒の一杯や二杯も飲まなきゃやってられないって人もいると考えます。

 

お酒がハゲを進行させるという事が昔からよく言われていますが、そうはいってももうには止められないところです。

 

そんな訳で、このページではお酒が実際にハゲを進行させるのかについてお伝えします。

 

酒は百薬の長と言われるように少量なら血行を良くしたりと体にもいいとの事ですが、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」。

 

飲み過ぎは反対に体に毒となるようです。

 

以下にお酒が与えるヘアーへの影響を整理ました。

 

最初にビタミンB2の支出について。

 

ついつい飲みすぎてしまったお酒を体に残らないように分解してくれるのがビタミンB2です。

 

これだけじゃなくビタミンB2は体の細胞分裂を助けます。

 

髪を生み出す工場である毛乳頭は、人体でも細胞分裂が盛んなところです。

 

工場のフル稼働をフォローするには、細胞分裂を助けるビタミンB2が必須なんですね。

 

こんな大事なビタミンB2がお酒の分解に使われてしまっては髪を伸ばすためのビタミンB2が残りません。

 

続いて頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまう事。

 

ビタミンBの役割は手軽にに言うと、食事などで摂りこんだ栄養素の吸収を助けたり体の細胞分裂を助けたり肌や肌の局所であるヘアーを仕上げるのに欠かせない栄養素です。

 

お酒には皮脂の元でもある糖分が内蔵されています。

 

それとお酒だけならまだしもおつまみは油っこいものほどビールが進むんですよね。

 

糖分や油は皮脂腺を活発にし頭皮の皮脂の分泌を促します。

 

ここでも活躍する業務人、ビタミンB2はお酒を飲む事によってお酒の分解に回ります。

 

運営者自分も以前は、業務終わりは絶対ビールと決まっていましたが、実際ではヘアーのためにビールを飲むのは週3日ほどになっています。

 

これがパーフェクトに禁酒にしてしまうと、反対に体にとってストレスになる事もあるので、程よくに飲むくらいがちょうどいいと感じています。

 

 

トップへ戻る