harg療法の治療効果【危険はなく安全】

harg療法の治療効果【危険はなく安全】

harg療法は、harg治療センターの医者福岡大太朗ドクターが製作した薄毛治療の最先端技術です。

 

発毛に不可欠なビタミンやアミノ酸、伸びる因子などを含んだHARGカクテルを直接頭皮に注入していく治療テクニックになります。

 

 harg治療は、発毛影響が高く危ういな副作用がないため、いま注意されています。

 

このテキストでは、ハーグ療法の治療影響と治療中身について徹底的に紹介していきます。

 

 

・どんなメカニズムで薄毛が改善していくのか・実のところにHARG療法で頭皮に注入するときの4つのテクニック・頭皮に注入するHARGカクテルの発展因子の影響目次harg療法の治療影響ハーグ療法の治療中身HARGカクテルの発毛成果整理harg療法の治療成果ヘアーの生え変化しの周期はヘアサイクル(毛周期サイクル)という名前で呼ばれており、「ランクアップ期→退行期→休止期」という流れで1つのヘアサイクルをつくっています。

 

進化期は毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、ヘアーが向上する期間になります。

 

進化期のヘアーは1日で約0.35mm、1ヶ月で1cm程度伸びます。

 

向上期の期間は基本的に2?5年程度継続し、全てのヘアーの約90%はランクアップ期の段階にあります。

 

レベルアップ期が終わると、次は退行期という段階に移ります。

 

退行期になると、毛母細胞(発毛細胞)の細胞分裂の勢いが衰え開始出来ます。

 

退行期の期間は2?3週間ほどと言われており、全てのヘアーの約1%がこの退行期の段階に属しています。

 

退行期の後にやってくるのが休止期です。

 

休止期はヘアーのランクアップが完璧にストップして、生え移ろいを待っている段階です。

 

概要のヘアーの約10%はこの休止期の段階にあります。

 

しかも、休止期の段階のヘアーの下からは新しく進化期のヘアーがレベルアップしてきており、いずれ自然に生え移ろいが現れてする事になります。

 

けれども、AGAの症状を発症すると、男性ホルモンと5αリダクターゼによって毛母細胞の細胞分裂が妨げられ、レベルアップ期の期間が著しく短くなり、それに伴い休止期の期間が永らくなります。

 

約2?5年程度の向上期が人によっては数か月まで短縮されてしまい、ヘアーが向上しきる事が出来なくなります。

 

その結果、健康なヘアーと対比すると細くて短い細毛というヘアーが増大してきます。

 

細毛はとても剛性が弱いため、ささやかな刺激で抜け落ちてしまいます。

 

普通なら生えているヘアーの下からレベルアップ期のヘアーがぐんぐん伸びてきて、押し出されるような形でヘアーが抜けるというのが正常なヘアサイクル(毛周期)になります。

 

ただ、細毛のケース、剛性が弱いため、シャンプーのときにヘアーを触ったといったちょっとの刺激で手間なくに抜け落ちてしまいます。

 

結果としてどんどん抜け毛が増大してくるのですが、抜けたヘアーに代わるヘアーがランクアップしていないため、ヘアーが無いハゲのところが増加していきます。

 

ただし、HARGの治療には弱っている毛母細胞の働きを助けて、再び細胞分裂を活発化させてやる影響があります。

 

これによって、細毛のような髪でも再びヘアーの進化期の期間が延びていきます。

 

毛母細胞の働きを再び活発にしてやるまでに、HARG治療(ハーグ療法)では個人差はありますが5?10回程度の施術が必須になるとされています。

 

また、おおよそ3?8か月程度で毛母細胞の働きが蘇り、ヘアサイクルが正常に戻ります。

 

HARG治療(ハーグ療法)によってヘアサイクルが正常に戻れば自然にAGAによる薄毛症状は改善され毛量が復活していきます。

 

▲目次に戻るハーグ療法の治療中身HARG治療(ハーグ療法)でHARGカクテルを頭皮に注入する時、主として以下の4つのテクニックがあります。

 

・パピュール法・フラクショナルレーザー法・ナパージュ法・ダーマローラー法次のテキストで各々の注入法について綿密にみていきたいと考えます。

 

パピュール法真っ先に、HARGカクテル(HARG製剤)の注入メソッドで紹介やりたいのがパピュール法です。

 

このパピュール法は頭皮の表面にある表皮とその表皮の奥にある真皮の間に注射針を刺して、HARGカクテルを注入する手法になります。

 

