縮毛矯正やパーマをしている時は育毛剤を利用しても平気なのか?

縮毛矯正やパーマをしている時は育毛剤を利用しても平気なのか?

天然パーマ気味の方は、ヘアーを率直にするためにも縮毛矯正や率直パーマをかけている人もいるでしょう。

 

さらに、小粋のために髪にパーマをかけている人も多々あるかと考えます。

 

ただ、縮毛矯正やパーマ自体には頭皮環境を悪化させる事もあり、頭皮の地肌に大いに悪い影響をもたらすとされています。

 

また、縮毛矯正やパーマをかけた後に、頭皮ケアも兼て育毛剤を使用する事は以下の3つの所以からあまりベストチョイスできません。

 

・頭皮が弱っているステータスに育毛剤の添加物が刺激となる見込みがある・頭皮が弱っているステータスに育毛剤のアルコールが刺激となる確率があるこのページでは今現在パーマや縮毛矯正をかけている方で、育毛剤を並存しない方がいい所以について整理ました。

 

目次縮毛矯正やパーマをかけていた時、育毛剤の使用は控えるべき縮毛矯正後、パーマ後どれだけの間隔で育毛剤が使用可能なのか?パーマの頭皮へのダメージ必然的にパーマや縮毛矯正がやりたい時の有効な対処法パーマや縮毛矯正で頭皮やヘアーが弱っている方にイチ押しな育毛剤の成分縮毛矯正やパーマをかけていたケース、育毛剤の使用は控えるべき縮毛矯正やパーマの施術直後に関しては、縮毛矯正やパーマに使用する液剤によって頭皮がかなり弱っている様子です。

 

そのような時に育毛剤を活用してしまうと、加えて頭皮の様子が悪化し抜け毛やハゲにつながる懸念があります。

 

無論、全部の育毛剤が悪いわけではなく、育毛剤の中には頭皮に刺激となる成分が無添加やアルコールが配合されていないアイテムもあります。

 

そういう頭皮への刺激が弱いタイプの育毛剤であれば、縮毛矯正やパーマをかけていても活用しても平気です。

 

添加物が内蔵されている育毛剤に危うい性がある訳パーマ後や縮毛矯正後によって頭皮が弱っている様子に、添加物が内蔵されている育毛剤を使用すると、アレルギーを発症させてしまう確率があります。

 

パーマや縮毛矯正、ヘアトーンリングに使われている溶剤にもアレルギーを発症する懸念があり、アレルギーが発症しているお肌に、他にも育毛剤の添加物によってアレルギー症状を悪化させかねません。

 

言うまでもなく、縮毛矯正やパーマの施術直後以外でも、普通には頭皮への強い刺激となる防腐剤やペインティング料、また香料などの添加物含有タイプの育毛剤の活用はベストチョイスできません。

 

▲目次に戻るアルコールが内蔵されている育毛剤に危うい性がある要因そんなにの育毛剤にはアルコールが内蔵されています。

 

アルコールの含有量が多々あるタイプの育毛剤を使用してしまうと、頭皮に一定の悪影響をもたらしてしまう確率があります。

 

アルコールには揮発性があり、頭皮の水分も共に蒸発させてしまい、一時的な乾かす肌になってしまう確率もあるので配慮してください。

 

ただでさえ、頭皮環境が弱っているパーマや縮毛矯正後の頭皮にアルコールが配合された育毛剤を使用する事で、乾かす肌を引き起こし頭皮環境悪化に繋がるリスキー性があるのです。

 

縮毛矯正やパーマを使用した直後に育毛剤を活用しない方が良い具体的な訳縮毛矯正やパーマには、熱で髪を柔らかくし薬剤を髪に染み渡るさせやすくするアルカリ剤や、まっすぐな髪にクセを付けるためにわざとキューティクルをはがす還元剤といった成分が活用されています。

 

それらの溶剤が、パーマや縮毛矯正をかける場合に頭皮についてしまうと、頭皮が薬剤や水分を吸って膨張した様子になってしまい、ささやかな刺激にも過敏な状況になってしまうのです。

 

縮毛矯正やパーマを使用した直後は頭皮の皮膚の抵抗力が落ちてしまっています。

 

実のところに、縮毛矯正やパーマを行ったあとは頭皮に炎症が起きてしまったり苦しみが出てしまったり、痒みが出てしまったりする症状を経験した人も多々あるはずです。

 

育毛剤は普通には天然成分を活用しているので、頭皮にそれに対し強い刺激があるわけではないのです。

 

けれども、育毛剤に配合されている総ての天然成分が安心か、と言われればうなずけないのも事実です。

 

例を挙げると、漢方薬を見てみましょう。

 

漢方薬は植物や動物などの自然界にあるものを配合して薬として活用しています。

 

その漢方薬の一通りに副作用がないでしょうか。

 

