前頭部の薄毛の原因

薄毛が進行する時、前頭部の生え際からハゲていくM字ハゲやU字ハゲという場合は大いに多々あるです。

 

生え際からこめかみに向かってハゲが進行するM字ハゲはハゲの代表的なパターンになります。

 

このような前頭部の薄毛が進行する時、以下の3つのような多彩なきっかけが腹積もりられます。

 

・男性ホルモンによるAGA・暮らし習性・PCやスマートフォンによる眼精疲労この文章では前頭部の薄毛が進行するきっかけについて、整理て解説しています。

 

なお、以下のような前頭部の薄毛の対策手段についても紹介しています。

 

・軽いなら育毛剤を使用する・かなり進行しているようならAGAクリニックで処方された発毛成果のあるフィナステリドを使用する女子の前頭部の薄毛のきっかけと対策は以下の文章に整理てるので参照ください。

 

女の前頭部の薄毛のきっかけ目次前頭部の薄毛のきっかけAGA(男性型脱毛症)がきっかけの前頭部の薄毛遺伝がきっかけの前頭部の薄毛食生活がきっかけの前頭部の薄毛前頭部の血行不良がきっかけの薄毛ストレスがきっかけの前頭部の薄毛タバコがきっかけの前頭部の薄毛睡眠不足がきっかけの前頭部の薄毛頭皮環境を乱す洗浄力の強いシャンプーがきっかけの前頭部の薄毛PCやiPhoneなどの液晶画面による眼精疲労がきっかけの前頭部の薄毛前頭部の薄毛の対策メソッド育毛剤の使用大豆食品を摂取する運動AGAクリニック増毛植毛前頭部の薄毛のきっかけの整理前頭部の薄毛のきっかけ前頭部が薄毛になる時、色々なきっかけが考慮しられます。

 

多くの事例はこれらのきっかけがいくつか関わり合って生じてする事により、M字ハゲの薄毛の症状が進行していきます。

 

以下で前頭部の薄毛が進行するきっかけとして心積もりられるものを見ていきます。

 

AGA(男性型脱毛症)がきっかけの前頭部の薄毛前頭部で薄毛が進行する事例、そのきっかけの大ところはAGAです。

 

AGAは男性型脱毛症と呼ばれている症状で、男性ホルモンの活性化によって引き起こされる薄毛症状になります。

 

男性の薄毛の90%以上がこのAGAがきっかけと言われており、M字ところとつむじところ(頭頂部)の特定箇所に激しい抜け毛が生じてするもち味があります。

 

AGAのきっかけになる脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と組み合わせするアンドロゲンレセプターですが、前頭部のヘアーにトップ多く影響している事が分かっています。

 

したがって、前頭部のヘアーはAGAの影響をとても受けやすくなっています。

 

AGAで薄毛が進行する事例、そのハゲ方の代表例が前述したM字ハゲです。

 

それにより、M字ハゲが進行し開始出来ているようなら、初めにAGAを疑って必要になるのが良いでしょう。

 

自身の前頭部や頭頂部がAGAによって薄毛になっている疑いがある人は以下のページで、AGAへの育毛剤による育毛対策を解説しています。

 

男性ホルモンの影響による抜け毛への育毛剤の影響しかも、女の薄毛はたいてい全部的に薄くなるびまん性脱毛症が多々あるですが、近頃では女子のAGA(女男性型脱毛症)も増加し前頭部が薄毛になる時が増加してきているといわれています。

 

女のAGA(女子男性型脱毛症)のきっかけに関して細かいところまでは以下の文章をポイントにしてください。

 

女の前頭部の薄毛のきっかけ▲目次に戻る遺伝がきっかけの前頭部の薄毛ところで、上述で解説したM字ところの脱毛を促進させる男性ホルモンDHTと組み合わせするアンドロゲンレセプターですが、アンドロゲンレセプターがどれほどDHTと組み合わせしやすいかについては個人差があります。

 

アンドロゲンレセプターとDHTとの繋ぎ合わせのしやすさには遺伝が大きく結びつきしています。

 

祖父・叔父・父親といった男性の親戚に薄毛の人が多々ある事例には要配慮。

 

ハゲになりやすい遺伝子が自らにも遺伝している見込みは十分に腹積もりられます。

 