パピュール法を採用しているクリニックは数多く影響しており、HARGカクテルの注入法としては最も一般的といってよい手法になります。

 

頭皮の奥にある毛母細胞の近くまで注射針を刺して、HARGカクテルを注入するため、発毛成果が出やすいと言われています。

 

とはいっても、パピュール法では頭皮の奥まで針を刺し込む事になるため、その苦しみも大きくなります。

 

たとえ、麻酔をしたとしても、その麻酔の注射自体にも苦しみを伴うため、パピュール法の施術を受けるケース、痛さがある事は決心する不可欠があります。

 

今の時代では、メドジェットのような炭酸ガスを使った苦痛のない麻酔技術もあるので、クリニックで話し合いしてみるといいでしょう。

 

▲目次に戻るフラクショナルレーザー法続いて解説するのが、フラクショナルレーザー法になります。

 

フラクショナルレーザー法ではレーザーを照射して頭皮に小さな穴をあける施術から始動します。

 

その後、その穴からHARGカクテルを注入します。

 

フラクショナルレーザー法なら出血の危うい性も無く、苦しみも全くないのです。

 

その上このフラクショナルレーザー法にはもうひとつ大きな良いところがあります。

 

それはレーザーを照射するときに現れてする熱によって、頭皮の血管が拡張され、血行が促進される成果があるという事です。

 

血行が促進される事により、毛母細胞への栄養供給もスムーズに進むようになります。

 

▲目次に戻るナパージュ法HARGカクテルを注入するときのメソッドとして、上述で解説したパピュール法と対比して語られる事が多々あるのがナパージュ法になります。

 

パピュール法が表皮の奥の真皮のエリアまで注射針を刺し込むのに対して、ナパージュ法は表皮のところに浅く針を刺すだけになります。

 

表皮のところにしか注射針を刺し込まないため、苦しみが小さくて済むというのが大きな良いところです。

 

ただ、ナパージュ法だとわりと頭皮の奥までHARGカクテルの発毛成分が染み渡るしていかないため、発毛影響はパピュール法と対比すると低くなります。

 

▲目次に戻るダーマローラー法最後はダーマローラー法です。

 

ダーマローラー法はダーマローラーと呼ばれる極細の針がついているローラーで施術します。

 

針で頭皮を刺激するため、少々の苦しみがあります。

 

ローラーを頭皮で転がしながら、HARGカクテルの発毛成分を頭皮に染み渡るさせていきます。

 

ローラーを転がすだけで施術が可能なため、薄毛が広範囲に及んでいる時に成果的です。

 

加えて、ダーマローラーの針でついた細かい傷を修復する場合に頭皮でコラーゲンが生成される治療成果もあります。

 

コラーゲンは人体を構成しているタンパク質の1種で、人体を構成するタンパク質のうちの約30%はコラーゲンから構成されています。

 

頭皮の表面にある表皮とよばれるところを保護する真皮を構成するのがコラーゲンになります。

 

コラーゲンはバネのような特性を持っており、頭皮を押した事例に跳ね返してくるような弾力(ハリ)を生み出すものになります。

 

加えて、コラーゲンは水分をとらえたら離さない特性も持っており、肌の真皮に充分にと水分を持続してくれる成果があります。

 

このコラーゲンの働きが肌に潤いを与えてくれます。

 

コラーゲンを生成する事で、頭皮に弾力(ハリ)や潤いを与える事が可能なのもダーマローラー法の影響になります。

 

▲目次に戻るHARGカクテルの中身さて、育毛メソセラピーのHARG治療においてはHARGカクテル(HARG製剤)と呼ばれる成分を注入すると述べてきました。

 

では、このHARGカクテル(HARG製剤)という成分はどのようなものから構成されているのでしょうか。

 

このHARGカクテルは2つのものから構成されています。

 

それがメソカクテルと呼ばれるものとAAPEと呼ばれるたんぱく質になります。

 

メソカクテルはビタミン・アミノ酸といった栄養成分とプフロメジルと呼ばれる成分などから構成されています。

 

(※メソカクテルの詳しい働きや発毛成果は後で延べします。

 

)加えて、AAPEについては150種類以上のレベルアップ因子と呼ばれる成分が内蔵されています。

 

以下の記事で、ハーグカクテルの発毛成分についての解説と見込み可能な発毛成果について述べていきたいと考えます。

 

