つむじハゲとストレス

薄毛の代表的なパターンの一つにつむじハゲがあります。

 

つむじハゲというのはその名の通り、頭頂部のつむじところがハゲてしまうという症状です。

 

O字ハゲ・てっぺんハゲ・頭頂部ハゲなどの名前で呼ばれる事もあります。

 

このつむじハゲのきっかけには色々なものが考慮しられますが、その代表として挙げられるのがストレスです。

 

今度の文章ではなぜストレスがつむじハゲのきっかけになるのかについて紹介していきます。

 

目次つむじハゲのきっかけつむじところの血行不良ストレスによるつむじハゲを決着するメソッド睡眠をとる運動でストレス解決する頭皮マッサージで憩いしストレス解決パーマや色味リングなどを減らし頭皮へのストレスを解決するストレスを解決してもつむじハゲが改善しない時つむじハゲのきっかけつむじハゲのきっかけとして心積もりられるものにはaga(男性型脱毛症)・頭皮環境の悪化・頭皮の血行不良の大きく分類て3つがあります。

 

ついでに、薄毛になる時、つむじが薄毛になるパターン以外にも、生え際が薄毛になるパターン、全て的にヘアーの量が減ってしまうパターンなど多様なものがあります。

 

つむじハゲの時、他のところの薄毛と対比して、頭皮の血行不良が大きなきっかけになっている事例が多々あると言われています。

 

また、この頭皮の血行不良を引き起こすきっかけとなるものの1つにストレスがあります。

 

採り上げるのの投稿ではつむじハゲのきっかけになる事が多々ある、ストレスに伴う頭皮の血行不良を紹介していきます。

 

▲目次に戻るつむじところの血行不良人間の体には呼吸・血液循環・消化といった無意識で行われる生命活動をコントロールする自律神経という神経が影響しています。

 

自律神経には体を活動モードにさせる交感神経と憩いモードにさせる副交感神経という2つの神経が影響しており、どっちかの神経が優位に働いている状況になります。

 

一例を挙げれば、日中業務をしている時などであれば交感神経が、眠っている時は副交感神経が優位になります。

 

ついでに、人間がストレスを感じたケースには、交感神経が優位に働きはじめます。

 

交感神経が働き開始すると、体は緊張状況になります。

 

体が緊張ステータスになると、血管も収縮してしまいます。

 

血管が収縮する事によって、血液の流れる量が減少してしまい、血行が悪化します。

 

ところで、血行の悪化は先ほども述べたように、特につむじところにおいて大きな悪影響を及ぼします。

 

つむじがある頭頂部は「小さな血管しか影響しない」、「血液を押し出すポンプの役割をする筋肉が無い」といった様子です。

 

したがって、体内の血流が悪化すると、その影響がつむじところにより強く出て、供給される血液の量が大きく減少します。

 

これにより、ヘアーの生成に不可欠な栄養素が著しく不足してしまい、つむじところの薄毛につながっていきます。

 

これがストレスによる頭皮の血行不良がつむじハゲを発症させるメカニズムです。

 

▲目次に戻るストレスによるつむじハゲを落着する手段もし、つむじハゲが進行しているなら、ストレスがきっかけの確率が大です。

 

ストレスを落着するために影響的なのが、暮らし習性の再考です。

 

特に運動不足・睡眠不足はストレスが蓄積するきっかけにもなります。

 

以下で解説するストレス解決のための要点を意識して暮らし習性に採りいれてみましょう。

 

睡眠をとるつむじハゲのきっかけになるストレスを解決するには、睡眠を充分にととる事が何よりも価値があるです。

 

睡眠が不足する事によって、真っ先に影響を受けるのが自律神経です。

 

自律神経が乱れると、自身本人でストレスを癒す力が低下します。

 

自律神経の乱れを防ぐためにも、充分にと睡眠をとる事は大いに大事です。

 

その上、睡眠にはレム睡眠・ノンレム睡眠という2つのタイプがあり、各々の睡眠パターンが交互に繰り返します。

 

ところで、レム睡眠では大抵体の疲れが、ノンレム睡眠では大抵心の疲れが癒される事になります。

 

ノンレム睡眠には不不可欠な記憶を消去する働きがあり、ストレスのもとになるような記憶を消してくれる成果があります。

 

このような事から、睡眠をとる事はストレス決着に有効であると言われています。

 

▲目次に戻る運動でストレス解決するつむじハゲのきっかけになるストレスを解決するためには、運動も成果的です。

 

運動を行う事により、脳内にはセロトニンと呼ばれる物質が分泌されます。

 

セロトニンには精神を安定させる影響があり、わずか嫌な出来事があったくらいではストレスを感じないようなステータスになります。

 

しかも、セロトニンには眠りの質を高める影響もあるため、睡眠で得られるストレス落着成果をより高めてくれます。

 

▲目次に戻る頭皮マッサージで憩いしストレス落着つむじハゲは血行不良が大きなきっかけになるため、頭皮マッサージを行って血行を促進してやる事も有効な対策法です。

 

他にも、頭皮マッサージには血行促進成果だけではなく、のびのび成果も望みできます。

 

その上頭皮マッサージを行うときに「百会」と言われる頭のてっぺんにあるツボをおしてやる事で、ストレスを緩和する事もできます。

 

加えて、頭皮マッサージのときにはオイルを使ってやると、加えて血行促進成果が高まりますが、オイルを用いる良いところはそれだけではないのです。

 

ラベンダーなどの息抜き成果を持つアロマオイルを頭皮マッサージに使ってやる事で、ストレスを解決する成果も見込みできます。

 

▲目次に戻るパーマや色合いリングなどを減らし頭皮へのストレスを決着するここまでは精神的なストレスの決着について述べてきました。

 

ただ、精神的なストレスという事ではなく、直接的な趣旨での頭皮へのストレス(負担)になるため、避けてくれ行為があります。

 

それがパーマやトーンリングです。

 

パーマやトーンリングのときに使用する薬液はアルカリ性の特質を帯びており、弱酸性の特質を持つ頭皮にとっては異物となるため、頭皮にかなりのストレスを与えます。

 

さらに、パーマ液が頭皮に付着すると、ボディーの免疫パフォーマンスが異物と決断して攻撃を加えるため、頭皮の炎症を引き起こす事例もあります。

 

結果として、パーマや色彩リングのときに使われる薬液がつむじハゲを引き起こす確率は十分に腹積もりられます。

 

したがって、つむじハゲを改善やりたいなら、パーマやトーンリングは極力さけて、頭皮をストレスから守ってやる不可欠があります。

 

▲目次に戻るストレスを解決してもつむじハゲが改善しないケースつむじハゲに悩んでいる人は、最初にストレスによって引き起こされた頭皮の血行不良がきっかけの見込みを疑ってみるのが良いでしょう。

 

そんな訳で試してくれのが上述で解説したような対策になります。

 

しかし、ストレス決着のための対策を行ったにも関わらず、つむじハゲが進行するケースは、agaを疑ってみるのが良いでしょう。

 

薄毛のきっかけがagaだった事例の対策手段agaによる薄毛を改善するために、最も影響的なのは育毛剤です。

 

育毛剤にはagaのきっかけとなる男性ホルモンの活性化を抑制する成分や頭皮の血行を促進する成分など、育毛を強力にバックアップする成分が目白押しです。

 

薄毛対策を幕開けするのが早ければ早いほど、ヘアーが生えてくるまでの時も早くなります。

 

ストレス対策などを行っても、つむじハゲが改善しないなら、早めに育毛剤の使用を意思決定する事をイチ押しします。

 

つむじハゲに育毛成果のある育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る