このような遺伝の影響も前頭部の薄毛を引き起こす一つのきっかけになります。

 

▲目次に戻る食生活がきっかけの前頭部の薄毛食事などの暮らし習性の乱れが前頭部の薄毛のきっかけになる時もあります。

 

ヘアーの原材料となるケラチンを生成するには18種類のアミノ酸・亜鉛などのミネラル・ビタミン類を満遍なく摂取する必須があります。

 

このようなヘアーのためのいろいろな栄養素を不足なく摂取するためにはバランスのとれた食生活が求められます。

 

けれども、食生活に脂っこい食事やジャンクフードが多々あるといった場合ではこのようなヘアーを製作する栄養素が不足しがちになります。

 

これによって、ヘアーの生成がうまく進まなくなり、前頭部の薄毛が進行する事例もあります。

 

さらに、ジャンクフードや脂っこい食事は頭皮において皮脂の分泌を促進する成果を持っています。

 

これにより頭皮の皮脂が過剰分泌され、頭皮環境が悪化しM字ところの抜け毛につながる事例があります。

 

▲目次に戻る前頭部の血行不良がきっかけの薄毛頭皮の血行不良も前頭部の薄毛を引き起こす一つの要因です。

 

前頭部の血流が悪くなると、前頭部のヘアーを製作する毛母細胞にキッチリと栄養や酸素が供給されなくなります。

 

これが前頭部の薄毛を引き起こすきっかけになります。

 

▲目次に戻るストレスがきっかけの前頭部の薄毛ストレスの蓄積も前頭部の薄毛の大きなきっかけになる事があります。

 

理由を言えば、ストレスは血行不良とホルモンバランスを見出し男性ホルモンの増加という問題を引き起こすためです。

 

体がストレスを感じると、自律神経の交感神経がその活動を強めます。

 

自律神経は人間の呼吸・血液循環といった無意識のうちに行っている生存活動をコントロールしている神経です。

 

自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があり、交感神経は人間が活動している時に活発になる神経、副交感神経は人間が憩いしている時に活発になる神経です。

 

ところで、ストレスが必要になるといつも交感神経が優位に働いている状況になり、体はいつ何が起こってももうに反応可能なような緊張様子に置かれます。

 

この交感神経優位の体の緊張が血管の収縮につながり、どんどん体内の血行が悪化していきます。

 

その上、交感神経には男性ホルモンの分泌を促進するという働きもあります。

 

これにより前述したAGAの症状が引き起こされるきっかけとなる見込みも高くなります。

 

▲目次に戻るタバコがきっかけの前頭部の薄毛タバコに内蔵されているニコチンには血管を収縮させる影響があります。

 

それ故、タバコを吸う事は前頭部の血行不良を引き起こし、薄毛を促進するきっかけになります。

 

▲目次に戻る睡眠不足がきっかけの前頭部の薄毛ヘアーは1日を通して向上している訳ではないのです。

 

ヘアーが伸びるするのは日中の活動している時帯では無く、夜の眠っている時帯です。

 

眠っている時に体の中には進化ホルモンと言われるホルモンが分泌されています。

 

このランクアップホルモンには日中に傷ついた体の器官の修復をしたり、体の器官の発展を促す働きがあります。

 

この向上ホルモンの働きにより、眠っている間にどんどん髪はレベルアップしていきます。

 

したがって、睡眠不足になるとヘアーがランクアップする時が失われてしまい、結果的に薄毛症状が進行していくきっかけになります。

 

それにより、睡眠をちゃんとととってやる事で、前頭部の薄毛の解決にもつながります。

 

睡眠をとる事でランクアップホルモンの分泌が促進され、これにより前頭部のヘアーの生成も一段と進みます。

 

▲目次に戻る頭皮環境を乱す洗浄力の強いシャンプーがきっかけの前頭部の薄毛スーパーやドラッグストアなどで売られている1000円を切るような安価な値段のシャンプーのそんなには石油系シャンプーと呼ばれるタイプのシャンプーです。

 

石油系シャンプーの特色は石油系界面活性剤と言われる洗浄成分を配合しており、大いに強力な頭皮の洗浄力を持っている事です。

 

この石油系界面活性剤の強力な洗浄力によって、頭皮に分泌されている皮脂を根こそぎ洗い流してしまいます。

 

