育毛剤が浸透しやすい頭皮の作り方と浸透力の高い育毛剤

育毛剤が浸透しやすい頭皮の作り方と浸透力の高い育毛剤

薄毛が気になって育毛剤を使用している方の中には、「現在使っている育毛剤の成分が、現実にヘアーの毛穴の奥まで定着しているのだろうか?」と心もとないに思っている方も多々あるのではないでしょうか?おっしゃる通り、やはり影響の高い育毛成分が配合された育毛剤を使用していたとしても、その育毛成分が毛根の奥深くにある髪を作っている毛母細胞に届いていなければ意味合いがないのですよね。

 

普通に頭皮からはいつも皮脂が分泌されていますので、脂性の人は、「内面から出てくる皮脂や汗に育毛剤が押し出されて、毛穴の奥まで染み渡るしないのではないか?」という悩ましいもあるようです。

 

今度の文章では、この苦しみにお答えし、育毛剤の定着力を高めるメソッドをお伝えいたします。

 

そして、最後には頭皮への定着率の高い育毛剤も解説しているので、自身が使っている育毛剤の定着力が心もとないだって人はポイントにしてみてください。

 

目次育毛剤の定着率を高めるには?育毛剤の染み渡る力が落ちる頭皮の様子染み渡るしやすい育毛剤解説1、育毛剤の染み渡る率を高めるには?育毛剤の定着率を心積もりた時に大事なのが、「育毛剤を使用する時期」です。

 

頭皮の状況は1日の中でもいつも移り変わりをしていますので、最も頭皮に育毛剤が染み渡るしやすい時期で育毛剤を塗布するのが影響的です。

 

シャンプーの後が育毛剤を染み渡るさせるのに影響的多くの育毛剤の取扱解説書を読んでみると、その中に、「シャンプーの後で使用してください」という一文が書いてあります。

 

これは、シャンプーの後は頭皮の毛穴につまった皮脂や汚れが落ちているステータスのため、育毛剤の育毛成分が毛根の奥の毛母細胞まで届かせる場合に、厄介をするものがないのです。

 

それ故、当たり前に育毛剤を使用するよりも育毛剤の成分が定着しやすくなります。

 

つまり、シャンプー直後・風呂上がりに育毛剤を使用するのが、最も育毛成分の定着率が高くなるのです。

 

▲目次に戻る育毛剤の染み渡る率を高めるシャンプーのメソッドでは、どんな感じでシャンプーを行う事が最も育毛剤の有効成分の染み渡る率を高めるのでしょうか。

 

常識的に考えれば「頭皮の汚れや皮脂がゼロのステータス」が最も育毛剤の染み渡る力が高いはずです。

 

けれども、その状況にするために、力強く頭皮をこすったり、あまり強力な洗浄成分が内蔵されたシャンプーを使用したりすると、頭皮にとっては逆影響です。

 

それはハゲに近づいてしまうシャンプー手段なのです。

 

育毛剤の定着率を高めると合わせてヘアーや頭皮にも優しいシャンプー技術をお伝えします。

 

▲目次に戻る前もってのブラッシングちょっと厄介に感じるかもしれませんが、シャンプーの前にはブラッシングを行いましょう。

 

「実際から髪を洗うのになぜブラッシングする必須があるのか?」と思うかもしれませんが、シャンプー前のブラッシングには、頭皮への育毛剤の染み渡る率を高める影響があるのです。

 

シャンプー前のブラッシングをする事によって、ヘアーについた汚れやほこりを取る事ができます。

 

当然シャンプーの場合に髪についた汚れを落とす事もできるですが、濡らす事で汚れが落ちにくくなる時もあります。

 

汚れやほこりが溜まった床を片付けする時、いきなり水拭きをするよりも、先にホウキで掃いたり、クイックルワイパーで空拭きをしたりした方が可愛いになりますよね。

 

それと同じ仕組みです。

 

その上、ヘアーに付いていた汚れがシャンプーによって頭皮についてしまうと、育毛剤の育毛成分を毛根から染み渡るする作用を妨げてしまいます。

 

シャンプー前にブラッシングをする事で、上述のようにシャンプーする前に髪に付いたホコリや汚れが落ちやすくなるので、その分、頭皮をシャンプー剤で洗浄している時が短くなり、頭皮への負担を減らす事が可能なと並行して、育毛剤の頭皮への定着率も高まるのです。

 

