育毛剤が効果なし、効かない時の原因と対策方法

育毛剤が効果なし、効かない時の原因と対策方法

この文章では、育毛剤を使ってみたが成果なし、効かない事例のきっかけと対策手段について紹介します。

 

育毛剤が効かないきっかけは以下の5つです。

 

・育毛剤が自らの薄毛の症状とマッチングしていない・薄毛の症状が進行しすぎてしまっている・育毛剤を一定期間以上使用し続けていない・育毛成果が出ない育毛剤を使用している育毛剤が効かないケースの対策技術は以下の4つです。

 

・影響の高い育毛剤に変える・AGAクリニックで飲み薬を飲む・HARG療法を行うこの投稿を読めば、育毛剤が影響がないきっかけと、成果を出すための対策メソッドについて突き詰めてわかります。

 

目次育毛剤の育毛成果がない時に疑うべき事育毛成果を出すために如何なる育毛剤を使えばいいのか?必然的に育毛剤で育毛影響が出ない事例のイチ押しの治療法育毛剤の育毛成果がない時に疑うべき事育毛剤を使用しているにも関わらず、成果が得られない事例は以下の4つのきっかけが考慮しられます。

 

育毛剤の普通の目的を認識する育毛剤ですが、発毛影響を望みして活用している方も多々あるのではないでしょうか。

 

けれども、育毛剤はミノキシジルやフィナステリドなどのAGA治療薬とは異なります。

 

育毛剤にはAGA治療薬のような発毛医薬成分は配合されていないため、発毛影響ではなく育毛成果があるものなのです。

 

育毛剤が特に強い育毛影響を持っているのは頭皮に対するものです。

 

育毛剤には多くの頭皮環境改善作用がある育毛成分を配合しています。

 

育毛剤から得られる育毛成果としては、以下のものがあります。

 

・血行促進作用・抗炎症作用(頭皮の炎症を食い止める)・保湿作用・男性ホルモン抑制作用(酵素の5αリダクターゼの働きを抑制する)・ヘアーの発展をアフターケアしてくれる育毛剤には、実際あるヘアーを健やかにするような育毛成果がある、と心積もりてもらって良いです。

 

ヘアーがパーフェクトに生えなくなってしまった部位から太い毛を生やす、というのは育毛剤ではちょっと持て余すわけですが、「細くなった毛を太くレベルアップさせたり以前からずっと発展させたり」というような育毛成果は望みできます。

 

薄毛の初期であれば、育毛剤で十分に復活が狙えるわけです。

 

育毛剤について過度の望みを持ってしまうのも良くないです。

 

初めに頭皮環境が改善し、その後にゆったりとヘアーに作用してくる、といった正しい認識を持ちましょう。

 

そもそも育毛成果が出るまでにはそこそこの時がかかってしまうものなのです。

 

育毛剤の育毛成果は自分のペースでと作用していくものなので、使用して1ヶ月や2ヶ月といった短期間で決断しないでください。

 

半年間など、水準を満たすまで継続使用してから育毛剤に育毛影響があったのかなかったのか、という事を決断しましょう。

 

育毛剤を半年間使ったのに育毛影響が得られなかった事例は以下のページをポイントにしてください。

 

育毛剤を半年使って影響なしの事例のきっかけと対策▲目次に戻る実際にその育毛剤が貴女の薄毛の症状とマッチングしていますか?育毛剤を活用して「実際に効くの?」と疑いを持ってしまったケースですが、貴女の薄毛の症状とマッチングしていない確率があります。

 

育毛剤にも持っている育毛成果と持っていない育毛影響、というものがあります。

 

薄毛になっている貴女のきっかけにそれに対し対策ができない育毛剤を使っていた、という時もあるのです。

 

▲目次に戻る薄毛の症状が進行しすぎてしまっている方薄毛が発症して10年以上経過している方に関しては、すでに毛根が完璧に働き停止の様子になっている確率があります。

 

