フケ症と脂漏性皮膚炎の違い

フケが多く生じてし悩んでいるが、自らはただのフケ症なのか、脂漏性皮膚炎なのかがすっきりしない。

 

皮膚科にいったほうがいいのか?そのようなふうに悩んでいる人のために、このテキストでフケ症と脂漏性皮膚炎の差異とその対策手段について紹介します。

 

目次フケ症のポイントフケ症の治療メソッド脂漏性皮膚炎の特色脂漏性皮膚炎の治療テクニックフケ症と脂漏性皮膚炎の異なる点と治療手段頭皮から出るフケには、乾かすしたフケと脂っぽいフケの2種類あります。

 

そのうち脂漏性皮膚炎がきっかけのフケが生じてするのは、脂っぽいベトベトするフケです。

 

以下で、フケ症と脂漏性皮膚炎の差異と治療手法について突っ込んでみてきいます。

 

フケ症のもち味フケには乾かすしたカサカサしたフケと脂っぽいベトベトのフケの2種類あると書いた。

 

そのうち乾かすがきっかけのフケは、シャンプーのしすぎなど、間違った頭皮ケアによる乾かすがきっかけです。

 

乾かすしたフケの人は、皮脂の過剰分泌による脂漏性皮膚炎とならないためさらに別のページで紹介します。

 

普通のフケは、誰しも頭皮から現れてしていて、気にならないくらいかなり小さく形が左右対象なのが大きな特色です。

 

一方、頭をかくとフケがボロボロとフケが落ちてきて、老けの形が左右非対称である事例、フケ症と言っても良いでしょう。

 

そのような、左右非対称の大きなフケが、首元の洋服にフケが落ちて際立つようであればフケ症を疑いましょう。

 

▲目次に戻るフケが脂でベトべトしていたら脂漏性皮膚炎につながる懸念あり次に自身のフケが乾かすしてカサカサなのか、脂を含みベトベトしているのかの参考にをします。

 

自らのフケがカサカサしているケースは、間違ったヘアケア(シャンプー手法、回数、選び方など)を間違えている確率が高いです。

 

一方、フケがベトベトしているようであれば、どこかにきっかけによってホルモンバランスが乱れ、頭皮の皮脂の分泌量が過剰になっている事によりおこる脂漏性皮膚炎の見込みが高いです。

 

男性ホルモンには、頭皮の乾かすを防ぎ外部から守るために、皮脂を分泌させる働きがあります。

 

それにより男性のケース、体質的にも皮脂の分泌が多々あるやめ脂漏ステータスのフケが多々あるです。

 

一方、女子のケースは男性ホルモンが少ないので、頭皮の皮脂の分泌量が少なく頭皮が乾かすしている事によって現れてするフケが多々あるです。

 

頭皮の乾かすがきっかけのフケは、頭皮のい皮脂をシャンプーなどによって摂り過ぎた事がきっかけで起きてしまうため、正しい頭皮ケアを行い頭皮の皮脂の分泌量を正常な状況に戻す事で改善できます。

 

突っ込んでは以下の文章を参照してください。

 

シャンプーを使った正しい洗い方育毛シャンプーと一般的のシャンプーの差異反対に、頭皮をかいたケースに爪にフケがたまったり、フケが脂を含みベトベトしている人は要注意です。

 

乾かすしたフケではなく、ベトベトしたフケの事例は対策せずに放っておくと脂漏性皮膚炎の疾患につながる懸念もあるので早めに対策が必須になります。

 

フケ症は脂漏性皮膚炎になる前の症状です。

 

フケが生じてした段階で、対策すればいいが放置すると、頭皮をただれさせたりカブレや痒みを現れてさせるカビ菌が増殖してしまいます。

 

そうなると完治が手に負えなく治療期間も長い間なります。

 

更にデフォルト放置して、症状が悪化すると抜け毛を伴う脂漏性脱毛症が現れてします。

 

ここまで症状が深刻化しないように早めにケアが不可欠になってくるんです。

 

以下で、カサカサしている人の治療テクニックを造作なくに整理ます。

 

フケがベトベトしている脂漏性皮膚炎につながるようなフケの事例は、治療メソッドが異なるので、ページ下の脂漏性皮膚炎の治療技術を読んでみてください▲目次に戻るフケ症の治療メソッドフケ症の治療メソッドは大きくわけて4つあります。

 

シャンプーの回数とシャンプー手法を改善頭皮のフケがカサカサしている人は、頭皮が乾かすしているため、シャンプーの回数を減らしたり、頭皮の皮脂を落としすぎない洗浄力の弱いシャンプーに転換て、頭皮の皮脂量を調節していきましょう。

 

▲目次に戻るシャンプーを無添加に手直しただでさえ、頭皮が乾かすによってカサカサしていて、守備が出来ない状況なので、シャンプーに内蔵される刺激の強い香料などの添加物にそれに対し敏感に反応してしまいます。

 

刺激の弱い無添加のシャンプーを選択しましょう。

 

刺激の弱いシャンプーは以下で解説しています。

 

育毛シャンプー順位▲目次に戻る食生活野菜不足や偏った栄養など食生活が乱れると、血液の質が低下し頭皮にちゃんとと栄養が行き渡らなくなります。

 

頭皮を製作するのは血液の栄養なので、食生活の乱れも頭皮環境に直結していきます。

 

▲目次に戻る暮らし習性ストレスや睡眠不足は頭皮の血行不良を引き起こします。

 