▲目次に戻る育毛剤を染み渡るしやすくするシャンプー手法お湯での頭皮の予備洗いを行った後で、シャンプー剤をつけて洗います。

 

育毛剤を毛根まで定着させるには、念入りなシャンプーが必須です。

 

特に、薄毛の進行が激しい部位や、育毛剤の育毛成果を強く出やりたい部位は特に充分にシャンプーをしましょう。

 

シャンプー剤は、真っ先に手のひらで泡立ててから頭皮につけます。

 

シャンプー剤を原液のまま頭皮につけるのは、刺激が強いのでヘアーにも頭皮にもよくないのです。

 

多くの方が思い違いをしている事のひとつに「シャンプーはヘアーを洗うもの」というスタンスがあります。

 

これは間違っています。

 

「シャンプーは頭皮を洗うもの」です。

 

ヘアーというのは、死んだ細胞で構成されていますので、ヘアーの中から汗や皮脂が出てきたり、臭いの元になったりする事はないのです。

 

最も汚れていて、洗わなければならないのは頭皮なのです。

 

その上、どんなにヘアーを洗っても、頭皮が汚ければ、育毛剤の染み渡る率は落ち、新たに生えてくるヘアーには悪影響です。

 

抜け毛のきっかけもヘアー側ではなく、頭皮側にあります。

 

それ故、頭皮を中心にして、指の腹を使用して、マッサージを行うように充分にと洗いましょう。

 

▲目次に戻るシャンプー剤のすすぎその実重要なのが頭皮に付いたシャンプー剤のすすぎです。

 

頭皮のすすぎを充分に行わないと、頭皮にシャンプー剤のすすぎ残しが生まれてしまいます。

 

すすぎ残しは毛穴に残る事が多く、毛穴にシャンプー剤が残っていると、育毛剤の染み渡るを妨げてしまう確率があります。

 

それ以外にも、すすぎ残しがあると頭皮が皮脂で作成しようダメージ防止の膜を破壊したり、毛穴に詰まってかゆみのきっかけになったりします。

 

頭皮のかゆみは、それ自体に大きな悪影響はないのですが、我慢できずに、ついつい掻いてしまいます。

 

するとそこに傷ができて、それが炎症のきっかけとなり育毛剤を使用できなくなる確率があります。

 

正しいシャンプー剤のすすぎの手段は、普通に予備洗いの時と同じで、指の腹を使って揉むようにすすいでいきます。

 

▲目次に戻る育毛剤の定着影響を高めるドライヤーの使い方ドライヤーは、はじめ髪の根元から乾かして、徐々に毛先に乾かすロケーションを移し変えさせていきます。

 

用心しなければならないのは、頭皮の同じところや髪に長時間ドライヤーを当てないようにするという事です。

 

特に、頭皮は乾かすしすぎるとフケやかゆみなどのトラブルを引き起こします。

 

「頭皮が乾かすしている方が育毛剤は染み渡るしやすいのではないか」と考慮する方もいるようですが、それは逆です。

 

頭皮に若干の湿度が有った方が育毛剤は染み渡るしやすいのです。

 

「パーフェクトに乾燥したタオルよりも、若干湿ったタオルの方が吸水率が高い」という不思議な現象がありますが、これは、水分に双方を引き寄せ合う特色があるからです。

 

育毛剤も水分ですので、頭皮に水分が残っていた方が、染み渡るは早いのです。

 

20cm以上はドライヤーを頭皮から離して使用しましょう。

 

他にも、そこそこヘアーが乾燥してきたら温風モードから冷風モードにチェンジて頭皮のダメージを抑制するようにしましょう。

 

最終的には、頭皮もヘアーも、完璧に乾燥した様子ではなく、ちょっと湿り気が残っている程度の様子でドライヤーを終了するようにしましょう。

 

▲目次に戻る頭皮の血行を促進させる事で育毛剤の定着度急上昇頭皮の血行が促進されれば、育毛剤の頭皮への定着率が大きく上乗せすると言われています。

 

頭皮の血行が促進される事で、毛細血管から毛乳頭に発送られる栄養や酸素の量も増えるので、ヘアーにとっては良い事ばかり。

 

シャンプーによって清潔な頭皮環境が整ったら、その後は頭皮の血行を促進させる事が肝心となるのです。

 

では、どれほどの手法で頭皮の血行を促進させればいいのでしょうか。

 

湯船につかる普通に、体温が上がれば体中の血行は促進されます。

 

