厚生労働省が認めた育毛剤の効果

育毛剤の広告や成分表を参考にしていると、「有効成分」という言い回しを見かける事があります。

 

この有効成分というのは国の厚生労働省が育毛成果を認めた育毛成分です。

 

したがって、厚生労働省から有効成分と認められていない他の育毛成分と対比すると、その育毛影響への信用性は高いです。

 

ただ、世の中の育毛剤には厚生労働省の有効成分認定には時とお金が必要になるため、最先端の育毛成分を有効成分の認定を待たずに配合しているアイテムもあります。

 

このようなアイテムは薬機法という医薬品認定の法律の規定で、医薬部外品の育毛剤としてのレベルを満たさないため、化粧品として提供されています。

 

今度は厚生労働省から有効成分として認められている代表的な育毛成分の解説と、有効成分だけを規格にせずに実際に影響のある育毛剤を見つけるためのメソッドを解説します。

 

目次育毛剤の成分が厚生労働省の認可を受けるには?厚生労働省によって認可された育毛剤の成分ミノキシジルフィナステリドグリチルリチン酸ジカリウムセンブリエキス酢酸トコフェロールジフェンヒドラミンM-034オウゴンエキス有効成分以外の成分にも注意して育毛剤を選り抜く事が大事育毛剤の成分が厚生労働省の認可を受けるには?新しく製作された育毛剤の育毛成分が厚生労働省から有効成分としての認可を受けるためには、薬機法という法律に基づいた臨床試験を行って、その成分の有用性や副作用の有る無しを検証する必須があります。

 

このような臨床試験の事を治験と呼んでいます。

 

治験に当たっては、真っ先に治験計画を組み立てします。

 

その治験計画を国から認定してもらった段階で、臨床試験に参加してくれる被験者を集めます。

 

その上、前もっての治験の計画書にしたがって、有効成分の被験者への投与を行い、育毛成果が明確と認められた事例、有効成分として認定されます。

 

育毛剤の成分の成果が厚生労働省に有効成分として認可されるには、こういった申込み手順を経る不可欠があるため、製作された育毛成分が有効成分として育毛剤に配合されるまでにはかなりのタイムラグが生じます。

 

▲目次に戻る厚生労働省によって認可された育毛剤の成分これからは厚生労働省に認可された有効成分の中で、よく知られている代表的な育毛剤の育毛成分を解説していきます。

 

これらの育毛剤の有効成分は国の厚生労働省から課された色々な臨床試験をパスしているため、一定の育毛影響は確実に望み可能なものになります。

 

ミノキシジル男性の薄毛患者の90%が悩んでいるという代表的な薄毛のきっかけとして、AGAの影響が挙げられます。

 

今さら聞けない!AGAとは?AGAの治療を専門で行うAGAクリニックでも治療に用いられている発毛医薬成分がミノキシジルです。

 

ミノキシジルはそもそも高血圧の人のための薬として使われており、血管を拡張して血液の流れをスムーズにする事で、血圧を下げる成果を持っています。

 

ただし、投与された患者の体毛が濃くなるといった作用が出た事により、育毛剤に転用されました。

 

ミノキシジルは、そもそも病の治療に使われていた成分という事で、その発毛促進成果は抜群。

 

頭皮の血行を改善し、ヘアーを作成しよう毛母細胞に豊富な栄養を届ける事によって発毛を促していきます。

 

ミノキシジルが配合されている代表的な育毛剤はリアップです。

 

リアップは市販の育毛剤でミノキシジルを配合しているただひとつのアイテムです。

 

リアップX5加味の公式Webページを見るこのWebページでのリアップに関しては以下のページに詳しい影響を整理ているので読んでみてください。

 

リアップX5添加の評判や成果、副作用についての整理▲目次に戻るフィナステリドフィナステリドはAGAクリニックで処方されるAGA治療薬に内蔵されている代表的な成分です。

 

AGAクリニックでの育毛治療のベースは、このフィナステリド配合のAGA治療薬を用いた投薬治療です。

 

フィナステリドには体内に入る事で、AGAのきっかけとなる5αリダクターゼを抑制するのに抜群の影響を発揮します。

 

フィナステリドは抜け毛を劇的に改善してくれるため、まさしくAGA治療の救世主と言ってもよい影響です。

 

ただ、人によってはフィナステリドの服用によって、精力減退・うつ症状といった副作用に悩まされる確率もあるため、絶対医者の処方を受けて服用する事が求められています。

 

