管理人の脂漏性皮膚炎改善体験談

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の症状を改善しパーフェクトに良くなった運営者の体験談を掲載しています。

 

脂漏性皮膚炎は乳幼児や中年に多々ある病です。

 

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔などの毛穴と皮脂腺が多々ある部位に、かゆみやフケと共によく発症し、脂性の人に多くて、放っておいて症状がひどくなると抜け毛が増加してしまう事もあります。

 

運営者本人、皮脂の量が多々あると言われている脂漏部位(鼻の周囲などのTゾーンと前頭部や額の生え際)がすべて脂漏性皮膚炎になっていて前頭部や額の生え際は抜け毛が多くて明らかに薄くなっていました。

 

そのような運営者が病院に行った時の脂漏性皮膚炎の治療法などをお伝えします。

 

最初に実のところに運営者の脂漏性皮膚炎のイラストを参照ください。

 

すごく想いが悪いのでイラストを小さめにしておきました。

 

(※クリックで拡大しますが閲覧用心です。

 

)一番上が鼻の横の脂漏性皮膚炎になった肌のイメージです。

 

2枚目、3枚目のイラストがおでこの赤みと前頭部、額の生え際ところの脂漏性皮膚炎のイメージです。

 

2枚目、3枚目のイラストをよくみると、額の生え際ところにかなり大きめの塊のような、皮膚が剥がれてしまったフケが見えます。

 

脂漏性皮膚炎の症状は額の生え際やおでこにとどまらず、写真には撮っていませんが、耳の中にもこのフケが大量に現れてする症状が出てしまっています。

 

運営者はそもそもが脂性なので、頭や顔は2、3日もシャンプーしないで洗わないでいるともうに頭皮や顔の皮脂が過剰になり、皮脂の刺激によって炎症を起こし赤くなってしまいます。

 

鼻の横のところなんかは、脂漏性皮膚炎の症状がひどくなると写真のように皮膚がウロコのように剥がれてきます。

 

この鼻やおでこ、額の生え際に出た脂漏性皮膚炎は、マラセチアという誰の皮膚にも住み着いている真菌(カビ)が広範囲に増殖する事によって起こります。

 

皮膚科医の先生によると、自らの事例は元からの脂性に加えて、頭皮や顔の皮脂を増やすきっかけとなる糖分を含む甘いものの取りすぎや飲酒、ストレス、運動不足が脂漏性皮膚炎の主なきっかけとの事でした。

 

脂漏性皮膚炎の治療に使用する薬は、ステロイド剤は処方されず頭皮や顔の皮脂の排出を抑制するビタミンB、ビタミンh、脂漏性皮膚炎の発症のきっかけ菌であるカビ菌を殺菌する顔と頭皮用のローションとクリームをもらいました。

 

業務柄、そんなにの時を座りながらのPC作業に利用します。

 

テーブルには、間食がいつもある状況なので口寂しくなればついつい手を伸ばしおやつを食べている様子でした。

 

運営者の脂漏性皮膚炎の症状と、抜け毛まで増大し開始出来ている様子の改善のためにも、おやつ断ちを決断しフィットネスクラブにも通い業務帰りに運動不足の解決もしようと思っています。

 

これで脂漏性皮膚炎が治り、額の抜け毛が止まればいいのですが…。

 

皮膚科の医者に処方してもらった脂漏性皮膚炎の治療薬を塗布した対策1週間後の結果と影響は次のページへGO!→運営者の脂漏性皮膚炎改善体験談2。

 

トップへ戻る