男性の頭頂部の薄毛の原因

男性の頭頂部ハゲのきっかけは、以下の5つです。

 

・男性ホルモン・頭皮トラブル・遺伝・暮らし習性・ストレス頭頂部の薄毛はAGAや遺伝の影響よりも暮らし習性の影響をより強く受けると言われています。

 

AGAで頭頂部の薄毛が起こりにくい訳は、AGAのきっかけとなる?型の5αリダクターゼと呼ばれる酵素が頭頂部には少ないためです。

 

俗に薄毛のきっかけがAGAだった時、他のきっかけで薄毛になっている時よりもその改善は困難です。

 

したがって、?型の5αリダクターゼが多々ある生え際のM字ところの薄毛と対比すると、頭頂部の薄毛は改善しやすい性質があります。

 

採り上げるのの文章では男性の頭頂部のはげにフォーカスして、頭頂部の薄毛のきっかけと対策テクニックについて述べていきます。

 

目次男性の頭頂部の薄毛のきっかけ頭頂部の薄毛の対策男性の頭頂部の薄毛のきっかけこれからは男性の頭頂部の薄毛のきっかけについて見ていきます。

 

先ほどもちょっと述べましたが、頭頂部の薄毛のそんなには、暮らし習性の乱れがきっかけです。

 

これからは頭頂部の薄毛を引き起こすきっかけとなる暮らし習性を見ていきます。

 

頭頂部のAGA(男性型脱毛症)がきっかけの薄毛AGAは男性ホルモンが活性化して、体内に影響する5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつき、生み出されたジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質がきっかけで引き起こされます。

 

脱毛ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に育毛指令を与える毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターという部位と組み合わせすると、毛乳頭細胞から脱毛因子TGF-βという物質が排出されるようになります。

 

脱毛因子TGF-βには毛母細胞に脱毛を促進するように働きかける作用があり、これにより抜け毛が引き起こされるというのがAGAのきっかけです。

 

ところで、側頭部や後頭部のヘアーの毛乳頭細胞にはアンドロゲンレセプターが影響しないため、AGAによる薄毛が進行する事はないのです。

 

これに対して、頭頂部のヘアーの毛乳頭細胞にはアンドロゲンレセプターが影響します。

 

これが男性がAGAで頭頂部が薄毛になるきっかけです。

 

▲目次に戻る頭皮環境の悪化がきっかけの頭頂部の薄毛頭皮環境が悪化しているケース、それが頭頂部の薄毛のきっかけになる時があります。

 

頭皮環境の悪化には頭皮の乾かす・皮脂の過剰分泌といったものが挙げられます。

 

このような頭皮環境の悪化が現れてすると、頭皮の炎症を引き起こし、フケ・かゆみのきっかけにつながりヘアーにうまく栄養が行き渡らなくなり抜け毛が増える事があります。

 

頭皮の血行不良がきっかけの頭頂部の薄毛頭皮が血行不良のステータスになっていると、これも頭頂部の薄毛を引き起こすきっかけとなります。

 

血液には体内を巡って栄養を供給する役割があります。

 

血行不良になり、血液が頭皮に巡ってこないようになると、ヘアーをつくる毛母細胞への栄養供給も不十分になります。

 

これにより、ヘアーの生成が著しく阻害され、頭頂部の髪もうまく栄養を受け取り髪を生成できなくなり抜け毛が生じてする事になります。

 

▲目次に戻る遺伝がきっかけの頭頂部の薄毛ところで、男性がAGAによる薄毛症状を発症するか如何にかは遺伝的な要素が強く関わっている事が分かっています。

 

所以としてはジヒドロテストステロンと繋ぎ合わせするアンドロゲンレセプターがどれだけジヒドロテストステロンと組み合わせしやすいかという特性が、遺伝によって大きく左右されるためです。

 

特に男性の親戚にハゲている人が多々あるケースは要注意です。

 

この時、自らの毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターにもジヒドロテストステロン(DHT)と組み合わせしやすい特質が受け継がれている見込みがあります。

 

