ハゲは父親からの遺伝ではなかった

以前までの研究では、娘がハゲるか如何にかは父親や父親の祖父からの隔世遺伝が大きな要因だと考慮しられていました。

 

ですが、実を言えばハゲは父親や父親の祖父からの遺伝ではなく母親からの遺伝だったんです。

 

この投稿を読めば以下の情報がわかります。

 

・母方から如何にハゲを遺伝するのかの仕組み・遺伝によるハゲを受け継いでいるのかの検査技術・ハゲを遺伝していた時の対策手法目次薄毛は父母から遺伝するという事がわかっている母親から薄毛遺伝子を受け継ぐ仕組み遺伝による薄毛の症状ジヒドロテストステロンの影響を受けやすいかが遺伝によって決まる自身が遺伝による薄毛になりやすい体質かはAGA遺伝子検査でわかる遺伝されるのはあくまでも遺伝になりやすい体質薄毛は両親から遺伝するという事がわかっている男性が毛量が減り薄毛になる事例、その大きなきっかけはホルモンバランスの乱れによるAGA(男性型脱毛症)と言われる症状になります。

 

AGAという症状は男性ホルモンのテストステロンが活性化して、5αリダクターゼと呼ばれる酵素と組み合わせして生み出されたジヒドロテストステロンと呼ばれる物質によって脱毛が引き起こされます。

 

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と呼ばれるヘアーをつくる毛母細胞に栄養を供給する細胞と繋ぎ合わせします。

 

毛乳頭細胞とジヒドロテストステロンが組み合わせした後、ジヒドロテストステロンは脱毛因子TGF-βというものに変換されます。

 

この脱毛因子TGF-βには脱毛を促進する発展因子FGF-5という因子に働きかけて、FGF-5の活動を促進する力があります。

 

さらに、因子というのはタンパク質の一種で、細胞に働きかけて細胞分裂を活性化する働きを持っています。

 

FGFというのは育毛に結びつきする細胞の細胞分裂を活性化し、育毛を促進する働きを持つ因子になります。

 

FGFには11の種類がありますが、育毛を促進するという要素では普通に共通しています。

 

ただ、FGF-5と呼ばれている因子だけ、その働きがちょっと異なります。

 

具体的には他のタイプのFGFは育毛を促進するのに対して、FGF-5のみは脱毛を促進する働きを持っています。

 

脱毛因子TGF-βの働きかけによって、FGF-5の活動が活発化して髪が抜けていく、これがAGAで薄毛が進行するメカニズムになります。

 

加えて、AGAという症状の発症のしやすさには父母からの遺伝の関連性が強く影響しています。

 

両親からの遺伝と聞くと、「父親がハゲているから、自身もハゲるのでは…。

 

」などと思ってしまうかもしれませんが、AGAやハゲは父親からの遺伝は影響しません。

 

むしろ必須になってくるのは母親からのハゲの遺伝です。

 

AGAを発症や細く弱い髪質によって薄毛が進行するか如何にかは、母親の薄毛遺伝子にかかっているといってよいでしょう。

 

今後自身が遺伝的にAGA(ハゲ)になりやすい体質か如何にかを見極める手段について解説します。

 

加えて、万が一自ら自分がAGAになりやすい体質であるという事が分かったら、薄毛への危険性を下げる為にも早めにAGA対策を進めていく必須があります。

 

▲目次に戻る母親から薄毛遺伝子を受け継ぐ仕組み前の項目でAGA(男性脱毛症)になりやすい体質か如何にかは母親からの遺伝が結びつきしていると述べてきました。

 

とはいっても、母親がハゲになりやすい体質を持っていたとしても、母親は女子であるためにハゲません。

 

母親がハゲの遺伝子を持っていてもハゲないのは、女子ホルモンにヘアーを育てる力が備わっているためです。

 

それ故、母親の頭髪を見ても自身がAGAを発症しやすい体質を遺伝しているか如何にかは全く理解いただけません。

 

なので、見るべきは自身の母親の頭髪ではなく母親の家系の父親、つまり母方の祖父の頭髪です。

 

