自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛には以下のような良いところ、悪い面があります。

 

長所・自らのヘアーを採取して植えるので、定着率が高い・一度定着するとメンテナンスが不可欠ない・ありきたりにシャンプーも可能なし、健康な髪と同じヘアーをセットする事も可能な・ロボットによるARTUS植毛など切開せずに傷跡も残さずにドナーを採取する事が可能な悪い面・保険の適用がないため、多額な総額を自身で負担する必須がある・自身の後頭部のヘアーを使用するため、数に限りがある・手術を何度も行う必須があるこの投稿を読めば、自身の薄毛には自毛植毛をした方がいいのかがわかります。

 

目次自毛植毛の良いところ自毛植毛の悪いところ自毛植毛は短所が多々あるため注意深いな決断が必須1、自毛植毛の良い面自毛植毛の良いところは以下の6つです。

 

・自らのヘアーを採取して植えるので、定着率が高い・一度定着するとメンテナンスが不可欠ない・定着した毛は永久に生える・ありきたりにシャンプーも可能なし、健康な髪と同じヘアーをセットする事も可能な・ロボットによるARTUS植毛など切開せずに傷跡も残さずにドナーを採取する事が可能な・拒絶反応がない以下で一つずつ突き詰めて紹介していきます。

 

自身のヘアーを採取して植えるので、定着率が高い自毛植毛は自らの皮膚や毛根にある組織の「毛包」から移植する事に加え、元来は自らの頭皮にあった毛なので、人工の毛を植える人工毛植毛より拒絶反応が起こりにくく、新しく植え付けられたヘアーが再び発育する「定着率」がいいと言われています。

 

自毛植毛は定着率がよく、植毛後もスムーズに発毛しやすいため、直近でAGAクリニックを開始出来とする植毛を実施している病院の半数以上が自毛植毛を採用していると言われています。

 

▲目次に戻る一度定着するとメンテナンスが必須ない自毛植毛は人工毛植毛と差異、頭皮がかぶれたり炎症を起こしたり、ショックロスと言われる即時的な脱毛などの「拒絶反応」が起こらない限り、手術後のメンテナンスは必須ないのです。

 

理由を言えば、自毛植毛は頭皮に定着すればそもそも生えていた周囲の毛と変化しなく進化していくので、移植した毛だからといってスペシャルに管理する必須が無いからです。

 

かつらや増毛と違って維持費が掛からないのは、植毛の良いところと言えるでしょう。

 

▲目次に戻る定着した毛は永久に生える自毛植毛は、「自身のヘアーの、生えるところを手直ししただけの治療」というスタンスもできます。

 

元来は自らの毛が生えていた頭皮を別の位置に移植した事で生えるスポットは移ろいましたが、他の毛と同じように毛根が活動し、髪が向上していき髪の発展サイクルの「毛周期」も同じようにやってくるので、本質的に移植前のヘアーと移ろいはないのです。

 

それ故、植毛により定着した毛は他の毛と同じように、半永久的に伸びていきます。

 

▲目次に戻る常識的にシャンプーも可能なし、健康な髪と同じヘアーをセットする事も可能な自毛植毛は、植毛してから定着するまで約一週間かかりますが、定着後は自らに元来は生えていた髪と何ら変化しなく発展していくので、シャンプーは無論、健康な髪と同じように育毛剤の使用やヘアケアもできます。

 

また、植毛後の髪が頭皮に根付きもとから生えていた髪と同じようにランクアップし、抜けて新しい髪が生えていくため植毛したところだけ不自然さが出る事がなく、いつも通りヘアセットもできます。

 

▲目次に戻るロボットによるARTUS植毛など切開せずに傷跡も残さずにドナーを採取する事が可能な植毛と言うと、メスを使ったり傷跡が残る心象を持ってしまうかもしれませんが、手術の手法によっては切開をせず傷跡が残らないように自毛植毛が出来ます。

 

例を挙げるとARTUSという、自毛を採取するためのロボットを用いたりする「FUE法」では、頭皮の皮膚ごと切り取るのでは無く、毛根の周囲にある「毛包」という部位を細い針や細いスリットを入れる事で採取し植毛するので、切開せず傷跡も残りません。

 

ARTUS植毛が可能なAGAルネッサンスクリニックの公式Webページを見る▲目次に戻る拒絶反応がない人工毛植毛では自らの頭皮にない人工的なものが植え付けられる事で、頭皮に炎症が起きたり、移植した箇所が膿んだり、ショックロスといった脱毛が起きたりといった「拒絶反応」が起こる事があります。

 

ただし、自毛植毛の事例は元来は自らにあった皮膚や毛包を移植するので、移植した時や頭皮に定着してからも拒絶反応が起こらないのです。

 

▲目次に戻る2、自毛植毛の悪いところ自毛植毛の短所は以下の6つです。

 

