発毛剤と育毛剤の併用は不可

育毛剤と言う名前が広く使われていますが、育毛剤とひとくくりにされる育毛アイテムには、「発毛剤」に分類されるものと、「育毛剤」に分類されるものがあります。

 

発毛剤と育毛剤は混同される事が多々あるのですが、以下のような明確な相違があります。

 

・発毛剤はヘアーを生やす影響を持っている・育毛剤はヘアーが抜けるのを防ぐ防止成果を持っている加えて、薬機法という法的に、発毛剤は医薬品に分類されるのに対して、育毛剤は医薬部外品になるという相違もあります。

 

ところで、発毛剤と育毛剤、各々育毛影響が違うなら、まとめ合わせて発毛影響と防止影響の双方を得ようと思いめぐらす 人もいますが、原則的には発毛剤と育毛剤の2つの並存はできません。

 

なお、発毛剤と育毛剤を並存したとしても薄毛改善影響が飛躍的に高まる事もないのです。

 

これからは発毛剤と育毛剤を並存できない所以や、発毛剤と育毛剤の選び方についてみていきたいと考えます。

 

目次発毛剤と育毛剤を並存できない訳飲む発毛剤プロペシアとミノキシジルタブレットを飲んでいる事例、育毛剤の並存はできるミノキシジル含有の発毛剤リアップと育毛剤の並存は不可育毛剤や発毛剤は影響が出るまでに時が必要になるため同じものを最低半年は利用し続けるべき育毛剤と発毛剤、どっちを使用するべきか発毛剤と育毛剤を並存できない所以これからは発毛剤と育毛剤を並存出来ない所以について見ていきます。

 

頭皮が発毛剤と育毛剤の成分を並行して吸収できないそもそも発毛剤と育毛剤を並存したところで、頭皮はいずれもの育毛成分を合わせて吸収する事は出来ません。

 

したがって、どっちかの一方の育毛成分だけが吸収されてしまい、並存した発毛剤と育毛剤の他の成分は全く頭皮の毛穴から染み渡るしていかない場合も多々あります。

 

こうなると、発毛剤と育毛剤を並存しているのに結局どっちかの育毛成果しか現れない事になり、片方がパーフェクトに無意味になります。

 

これが育毛剤と発毛剤を並存できない大きな要因です。

 

▲目次に戻る並存する時、同じところに塗るため、成分同士が混ざり予期せぬ副作用を生む事がある発毛剤と育毛剤を合わせて頭皮に塗布したケース、頭皮で発毛剤の成分と育毛剤の成分が混ざりあう事になります。

 

発毛剤と育毛剤の2つの成分が混ざりあう事により、各々の配合成分の働きが変質する懸念があります。

 

そもそも、発毛剤は強力に発毛を促進する力を持つ代わりに、育毛剤とは比べ物にならない程強い副作用があるものがおおかたです。

 

頭皮が赤くなる・かゆくなるといった頭皮トラブルをはじめとして、精力減退や心臓の疾患などの深刻な副作用も報告されています。

 

育毛剤の中で、発毛剤と並存したケースの安心性を参考にしているものはほぼ皆無です。

 

安心性が検証されていないのに、強力な副作用を持つ発毛剤と育毛剤を併せて使用する事のリスキー性は明らかです。

 

最悪の時、取返しのつかないほど重い副作用に見舞われる確率もあります。

 

くれぐれも発毛剤と育毛剤の並存は控えるようにしましょう。

 

▲目次に戻る並存したからといって影響が高くなるわけではない点に用心ただ、発毛剤と育毛剤の並存の危険性を伝えても、髪を生やしたいという想いが強すぎて発毛剤と育毛剤を並存してしまう人が結局影響します。

 

ただ、そのような人に伝えておきたいのは発毛剤と育毛剤を並存したからといって、育毛影響が高くなるわけではないと言う事です。

 

発毛剤と育毛剤は各々の製造元が、色々な育毛成分を最も育毛成果が発揮されるようなバランスで配合しています。

 

したがって、発毛剤と育毛剤を並存してこのバランスを打ち砕く事は、育毛において決して添加にはなりません。

 

▲目次に戻る飲む発毛剤プロペシアとミノキシジルタブレットを飲んでいる時、育毛剤の並存はできるさて、上述では発毛剤と育毛剤の並存はお薦めできないと述べてきました。

 

けれども、発毛剤と育毛剤の並存が無理というのは発毛剤が外用薬だった事例を想定しています。

 

