ハゲを治す生活〜睡眠編〜

前のページで育毛に大事な食生活について書きました。

 

育毛は食事だけ万全にしたって成果は感じられません。

 

理由を言えば、ヘアーは夜に作られるからです。

 

このページでは、育毛に大事な暮らし習性の1つである睡眠について書きます。

 

睡眠のゴールデンタイムは夜10時?2時までと言われています。

 

つまり、この時にヘアーが作られている(細胞分裂)という事なんです。

 

ゴールデンタイムは伸びるホルモンの分泌が最高盛んになる時で、メラニンを吸収して美白をつくったり、日中に損傷した筋肉などの修復をしているんです。

 

でも、寝不足が続いたり定期的の睡眠の質が悪くなければ、ランクアップホルモンの分泌は減るわけで、その進化ホルモンはというと人間の生命維持に関わる器官の修復に優先的に使われるわけです。

 

髪やら爪やらは後回し。

 

髪だけは先に修復してくれとどんだけ願ったって非情なまでに体は受け入れてくれません。

 

逆を言えば、つまり睡眠不足が続くと最初にヘアーや爪への伸びるホルモンから削られていくというわけです。

 

思わずドキッとした人もいるんじゃないでしょうか。

 

だから十分な睡眠時が必須なんですね。

 

とは言うものの…、時間のない現代人がわりと夜10時に布団に入る事は簡単ではないですよね?なので、最低でも12時には布団に入りたいところです。

 

昔、運営者が某カラオケ店でバイトしてた時、昼はお笑い芸人、夜中はカラオケ販売員という二足のわらじを履いたおもしろい先輩がいました。

 

でも、睡眠時を確保できずに昼と夜働きまくったため、20代後半でしたが、頭頂部が薄くなっていました。

 

後ろからその先輩を見た時完璧に河童だと考えましたが、その後バイトの数を減らしていき、忙しさと反比例するように自然と戻っていっていましたね。

 

睡眠は大事大事と言われても、ピンと来ない人も多々あると思うんですが、実のところに睡眠不足がきっかけで若ハゲになった人がいて、その人が夜中のバイトをやめた途端に徐々に髪が増加していった現実を運営者は目の当たりにしています。

 

睡眠だけを充分に取ったところで髪は復活しませんが、睡眠も食事などに加えて大事だという事がわかってくれんです。

 

布団に入る3時前には食事をしない寝る事例は豆電球一つ付けない真っ暗な個室にする寝る直前にPCや携帯・テレビなどを見ない運営者はこれらを実践していますが、だいぶ成果があると感じます。

 

自らなりの質の良い睡眠テクニックを見つけられるといいですね。

 

次のページでは、暮らし習性で大事な運動についてお伝えします。

 

 

トップへ戻る