・自らの後頭部のヘアーを使用するため、数に限りがあり、薄毛で悩んでいるすべての個所に髪を植毛可能なわけではない・ヘアーを採取した後頭部に数センチの傷跡が残る・保険の適用がないため、多額なコストを自身で負担する不可欠がある・ヘアーが定着するまでに時が必要になる・手術を何度も行う必須がある・一度に近い箇所に多く植毛してしまうと生着率が落ちる関連で1度に多くの植毛はできない以下で一つずつ細かいところまで紹介していきます。

 

自身の後頭部のヘアーを使用するため、数に限りがあり、薄毛で悩んでいるすべての個所に髪を植毛可能なわけではないAGAや男性の薄毛の時、男性ホルモンの影響で生え際やつむじが薄くなりますが、男性ホルモンの影響が少ない後頭部の毛は薄くなりにくい性質があります。

 

自毛植毛では、健康的な後頭部の毛を採取するのですが、自らの毛なので採取する数に限りが有りますし、なお一度に多くの皮膚や毛包を移植すると毛と毛の間隔が狭まり定着率が下がるので、薄毛の部位全部に植毛可能なわけではないのです。

 

▲目次に戻るヘアーを採取した後頭部に数センチの傷跡が残る自毛植毛の手術手法にもよりますが、移植に伴い頭皮の局所や毛包を切り取る事になるので、大小問わず傷口ができます。

 

移植のための毛は、薄毛になりにくい後頭部から採取されますが、「FUT法」と呼ばれる手術では、後頭部の皮膚を細長い帯状に切り取り皮膚ごと移植するので、手術後に縫合しても数センチほどの傷跡が残ってしまいます。

 

▲目次に戻る保険の適用がないため、多額な総額を自らで負担する必須がある自毛植毛は医者による手術ですが、保険が適用されず耳を揃えて自費になります。

 

植毛の出費は病院や手術中身、植毛する本数によって異なります。

 

俗に一つところの植毛に必須な本数2000本で、FUT法で約30万?100万円、FUE法で約100万円?200万円、ATRASで約50?100万円程不可欠になります。

 

薄毛が進行していて植毛やりたい箇所が広いとなお本数が増加し、多額の経費が必須になります。

 

▲目次に戻るヘアーが定着するまでに時が必要になる移植された髪は、傷口がかさぶたで固まるまではぎりぎり頭皮に繋がっているような不安定な様子なので、植毛してから移植したところの頭皮に定着するまで1週間ほど時が掛かります。

 

定着するまでの期間は、シャンプーは禁止で、激しい運動やアルコール摂取も控えなくてはなりません。

 

そして、定着した毛が、もとからある健康な毛と同じように向上するようになるまでに数ヶ月?1年ほど必要になると言われています。

 

▲目次に戻る手術を何度も行う不可欠があるAGAでハゲやすい生え際や頭頂部をカバーするように植毛すると、平均で1万?1万3千本もの毛が不可欠になります。

 

けれども、定着率を良くするため一度の手術で植毛可能な数は2000~5000本ほどになるので、生え際などの広い範囲に移植するケースには回数を区分て移植する事が多くなり、1度で植毛が完了しません。

 

それ故、最大限で4回程に分類て手術をするケースもあり、その分一通りが発毛するようになるまで時もかかります。

 

▲目次に戻る一度に近い箇所に多く植毛してしまうと生着率が落ちる関連で1度に多くの植毛はできない植毛は頭皮への生着率を考慮して2?3回に分ける事があります。

 

理由を言えば、毛は一つの毛包から1?3本生えており、この毛が十分に育つためには1?2ミリ刻みの微妙な間隔を作りながら植えていく不可欠があるため、一度に多く植毛する事が手を焼くのです。

 

また、一度に狭苦しい範囲に豊富に植毛してしまうと一つの毛包に送られる栄養が分散され生着率が低くなり、その後、髪が進化しにくくなってしまうという所以も考慮しられます。

 

▲目次に戻る自毛植毛は悪いところが多々あるため注意深いな決断が不可欠自毛植毛は、毛包がパフォーマンスしなくなってしまった頭皮にも毛を移植可能な治療法で、AGAクリニックでの投薬治療や育毛剤を使ったセルフケアで発毛成果が得られなかった人の最終手段として選ばれる事があります。

 

ただし、自毛植毛の1回の手術に必要になる経費が高く、定着して周囲の毛と同じようにレベルアップするのに数ヶ月必要になる事、FUT法など切るタイプの手術で傷跡が残ってしまうといった危険性も目立ちます。

 

加えて、多くの毛を植毛するとなると1回だけでは終わらず、予想以上にコストと時がかかってしまう事もありますので、自毛植毛は支出も危険性も高い、悪い面の多々ある治療法である事も覚えておかなくてはなりません。

 

▲目次に戻る植毛手術の間違いした時の悪いところ植毛手術には数々の挫折がつきものです。

 

以下のページに植毛手術を行って悔やみしたような例を紹介しました。

 

植毛手術の挫折した時の短所▲目次に戻る。

 

トップへ戻る