植毛手術の失敗した時のデメリット

植毛手術は、数ある育毛対策の中でも以下のように間違いの見込みが高い薄毛治療法になります。

 

・植毛手術自体が挫折しうまくいかない・植毛手術は成功しても、施術結果が自ら本人の心象していたものと違う・頭皮に傷が残る・生え際がカツラのように不自然になる・頭皮がへこむなどこれも広いニュアンスでは植毛手術の間違いという悪い面になるでしょう。

 

今度の文章では、植毛手術の治療技術を選択した短所となる代表的な間違い場合を何個か解説していきます。

 

植毛手術を考慮している人は、植毛手術が間違いした時の悪いところととして、最初に挫折例をちゃんとと見てから、現実に植毛手術を受けるのか心積もりた方が良いでしょう。

 

目次頭皮に傷跡が残る生え際の植毛で不自然になり挫折するAGAによって前頭部が不自然になる定着率が悪く髪が抜けてしまった植毛後に頭皮がつっぱる頭皮がへこむ事がある植毛手術中、手術後に合併症がまれにおこる事もある植毛手術中に起こりうる合併症手術後に起こりうる合併症植毛による間違いは、ドクターの腕にかかっている植毛よりも危険性が少ない育毛剤もイチ押し頭皮に傷跡が残る元来は短髪の髪型を好んでおり、植毛手術後には短髪の髪型で完璧決めたいと心積もりている人。

 

こういった人は植毛手術による手術法を行った事を挫折だったと悔やみするかもしれません。

 

理由を言えば、外科手術による植毛手術を行うと、頭皮に大きな傷が残ってしまう事があるという悪いところがあるからです。

 

特にFUTストリップ法という自毛移植の施術技術を用いて植毛を行ったとき、自身の側頭部や後頭部の頭皮に大きな傷が残る挫折例が報告されています。

 

FUT法は目下植毛において最も広く用いられている技法で、植毛したドナーである人毛がびしっと定着するようにドナー採取時に側頭部や後頭部にメスを入れて、毛髪だけでなく皮膚も共に採取してしまうというテクニックになります。

 

FUT法を用いると、後頭部に一本横線が入ったような傷痕が残る短所が生じます。

 

FUT法を行った時でも、2cm以上のヘアーの長さがあれば傷跡が際立つ事はないのです。

 

ただ、それ以下の長さのヘアーになると、頭皮の傷が著しくなってしまうため、心残りながら坊主やソフトモヒカンといったような髪型を決める事は出来なくなる悪い面が生じてします。

 

一応、時が経てばFUT法による植毛の傷痕はわずかずつ小さくなっていきますが、そこまでしても坊主のような髪型を取る事は厄介なと言わざるを得ません。

 

ついでに、長いヘア?でも問題無いという人や髪型に特にこだわりが無い人であれば、植毛で頭皮に傷がついたとしてもそこまで大きな短所として気にする不可欠はないでしょう。

 

しかも、このところでは紀尾井町クリニックで実施されている傷跡が際立たないトリコフィティック縫合法などの選択の余地もあります。

 

頭皮に傷跡が残るのが嫌だって人は、毛包や毛根ごとグラフトをくりぬき移植していくFUE法(ダイレクト法)やニードル法による治療法なら、毛根を損ねる切断率も低く傷跡が際立たなく植毛可能なためイチ押しです。

 

最先端の切らない植毛テクニックを実施している著名なクリニックを以下にあげておきます。

 

気に掛かる人は参照ください。

 

親和クリニック新宿の公式Webページを検証するアイランドタワークリニックの公式Webページを見極めする▲目次に戻る生え際の植毛で不自然になり間違いする「植毛をしたら、ヘアーがフサフサだったあの頃に戻れる…。

 

」と思っている人。

 

こうした人は、植毛手術を受けた後、毛量は増大したのに、何か以前とは違う不自然さがあるヘアーに失望して、植毛手術が間違いだったと悔やみするかもしれません。

 

特に頭頂部よりも生え際に植毛した人が、不自然な生え際に残念を感じる悪いところがあるというのは植毛手術の挫折の代表例です。

 