しかし、皮脂には頭皮を外敵から守る役割や頭皮を乾かすから守る役割が備わっています。

 

石油系シャンプーを使用すると、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうため、頭皮環境の悪化を引き起こし、フケやかゆみが現れてし薄毛のきっかけにつながりやすくなります。

 

▲目次に戻るPCやiPhoneなどの液晶画面による眼精疲労がきっかけの前頭部の薄毛近頃は一日中PCやiPhoneの画面を見ているという暮らし習性が自然になり、眼精疲労に葛藤する人も多くなっています。

 

眼精疲労は目の周辺の筋肉の硬直につながります。

 

この目の筋肉の硬直が徐々に前頭部の頭皮の硬直につながっていき、前頭部の血行が悪くなってしまいます。

 

他にも、眼精疲労を回復するために、体の中でシスチンというアミノ酸が大量に支出されます。

 

シスチンはケラチンを生成する上では無くてはならない成分となっており、シスチンが大量に支出される事により、ヘアーを作成しよう栄養素が体内で不足する事態を招く事になります。

 

これも眼精疲労で前頭部の薄毛が引き起こされる一つのきっかけです。

 

▲目次に戻る前頭部の薄毛の対策メソッドさて、上述では前頭部の薄毛が進行するきっかけについて見てきました。

 

ただ、前頭部の薄毛が進行するきっかけに多様なものがあるように、前頭部の薄毛の対策手段にも多様なものがあります。

 

これからは前頭部の薄毛の対策メソッドについて見ていきます。

 

育毛剤の使用前頭部の薄毛対策を行う手段として、最もオーソドックスなメソッドが育毛剤を使用し頭皮ケアするテクニックです。

 

育毛剤はAGA・頭皮の血行不良・頭皮環境の悪化といった前頭部の薄毛のきっかけに幅広く育毛影響を発揮します。

 

育毛剤を付けた後に頭皮マッサージを行う事で頭皮の血行促進にもなり、M字はげの抜け毛にも影響的です。

 

したがって、前頭部の薄毛に問題スタート出来た段階であれば、真っ先に育毛剤を使って薄毛対策を開始してみる事を推奨します。

 

▲目次に戻る大豆食品を摂取するAGAがきっかけとなって前頭部の薄毛が進行している事例、大豆食品を積極的に摂取するというのは一つの良い対策手法です。

 

大豆食品にはイソフラボンと呼ばれる栄養素が豊富に内蔵されています。

 

このイソフラボン、体内に入る事で女子ホルモンと同じような働きをします。

 

イソフラボンを摂取して、女子ホルモンの働きを強めてやる事が、結果的に男性ホルモンの働きを弱める事につながります。

 

特に前頭部を中心とした生え際の薄毛が進行しているケース、AGAが強く疑われます。

 

したがって、大豆食品を積極的に摂取する事をイチ押しします。

 

▲目次に戻る運動運動も前頭部の薄毛の改善には育毛成果を発揮します。

 

運動をする事によって得られる良い面はいろいろありますが、代表的なものとしては頭皮の血行促進成果・ストレス決着成果を挙げる事が出来ます。

 

運動をする事で体の筋肉が鍛えられると、筋肉が担っている血液を体中に送り出すポンプの役割も強化されます。

 

これにより体内に豊富な血液が供給されるようになり、血行が促進されます。

 

さらに、運動によって気持ち良い汗をかく事が、ストレス落着にもつながります。

 

ついでに、AGAがきっかけで薄毛になっている人にも、運動は育毛影響を発揮します。

 

運動して汗をかく事で、その汗と共にDHTが体外に排出されます。

 

これにより、AGAによる前頭部の薄毛の進行を防ぐ育毛影響も見込みできます。

 

▲目次に戻るAGAクリニックAGAがきっかけで薄毛になっている人であれば、AGAクリニックに通院する事がイチ押しです。

 

特に生え際ところがかなりハゲ上がってしまっているAGA後期の段階であれば、間違いなくAGAクリニックへの通院が必須になるでしょう。

 

しかも、AGAクリニックに通院した事例、多くの人が投薬治療という形でAGA治療薬や発毛剤ミノキシジルを服用する事になります。

 

この場合、処方されるAGA治療薬で著名なものが発毛成果のあるフィナステリドです。

 