AGAになりやすい体質が遺伝する事も、男性の頭頂部の薄毛のきっかけになります。

 

▲目次に戻る暮らし習性の乱れさて、上述ではAGA・頭皮環境の悪化・血行不良といった薄毛のきっかけについて解説していきました。

 

けれども、これから解説していく暮らし習性の乱れは、特に男性の頭頂部の薄毛に影響を与えるものです。

 

では、一つずつ詳細に見ていきたいと考えます。

 

睡眠不足がきっかけの頭頂部の薄毛最初に、頭頂部の薄毛を引き起こす暮らし習性の乱れとしては、睡眠不足が挙げられます。

 

ヘアーは起きている時では無く、眠っている間に進化ホルモンによってレベルアップします。

 

したがって、睡眠時が不足すると、ヘアーを生成する時が確保できなくなり、どんどん頭頂部の薄毛が進行します。

 

▲目次に戻る乱れた食事がきっかけの頭頂部の薄毛食生活が乱れている時も、頭頂部の薄毛を引き起こしやすくなります。

 

ヘアーを製作するためには18種類のアミノ酸、亜鉛をはじめとしたミネラル、ビタミンといった栄養素を食事から幅広く摂取する不可欠があります。

 

ただ、食生活が乱れてくると、髪に必須な栄養素が体内で不足して、ヘアーの生成が進まなくなります。

 

その結果として、男性の頭頂部の薄毛が引き起こされるきっかけになります。

 

▲目次に戻るストレスがきっかけの頭頂部の薄毛暮らしの中でストレスをため込んでいると、これも頭頂部の薄毛のきっかけにつながります。

 

ストレスがたまってくると体の自律神経の交感神経という神経が活動する時が以前からずっとなります。

 

交感神経には体を緊張ステータスにするという特性があります。

 

体が緊張様子になると、血管も収縮様子になります。

 

結果としてストレスによって血行が悪化して、頭皮の血行不良を引き起こし、頭頂部の薄毛につながります。

 

▲目次に戻る喫煙がきっかけの頭頂部の薄毛喫煙でニコチンを大量に体内に摂取する事も頭頂部の薄毛のきっかけになります。

 

ニコチンには血管を収縮させる働きがあり、頭皮の血行を悪化させ、頭頂部の薄毛を進行させます。

 

しかも、ニコチンには毒性があり、その影響で体内において、髪に必須な栄養素でもある大量のビタミンが破壊されます。

 

それ故、体内でビタミン不足になり、ヘアーの生成がうまく進まなくなります。

 

▲目次に戻る過度の飲酒がきっかけの頭頂部の薄毛頭頂部の薄毛を引き起こす習性としては、過度の飲酒も挙げる事ができます。

 

少量の飲酒であれば、血行を促進して育毛に加味に働く事例があります。

 

ただ、過度の飲酒を行うと、体内に入ってきたアルコールを分解するためにメチオニン・シ着色汚れといったアミノ酸が大量に支出される事になります。

 

メチオニン・シ着色汚れはヘアーの原材料となるケラチンを生成するために不可欠となるアミノ酸であり、メチオニン・シ着色汚れが不足する事により、ヘアーの生成が進まなくなり頭頂部の薄毛のきっかけとなります。

 

▲目次に戻る運動不足がきっかけの頭頂部の薄毛運動は育毛には成果的な習性になります。

 

逆に運動不足は頭頂部の薄毛を進行させるきっかけになります。

 

運動不足になると、筋肉の力が衰えてしまいます。

 

筋肉には体内に血液を送り出すポンプの役割が備わっています。

 

したがって、筋肉が衰える事は体内の血行悪化につながり、頭皮の血行不良を引き起こし頭頂部の薄毛のきっかけとなります。

 

▲目次に戻る紫外線がきっかけの頭頂部の薄毛紫外線をいろいろ浴びる事も、頭頂部の薄毛のきっかけになります。

 

頭皮が紫外線を浴びると、紫外線の熱でタンパク質と糖が繋ぎ合わせする「糖化」と呼ばれる現象が現れてします。

 