植毛はただヘアーを植えればいいわけではないのです。

 

直近で生えているヘアーに、植毛したヘアーを自然になじませるためには、植毛する位置・植毛する毛流れ、密度などに細心の用心を払う不可欠があります。

 

いかに実際生えているヘアーに自然になじむような形でヘアーを植える事が可能なのか、植毛クリニックのは医者の技術に左右されます。

 

ドクターの技術力が未熟だった事がきっかけで、カツラを着けているかのような生え際になる悪い面もよくあります。

 

▲目次に戻るAGAによって前頭部が不自然になるAGAによる生え際の薄毛に悩んでいる人が植毛手術に成功したケース、フサフサになった生え際を見て狂喜する事でしょう。

 

ただし、その後に落とし穴が待っている事例があります。

 

たしかに、生え際に毛を植えた事により、即時的に毛量が増加して、薄毛が改善したように感じます。

 

しかし、ここで忘れてほしくないのは、植毛でヘアーを増やす事に成功しただけで、AGAによる抜け毛の症状がおさまったわけではないという事。

 

ただし、植毛で髪が増大した事で油断して、元々生えていたヘアーのAGA治療薬によるケアを怠ってしまう事がよくあります。

 

これが植毛の挫折や短所につながります。

 

具体的には生え残っていたヘアーへのケアを怠った事により、発毛サイクルを乱すAGAによってそれらのヘアーが脱毛してしまい、再び生え際が薄くなります。

 

他にも、植毛したヘアーはAGAの影響を受けず、デフォルト生え残る事になるので、植毛した生え際はフサフサでその付近の髪だけ薄くなるというとても不自然な生え際になります。

 

植毛後の自然な生え際を維持するにはAGA治療も継続しなくてはなりません。

 

▲目次に戻る定着率が悪く髪が抜けてしまった植毛の技術が現時点でほど発達していなかったご時世、植毛手術の間違いによるマックスの短所は植えたヘアーがおおかた抜け落ちてしまうというものでした。

 

けれども、現代では植毛技術が進んだ事もあり、植毛したヘアーの90%程度がちゃんとと定着するのは自然となっています。

 

しかし、植毛した髪の定着率が上昇した事に油断して、手術直後に植毛した箇所を不注意でぶつけてしまう、植毛した箇所にくしを入れてしまうといった挫折をして、自らの不注意で植毛したヘアーの定着を妨げてしまう事例もあります。

 

これは言わば自業自得で植毛に間違いしてしまう場合です。

 

▲目次に戻る植毛後に頭皮がつっぱる自毛植毛には何通りかの手術メソッドがありますが、その代表的なものが上述したFUT法です。

 

FUT法は後頭部の頭皮を直接切り取って、デフォルト植毛するという技術です。

 

この場合、頭皮を切り取られた箇所は糸で縫合する形になります。

 

この糸で縫合する場合に頭皮が理不尽に引っ張られるため、頭皮の突っ張る感覚が生じる悪いところがあります。

 

頭皮がつっぱる悪い面の症状についてはおおよそ数日もすればその感覚が治まるため、植毛手術に挫折した時の悪い面と言うほどのものではないのです。

 

▲目次に戻る頭皮がへこむ事がある植毛手術を受けた後に部位植毛の頭皮がへこむ症状、これは「ピットスカー現象」と言われており、執刀した医者の植毛技術が未熟だった事で引き起こされる悪いところです。

 

ピットスカー現象が出ると、頭皮が言うならみかんの皮のようにぼこぼことへこんでしまいます。

 

ピットスカー現象が出たケース、植毛手術の挫折による短所と言わざるを得ません。

 

ピットスカー現象のきっかけは植毛手術のとき、毛包を普通植えこむべき表皮のところよりも深くに植えてしまった事です。

 

これにより生じてするのが、ピットスカー現象です。

 

ピットスカー現象が現れたなら、最悪の事例は植毛手術のやり直しが必須になる場合もあります。

 