このフィナステリドにはDHTの生成のきっかけになる5αリダクターゼと呼ばれる酵素を抑制する働きがあります。

 

フィナステリドはAGAの特効薬と言っても良いほど抜群の治療影響を発揮します。

 

前頭部の薄毛がかなり進行している人は一度AGAクリニックを受診してみるのも良いでしょう。

 

▲目次に戻る増毛前頭部の薄毛を改善する手っ取り早い手法には増毛があります。

 

増毛というのはその名の通り、髪を増やすテクニックで、代表的なものにはカツラがあります。

 

ただ、現時点での増毛技術はとても進歩しており、いわゆるカツラ以外にも、直近で生えている毛に人工毛を結びつける形でヘアーを増やし自由な髪型に可能なという増毛テクニックも登場しています。

 

こうした増毛だとカツラのように不自然にならずに自然にヘアーを増やす事が出来ます。

 

その上、増毛の良いところは直ちににヘアーを増やせ好きな髪型に可能なという即効性がある事です。

 

反対に悪いところは通例のヘアーがレベルアップする事に伴い、人口毛を結び付けた結び目の位置がずれてしまうので、数か月に1回のペースでメンテナンスが必須になるという事です。

 

しかし、増毛は前頭部の薄毛のきっかけの根本的な決着とならないため用心が不可欠です。

 

増毛の影響、手段や値段については以下のページを参照ください。

 

増毛▲目次に戻る植毛先ほどAGAクリニックでの治療について解説してきました。

 

けれども、AGAの症状がかなり進行している時、どんだけDHTを抑制する事が出来ても、もはやヘアーを作成しよう毛母細胞の働き自体がパーフェクトにストップしてしまっており、ヘアーが生成されない事例があります。

 

このような場合で用いられるのが植毛治療です。

 

植毛治療はその名の通り、後頭部・側頭部のヘアーが残っている部位からヘアーを取ってきて、それを生え際に移植する自毛植毛というものです。

 

ところで、後頭部・側頭部のヘアーにはAGAによる男性ホルモンの影響を受けるアンドロゲンレセプターが影響しないため、植毛した毛が再びAGAの影響で抜け落ちるといった事はないのです。

 

植毛治療はどんなにAGAが進行していても、ヘアーを増やす事が可能なという大きな良い面があります。

 

その反面、治療費が高い、頭皮にメスを入れる事になるため、傷跡が残るといった悪いところもあります。

 

植毛も、増毛と同じくにAGAによる前頭部の薄毛は進行してしまうため根本的な解消となりません。

 

植毛の影響や技術、費用については以下のページに詳細に整理てあります。

 

植毛▲目次に戻る前頭部の薄毛のきっかけの整理上述したように前頭部のヘアーにはAGAのきっかけでもある男性ホルモンDHTを受容するアンドロゲンホルモンレセプターという部位が影響しています。

 

したがって、前頭部で薄毛が進んでいる時、普通にはAGAがきっかけになっている確率を疑ってかかりましょう。

 

前頭部の薄毛の進行状況が軽微なケースであれば男性ホルモン抑制影響を持つ育毛剤を使って対策を行っていくのが良いでしょう。

 

育毛剤に配合されている男性ホルモン抑制影響を持つ育毛成分としては、オウゴンエキス・ヒオウギエキスのような育毛成分が挙げられます。

 

これらの男性ホルモンを抑制する育毛成分を配合した育毛剤を使用してやるのが良いでしょう。

 

イチ押しの育毛剤は以下のページの育毛剤順位をポイントにしてください。

 

育毛剤順位しかし、前頭部の薄毛に何年も悩んでおり、かなりヘアーが後退してしまったというような人は、一段と強力な育毛剤を使用する不可欠があるでしょう。

 

その時、AGAクリニックを受診してフィナステリドを処方してもらうM字ハゲ対策がイチ押しです。

 

長年薄毛に悩んでいた人がフィナステリドの服用で劇的に前頭部の薄毛の症状が改善したという例はかなり影響します。

 

育毛剤で前頭部の薄毛の改善に育毛成果がみられないようなら、AGA治療薬のフィナステリドを使ってやるのも良いでしょう。

 

AGAクリニックに通う育毛奉行隊員50歳のAGA改善記録!▲目次に戻る。

 

トップへ戻る