中には重篤な副作用を起こしてしまうものもあるのです。

 

ですから、仮に天然成分が主で使われている育毛剤だからといって心配無用はできません。

 

仮に縮毛矯正やパーマで頭皮や髪質の様子が悪くなっている時に、貴方と親和性の悪い育毛剤を活用してしまえば抜け毛が促進してしまう状況にもなりかねないのです。

 

頭皮に炎症ができてしまえば、その頭皮の損傷を改善させるために皮膚に栄養の大きな比率が送られます。

 

通常はヘアーに発展に使用されるべきタンパク質なども、炎症を起こした皮膚の生成にまわされてしまうのです。

 

栄養が髪に行き渡らなくなる事で、ヘアーが細くなってしまったり、伸びるスピードが遅くなったりする状況を生んでしまいます。

 

縮毛矯正やパーマを活用しているのは、普通に女子が多々あるです。

 

女子は薄毛にならない、と思っているかもしれませんが、実のところには諸々なきっかけで薄毛になってしまいます。

 

頭皮環境をわずかでも良くするためにも、縮毛矯正やパーマとうまく付き合っていきましょう。

 

▲目次に戻る縮毛矯正後、パーマ後どれほどの間隔で育毛剤が活用可能なのか?縮毛矯正やパーマを行ってから、2日から3日後ぐらいからは育毛剤を使用しても構いません。

 

縮毛矯正後やパーマの後、2日から3日も経てば、仮に皮膚に一定の負担が出ていたとしても、症状は収まってきています。

 

頭皮の抵抗力もついてきているので、育毛剤でわずか刺激を与えたくらいでは悪い影響が出てしまうような事は心積もりられません。

 

ただ、目立ちやすい前頭部ではなく、なるべく目立ちにくい後頭部や側頭部の頭皮のように、影響が少ないところから育毛剤を使用して状況を確かめてみるのが見所です。

 

最初に後頭部や側頭部に育毛剤を活用して、シミたり、炎症ができたりしていないかを確かめるのです。

 

それらの部位に問題がない事を見定めしてから、頭皮の全て的に育毛剤を塗布していきましょう。

 

▲目次に戻る縮毛矯正後やパーマ後のミノキシジル含有の発毛剤の活用には気をつけるべき女や男女が使用可能な育毛剤(発毛剤)には、ミノキシジルが内蔵されているものもあります(リアップレディ・リアップジェンヌなど)。

 

ミノキシジルは医薬成分なので頭皮にそれに対し大いに刺激が強い特色を持っています。

 

ミノキシジルは縮毛矯正やパーマをかけていないいつもの頭皮でも炎症を起こしてしまったり、頭皮ニキビのきっかけを作ったりしてしまう事もあります。

 

ミノキシジル系の発毛剤を活用している女子ですが、パーマ後や縮毛矯正後は育毛剤よりも一段と間隔を空けて活用を再開してください。

 

縮毛矯正やパーマを行ってから4日から5日程度は間隔を空けるべきです。

 

不安であるならば、1週間程度開けても良いでしょう。

 

▲目次に戻るパーマの頭皮へのダメージパーマ液にはリスキーな成分が内蔵されています。

 

パーマ液のPH(ペーハー)は頭皮のPHと全く異なります。

 

・頭皮のペーハー・・・弱酸性・パーマ液のPH・・・強いアルカリ性頭皮に良いシャンプーとして知られているのが、アミノ酸シャンプーです。

 

なぜアミノ酸シャンプーが頭皮に良いかというと、アミノ酸シャンプー自体も頭皮と同じ弱酸性だからです。

 

弱酸性の頭皮を弱酸性のシャンプーで洗っているので、頭皮の状況を維持したまま洗浄可能なポイントを持っています。

 

一方で、頭皮のペーハーと全く異なるのがパーマ液です。

 

実を言えばかなり強いタイプのアルカリ性となっており、頭皮に触れてしまうとかなりの刺激を受ける事になってしまいます。

 

パーマ液を頭皮につけてしまうと「ピリピリ」とした感覚が実のところにあるはずです。

 

ペーハーが違うパーマ液が頭皮についてしまうと、湿疹が生じてしたり、脂漏性皮膚炎が出てきたり、フケやかゆみといった症状が出てきたりといった事まで心積もりられるわけです。

 

薄毛の症状の一つに脂漏性脱毛症があります。

 

脂漏性脱毛症になると毛穴に皮脂が詰まってしまったり、皮脂の分泌量が極端に多くなったりする事で頭皮の皮脂バランスが崩れてしまい、抜け毛が多くなり、結果的に薄毛が進行してしまうわけです。

 

脂漏性脱毛症は男性に起こりやすい脱毛症と思われがちですが、パーマを活用している女にも起こりやすい脱毛症の一つなので用心しなければなりません。

 