母方の祖父の頭髪が薄毛の時は要注意です。

 

母方の祖父からハゲが隔世遺伝する訳を遺伝の理論に従って解説していきます。

 

真っ先に、人間の遺伝子の情報は染色体という形で子孫に受け継がれていく事を押さえて下さい。

 

この染色体には男女の性別を決断する性染色体のX染色体とY染色体という2つの種類があります。

 

このX染色体とY染色体のまとめ合わせによって、男女の性別が決まります。

 

男性の時はXYという取り合わせを持ち、女の時はXXという取り合わせになります。

 

女子はX染色体を2つ持ちます。

 

ついでに、X染色体の中にだけ、脱毛のきっかけである男性ホルモンジヒドロテストステロンと組み合わせするアンドロゲン受容体というものを完成させる遺伝子の情報が内蔵されています。

 

男性が生まれる場合には、母親の染色体Xと父親の染色体Yを受け継ぎ自身(XY)が生まれるため、薄毛遺伝子の情報を持つ母方からのX染色体がAGAの発症見込みに影響する訳です。

 

では、このアンドロゲン受容体というのは一体なんなのでしょうか。

 

アンドロゲン受容体というのは毛乳頭細胞にある組織の名称で、体内で生成されたジヒドロテストステロンはアンドロゲン受容体と組み合わせします。

 

アンドロゲン受容体と毛乳頭細胞が組み合わせした段階でジヒドロテストステロンは抜け毛を増やす脱毛因子TGF-βに変換されます。

 

ただ、このアンドロゲン受容体がどれほどジヒドロテストステロンとくっつきやすいか、言い換えるとジヒドロテストステロンへの感受性がどれほど高いかには大きな個人差があります。

 

どんなにジヒドロテストステロンが体内で大量に生じてしても、アンドロゲン受容体の感受性が低く、AGAによる薄毛症状が進行しない人もいます。

 

反対にアンドロゲン受容体の感受性が高いため、手間なくに薄毛が進行してしまう人もいます。

 

ついでに、母方の祖父が薄毛の時、母方の祖父のX染色体はジヒドロテストステロンへの感受性が高いアンドロゲン受容体の遺伝情報が記録している確率が高いです。

 

母親が生まれる場合には、母親の祖母の染色体Xと母親の祖父の染色体Xを受け継ぎ母親(XX)が生まれるため、自身の母親が持つ2つのX染色体のうち、1つは母方の祖父から遺伝しています。

 

それにより、母親は必然的にジヒドロテストステロンへの感受性が高いアンドロゲン受容体の遺伝情報を持っています。

 

また、貴方が男性の事例、染色体の構成はXYという取り合わせになります。

 

父親からは間違いなくY染色体が遺伝しているため、自らが持っているX染色体は100%母親からの遺伝になります。

 

つまり、ジヒドロテストステロンへの感受性が高いアンドロゲン受容体が母親のX染色体によって遺伝する確率が大です。

 

これにより、AGAを発症しやすい体質が母方の祖父から受け継がれる事になります。

 

上述のような形でジヒドロテストステロンへの感受性が高いアンドロゲン受容体の情報は母方の祖父のX染色体から、母親のX染色体、また自身のX染色体へ受け継がれていきます。

 

▲目次に戻る遺伝による薄毛の症状AGAという症状は他の薄毛症状とは違うポイントがあります。

 

それは頭皮の総体的に髪が薄くなっていくのではなく、男性型脱毛症患者はきまって前頭部や頭頂部の一定の部位に薄毛症状が集中するというものです。

 

生え際がどんどんこめかみに向かって後退していくM字ハゲ、頭頂部が薄毛になるてっぺんハゲはAGAの代表的な症状として知られています。

 

ついでに、AGAによる薄毛症状が特定部位に集中して現れるのには所以があります。

 

それがM字ところと頭頂部の毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体(男性ホルモン受容体)の影響です。

 

その実アンドロゲン受容体は全部の毛髪の毛乳頭細胞に影響するわけではないのです。

 

