育毛剤の防腐剤について

今頃、オンラインなどでも防腐剤についてよく議論されているのを見かけます。

 

運営者が実際まで使ってきた育毛剤もパラベンフリーなどの表記を見ます。

 

パラベンなどの防腐剤は頭皮に良くないのか、など防腐剤についてお伝えします。

 

近頃どの育毛剤・育毛シャンプーを見ても「香料」「彩色料」「パラベン」などが無添加のものを見かけます。

 

おっしゃる通り、合成塗装料や合成香料など育毛に係りのない成分は確実に無用ですが、保存料に関しては無用と一言で掃除られないところもあります。

 

保存料は毒性があるものもなかにはありますが、だからといってなんでもかんでも保存料無添加ならいいとは限りません。

 

無添加無添加と謳っていても何をもって無添加なのかの水準があいまいで、「パラベンフリー」と表記されているものはちゃんととフェノキシエタノールなどの防腐剤が内蔵されています。

 

防腐剤を悪いと頭ごなしに否定するのではなく、安心に使用するために防腐剤も必須だから内蔵されているんです。

 

じゃあ何をもって安心かを決断するのか?ズバリ、決断レベルは自らの頭皮に炎症が起きないか如何にかです。

 

※イメージはクリックで拡大します運営者が好んで使っているブブカとチャップアップも、パラベンではなくフェノキシエタノールが配合されています。

 

現在まで育毛剤を使ってかぶれた事がある・フケやかゆみがすごくて頭皮が赤くなったりっていう炎症がある人は注意深いになってしまっても仕方がないですが、実のところパラベンやフェノキシエタノールで炎症やアレルギーが出る人は、かなり少ないと言われています。

 

理由を言えば、防腐剤などの刺激の強い成分は、国が化粧品や育毛剤のように定期的使っても問題ない程度の量に制限しているからです。

 

パラベンは旧指定成分(以前、成分全表示が義務付けられていない頃の表示義務があった成分)のため悪い悪いと言われているが、実のところコンビニで売っている日焼け止めとかにも当たり前に内蔵されています。

 

防腐剤が全部入っていない腐った育毛剤と防腐剤入りの育毛剤の安心性は一目瞭然ですよね?腐った育毛剤の方がどんどん肌に悪いんです。

 

製作者側も腐ったような危ういなものを使わせないために防腐剤を入れているという側面もあります。

 

この事からも一方的に防腐剤を悪いと決めつけるべきではないですね。

 

一層言うとどのような成分にも多分に副作用の見込みはあるんです。

 

なので、これらの成分は使い方は無論、使ってみて肌に合うのが最高大事なんです。

 

頭皮への環境を選択し少々の防腐剤には目をつむるか、防腐剤などに目くじらをたてて、敬遠するか…。

 

どっちも間違いではないですが、実のところ敏感肌の運営者でもだいたいの育毛剤は、問題なく使えています。

 

一度、炎症などを経験してしまうと、悪く言われがちな防腐剤のせいだと思い込んでしまいがちですが、別の成分がきっかけという事だって十分腹積もりられますよね。

 

防腐剤は少量では、問題ないと言われているので試してみて、自身の頭皮に合ったものを使用するのがいいと考えます。

 

必然的に、防腐剤や香料・色付け料など全部入っていないものを利用したいという方は、M-1ミストをベストチョイスします。

 

成分表を見ても、防腐剤は入っていません。

 

育毛剤は、定期的使っていればずーっとても2か月くらいでなくなってしまうので、腐る懸念事項もないと考えます。

 

 

トップへ戻る