▲目次に戻る頭皮だけじゃない!ヘアー自体にも悪い影響をもたらすパーマ液薄毛のきっかけは、当然頭皮にもあります。

 

今後生えてくるヘアーにも大きな影響を与えてしまう事になるので、パーマを活用する事例には十分に気をつけなければなりません。

 

ただし、実際生えているヘアーが弱くなってしまえば、もちろんヘアーは薄く見えてしまうものです。

 

本当は、パーマ液にはいま生えているヘアー自体を補足してしまう作用まであるのです。

 

ブリーチの成分やパーマ液などには、ヘアーの中身であるケラチンというタンパク質をヘアーの外へ排出させてしまう働きがあるのです。

 

パーマ液によってヘアーの根幹とも言える成分ケラチンがなくなっていくので、ヘアーがスカスカの状況になりかねません。

 

特にパーマを活用している方で、切れ毛が多々ある、という方はパーマを繰り返し行なっている影響の確率が高いです。

 

ヘアーが細くなってしまえば、もちろんボリュームもなくなってしまいます。

 

頭皮が露出しやすくなってしまい、薄毛に様子になってしまうのです。

 

頭皮だけではなく、ヘアー自体にもパーマ液は悪さをしてしまうもの、という事は覚えておきましょう。

 

▲目次に戻る必然的にパーマや縮毛矯正がやりたい時の有効な対処法頭皮や髪に悪いと知っていても必然的にパーマや縮毛矯正をかけたい人は、各々の適切な期間(間隔)を覚えておきましょう。

 

・短いヘアの時・・・3ヶ月から4ヶ月に1回・長いヘアの場合・・・6ヶ月に1回程度縮毛矯正を行うと、高温のヘアアイロンで直毛に矯正していくため、頭皮を痛めたり、ヘアーを痛めたりするので、必然的に行いたい時には、間隔をあけるメソッドを採用する他ないのです。

 

短期間で再び縮毛矯正を実施してしまうと、頭皮の痛さが激しくなってしまいます。

 

前回のパーマや縮毛矯正を行った時の損傷がまだ影響を与えている確率も出てくるので、できるだけ前回縮毛矯正を行った時から時をあけましょう。

 

短いヘアの場合と長いヘアの場合では、縮毛矯正後にあける間隔も異なります。

 

短いヘアのほうが短期間で行わなければならないので、特に頭皮が傷みやすい、といったもち味を持っているので配慮してください。

 

反対に長いヘアの事例は、ヘアーに痛さが出やすいので、その点は配慮しましょう。

 

くせっ毛がわりと弱い、といったケースには、あとちょっと間隔を空けて対処するのも推奨です。

 

一度縮毛矯正を行えばしばらくは影響が持続してくれるので、短いヘアであっても半年程度は間隔をあけられる事例もあります。

 

長いヘアであった時には、1年近く感覚をあけても問題ない事もあります。

 

▲目次に戻るパーマの適切な期間(頻度)パーマの薬剤の成果が切れてくるのが、かれこれ2ヶ月程度です。

 

ですから、2ヶ月に1回程度の頻度でパーマを行うのが適切とされています。

 

それ以上短い頻度でパーマを行ってしまうと、得心のいく成果を得られず頭皮やヘアーを痛めてしまうだけになってしまうかもしれません。

 

その上、ヘアーが長い方であれば、パーマの影響が3ヶ月程度は保てる事例もあるので、その辺りは個人的な感覚も大事にしましょう。

 

整髪が決めづらくなってきたら、やがてパーマをかけるポイント、と覚えておくべきです。

 

★朝の整髪が厄介だな…と言う方は程よくに濡らした髪に適量を付ければ無作為な濡れヘアを生み出す事が出来ます。

 

▲目次に戻るパーマや縮毛矯正は美容院で行う事パーマ液や縮毛矯正の溶剤が頭皮についてしまうと、頭皮への強い刺激によって頭皮環境が悪化したり、最悪薄毛につながるような事もあります。

 

そんな訳で用心しなければならないのが、自らでパーマや縮毛矯正を行わない事です。

 

おっしゃる通り、我が家で行ってしまうと美容院で行うよりもかなり格安で行えますよね。

 

節減するために、我が家でパーマや縮毛矯正を行っている場合も多々あるでしょう。

 

ただし、自らで行うと、必然的に頭皮にパーマや縮毛矯正の液体がついてしまう危険性があります。

 

頭皮が痛むきっかけを自身で作ってしまう事になります。

 

美容室で美容師さんにパーマや縮毛矯正を行ってもらえば、頭皮に付く見込みはかなり低くなります。

 

無論100%頭皮につかないようには出来ないわけですが、人に行ってもらうだけで、その確率は格段に下がるわけです。

 