アンドロゲン受容体は前頭部と頭頂部のヘアーの毛乳頭細胞には影響していますが、側頭部や後頭部のヘアーの毛乳頭細胞には影響していません。

 

これがAGAで特定部位に薄毛が集中するきっかけです。

 

毛乳頭細胞にアンドロゲン受容体がある前頭部と頭頂部では抜け毛を促進する脱毛因子TGF-βが生成されますが、側頭部や後頭部では脱毛因子TGF-βが生成される事はないのです。

 

▲目次に戻るジヒドロテストステロンの影響を受けやすいかが遺伝によって決まるアンドロゲン受容体の感受性が高く、脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンと毛乳頭が組み合わせしやすい人の方がAGAによる薄毛症状の発症確率が高い事は間違いないのです。

 

とはいっても、遺伝的にアンドロゲン受容体の活性力が高い事が分かったとしても、適切な対策を取れば、AGAによる薄毛症状の発症を防ぐ事はできます。

 

大事なのは、いかにして脱毛を促進する悪玉男性ホルモンジヒドロテストステロンを体内に現れてさせないようにするかという事です。

 

体内にジヒドロテストステロンが無ければ、アンドロゲン受容体と結びついて脱毛因子TGF-βが生成される事はないのです。

 

脱毛因子TGF-βが生成されなければAGAによる薄毛症状を発症する事ももちろんながらありえません。

 

正しい薄毛対策を行う事により、このハゲのきっかけであるジヒドロテストステロンの生成をセーブする事ができます。

 

▲目次に戻る自身が遺伝による薄毛になりやすい体質かはAGA遺伝子検査でわかるさて、上述では両親からの遺伝によってAGAの症状を発症しやすい体質か如何にかが決まると述べてきました。

 

このところでは、自らが両親から未来ハゲやすい体質を遺伝しているか如何にかの遺伝子検査も高評価です。

 

専門病院であるAGA治療クリニックや、オンライン販売で買い物可能な検査キットが代表的な検査メソッドになります。

 

以下のページで遺伝子検査について克明に紹介したので参照ください。

 

遺伝子検査で自らがハゲやすいかがわかる▲目次に戻る遺伝されるのはあくまでも遺伝になりやすい体質ところで、上述のような遺伝子検査を行った結果、両親からハゲやすく作用しやすいアンドロゲンレセプターを遺伝しAGAを発症しやすい体質だと判明したとします。

 

そこまでしても、100%確実にAGAを発症するという訳ではないのです。

 

あくまでもAGAを発症しやすい体質であるというだけで、充分にとAGA対策やハゲ治療、シャンプーのヘアケア、睡眠不足、ストレス落着、喫煙、飲酒などの環境要因での防止法を行っていれば、一生AGAによる薄毛関連に悩まない人もいます。

 

同じ双子や弟でも、髪の量に差が出るのはいい例でしょう。

 

例を挙げると、ジヒドロテストステロンが体内で現れてしないような暮らし習性を身に着けるというのも一つの治療法です。

 

例を挙げるなら、食生活に大豆食品を吸収するのもよいでしょう。

 

大豆食品には体内に入って女子ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンが大量に内蔵されています。

 

このイソフラボンの働きにより、テストステロンの働きを弱めて、ジヒドロテストステロンの生成を抑えてやる事が出来ます。

 

なお、育毛剤を使用する薄毛治療というのも一つの手法です。

 

市販の育毛剤にはAGA治療薬のような5αリダクターゼの現れてを抑制するオウゴンエキスやイソフラボンが大量に内蔵されるヒオウギエキスを配合したものもあります。

 

暮らし習性によって乱れた頭皮環境を改善させるための成分もあります。

 

このような育毛剤をAGA防止の育毛対策に使用するというのも成果的です。

 

このように普段暮らしの環境の中でジヒドロテストステロンの生成を抑えてやるような暮らし環境をモノにする事で、AGAによる薄毛症状の発症を防止する事は十分できるです。

 

ハゲ対策への発毛促進影響が高く自らに合った育毛剤の探し方は以下のページを参照ください。

 

育毛剤の選び方このWebページ内の推奨育毛剤アイテムは以下の文章を参照ください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る