それにより、シャンプーをする時にはお風呂に入って湯船につかると血行促進に影響的です。

 

高温の湯船にわずかな間浸かるよりも、ぬるめの湯船に長時間浸かる方が血行促進成果は高いです。

 

▲目次に戻る蒸しタオルを使用する朝に育毛剤を使用する事例など、「シャンプーしたり、お風呂に入ったりできない」という事例も多々あると考えます。

 

そのような時に、余裕に頭皮だけをピン極意で血行促進するためには蒸しタオルをしようするのがベストチョイスです。

 

電子レンジで30秒?1分程度温めた蒸しタオルを、頭に巻いて1分程度放置するだけでも、頭皮の温度が上がり、血行は促進されますし、ヘアーや頭皮に湿度も与える事ができます。

 

▲目次に戻る血行促進のための頭皮マッサージとツボ押し頭皮のマッサージやツボ押しも血行促進に影響があります。

 

指の腹を使って優しくマッサージをするだけでも、そのところの頭皮の血行は促進されます。

 

イチ押しのツボは、頭頂部の百会(ひゃくえ)です。

 

左右の耳の上をつなぐラインと、鼻から上にまっすぐ伸びるラインが交差するキーポイントにあります。

 

百会をツボ押しする事で頭皮概要の血行促進成果があります。

 

なお、頭皮マッサージのときには、頭皮だけでなく、首にある要らないな物質を排泄する働きを持つリンパをマッサージして血行を促進していくのもイチ押しです。

 

顎のラインをなぞるように指で押すだけでもOKです。

 

▲目次に戻る育毛剤を1日2回の使用で染み渡る率を膨れ上がる頭皮が清潔なステータスで、血行を促進させた頭皮に育毛剤を使用しても、時の経過とともに育毛剤の育毛成分は揮発してしまいます。

 

そんな訳で、1日2回、朝と夜に育毛剤を使用する事で、育毛成分が常時頭皮に定着しているステータスを作り出す事ができます。

 

けれども、シャンプーの後の育毛剤の使用が定着しやすくするのに成果的だからといって、1日2回シャンプーをすると、頭皮の洗浄と引き替えにヘアーに必須な水分や油分を奪ってしまうのでベストチョイスできません。

 

1日1回のシャンプーも、普通であれば多々あるほどなのです。

 

それ故、推奨の手法は、夜は湯船につかってからシャンプーをして、育毛剤をつけて眠り、朝は頭皮のマッサージと蒸しタオルによる血行促進をしてから育毛剤をつけるという手法です。

 

▲目次に戻る育毛剤の使用量で染み渡る率は変わらないため用量を守り使用する育毛剤には、取扱解説書に正しい使用手段の記載があり、1回分の適正な使用量も記載してあります。

 

育毛剤の使用者の心理としては、「豊富にの量を使用したらその分、育毛剤の染み渡る率も上がるのではないか」と、必然的に心積もりてしまいます。

 

けれども、育毛剤の取扱解説書に書いてある用量というのは、メーカーが「この量が育毛影響を見込める」と定めた量です。

 

育毛剤によってそれは「1ml」であったり「30プッシュ」であったり、諸々ですが、万が一それ以上の育毛剤の量を使用する事で他にも高い育毛成果が現れるのであれば、メーカーはその分量を記載するはずです。

 

一度に、頭皮が吸収可能な育毛剤の成分の量というのは限定しれていますので、多くの育毛剤メーカーが記載している用量は、それにマッチして決められています。

 

それ故、育毛剤を規定量より多くつけるという事は、育毛剤の定着率を上げるどころか、頭皮にとっての副作用の危険性を上げてしまうので、やめたほうが良いです。

 

▲目次に戻る2、育毛剤の染み渡る力が落ちる頭皮の様子上述では、育毛剤の定着力を膨れ上がるさせる手法を解説しましたが、それとは反対に、育毛剤の定着力が落ちてしまう状況もあります。

 

頭皮が冷えているこれは前項で解説した「頭皮を温めて血行促進」と反対の状況です。

 

頭皮は冷えると、毛細血管が収縮し、血行不良を起こしてしまいます。

 

それは育毛剤の染み渡る率を下げる結果になります。

 

頭皮が汚れている頭皮の毛穴に汚れが詰まっていると、それが厄介で毛穴の奥まで育毛剤の育毛成分は届きません。

 