▲目次に戻るパーマや縮毛矯正で頭皮やヘアーが弱っている方にイチ押しな育毛剤の成分パーマや縮毛矯正で髪が傷み細くなっている事例、以下のような頭皮の血行促進成果のある有効成分を含んでいるヘアケア製品や育毛剤を活用したケアメソッドがイチ押しです。

 

・センブリエキス・M-034・セファランチン・ピディオキシジル・ニンジンエキス・ヒキオコシエキス・ジフェンヒドラミンHC・トウガラシチンキなど縮毛矯正やパーマで傷んだ頭皮の血行が促進されるようになれば、ヘアーにふんだんと栄養が送られるようになります。

 

新しく生成されるヘアーが太くてたくましい状況になるわけです。

 

パーマ液や縮毛矯正の溶剤で弱ってしまったヘアーも根本が充分にとすれば、ボリュームがあるように見えます。

 

育毛剤に配合されている頭皮の血行促進成分は、頭皮環境の改善にも役立ちます。

 

皮膚も血液によって栄養が運ばれてヘアーが生えてきます。

 

ターンオーバーが早まるので、パーマや縮毛矯正で弱った皮膚も早急に改善する、といった成果が得られます。

 

▲目次に戻る抗アレルギー作用のある成分パーマや縮毛矯正によって頭皮に炎症ができている時は、アレルギーが現れてしている確率が極めて高いです。

 

パーマ液や縮毛矯正の溶剤が皮膚に触れる事によって赤みが出てきてしまうのです。

 

いつもから抗アレルギー作用のある成分を育毛剤で摂取していく事で、頭皮がそれらの溶剤に影響を受けにくくなる、といった事も十分に心積もりられるわけです。

 

育毛剤に内蔵される抗アレルギー成分例・β-グリチルレチン酸・グリチルリチン酸ジカリウム・セファランチン・タマサキツヅラフジアルカロイドなど保湿作用のある成分頭皮環境が悪化してしまう一つのきっかけが乾かすです。

 

女子は特に皮膚が乾かすしやすい、といった特性を持っています(ホルモンの係りで男性よりも分泌される皮脂の量が圧倒的に少ない)。

 

頭皮は潤う事によって刺激に対抗しています。

 

仮に頭皮が乾かすしてしまうと、皮膚のバリア働きがない様子となってしまい、多少刺激を与えただけでもお肌が損傷してしまうのです。

 

多少触ったり掻いたりしただけなのに皮膚が赤くなってしまった、といった場合はそのお肌が乾かすしている見込みが極めて高いわけです。

 

育毛剤でいつもから頭皮の保湿を実施していれば、頭皮が堅牢性を増しているような状況になります。

 

パーマ液や縮毛矯正の溶剤による影響を大きく軽減可能なのです。

 

▲目次に戻る育毛剤に内蔵されている保湿パフォーマンスのある成分例・アロエエキス(アロエ抽出液)・ホホバオイル・椿オイル・センブリエキス・アルテア抽出液・L-セリン・海藻エキス(M-034)・キトフィルマー・キナエキス・ゼニアオイエキス・ピロリドンカルボン酸ナトリウムなど抗炎症作用のある成分水際対策となりますが、炎症を抑えこむ事が可能な成分が内蔵されている育毛剤をいつもから活用していれば、パーマや縮毛矯正をした時に頭皮に問題が現れてしてしまうような事例は少なくなります。

 

抗炎症作用のある成分は、実のところに多くの育毛剤に内蔵されています。

 

頭皮環境の改善のために活用されているのです。

 

育毛剤に内蔵されている抗炎症作用のある成分例・グリチルリチン酸ジカリウム・β-グリチルレチン酸・カミツレエキス・甘草エキス・コウキエキス・サリチル酸・カンフル・キナエキス・ヒノキチオール・マツエキス・チョウジエキス・塩酸ジフェンヒドラミン(ジフェンヒドラミンHCI)など抗菌・殺菌作用のある成分抗菌性能のある成分や殺菌性能のある成分ですが、頭皮環境が悪化しにくくするためのものです。

 

パーマや縮毛矯正で頭皮が損傷してしまうと、頭皮の常在菌のバランスも崩れてしまいます。

 

その結果、痒みが普段的に現れてしてしまったり、フケが大量に生じてしたりしてしまいます。

 

そんな訳で、菌が悪さをしないようにするために用いるべきなのが、抗菌・殺菌働きを持っている成分が配合された育毛剤です。

 

普段的に使用する事で、頭皮環境が安定します。

 

育毛剤に内蔵されている抗菌・殺菌作用のある成分例・クララエキス・β-グリチルレチン酸・トウキエキス・ドクダミエキス・真冬虫夏場草エキス・マツエキス・ローマカミツレエキスなど育毛奉行が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!▲目次に戻る。

 

トップへ戻る