▲目次に戻る発展因子が頭皮をよみがえらせるハーグカクテルに配合されているAAPEと呼ばれる成分は正式には「幹細胞抽出増殖因子蛋白質」と言われています。

 

困難な名前ですが、手間なくに言うと「脂肪幹細胞」と呼ばれる細胞から分泌されたタンパク質の事になります。

 

「幹細胞」と呼ばれる細胞は体の色々な組織を作り出す働きを持っている細胞になります。

 

この幹細胞が細胞分裂する事により、血液・腎臓・心臓等の組織がつくられる事になります。

 

この幹細胞のうち、脂肪組織の近くに影響している幹細胞の事を「脂肪幹細胞」と呼んでいます。

 

脂肪幹細胞という名前がついているだけあって、普通には細胞分裂をする事により、脂肪組織を作っていく幹細胞になります。

 

とはいっても、脂肪幹細胞が細胞分裂によってつくる事が可能なのは脂肪細胞だけに限定しれているわけではないのです。

 

ケースによっては、骨・筋肉・血管・神経といった組織を作り出す事もできます。

 

この脂肪幹細胞から分泌されたタンパク質がAAPEになります。

 

AAPEには150種類以上の進化因子とよばれる成分が内蔵されています。

 

この伸びる因子がヘアーの発毛する力を蘇らせる毛髪補修医療としてのHarg療法の根幹を担っています。

 

進化因子もタンパク質の一種になります。

 

とはいっても、ありきたりのタンパク質と違うのはランクアップ因子には細胞の働きを活性化する力が備わっているという事です。

 

AAPEに内蔵されている発展因子の中で代表的な影響として、4つのランクアップ因子の名前を挙げる事が出来ます。

 

・KGF(ケラチノサイト伸びる因子)・HGF(生体細胞レベルアップ因子)・PDGF・VEGF4つの向上因子の中でも、発毛促進成果という点からHARGの治療成果を腹積もりた事例、とりわけ重要な働きをしているのがKGF(ケラチノサイトランクアップ因子)になります。

 

KGF(ケラチノサイト向上因子)という向上因子には毛母細胞の細胞分裂を活性化する成果があります。

 

KGF(ケラチノサイトレベルアップ因子)が毛母細胞に働きかける事によって、毛母細胞の細胞分裂が再び活性化される事になります。

 

第二に解説やりたい伸びる因子がHGF(生体細胞伸びる因子)になります。

 

このHGF(生体細胞向上因子)という発展因子は休止期の段階にあるヘアーを発展期に移行させる力があるとされています。

 

上述した通り、薄毛の症状が進行している人は健康なヘアーの人と対比して、休止期にあるヘアーのレートがとても多くなるという特色があります。

 

健康な人において、休止期のヘアーの比率は総体のヘアーの約10%程度と言われています。

 

ただし、薄毛症状が進行している人であれば、この休止期のヘアーの比率が約30%程度まで上昇します。

 

この休止期にあるヘアーを伸びる期に転換てやる力がHGF(生体細胞ランクアップ因子)にはあります。

 

ランクアップ期に切り替わると、目下生えているヘアーの下から新しく伸びる期のヘアーが生えてくる事になります。

 

これにより正常な生え変化しのサイクルが働き着手するようになるんです。

 

続いてPDGFです。

 

PDGFという発展因子は毛包幹細胞と呼ばれる細胞の細胞分裂を活性化する成果があります。

 

この毛包幹細胞という細胞はヘアーの根元の毛包と呼ばれるところに影響する幹細胞で、細胞分裂する事により毛母細胞を作り出す事が出来ます。

 

PDGFの働きで毛母細胞が増殖するようになると、ヘアーを生成する働きが活発になり、休止期だったヘアーがレベルアップ期に移行したり、進化期の期間が延びていきます。

 

最後にVGEFです。

 

VGEFという発展因子については血管を完成させる細胞の細胞分裂を活性化する影響を持っています。

 

VGEFが血管を生み出す細胞に働きかける事によって、血管の無いロケーションに血管を新しく作ったり、今あるものの血管を枝分かれさせるなどの治療成果が現れます。

 

これにより頭皮の血流が改善し、毛母細胞に充分にと栄養が供給されるようになります。

 

これらの発展因子の働きでAGAによって低下したヘアーを生成するという働きを再び蘇らせる事が出来ます。

 