外用薬というのは頭皮に塗るタイプの薬になります。

 

本当は発毛剤にはリアップx5のように外用薬タイプのものだけではなく、口から内服するタブレットタイプの内用薬もあります。

 

内用薬タイプの発毛剤の代表例としてはプロペシアとミノキシジルタブレットを挙げる事が出来ます。

 

プロペシアとミノキシジルタブレットはAGAという薄毛症状を治療するためのAGA治療薬です。

 

プロペシアやミノキシジルタブレットのような内用薬タイプの発毛剤であれば、頭皮で発毛剤と育毛剤の成分が混ざり合う悪いところはないのです。

 

それ故、内用薬タイプの発毛剤を使っているケースは異例的に育毛剤との並存ができるになります。

 

ところで、プロペシアやミノキシジルタブレットにはAGAのきっかけとなるDHTの抑制や毛母細胞の働きを促進する成果が望みできます。

 

ただ、頭皮が乾かすしている・皮脂分泌が過剰といった頭皮環境の問題には影響を発揮する事が出来ません。

 

ただ、育毛剤を並存した時、育毛剤の働きで頭皮環境の改善影響が見込みできます。

 

したがって、プロペシアやミノキシジルタブレットのように内用薬タイプの発毛剤と育毛剤のまとめ合わせは、異例的に相乗影響が望み可能なものになります。

 

▲目次に戻るミノキシジル含有の発毛剤リアップと育毛剤の並存は不可ついでに、発毛剤は薬機法で医薬品に指定されており、副作用があるものも多々あるので、医者の診察のもと処方される場合がおおかたです。

 

そのような中、ありきたりに薬局やドラッグストアでも買い物可能な著名な発毛剤があります。

 

それがリアップ。

 

リアップは上述で解説したミノキシジルのリキッドタイプを配合した発毛剤です。

 

AGA治療薬として用いられるミノキシジルを配合しているだけあって、その発毛影響には定評があります。

 

特にミノキシジルを5%濃度で配合している「リアップx5」は市販の発毛剤では圧倒的強さの発毛影響を持つと噂される事もあります。

 

ただ、リアップx5には頭皮に塗布する事により、ちょくちょく頭皮に赤み・苦しみ・かゆみを生じさせる副作用が報告されています。

 

その上、リキッドタイプで頭皮に塗布するものであるため、もちろん医薬部外品の育毛剤との並存はできません。

 

▲目次に戻る育毛剤や発毛剤は成果が出るまでに時が必要になるため同じものを最低半年は利用し続けるべき育毛剤や発毛剤はどんなに実績のあるアイテムを使ったとしても、薄毛改善成果を体感するまでには、半年程度の時が必要になるのは決心しておきましょう。

 

したがって、1ヶ月、2か月育毛剤を使って育毛成果が出ないからといって違うアイテムに変えるというのは論外です。

 

そのような行動を反復すると、いつまでたってもヘアーが生えてきた体感を感じる事が出来無くなります。

 

ところで、育毛剤や発毛剤を半年間利用し続けなければいけない要因にはヘアーのヘアサイクルが関わっています。

 

育毛剤を使っても移り変わりなしそのケース如何にすればよいのか?上述のポイントページで述べているように、休止期の3ヶ月とヘアーが生えてくるまでの3ヶ月を当てはめて、ヘアーが生えるまでには6か月の期間を見ておく必須があります。

 

▲目次に戻る育毛剤と発毛剤、どっちを活用するべきか育毛剤と発毛剤の並存は原則的には無理であるため、どっちかを単体で用いる不可欠があります。

 

万が一薄毛の進行具合が軽いであれば、育毛剤を使用するのが良いでしょう。

 

軽いの薄毛であれば、育毛剤で抜け毛を防止してやるだけでも十分元通りの様子に戻る確率があります。

 

ただ、かなり薄毛が進行しているようなら、抜け毛を阻止するより、積極的に発毛を促してやる不可欠があります。

 

その事例には、発毛剤を使ってやるのが良いでしょう。

 

発毛剤であれば、かなり進行した薄毛でも毛母細胞がヘアーを完成させる活動を停止していなければ、十分に改善する確率があります。

 

ただ、上述でも述べましたが、発毛剤には副作用がつきものです。

 

必然的に副作用の危険性が怖いなら、育毛剤を使って薄毛の改善を目指すのが良いでしょう。

 

育毛剤での薄毛対策は時が必要になるかもしれませんが、巷で評価の高いものを使えば十分薄毛の改善を見込みする事が出来ます。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る