もしも、毛根が完璧に働き停止の様子になってしまっている事例ですが、如何なる育毛剤を活用したとしても回復はしません。

 

毛根の中の毛乳頭細胞や毛母細胞が死んでしまっているからです。

 

毛乳頭細胞や毛母細胞に寿命がやってきてしまうと育毛剤では対処しきれません。

 

植毛などの別のテクニックを推奨します。

 

※AGA治療薬を使用したとしても、ヘアーの細胞が死んでしまっている時には改善しません。

 

▲目次に戻る円形脱毛症の方円形脱毛症は自己免疫疾患が関わっている病です。

 

免疫体系に瑕疵があるので、円形脱毛症に育毛剤を付けたとしても良い育毛影響は望みできません。

 

円形脱毛症が治った時に育毛剤をつけると改善スピードが早くなる確率はありますが、育毛剤には円形脱毛症の免疫を正常化させるような成果は見込みできないのです。

 

円形脱毛症に関しては、育毛剤の使用ではなく皮膚科などで適切な治療を受ける事が価値があるです。

 

▲目次に戻る男性型脱毛症の方一般的な育毛剤でも男性型脱毛症の対策は可能なのですが、一つだけ配慮してくれ事があります。

 

それは、男性型脱毛症に苦慮している男性が、女用の育毛剤を活用してしまう、という事です。

 

男性型脱毛症の薄毛対策を行うのであれば、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質に対処しなければなりません。

 

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼによって作り出されます。

 

男性の使用する育毛剤には5αリダクターゼの対策が可能な育毛成分が配合されているのですが、女用の育毛剤には配合されていないのです。

 

男性型脱毛症を発症しているのに女子用の育毛剤を活用しても高い育毛成果は得られないので、男性はなるべく男性用の育毛剤を選択してください。

 

▲目次に戻る牽引性脱毛症の方※牽引性脱毛症はヘアーが引っ張られる事によってヘアーが抜けやすくなり、結果として薄毛が発症してしまうものです。

 

牽引性脱毛症の時の薄毛のきっかけには、ヘアーを縛る事によって毛根が負荷を受けて抜けやすくなってしまう、というものがあります。

 

牽引性脱毛症のケース、どんだけ育毛剤対策をしたとしても、毛根に対する負荷をなんとかしなければ薄毛は改善しません。

 

育毛剤の活用ではなく髪型を変えるなどの対策を推奨します。

 

▲目次に戻る育毛剤を一定期間以上使用し続けていますか?育毛剤は即効性のあるものではないのです。

 

少なくても、3ヶ月から6ヶ月間程度は育毛剤を活用し続けなければ育毛影響、というものは検証できないのです。

 

ヘアーにはヘアサイクルがあります、毛がランクアップしている段階の毛根もあれば、ヘアーの進化がストップしていたり抜けている段階の毛根もあるのです。

 

一通り全部の毛根に育毛剤で影響をあたえるためには数カ月の時がかかります。

 

しかも、ヘアーのランクアップスピードも加味しましょう。

 

ヘアーは1ヶ月に1センチ程度しか伸びません。

 

仮に1センチから2センチヘアーが伸びたとしても、まだ地肌がスカスカのステータスに見えてしまうわけです。

 

地肌が埋まるほど毛がランクアップするまでにはそこそこの時が必要になるので、その点は充分にと解釈しておく不可欠があります。

 

早い人で育毛剤の育毛影響は3ヶ月から4ヶ月で現れてきます。

 

しかし、育毛影響が出るまでの期間については個人差があるのもたしかな事です。

 

可能なら6ヶ月以上は育毛剤を利用し続けてから育毛成果の有る無しを決断してください。

 

仮に早い段階で育毛剤の活用をストップしてしまうと、「あと一歩育毛剤の活用を続けていたら育毛影響が出たのに・・・」といった事にもなりかねません。

 