伸びる因子は元来は自然な様子で体の中に影響している成分であるため、向上因子を注入する事で、体が拒絶反応を起こしたり、重い副作用が出るといった事もなく確か性の高い成分です。

 

ガン細胞を進化させてしまうためがん患者のみ施術できませんが、普通には副作用がないという点もレベルアップ因子を治療に用いる引き寄せられるの一つになります。

 

▲目次に戻る活発化させた毛母細胞のための栄養素も注入さて、上述のようなAAPEに内蔵される向上因子の働きで毛母細胞の働きが高まり、再び活発に細胞分裂が行われるようになっても、それだけでうまくヘアーが生成されるわけではないのです。

 

どんだけ毛母細胞が活発に働くようになっても、ヘアーを生成するのに必須な栄養素が毛母細胞に届いていなければヘアーが生成される事はないのです。

 

このヘアーの生成に不可欠な栄養素を含んでいるのがHARGカクテルのメソカクテルになります。

 

ヘアーを生成するのに欠かせない栄養素としてはビタミンB、ビタミンH、その上シスチンというアミノ酸の名前を挙げる事が出来ます。

 

各々の栄養素について解説していきます。

 

▲目次に戻るビタミンB、ビタミンHHARGカクテルのメソカクテルにはビタミンBとビタミンHが内蔵されています。

 

ビタミンBでは特にビタミンB2とビタミンB6が育毛における価値があるな役割を果たしています。

 

ビタミンB2は雑菌を繁殖させて頭皮に炎症を引き起こすきっかけになる皮脂の過剰分泌を食い止める成果があるからです。

 

頭皮で炎症が生じてすると、かゆみのために無意識に頭皮を爪で傷つけてしまったり、炎症箇所の毛母細胞でのヘアーの生成がうまく進まなくなるという問題が現れてします。

 

したがって、頭皮の皮脂を過剰に分泌させないのは、育毛では大事な事になります。

 

他にも、ビタミンB6は後で延べするシスチンのようなアミノ酸の吸収を促し、ヘアーのもとになるケラチンの生成を促す影響があります。

 

その上、ビタミンHについてはビオチンという名前でよく知られている成分になります。

 

このビオチンは脱毛防止の働きがある事が分かっています。

 

具体的にはビオチンを摂取する事で、毛細血管を太くして血流を促進する影響があります。

 

血管が太くなり、血流が改善すると、毛母細胞にも充分にと栄養が供給されるようになります。

 

ヘアーを作成しようのに必須な栄養素が不足なく届くようになる事で、毛母細胞でのヘアーを生成する働きもより一層活発化します。

 

加えて、コラーゲンを生成する働きもあるため、頭皮に潤いを与えて頭皮環境を改善する影響も望みできます。

 

▲目次に戻るシスチン続いて、HARGカクテルのメソカクテルに内蔵されるシスチンについてです。

 

ヘアーの成分はその90%以上がケラチンというもので出来ています。

 

また、このケラチンはアミノ酸からつくられています。

 

ケラチンは18種類のアミノ酸から構成されており、その中でもケラチンの約15%以上の構成比率を占めているのがシスチンになります。

 

このシスチンが不足すると、ヘアーの生成はうまく進まなくなります。

 

したがって、HARGカクテルのメソカクテルにて、充分にと毛母細胞にシスチンを発送てやる不可欠があります。

 

▲目次に戻るブフロメジル上述のようなヘアーをつくる栄養素に加えて、メソカクテルにはブフロメジルと呼ばれる成分が内蔵されています。

 

ビタミンやシスチンのような栄養素を摂取しても頭皮の血行が悪ければ、これらの栄養素が毛母細胞に届く事はないのです。

 

毛母細胞に栄養が届かなければどんだけ毛母細胞の働きが活発化したところで、ヘアーを完成させるもとになる原材料が不足している事になるので、ヘアーの生成が進む事はないのです。

 

したがって、毛母細胞に栄養を届けるために頭皮の血行をスムーズにするという事も、とても価値があるな事になります。

 

この頭皮の血行促進成果を持つ成分がブフロメジルになります。

 

ブフロメジルの働きによって、頭皮の血行が促進され、毛母細胞でのヘアーの生成が進む事になります。

 

▲目次に戻るHARGカクテルの発毛影響整理HARG治療(ハーグ療法)のHARGカクテルにはランクアップ因子とビタミンやシスチンのようなアミノ酸が配合されています。

 