頭皮が血行不良になると、頭皮に栄養が行き渡らずにお肌の生成やターンオーバーに乱れが生じます。

 

暮らし環境の乱れも頭皮の乾かすや肌荒れのきっかけの一つになります。

 

▲目次に戻る脂漏性皮膚炎の特色脂漏性皮膚炎の特色は、脂っぽい頭皮とベトベトするフケです。

 

男性の頭皮は、男性ホルモンの分泌によって皮脂を分泌させるので、脂性が多々あるため、男性に多々ある病と言えます。

 

脂漏性皮膚炎は、頭皮の皮脂をエサとして繁殖するカビ菌(マラセチア菌)が、大量に繁殖していき、頭皮に刺激物質を排泄する事によって頭皮の肌荒れを引き起こしフケを生じてさせます。

 

一度、頭皮にカビ菌(マラセチア菌)が繁殖したら、どんなにシャンプーで洗髪しようがしようが、治りません。

 

病院の皮フ科でドクターから処方してもらえる頭皮のカビ菌(マラセチア菌)の繁殖を押し止める成分が配合された抗真菌剤を塗らない限り完治する事はないのです。

 

脂漏性皮膚炎を放置すると、頭皮が真っ赤になり強いかゆみや湿疹、ただれ、カブレが現れてするほどひどくなってしまいます。

 

他にも脂漏性皮膚炎を放置すると、化膿して毛穴まで炎症を起こし抜け毛が生じてする脂漏性脱毛を引き起こしてしまいます。

 

頭皮の脂漏性皮膚炎を発症している人は、顔の小鼻の周囲や耳の中の部位も真っ赤にかぶれたり、大粒のフケが現れてしている事が多々あるです。

 

自らの小鼻の周囲や耳の中の様子も参考にしてみてください。

 

フケや赤み、かゆみが生じてしている状況であれば脂漏性皮膚炎を生じてしている見込みが高いです。

 

そして、フケが乾燥しているケースでも、大粒のフケがボロボロと現れてするケースは、白癬菌(癜風菌)にかかり頭部の水虫である頭部白癬(しらくも)の見込みもあるため、念のため早めに病院で折衝し診察してもらいましょう。

 

▲目次に戻る脂漏性皮膚炎の治療手法脂漏性皮膚炎の治療手法は以下の4つです。

 

シャンプー脂漏性皮膚炎の人は、頭皮の皮脂の分泌量が多々あるため、頭皮の皮脂が過剰な様子にならないように、シャンプーを定期的するようにしましょう。

 

しかし、石鹸シャンプーのような強い洗浄力で洗髪しすぎは用心です。

 

洗いすぎによって頭皮が乾かす肌になったり、頭皮の乾かすによってそして頭皮の皮脂の分泌を促してしまう要因にもつながりかねません。

 

お風呂のまえに頭皮を指で触ってみて、皮脂が付着しべとつくようであればシャンプーをするようにしましょう。

 

脂漏性皮膚炎専門の薬用シャンプーの使用も推奨です。

 

脂漏性皮膚炎に成果的なカダソンの公式Webページを見定めする▲目次に戻る育毛剤育毛剤には、頭皮を殺菌する影響のある成分や、頭皮のかゆみをセーブする影響のある成分が配合されています。

 

これらの成分が配合された育毛剤を脂漏性皮膚炎を発症しているところに塗布する事で、お肌を荒れさせる細菌の繁殖やかゆみを押し止める事ができるです。

 

殺菌影響のある有効成分グリチルリチン酸ジカリウムや、かゆみを抑制するジフェンヒドラミンが配合されている育毛剤の使用がベストチョイスです。

 

特に、脂漏性皮膚炎にいよって抜け毛が増大したと感じる人は、抜け毛にも脂漏性皮膚炎の双方に成果のある育毛剤による治療が適しているといえます。

 

チャップアップは脂漏性皮膚炎による抜け毛にも成果的▲目次に戻る食生活などの暮らし習性ストレスや睡眠不足は、頭皮のホルモンバランスを乱し、頭皮の皮脂分泌量を増やしてしまいます。

 

加えて頭皮の血行不良も引き起こし、血液による栄養が行き渡らなくなる、頭皮の肌荒れの治りが遅くなってしまいます。

 

薬やシャンプー、育毛剤の並存と併せて普段暮らしの改善は絶対行いましょう。

 

▲目次に戻る皮膚科による保険診療脂漏性皮膚炎は皮膚科では、ステロイドや抗真菌薬(カビ止め)の外用薬(塗り薬)や、頭皮環境を整えるビタミンB群による飲み薬による治療法が行えます。

 

脂漏性皮膚炎の症状が軽い時は、抗真菌剤外用薬でマラセチアを殺菌して治療していきます。

 

症状がひどいケースは、ステロイド剤を使用しかゆみを抑えながら治療していきます。

 

しかし、ステロイド外用剤は使用しすぎると、使用をやめたところでリバウンドしたり、頭皮の皮膚が薄くなる事で脱毛したりと副作用が強いので配慮が不可欠です。

 

ステロイド外用薬でかゆみの症状を抑えながら、抗真菌剤入りのケトコナゾール(抗真菌外用剤)などを並存していきましょう。

 

しかも、かゆみ止めや、頭皮の皮脂を抑えてくれるビタミンB群などのビタミン剤も並存可能なのでドクターと充分にと治療法について折衝しましょう。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る