▲目次に戻る植毛手術中、手術後に合併症がまれにおこる事もある植毛手術中に起こりうる合併症普通に植毛手術は命にかかわる手術ではないのです。

 

ただ、手術を受ける人の状況によっては手術中に合併症を引き起こす確率もあります。

 

このような植毛手術の合併症の例として報告されているのが麻酔をかけた時の麻酔アレルギー。

 

その現れて確率は数十万件に一件程度ですが、重い麻酔アレルギーが生じてすると、命にかかわるケースもあります。

 

加えて、手術を受ける人の健康状態によっては不整脈や心臓発作などの合併症を同時発生する時もあります。

 

ただ、この確率も大いに低いものになります。

 

▲目次に戻る手術後に起こりうる合併症植毛手術は手術後も多様な合併症が出るケースがあります。

 

植毛手術による合併症が現れてした時、手術箇所が熱を持つ・手術箇所に膿がたまるといった悪い面が現れます。

 

ただ、植毛手術によって合併症が生じてする見込みはそこまで高くないのです。

 

これに対して、植毛手術後に苦痛が止まらず鎮痛剤が必須になる人は全ての半数程度、なお要因は不明ですがしゃっくりが止まらなくなる人は全ての5%程度、影響します。

 

このような短所は合併症ではないのですが、植毛手術後によくみられる症状です。

 

なお、人工毛植毛を行った時、人工毛を移植したところが人工毛を異物と決断し拒絶反応を起こし、人工毛が抜けたり、自毛植毛で植毛した毛が即時的に抜けるショックロスといった副作用の症状が生じてします。

 

▲目次に戻る植毛による挫折は、医者の腕にかかっている植毛に間違いした時の悪い面を見ていくと、植毛で喜び可能な結果が得られなかったケース、執刀した医者の技量が未熟だった事がきっかけとなる事例が大いに多々あるです。

 

今の時代では、植毛の手術総額が安い外国で旅行がてら施術に行く医療ツーリズムなんかも盛んですが、仮に間違いした時やドクターの技術の見極めが困難な外国での植毛は注意深いになる不可欠があります。

 

したがって、植毛手術を受けるのであれば、最初に体験談や評判でもブームの腕の良いドクターがいる植毛クリニックやAGAクリニック選択しが何よりも大事になります。

 

このところでは、毛根切断率の低いARTAS法(アルタス)のようなロボットも製作され、人間よりも的確にドナー採取も行えます。

 

ですが、グラフト採取後の頭皮への移植は結局人間の方が的確性に優れています。

 

それにより、植毛手術は腕の良いドクターを見つけて、その医者に植毛手術をしてもらう事が重要です。

 

それにより、煩わしいに思わずに何個かの植毛クリニックでフリー心理コンサルティングを受けるなど努力は不可欠になります。

 

これが植毛で間違いしないための最善策です。

 

▲目次に戻る植毛よりも危険性が少ない育毛剤もベストチョイスさて、ここまでは発毛治療の植毛について、その間違いした時の短所を中心に詳細に見てきました。

 

日本皮膚科学会によるAGA治療法の有効性を整理た男性型脱毛症診療ガイドラインでBランクとされている植毛手術(自毛)でさえ参照のようにかなりの危険性があります。

 

しかも、治療影響の面だけでなく治療出費面の負担も大きいです。

 

それにより、植毛は安易に選択するべきものではないのです。

 

植毛はヘアーを仕上げる毛母細胞の働きが完璧にストップした段階で、最終手段として選択されるテクニックです。

 

ただ、このところは育毛剤にも毛乳頭の毛母細胞を再び活性化させる発毛促進成果を持つものがあります。

 

最初にこうした発毛影響のある発毛剤や、育毛剤を使ってみるのも推奨です。

 

育毛剤などを用いた治療であれば、配合成分や金額などの参考にも必須です。

 

自らの薄毛にあった育毛剤を如何にやって選べばいいのかは以下のページに整理ました。

 

ポイントにしてみてください。

 

育毛剤の選び方とにもかくにも評判で成果の高い育毛剤が知りたい人は以下の投稿を参照ください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る