プロペシアの価格

元々は前立腺肥大の治療薬として製作されたプロペシアは医療用医薬品のため、薬局やドラッグストアなどで購買する事ができません。

 

プロペシアをショッピングするには、病院やAGAクリニックでの処方か、個人輸入の3つの手法しかないのです。

 

例をとってAGAクリニックでの男性型脱毛症対策としてのAGA治療薬のプロペシアを使用する時に、ひと月で必要になる総額は以下になります。

 

・プロペシアのひと月あたりの料金・・・7500円程度・薬をもらうときの再診に必要になる出費(診察料も内蔵される)・・・2000円から3000円程度育毛薬プロペシアを使用するとなると、ひと月あたり10000円強の総額は見積もっておかなければなりません。

 

仮に4週間に1度(28日ごと)通うとして、プロペシアの経費を11000円とすると、1日あたりのコストパフォーマンスは392円になります。

 

それに添加して旅費交通費がかかってくる見込みもありますよね。

 

バスの代金や電車の代金も上乗せするとなると、そこそこの総額が生じてするといった事は習得しておかなければなりません。

 

この投稿を読めば、プロペシアで行うAGA治療に必要になる経費がわかります。

 

目次AGAクリニックのプロペシアの出費はどの程度必要になるのかAGA治療に保険は効かない個人輸入代理エキスパートを活用すれば安価に購買可能な値段や副作用に気がかりな人は育毛剤がベストチョイスAGAクリニックのプロペシアの経費はどの程度必要になるのかAGA治療専門クリニックに関しては、出費がAGAクリニックごとに異なっているもち味を持っています。

 

★近場のプロさんは、トラブルがあったケースに直ちにに来ててくれる心配無用感があります。

 

AGAスキンクリニックやルネッサンスクリニックに関しては、ひと月あたり、4200円と低額に設定していますが、これにはカラクリがあります。

 

・4200円というのは初月のみである(2ヶ月目以降はわずか高くなる)・プロペシアではなくフィナステリド錠である(フィナステリド錠は安価なジェネリック品)月々4200円から薄毛治療が開始出来られるといった広告を掲げているAGAクリニックもありますが、月次4200円というワケにはいきません。

 

2ヶ月目以降は5000円や6000円以上かかってきます。

 

加えて、正規の国内用のプロペシアではない場合もあるのです。

 

AGAクリニックとしても、産業としてAGA治療を行っているのでちょっとでも安価に手に入るフィナステリド錠を活用している事例が多くなっています(フィナステリド錠・・・有効成分フィナステリドの含有量については先発医薬品プロペシアと同じで、臨床試験によって安心性も高く発毛影響に関しては差がないとされている)。

 

★私自分、満喫してで顧客と共に生み出した心情です。

 

※プロペシア・・・販売元がメルク社でフィナステリド治療薬※フィナステリド錠・・・販売元:ファイザー社用心してくれのが、AGAクリニックでは諸々な薬剤を使用した総合的な治療を勧めているという事です。

 

AGA治療薬フィナステリド錠のみの治療は、あまり乗り気ではないのです。

 

フィナステリド錠だけのハゲ治療を望んだとしても、オーダーダメイド治療法(色々な育毛成果の成分の薬剤をまとめ合わせた治療メソッド)を勧誘してくる場合が多く報告されているのです。

 

「4200円につられて心理コンサルティングを受けてみたけど、結果的に契約したのはオーダーメイド治療だった」という事もあるわけです。

 

ついでに、AGAクリニックに関しては初診料や再診料をとるところととらないところがあります。

 

使用やりたいクリニックがある時には、前もってに各ホームページなどで料金を確かめましょう。

 

※オーダーメイド治療のひと月の料金は、20000円から40000円が時価です。

 

▲目次に戻るAGA治療に保険は効かない保険が適用されれば「30%負担でAGA治療を受けられるのでは」と思っている方もいるかも知れませんが、薄毛治療に関しては保険の効かない自由診療で、保険診療ではないので丸々負担となるので用心してください。

 

「皮膚科などでプロペシアの処方を受ける分には、保険の適用内ではないの?」と思っている方も多々あるかもしれませんが、一般の医療機構でプロペシアを処方してもらったケースも耳を揃えて負担となります。

 

※AGAの治療は厚生労働省が定めた医療保険に適応される症状に内蔵されていないので、保険適用はされないのです。

 

※特例的に、精神的なものが関わっていたり病が関わって薄毛になっている事例には、医療費控除であれば適応される事もあります。

 

【総額シミュレーション(一般医療機構のケース)】・ひと月あたり・・・11000円の事例・1年間・・・132000円・5年間・・・660000円・10年間・・・1320000円育毛薬プロペシアのひと月あたりの値段は10000円そこそこかもしれませんが、10年間で100万円を突破してしまう計算です。

 

仮にこれがAGAクリニックでオーダーメイド治療を受けたとなると、プライスが瞬く間に跳ね上がってしまいます。

 

【経費シミュレーション(AGAクリニックでオーダーメイド治療を受けた時)】・ひと月あたり・・・30000円の場合・1年間・・・360000円・5年間・・・1800000円・10年間・・・3600000円▲目次に戻る個人輸入代理プロを使用すれば安価にショッピング可能なオオサカ堂などの個人輸入カタログ販売Webページを活用すれば、日本では提供されていないザガーロや外国の安い薄毛治療薬のジェネリック医薬品フィンペシアなどを送料フリーで買い物する事ができます。

 

★自身の目的に当てはめたプロを選択したいですよね。

 

個人輸入ジェネリックだと、いつものフルスクラッチ薬プロペシアと比較して半額以下で調達可能なため、長期で服用する事を思いめぐらす と圧倒的に個人輸入の方がリーズナブルになるわけです。

 

ただ、個人輸入はこのような良い面だけではなく、買い物したアイテムが偽薬の見込みと、副作用が生じてした事例の危険性の高さが挙げられます。

 

それにより、このWebページではプライスが安いからといってプロペシアのジェネリック医薬品メーカーのアイテムを個人輸入して買い物する事はイチ押ししていません。

 

以下の投稿で、プロペシアの個人輸入での購買テクニックの長所、短所について克明に紹介しているので、ポイントに参照ください。

 

プロペシアの調達メソッド▲目次に戻るプライスや副作用に悩ましいな人は育毛剤がベストチョイスここまで紹介したようにAGA治療薬のプロペシアのショッピングには、値段が高いだけでなく医者の処方箋が必須となり、ハードルが若干高くなっています。

 

そして、安い値段で購買可能な個人輸入代理Webページを使用するとなると、製薬企業以外が製造した偽薬などの粗悪品に当たると言う危険性も捨てきれません。

 

そんな訳で、代金や副作用においての不安がある人は、プロペシアよりも医薬部外品の育毛剤をベストチョイスします。

 

医薬部外品の育毛剤であれば、プライスも安価に副作用もないので続けやすくなっています。

 

加えて、プロペシアのような男性ホルモン抑制成果も持った育毛剤と育毛サプリがセットになったアイテムもあったり、育毛剤に配合されている成分が80種類も超えているアイテムもあり、どういった薄毛や抜け毛のきっかけにも幅広く扱ってする改善アビリティーも引き寄せられるの1つです。

 

育毛剤を使った育毛法について関心がある人は以下のテキストを参照ください。

 

育毛剤の選び方育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る