したがって、AGAの症状が進行して毛母細胞の働きが弱っている人であっても、HARGカクテルに配合されているAAPEなどのランクアップ因子で毛母細胞の働きを回復させた上で、ビタミンやシスチンを補給してやる事により、再びちゃんととしたヘアーを生成可能なようになります。

 

そして、上述で解説したHARGカクテルのAAPE以外にも発展因子には多様なものがあります。

 

また、ランクアップ因子ごとに毛母細胞の働きを高める、血行を促進するなどその働きも変わってきます。

 

したがって、患者ひとつひとつの症状にマッチしてHARGカクテルに内蔵される進化因子の中身を変更してやる事により、より高い発毛影響を望みする事が出来ます。

 

今の時代では、プロペシアの使用が禁止されている女子の薄毛患者の来院も多々あるようです。

 

技術力のない悪徳クリニックも多く影響する中で、以下のHARG治療センターは、HARG製作者であるドクターが在籍している日本医療毛髪復活研究会に認められている信用性の高い毛髪医療施設です。

 

HARG治療センター(クリニック名)の公式Webページに詳しいHARG検査中身や体験談、モニターの症例、評判も掲載されているので気に掛かる人は参照ください。

 

フリー心理コンサルタントも行っているので、自分の薄毛の症状で必要になる経費や見過ごせない治療法についても先生に話し合いする事ができるです。

 

→HARG治療センター公式Webページはコチラそして、このところでは女子のHARG療法に特化し女子専門のフルスクラッチ発毛薬を処方している東京ビューティークリニックや、銀座のみの1ショップなのに大人気の銀座総合美容クリニック(銀クリAGA)、最先端のHARGハーグ療法であるグロースファクター療法を行っている聖心毛髪リユース外来などの病院も好評です。

 

どこもフリー心理コンサルタント等行っているので、治療中身や成果についての質問や質問にも丹念に解答てもらえます。

 

クリニック選択しのポイントにしてください。

 

HARGは発毛体感率こそ高いものの1回の経費が高く、個人の毛髪の状況にもよりますが、髪が発毛するまで施術すると100万円以上かかってしまう確率も高いです。

 

中にはミノタブやプロペシアによる投薬治療の継続が不可欠になる病院もあるため、そうなると治療費がかさみます。

 

HARG療法は予算的に困難なケースは、初めにAGAに影響のある育毛成分が配合されている育毛剤の使用からイチ押しします。

 

口コミのいいベストチョイスの育毛剤は以下の文章の情報をポイントにしてください。

 

育毛剤順位▲目次に戻るHARG治療の長所男性が薄毛に頭を抱える時、その代表的なきっかけはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状になります。

 

AGAという症状は男性ホルモンがヘアーを完成させる毛母細胞に栄養を供給する毛乳頭細胞と繋ぎ合わせしてその働きを阻害する事によって現れてします。

 

男性ホルモンの働きを抑えない限り、AGAによる薄毛症状が改善する事はないのです。

 

それ故、AGAの治療においては医療機構であるAGAクリニックや美容クリニックにて、男性ホルモンの働きを押し止める発毛剤フィナステリド(プロペシア)と発毛を促進する薬剤ミノキシジルなどのAGA治療薬を並存して投薬療法を行っていくのが当たり前です。

 

ただ、AGAの投薬治療には薬剤を服用するのをやめたとたんに、薄毛症状が再発するという問題があります。

 

したがって、薄毛症状を抑制するためにはAGA治療薬を飲み続ける不可欠があり、長い目で見ると、AGA治療にかなりの費用が必要になる事になります。

 

さらに、自毛植毛クリニックでの自毛植毛施術は、植毛したところ以外の毛がAGAによって薄毛になってしまうため根本的な改善となりません。

 

ただし、HARG療法(ハーグ療法)という治療法でこうした問題は瞬く間に落着されます。

 

HARGによる治療はHARGカクテルと呼ばれる成分を頭皮に直接注入するという治療法で、これによって毛根細胞を活性化させ発毛する力を蘇らせる高い発毛率を誇る毛髪リユース療法ともいわれる復活医療になります。

 

HARGの治療では一度治療が完了してヘアーを製作する力が蘇ってしまえば、その後は1年に1回の注射のみで、抜け毛の再発を阻止する事ができます。

 

HARG治療(ハーグ療法)では発毛促進と抜け毛阻止の2つの発毛影響を望みする事が出来ます。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る