▲目次に戻るそもそも育毛影響が出ない育毛剤を活用していませんか?・育毛トニックを活用している・男性なのに女用育毛剤を使用している・化粧品タイプの育毛剤を使用している(※)※すべての化粧品タイプの育毛剤に育毛影響がないわけではないのです。

 

▲目次に戻る育毛トニックについて育毛トニックはドラッグストアで数百円から1000円程度で提供されています。

 

育毛トニックは、値段が安いので活用はしやすいのですが、高い育毛影響を持っているものではないのです。

 

育毛トニックに育毛系の成分は全く入っていないのです。

 

育毛トニックに配合されている頭皮をさっぱりさせるためのメントールなどがかえって頭皮に刺激になり、頭皮環境を悪化させる懸念もあるので気をつけましょう。

 

育毛トニックでは薄毛の改善は簡単ではないです。

 

出来たとしても薄毛の防止程度なので、すでに薄毛の進行が始まっている方は一般的な育毛剤を使用すべきです。

 

▲目次に戻る女子用育毛剤の男性に対する育毛成果女用育毛剤は、頭皮環境を改善する作用はありますが、男性の薄毛のきっかけであるAGA(男性型脱毛症)には応対してくれません。

 

女用育毛剤は、普通に頭皮環境を改善させる性能のみがあります。

 

女用育毛剤では、男性に対する高い育毛成果は見込みできないのです。

 

「男女兼用」と書かれている育毛剤も多々あると考えますが、そちらの活用は推奨です。

 

男性系の薄毛にも扱って可能な育毛成分が普通に内蔵されているからです。

 

▲目次に戻る化粧品タイプの育毛剤について育毛剤には、・医薬部外品・薬用・化粧品といったタイプの育毛剤があります。

 

育毛剤としての性能を持っているのは医薬部外品と薬用タイプになります。

 

医薬部外品と薬用タイプの育毛剤に関しては、有効成分と呼ばれるものが育毛剤に配合されているのです。

 

有効成分は育毛影響があると厚生労働省が認めた成分です。

 

育毛影響がないものを公的組織が認めるわけがないのですよね。

 

育毛成果が望み可能なのは、医薬部外品と薬用タイプと覚えておきましょう。

 

一方で化粧品タイプの育毛剤には、高い育毛成果が見込み可能な成分が配合されていません。

 

厚生労働省が認めているような育毛成果の高い成分が入っていなければ、そもそも化粧品タイプの育毛剤で育毛成果を得るのは手を焼くのです。

 

化粧品タイプの育毛剤のすべてに育毛影響がないとはいえませんが、医薬部外品や薬用タイプを選択しましょう。

 

▲目次に戻る育毛影響を出すためにどういった育毛剤を使えばいいのか?パフォーマンス的に育毛影響を得るために頭皮環境に良い育毛剤を使用する事・無添加・無香料・アルコール量が少ないもの上述のタイプの育毛剤を使用する事が重要です。

 

どのような育毛剤にも普通には育毛影響のある成分が配合されています。

 

けれども、大事なのは育毛剤の育毛成分だけではなく、大きな障害となってくるのが頭皮環境です。

 

やはり育毛剤の育毛影響が得られスタート出来たとしても、頭皮環境が悪化してしまえば育毛成果もなくなってしまいます。

 

頭皮環境の悪化によってかえってヘアーがやせ細ってしまい、薄毛が進行してしまう事もあります。

 

頭皮環境を悪化させ育毛成果を阻害させるような香料や添加物などの成分が配合されている育毛剤を選ばない、という事が大事になるのです。

 

育毛剤に内蔵される添加物や香料は皮膚に反対にアレルギーを起こす確率があります。

 

ですから、無添加・無香料タイプの育毛剤を選択すべきです。

 

育毛剤に配合されるアルコールについては少量であれば問題ないのですが、アルコールの濃度が高くなってしまうと頭皮の乾かすを加速させてしまいます。

 

なるべくアルコールの配合量を少なくしているタイプの育毛剤を使用しましょう。

 