そして、頭皮に皮脂が残っていると、水性である育毛剤は弾かれてしまい、定着しにくくなります。

 

シャンプーを行う事で頭皮の汚れや皮脂を落とす事ができます。

 

▲目次に戻る育毛剤塗布後、もうに整髪する育毛剤は、つけた直後に有効成分が毛根に届くものだと思っていませんか?ウォーター依拠の育毛剤のケース、頭皮に育毛剤を塗布してから毛根にその育毛成分が到達するまでに必要になる時は、実に3時と言われています。

 

★朝の整髪が煩わしいだな…と言う方は程よくに濡らした髪に適量を付ければ無作為な濡れヘアを作成しよう事が出来ます。

 

育毛剤を朝8時につければ毛根に届くのは11時です。

 

夜10時に付ければ、毛根に届くのは深夜1時です。

 

これだけ長時間、育毛剤が毛根に達するのを見守らなければいけないわけです。

 

育毛剤をつけた直後に直ちにワックスやスプレーなどといった整髪剤をつけてしまうと、この3時の間に整髪剤も頭皮についてしまい、育毛剤の定着を阻害してしまいます。

 

★朝の整髪が煩わしいだな…と言う方は程よくに濡らした髪に適量を付ければ無作為な濡れヘアを仕上げる事が出来ます。

 

できるだけ育毛剤の塗布後は、育毛成分の頭皮への定着を待ちましょう。

 

▲目次に戻る3、定着しやすい育毛剤解説上述の育毛剤を染み渡るさせるテクニックを実践したにも関わらず、育毛剤は染み渡るしていないのではないか?あまり育毛影響が出ないって人には、以下の育毛剤が頭皮への染み渡る率が高く推奨です。

 

チャップアップチャップアップは、ヤフーショッピングの育毛剤部門で1位を取得した実績のある育毛剤です。

 

チャップアップは、海藻由来のM-034をはじめとして、ビワ葉エキス、牡丹エキス、ヒオウギエキス、クロレラエキスといった、植物由来の天然成分から作られており、加えて無添加・無香料なので、副作用の気がかりが無く使用できます。

 

加えて、チャップアップには「低分子ナノ水」が使用されているため、育毛剤の粒子が普通よりも詳細に、毛根の奥の毛乳頭まで育毛成分が入り込みやすく染み渡るしやすいという特性を持っています。

 

流行No1▲目次に戻るナノインパクト100ナノインパクト100は、「ナノインパクトプラス」という育毛剤の成長版です。

 

そもそもナノインパクトシリーズは、ホソカワミクロン株式会社という粉砕機のメーカーがその技術を応用して製作した、育毛成分のナノ化に成功した育毛剤です。

 

「ナノインパクトプラス」の時点で毛穴の150万分の1の大きさ(毛穴の大きさを東京ドームに例えると、ボール1つ分の大きさ)という驚異的な粒子の大きさ感を売りにしていましたが、このナノインパクト100は驚いたことに毛穴の200万分の1という粒子大きさになったそうです。

 

これだけ育毛成分の粒が小さければ、角質の間を抜けて育毛成分が毛穴の奥の毛母細胞まで入り込む確率が高いでしょう。

 

ナノインパクト▲目次に戻る整理育毛剤の染み渡る力を急上昇させるには、育毛剤を使用する直前のシャンプーや、頭皮の血行促進を高め、1日2回の使用、といったテクニックを解説しました。

 

なお、反対に頭皮が冷えてしまったり、頭皮の毛穴が汚れていたりすると、育毛剤の定着率は悪くなってしまいます。

 

育毛剤使用直後のヘア整髪剤の使用も、定着率を下げる見込みがあるので要注意です。

 

★朝の整髪が骨が折れるだな…と言う方は程よくに濡らした髪に適量を付ければ無作為な濡れヘアを仕上げる事が出来ます。

 

他にも、頭皮自体のケアによって育毛剤の定着率を高めるテクニックもありますが、上述で解説した定着力を売りにした育毛剤を使用するというメソッドもあります。

 

いつも使用している育毛剤が、しっかり毛根まで届いているのか心もとないな人は、一度こうした頭皮への定着力の高い育毛剤の調達を思い巡らすしてみてはどうでしょうか。

 

このページで解説したテクニックで頭皮への育毛剤の染み渡る率を最大限に高め、ヘアーを作り伸ばしている毛母細胞に充分にと育毛剤の有効成分を発送ましょう。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る