ハゲないための正しいシャンプー方法

ハゲないための正しいシャンプー方法

ここまでで食事・運動・睡眠の必須さがわかってもらえたら、次はシャンプーについてです。

 

間違ったシャンプーテクニックをしているとケースによってはハゲが進行してしまう事もあります。

 

それぐらい定期的のシャンプーって大切だと運営者は腹積もりています。

 

そんな訳で、このページでは運営者が定期的実践しているシャンプー手段をお伝えしていきます。

 

真っ先に、一番目に櫛でヘアーをとかします。

 

この櫛を通す事によってヘアーの汚れのおおかたが落ちるといいます。

 

ただし、ここで用心やりたいのが宿泊施設や旅館にあるようなプラスチックのクシを使っている人は用心です。

 

プラスチックのクシは髪との間に静電気を起こし、毛根を気づ付ける懸念があります。

 

なので、獣毛のブラシを使用するか、前もってにプラスチックのブラシを濡らしてから使用するようにしましょう。

 

続いて髪を濡らしますが、その時のシャワーの温度は36度(人間の平均体温)よりも低い温度で流すのがあるべき姿です。

 

人間の体温より高い温度で浴びると不可欠以上に皮脂が取れすぎるので、お風呂上りに髪を乾かし終わった後に頭皮が乾かすしまくっているなんて事になりかねません。

 

よくすすいだら、続いてシャンプーですが、洗浄力の弱いシャンプーを手の平に出してよーく泡立てましょう。

 

頭皮に直接付けずに手の平で一度泡立てる事で頭皮に洗浄剤が残るのを防ぎます。

 

(※洗浄力の弱いシャンプーについては育毛シャンプーの選び方をポイントにしてみてください)髪と頭皮になじませたら、指の腹を使ってやさーしく洗っていきます。

 

この時に髪の汚れはブラッシングで水準を満たすまで落ちているのでよく洗う不可欠はないのです。

 

頭皮が弱い人は指でもなく手の平と頭皮の間の泡をクッションのように押して泡の力で洗うとちょうどいいぐらいだと考えます。

 

頭皮に泡を付けている時は極力短い方がいいのでサッと洗ってしまいましょう。

 

最後はすすぎですが、はじめと同じ、36度よりも低い温度で流しましょう。

 

頭皮に付いた洗浄成分をちゃんとと落とすために、はじめに髪を濡らしたのよりも長期に渡って、洗う事を意識してください。

 

洗い終わったら、タオルをこすらずに押し付けて水分を吸い取ります。

 

タオルドライをした後は、ドライヤーを利用しますが熱風ではなく冷風で乾かすのがいいですね。

 

ドライヤーの熱は数秒同じ所にあてただけでものすごく高温になる事もあるので、冷風がベストチョイスです。

 

とはいっても、髪がずーっとて必然的に温風を利用したい人は、温風と冷風を交互に当て、髪に熱がこもらないようにしてください。

 

次のページは普段でため込んでしまいがちなストレスが如何に頭皮と髪に影響するかについてです。

 

 

トップへ戻る