▲目次に戻る多くの天然成分が内蔵されている育毛剤をピックアップする育毛剤によって全ての配合成分が多々あるものと少ないものがあります。

 

育毛剤の配合成分の数が多ければより強い育毛影響が出るわけではないのですが、いくつかの育毛影響が得られやすくなる事は間違いないのです。

 

加えて天然成分という事で確か性も高いのです。

 

副作用がでなければ、それだけスムーズに育毛剤の育毛成果がでやすいわけです。

 

ところでドラッグストアで提供されている育毛剤と、ドラッグストアで取り扱いのないオンライン販売型の育毛剤では、配合している天然成分の数に大きな開きがある、という事を知っているでしょうか。

 

・ドラッグストアなどで提供されている育毛剤の天然成分配合数・・・少ない・カタログ販売型育毛剤の天然成分配合数・・・多々あるドラッグストア等に置かれている育毛剤に関しては数種類の育毛成分しか内蔵されていない、というものもあります。

 

通信販売型育毛剤の中には、30種類や40種類を超えるような天然成分が配合されているものもあります。

 

より高い育毛成果を得たいのであれば、カタログ販売型育毛剤を選定するべきです。

 

▲目次に戻る天然成分の注意の育毛成果とは?育毛剤に配合されている天然成分には、頭皮の皮脂の抑制影響や男性ホルモンを食い止める影響(5αリダクターゼの抑制)、他にも血行促進作用などなど色々あります。

 

更に、一つの天然成分でいくつかの育毛影響を持っているものまであります。

 

一例を挙げればセンブリエキスは血行促進作用もあれば頭皮の保湿作用もあるのです。

 

ニンジンエキス(高麗人人エキス・オタネニンジンエキス)には、血行促進・頭皮の保湿・ニキビ阻止・フケ防止などもあります。

 

天然成分は一つ一つの作用は弱いかもしれませんが、持っている育毛影響の数は医薬成分に勝ります。

 

要は、育毛剤は総合力で勝負可能なグッズなのです。

 

貴女の薄毛のきっかけは何でしょうか?薄毛のきっかけの検査をしたわけでもないので、明確とはわからないのでありませんか。

 

薄毛のきっかけがハッキリとは分かっていないのであれば、天然成分を数多に配合した通信販売型育毛剤の使用がベストチョイスである、という事は疑いようもないのです。

 

育毛奉行が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!▲目次に戻る必然的に育毛剤で育毛影響が出ない事例のイチ押しの治療法AGAクリニックで飲み薬を飲む・AGAクリニックで薄毛のきっかけの検査を受けて確実にAGAである事が表沙汰になるした時・薄毛がすでに進行してしまっている事例上述の二つの要件に当てはまっているケースには、AGAクリニックで治療薬を飲む対策法にも注意しましょう。

 

AGAクリニックでは、・プロペシア・ザガーロ・ミノキシジルタブレットなどのいくつかのAGA治療薬があります。

 

しかし、AGA治療薬には副作用もあるので最後の手段としても遅くはないのです。

 

AGA治療薬に関して、細かいところまではこちらのページを参照ください。

 

▲目次に戻るHARG療法HARG療法は、HARGカクテルと呼ばれている溶剤を頭皮に注入していく治療テクニックです。

 

HARGカクテルの中にはランクアップ因子や発毛成分などが配合されています。

 

HARGカクテルには発毛影響はあるとされていますが、まだ分かっていないところが多々あるです。

 

HARG療法の問題点はそのコストです。

 

100万円刻みの出費がかかってくるおそれもあるので気楽に使用可能なものではないのです。

 

※HARG療法と似ている治療手段にメソセラピーというものがあります。

 

メソセラピーの普通な治療中身は同じですが、メソセラピーは頭皮に注入する溶剤がHARGカクテルではないのです。

 

メソセラピーやHARG療法に関して細かいところまではこちらを参照ください。

 

HARG療法▲目次に戻る。

 

トップへ戻る