ハゲを治す生活〜運動編〜

前のページでは育毛に大事な睡眠について書きました。

 

育毛は食事や睡眠だけちゃんととっても万全とはいえません。

 

最後に大事なのがここで記述する運動です。

 

どれか一つがかけてもダメで、食事・運動・睡眠バランスよく気を付けなければいけないんです。

 

真っ先にはじめに断っておきたいのが、運動をすればかならず毛が生えてくるわけでないという事。

 

前のページでも書きましたが、断っておきますが育毛がしやすい環境を整えるのに運動は大切というわけです。

 

実のところ、睡眠や食事に気を配っているであろうスポーツ選手でもハゲている人もいっぱいいます。

 

なので、運動不足はハゲるという図式は一概に誰にも当てはまるわけではないのです。

 

けれども、運動不足になると暮らし習性病のきっかけなど体にも良くない事は事実です。

 

運営者的には、薄毛に腹積もりられる危険性はちょっとでも減らしておくべきだと思っています。

 

そんな訳で、運動不足の人が吸収するといいのが有酸素運動です。

 

有酸素運動は、酸素を多く体に採りいれながらする運動で、筋肉に疲労物質が溜まりづらく疲れもあまり残らない運動です。

 

有酸素運動とはいっても、ハァハァと息切れするようなハードな運動ではなく、ウォーキングなどを中心に軽く息が上がるくらいでちょうどいいので理不尽なく続けられると考えます。

 

有酸素運動をモノにする長所として、・皮脂の分泌・ストレス落着・20分以上続けると脂肪の燃焼・心肺性能が高まるので、血流も良くなるがあります。

 

皮脂の分泌は、運動をする事で、伸びるホルモンの分泌が促され、皮脂の分泌も活発になって頭皮やお肌が潤います。

 

しかも、必須なのがヘアーが細くなったり元気がなくなっている人の時、血行不良がきっかけの事例があります。

 

そのような時に、有酸素運動を吸収する事で、心肺パフォーマンスが高まり血行が良くなるので、ヘアーに栄養が回りやすくなるんです。

 

運営者は、業務が時間のないって事もあって相当定期的運動する時を作りづらいのが現況です。

 

そんな訳で、育毛の為に無理やりにでも時を用意する事にしました。

 

定期的、勤務先からの帰りに最寄駅1つ前に降りてちょっと長めに歩いて帰るとか、近所のスーパーへの購入に自転車を使用する、近頃会員になったフィットネスクラブで水泳(水中で歩くだけでも可)をしたり。

 

時はないのではなくて、時は用意するものです。

 

ましてや、運営者は自らの髪のためだと思うといくらでも時を捻出する事ができました。

 

運動不足だなと感じたら、わずかでも定期的の暮らしから改善してみてはどうでしょうか。

 

次のページは、育毛には欠かせないハゲないための正しいシャンプー手段についてです。

 

 

トップへ戻る