ハゲを治す生活〜食事編〜

この章では、今後ハゲを治す・改善していくためにはどんな暮らしを送ればいいのかについて書いていきたいと考えます。

 

初めに、食生活について。

 

ハゲを改善していくには、体を作成しよう元ともなる食生活がかなり大事です。

 

最初に、初めに断っておきたいのが、食生活をどんだけ万全に整えても髪が生えるとは限定しないという事です。

 

薄毛になるきっかけは諸々な要因が複雑にからみあって発症します。

 

男性ホルモンだったり、定期的の食事、睡眠、運動などなど。

 

なので、たとえ、髪が薄くなったきっかけに食生活が入っていたとしてもそれだけが所以でない時が多々あるんです。

 

とはいいながらも、体のベースは食事です。

 

病になるきっかけは遺伝などもありますがたいていが、食生活がきっかけで発症するという事を聞いた事があります。

 

つまり乱れた食生活を治せばたいていの体の不調も良くなるっていう事なんです。

 

そんな訳で、ここではヘアーにいい食事についてお伝えしていきたいと考えます。

 

普通には、体にいい事=髪に良い事と腹積もりてもらって構いません。

 

なので、現在流行りのメタボなんかは運営者的には論外だと思っています。

 

肥満は、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの暮らし習性病を引き起こします。

 

髪うんぬん言っている時ではないですが、血液がドロドロなのも髪に栄養が行き渡らないきっかけです。

 

運営者は、とにもかくにも食べ過ぎは良くないと思っています。

 

腹八分目くらいがちょうどいいんです。

 

腹八分目であれば眠くもならないし業務もはかどるのど一石二鳥です。

 

満腹ステータスにせずに腹八分目を目指してみてください。

 

わずか、話はずれましたが、育毛の妨げになる食品を言います。

 

・食品添加物・動物性タンパク質・ファーストフードやレトルト食品最初に、上の3つをやめる事から開始出来てみてください。

 

食品添加物がわんさか入った加工食品には、やはり摂った栄養の吸収を妨げてしまいます。

 

特に摂取が困難な亜鉛なんかも、ポリリン酸ナトリウムなどによって吸収されなくなるので配慮してください。

 

第二に動物性タンパク質が多く内蔵された乳製品や肉料理は極力控えましょう。

 

動物性タンパク質は、脂質が多々あるので脂漏性皮膚炎につながり、頭皮の環境悪化を招きます。

 

実のところに、運営者は中華料理や焼肉が大好きで食いまくっていたところ、脂漏性皮膚炎になってしまいました。

 

(※治療体験記はコチラ)特に動物性タンパク質はワキガや体臭のきっかけとも言われています。

 

ファーストフードやレトルト食品なども一緒です。

 

特にハンバーガーなどは、栄養が偏っているうえに油が多々あるので、脂漏性皮膚炎のきっかけにもなります。

 

運営者も現在は上に出た食品を全部断ち切り、野菜、豆類、玄米、海藻、魚類を中心に定期的の献立を決めています。

 

食事を変更してから明確わかるのが皮脂の量が圧倒的に少ない事。

 

頭皮のテカリ具合もなくなり、変にベタベタする事もないのです。

 

具体的に如何なる食料品か知りたい人は、運営者の育毛体験記やハゲや薄毛必見!驚愕の玄米パワー、運営者が飲んでいる育毛に良い自作ドリンクも読んでみてください。

 

次のページは、ハゲを治す暮らし?睡眠編?です。

 

 

トップへ戻る