管理人の脂漏性皮膚炎改善体験談2

前のページでは脂漏性皮膚炎がかなりひどくなってきたので病院に行ったところまで書きました。

 

ここまで脂漏性皮膚炎の痒みや赤みなどの症状が悪化したのは初めてで、頭皮がかゆくなってヒリヒリしたり、小鼻の周囲の肌なんかは、痒いを通り越して痛いくらいです。

 

それが皮膚科で処方してもらった脂漏性皮膚炎の薬をカラーリング開始すると…採り上げるの、運営者が皮膚科の医者から貰って着色した脂漏性皮膚炎の薬は以下の2つです。

 

ニトラゼンクリーム2%とニトラゼンローション2%で、どっちも脂漏性皮膚炎のきっかけ菌であるカビ(マラセチア)の殺菌影響のあるケトコナゾールを主成分とした外用抗真菌剤です。

 

運営者は脂漏性皮膚炎が悪化する事によって頭皮環境が悪化し抜け毛が増加してしまいましたが、皮膚科学会が公表した薄毛の治療ガイドラインによると、ケトコナゾールはC1(考慮してもいいが、十分な根拠がない)の判定になっています。

 

ケトコナゾールの判定がC1と低めなのは、恐らく脂漏性皮膚炎による抜け毛に限ったケース、ケトコナゾールによって脂漏性皮膚炎を治し頭皮環境を改善させる事で育毛にも成果がありますが、AGAなどの脂漏性皮膚炎と結びつきのない薄毛で心積もりたケースに、育毛成果が低いという事でしょう。

 

1日1回、お風呂上りに、ニトラゼンクリーム2%を眉毛やおでこ、小鼻の周囲などの顔で皮脂の分泌が多く赤くなっているところに塗布ます。

 

ニトラゼンローション2%は、育毛剤のノズルタイプみたいな感じになっているので、フケや赤み、痒いな感じる頭皮のところに押し当てると薬が出てくる仕組みで、頭皮に付けます。

 

その上、カビ菌の殺菌成果を持つ塗り薬の他に、頭皮や顔の皮脂を抑制するビタミンBやビタミンHが影響的だとの事だったので1か月分の飲み薬ももらいました。

 

イメージの左がパンテチン錠シオエ100(ビタミンB)で、右がビオチン散0.2%(ビタミンH)です。

 

これらのビタミンBとHの飲み薬とケトコナゾールの塗り薬を塗布したところ…あんなに真赤に荒れてた頭皮と小鼻の周囲の脂漏性皮膚炎がこんなに美しいになりました!写真は、塗り薬と飲み薬を使用してちょうど1週間経ったころです。

 

飲み薬と塗り薬を使用し、3日目ぐらいからかなり脂漏性皮膚炎に成果が表れ痒みやフケが収まってきました。

 

上の薬を塗る前の自身のお肌の写真と薬を塗布した後のイメージを見ると一目瞭然です。

 

ちょっと見にくいですが、頭皮にこびりついていた大きなウロコのようなフケはなくなり、頭皮の色も真赤なステータスから青白い健康な頭皮になっています。

 

顔は鼻のところだけでなく、額のおでこや頬、眉毛や耳の中の赤みや痒み、フケも清純になくなりました。

 

むしろ、気になっていた小鼻の大きな毛穴も皮脂分泌の減少と共に小さくなってきています。

 

たぶん、1か月もすればこの脂漏性皮膚炎はパーフェクトに良くなるでしょう。

 

今後脂漏性皮膚炎の治療を行う人に用心してくれのが、脂漏性皮膚炎の治療薬にステロイドは必ずに使わない事です。

 

ステロイドは大いに強い薬なので、使用すると脂漏性皮膚炎の症状に反対にの成果が高い代わりに、副作用が起きやすく、ステロイドの使用をやめると治ったはずの脂漏性皮膚炎のリバウンドが来てしまいます。

 

脂漏性皮膚炎が良くなってからは、シャンプーを洗浄成分の弱いアミノ酸系洗浄成分に変える事も大事(頭皮の皮脂を取りすぎない)。

 

頭皮の皮脂は取ればとるほどどんどん皮脂線が肥大化していき分泌する皮脂の量は多くなっていきます。

 

他にも頭皮の皮脂のきっかけとなる糖分を多く含む甘いおやつや脂を多く含む食事を控え食生活に気を付ける事。

 

程よくな運動で運動不足を落着する事。

 

過度な飲酒も控える。

 

これらを守る事で、頭皮の肥大化した皮脂腺と分泌される皮脂量は元に戻り、健康な頭皮を維持していく事が可能なと考えます。

 

最後に運営者の経験から言って、脂漏性皮膚炎と抜け毛は係りがあります。

 

抜け毛がひどくなるきっかけの1つに脂漏性皮膚炎は関連あるので、抜け毛が増大して脂漏性皮膚炎だった時、初めに脂漏性皮膚炎を皮膚科等の薬によって治しつつ育毛剤を使って抜け毛を押し止めるのもいいと考えます。

 

もしくは育毛剤にも脂漏性皮膚炎を改善させる成果があるので、育毛剤のみの使用でもイチ押しできます。

 

脂漏性皮膚炎がきっかけの抜け毛に成果のある育毛剤頭部の脂漏性皮膚炎によって抜け毛が増大した事例、脂漏性皮膚炎の治療と併せて育毛剤の使用も推奨します。

 

育毛剤チャップアップは、脂漏性皮膚炎のきっかけを根本から改善していきます。

 

上の写真は、首の生え際の付け根(うなじ)ところに出たかなり症状の悪化した脂漏性皮膚炎ですが、チャップアップを付けて4日後に右側の写真のようにかゆみや赤み、それに伴う抜け毛も収まりました。

 

チャップアップには、頭皮の皮脂を押し止める成分と、頭皮を殺菌し頭皮トラブルを食い止める育毛成分が配合されているため、脂漏性皮膚炎のきっかけである頭皮のカビ菌の繁殖と、そのカビ菌のエサとなる頭皮の皮脂をダブルで抑えてくれます。

 

脂漏性皮膚炎は放置しておくとどんどん抜け毛が進行していくので、病院にもうに通えない人は早めに育毛剤で対処するのが推奨です。

 

チャップアップの公式Webページを見る脂漏性皮膚炎関連ページ直ちにに脂漏性皮膚炎を抑えたい人に薦めたいシャンプーメソッドと選択し方今もうに脂漏性皮膚炎を改善やりたい人に推奨やりたいシャンプーメソッドと選び方を解説します。

 

このテクニックは実のところに、運営者自分が体験した技術なので自信をもってイチ押し可能なテクニックです。

 

脂漏性皮膚炎がたったの7日間で完治した運営者の治療手段かなりひどい症状の脂漏性皮膚炎がたったの7日間で完治した運営者の治療手段をお伝えします。

 

脂漏性皮膚炎がわりと治らない…、そのような人はもしかして間違った治療法や対策手段をとっているかもしれません。

 

 

トップへ戻る