遺伝子検査でハゲやすいかがわかる

以前までは、自身が薄毛になりやすい体質が遺伝しているのか如何にかは、薄毛の遺伝子を持つ母方の祖父の頭髪を見るぐらいしかメソッドがないのですでした。

 

けれども、近頃では遺伝子検査によって自らがハゲやすい体質を両親から遺伝しているのかがわかるようになりました。

 

このページでは、今後ハゲやすいのかがわかる遺伝子検査の仕組みと検査テクニックについて突き詰めて紹介します。

 

遺伝子検査でハゲやすさがわかる仕組みこの遺伝的にAGAを発症しやすい体質か如何にかは染色体に影響するDNAの塩基配列という仕組みを参考にする事で理解いただけます。

 

DNAというのは人間の体の設計図の役割を果たしています。

 

このDNAにおいて人間の体の大ところをしめるタンパク質をどんな感じでつくるかを示す設計図として性能するのが塩基配列になります。

 

塩基にはA(アデニン)、T(チミン)、グアニン(G)、シトシン(C)と呼ばれる4種類のものがあります。

 

この4つの塩基が「AUGUUCGUCAAUCAGUAG…」といったような形で並んでいるものが塩基配列といいます。

 

この塩基配列にしたがってタンパク質のもとになるアミノ酸が構成され、タンパク質がつくられていきます。

 

ところで、この塩基配列にはアンドロゲン受容体の設計図が書かれているところも影響します。

 

アンドロゲン受容体の塩基配列には「CAG」・「GGC」というパターンが繰り返し出現します。

 

ただ、この「CAG」・「GGC」というパターンの繰り返しが遺伝的に少ない人が影響しています。

 

こうした「CAG」・「GGC」というパターンの繰り返しが少ない塩基配列を持つ人のアンドロゲン受容体は、一般的の人と対比してジヒドロテストステロンへの感受性が高い事が分かっています。

 

具体的にはアンドロゲン受容体の塩基配列を見たケースに、「CAG+GGC≦38」となっているとAGAを発症しやすい体質であると決断されます。

 

反対に、「CAG+GGC≧42」になると、アンドロゲン受容体がジヒドロテストステロンと繋ぎ合わせしづらい体質で、AGAを発症しにくいとされています。

 

つまり、検査結果において、「CAG+GGC」の値が小さければ小さいほど、AGAを発症しやすい体質であると決断される事になります。

 

ついでに、「GGC」というパターンはアンドロゲン受容体の感受性を参考にするのみの指標になります。

 

ただ、「CAG」というパターンはアンドロゲン受容体の感受性を参考にするのみでなく、AGA治療薬のフィナステリドという成分の効きやすさを決断する指標にもつかわれます。

 

フィナステリドはジヒドロテストステロンが体内で生成されるのを抑制する力を持っているAGA治療薬になります。

 

「CAG」というパターンの繰り返しが少なければ少ないほど、フィナステリドによるジヒドロテストステロンの抑制影響が高くなる性質がある事が分かっています。

 

手っ取り早くに可能な遺伝検査キットと検査技術今現在ではアンドロゲン受容体の塩基配列を参考にする「AGA検査キット」というものも登場しています。

 

検査手法はとても造作なくです。

 

真っ先に、「AGA検査キット」に付属してくる綿棒を使って頬の内側の粘膜をこすります。

 

これによって採取した粘膜を試験管のようなものに入れて、デフォルト質問機構に送付します。

 

その後、2?3週間ほどすると、我が家の方に検査報告が送付されてくるという流れになります。

 

我が家で可能なため、大いに楽々で出費も13000円程度となっています。

 

男性用遺伝子検査キットの公式Webページを見る女用遺伝子検査キットの公式Webページを見るAGAクリニックでも遺伝子検査ができるそして、「AGA検査キット」で自身で参考にするだけでは心もとない、きちんと病院で診てもらいたいと言う人もいると考えます。

 

こういった人はAGAクリニックを受診して、遺伝子検査を受けるという技術でもアンドロゲン受容体の塩基配列を調べる事ができます。

 

ついでに、AGAクリニックでは頬の粘膜を採取する手段・血液検査をする技術の2つのテクニックのどっちかを選択して、アンドロゲン受容体の塩基配列を調査します。

 

受診したAGAクリニックによっては血液検査の方がより的確に遺伝子を検査可能なと言われる事例もあります。

 

以前はそのような考えが支配的でした。

 

ただし、最近は頬の粘膜・血液、どっちからDNAを採取しても得られる遺伝子の検査結果は同じになるため、特に血液検査にこだわる必須は無いという話が多数派になっています。

 

ただ、血液検査を行うと、遺伝子の参考にを可能なだけでなく、直近での体の健康様子を参考にする事もできます。

 

AGA治療薬には副作用の影響が報告されているものも多く、処方された患者の具合次第では重い副作用を引き起こす確率があります。

 

しかも、本当はAGAではなく、どこかに内科的な疾患によって薄毛症状が引き起こされている見込みもあります。

 

そういう観点からも前もってに患者の健康ステータスを参考にしておくというのは重要になります。

 

この健康ステータスの参考にも合わせて行う事が可能なというのが、血液検査を行う良い面になります。

 

ついでに、AGAクリニックで検査を受けた事例のコストの時価はかれこれ20000円程度となっています。

 

銀座総合美容クリニックの公式Webページを見る。

 

トップへ戻る