糖化が頭皮で生じてすると、頭皮がカチカチに固くなってしまい、それに伴って頭皮の血行不良が引き起こされます。

 

これが頭頂部の薄毛につながります。

 

▲目次に戻るシャンプーのし過ぎによる頭皮環境の悪化間違ったヘアケアも頭頂部の薄毛のきっかけとなってしまう事があります。

 

市販のヘアケア剤のおおかたは、さっぱりとした洗い上がりを実現するために大いに強力な洗浄成分を配合しています。

 

ところで、頭皮には皮脂という脂が分泌されています。

 

皮脂には頭皮を保湿し、外敵から頭皮を守るという働きがあります。

 

けれども、シャンプーの強力な洗浄成分は、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまいます。

 

頭皮のバリアである皮脂がシャンプーで流される事によって、頭皮が乾かすし、頭皮環境の悪化が引き起こされ、頭頂部の薄毛のきっかけとなります。

 

頭皮に負担とならないシャンプーで頭皮ケアを行う事により頭頂部の薄毛の生じて見込みをちょっとでも押し止める事ができるです。

 

▲目次に戻る頭頂部の薄毛の対策では、男性の頭頂部の薄毛を引き起こさないためには、どんな感じで対策を進めていけば良いのでしょうか。

 

頭頂部の薄毛の主たるきっかけが暮らし習性の乱れにあるため、頭頂部の薄毛対策も暮らし習性の改善を依拠に考慮していく不可欠があります。

 

暮らし習性の改善頭頂部の薄毛を改善やりたいなら、最初に暮らし習性を改善しましょう。

 

暮らし習性が乱れていると、頭皮にも悪影響の暮らし習性病を引き起こすだけでなくどのような頭頂部の薄毛対策をしても上手にいきません。

 

ところで暮らし習性の改善と言っても手に負えなく考慮する不可欠はないのです。

 

朝型の暮らしリズムで暮らしを送り、健康的な食生活を意識するといった事だけで十分です。

 

なお、健康な食生活と言ってもピンと来ない人は最初に食生活に大豆と海藻類を採りいれてみるようにしましょう。

 

大豆には男性ホルモンの活性化を押し止めるイソフラボン、海藻類にはヘアーの生成に不可欠なミネラルが各々豊富に内蔵されています。

 

これらの材料を吸収するだけでも食生活を大きく改善する事が出来ます。

 

▲目次に戻るストレス落着男性で頭頂部の薄毛が進行している人で、「今の時代ストレスがたまっているな」といった自覚があるなら、心がけるべきはそのストレスの発散です。

 

ストレスのきっかけは人各々だと考えます。

 

ただ、ストレスがたまっている人で、睡眠が不足している人がいれば、真っ先に重要になるのはちゃんとと睡眠時を確保する事。

 

睡眠にはストレスを減らす働きがあります。

 

なお、上述でも解説した通り、毛髪がレベルアップするのは睡眠中です。

 

したがって、睡眠時を確保しストレスを落着する事は、頭頂部の薄毛の改善には大いに有効になります。

 

ストレスは放っておくと円形脱毛症も引き起こす懸念もあるので、日ごろからストレス解決を心掛けましょう。

 

▲目次に戻る運動男性の頭頂部の薄毛が進行しているなら、暮らし習性に何とぞ採りいれてくれのが運動。

 

運動は筋肉を鍛えて血行を促進する影響が見込み可能なだけではないのです。

 

運動で汗をかく事により、体内に蓄積されているAGAのきっかけ物質であるDHTが排出される影響も見込みできます。

 

他にも、頭皮が汗をかくと、それが保湿につながり頭皮環境が改善する事もあります。

 

このように運動は頭頂部の薄毛対策に大いに有効です。

 

何とぞ積極的に暮らしに採りいれていくようにしましょう。

 

▲目次に戻るAGAクリニック暮らし習性の改善をしても頭頂部の薄毛が改善しないケース、またはパーフェクトにハゲ上がってしまうくらいまで頭頂部の薄毛(O型ハゲ)が進行している男性の事例、こういった時は病院専門のAGAクリニックや皮膚科を受診してAGA治療薬などの発毛剤を処方してもらう事をベストチョイスします。

 

AGA治療薬として代表的なものにはAGAのきっかけにもなる5αリダクターゼを抑制する影響を持つプロペシア(フィナステリド)があります。

 

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)がきっかけの頭頂部の薄毛には抜群の発毛成果を発揮します。

 

そして、ミノキシジルという外用薬のAGA治療薬には頭皮の血行を促進するのにとても有効です。

 

このプロペシアとミノキシジルの2つの薬をまとめ合わせて男性の頭頂部のAGAによる薄毛にアプローチする治療法がイチ押しです。

 

以下のページに推奨のAGAヘアクリニックの薄毛治療の中身や治療費について解説しています。

 

フリー心理コンサルティングもできるなので、引っかかる人は参照ください。

 

AGA最先端治療ヘアメディカルについて育毛奉行が徹底解剖!▲目次に戻る育毛剤暮らし習性の改善のみの対策だと、男性の頭頂部の薄毛改善影響は若干おぼつかないところもあります。

 

したがって、頭頂部の脱毛阻止に万全を期すなら推奨は育毛剤を使用する事です。

 

育毛剤には頭皮の血行促進・男性ホルモンの抑制・頭皮環境の改善などの育毛影響を持つ有効成分が配合されていて男性の、頭頂部の薄毛への広範な影響があります。

 

頭頂部の薄毛がかなり進行していてハゲあがってしまっている時、AGAクリニックしか選択の余地がない事例もあります。

 

これらの育毛剤を頭皮の皮膚に塗布し、ツボを刺激する頭皮マッサージを行う事で頭頂部の薄毛のきっかけでもある毛根の血行不良の改善に役立ちます。

 

ただ、そうでなく頭頂部の薄毛の症状が初期から中期程度の進行度であれば、育毛剤でも十分に改善は見込まれるでしょう。

 

育毛剤の頭頂部への薄毛のアプローチには男性ホルモン抑制成果を持つ育毛成分により直接的に影響を与えたり、女ホルモンの働きをする成分をモノにする事で相対的なホルモンバランスを整える2つの手法があります。

 

最初に育毛剤の使用から頭頂部の薄毛対策を幕開けしてみてはどうでしょうか。

 

育毛剤の選び方このWebページ内での男性用、女用のベストチョイス育毛剤は以下のテキストを参照ください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る関連テキスト男性にベストチョイスの男性用育毛剤順位女子の育毛剤順位AGAへの育毛剤順位つむじハゲに育毛成果のある育毛剤順位m字はげに育毛影響のある育毛剤順位女の前頭部の薄毛のきっかけ遺伝子検査でハゲやすいかがわかる▲目次に戻る男性は頭頂部、いわゆる頭のてっぺんやつむじところは薄毛が進行しやすい箇所になります。

 

頭頂部のハゲは「つむじハゲ」、「てっぺんハゲ」「O型ハゲ」といった名前で呼ばれる事例が多々あるです。

 

ところで、男性が頭頂部の脱毛パターンを発症する時、AGAという症状がきっかけになっている事がそんなにです。

 

このAGAという薄毛症状が生じてするか如何にかは遺伝的な要素が大きく関わっています。

 

とはいっても、頭頂部の薄毛はAGAや遺伝の影響よりも暮らし習性の影響をより強く受けると言われています。

 

AGAで頭頂部の薄毛が起こりにくい所以は、AGAのきっかけとなる?型の5αリダクターゼと呼ばれる酵素が頭頂部には少ないためです。

 

俗に薄毛のきっかけがAGAだったケース、他のきっかけで薄毛になっているケースよりもその改善は困難です。

 

したがって、?型の5αリダクターゼが多々ある生え際のM字ところの薄毛と対比すると、頭頂部の薄毛は改善しやすい性質があります。

 

今度の投稿では男性の頭頂部のはげにフォーカスして、頭頂部の薄毛のきっかけと対策技術について述べていきます。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る