なお、このフィナステリドは懐妊中の女の体内に入ると、胎児に障害を残す懸念が指摘されており、女子への処方は必ず厳禁です。

 

フィナステリドが配合されている代表的な育毛剤はプロペシアです。

 

育毛薬のプロペシア▲目次に戻るグリチルリチン酸ジカリウム頭皮の抗炎症作用を持つ成分と言えば、グリチルリン酸ジカリウム。

 

まさしく頭皮の抗炎症影響を持つ育毛剤の成分の代表的影響です。

 

薄毛症状に苦慮している人は頭皮環境も大いに悪化している事例が多々あるです。

 

頭皮環境が悪化すると、ヘアーを完成させる毛母細胞や毛乳頭細胞の働きにも悪影響を与えます。

 

特にフケ・かゆみといった症状がある人は頭皮が炎症を起こしている確率が大です。

 

このような頭皮の炎症を防いで、頭皮環境を改善してくれるのが、グリチルリチン酸ジカリウムです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている代表的な育毛剤はチャップアップです。

 

チャップアップの公式Webページを見るこのWebページ内のチャップアップの詳しい情報は以下のテキストに整理てあるので、見過ごせない人は参照ください。

 

チャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判講評▲目次に戻るセンブリエキス育毛剤の血行促進成分というと、代表的なものは上述した発毛成分のミノキシジルです。

 

とはいっても、ミノキシジルは発毛剤リアップのみにしか配合されていません。

 

では、他の育毛剤ではどれほどの頭皮の血行促進成分を配合しているのか?もってこいのとなっているのが、センブリエキスです。

 

センブリとは漢方に使われている成分で独特の苦みがある事で知られています。

 

このセンブリから抽出したセンブリエキスには優れた頭皮の血行促進影響があるため、多くの育毛剤に配合されています。

 

ミノキシジルとセンブリエキスを対比すると、頭皮の血行促進影響は少々劣るかもしれませんが、ミノキシジルでちょくちょくみられる頭皮トラブルのような副作用が無い事が引き寄せられるです。

 

センブリエキスが配合されている代表的な育毛剤はチャップアップです。

 

チャップアップの公式Webページを見るチャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判講評▲目次に戻る酢酸トコフェロール酢酸トコフェロールは男性用育毛剤だけでなく、女子用育毛剤にも多く配合されている成分です。

 

この酢酸トコフェロール、聞きなれないかもしれませんが、手軽にに言うとビタミンEの一種になります。

 

酢酸トコフェロールは化粧品にも配合されている成分で、育毛剤に配合してやる事で頭皮の老化を防ぐ抗酸化作用を望みする事が出来ます。

 

頭皮が老化してくると、ヘアーを用意する細胞の働きが鈍ってくるのは事実。

 

これを防いでくれるのが酢酸トコフェロールです。

 

酢酸トコフェロールが配合されている代表的な育毛剤はマイナチュレです。

 

マイナチュレの公式Webページを見るこのWebページ内のマイナチュレの詳しい影響は以下のテキストに整理ました。

 

マイナチュレの評判▲目次に戻るジフェンヒドラミンジフェンヒドラミンは育毛剤だけでなく、花粉症などにも使われている成分です。

 

このジフェンヒドラミンはアレルギー反応やかゆみを抑制する成果を持っているため、花粉症などのアレルギー症状の治療薬としてはとても有用です。

 

他にも、ジフェンヒドラミンが育毛剤に配合された時、頭皮のかゆみを抑えてくれるというのが見所になります。

 

頭皮が炎症すると、かゆみを覚えるようになるため、頭皮を無意識に掻いてしまい、それが抜け毛を誘発する場合がみられます。

 

このような頭皮を掻く事によって生じる抜け毛を防いでくれる影響がジフェンヒドラミンには見込みされています。

 

ジフェンヒドラミンが配合されている代表的な育毛剤はチャップアップです。

 

チャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判批評▲目次に戻るM-034M-034はミツイシコンブと言われる海藻から抽出されたエキスを土台に製作された成分です。

 

このM-034は上述したミノキシジルとの対比実験で、ミノキシジル同等の育毛影響を記録したとされており、とても評判を集めている育毛成分です。

 

M-034にはミノキシジルのように頭皮の血行促進影響も備わっていますが、注意やりたいのは外毛根鞘細胞の増殖を促すという影響。

 

外毛根鞘細胞は毛根ところにある細胞で、ヘアーを支持する役割をしています。

 

この外毛根鞘細胞が増加する事で、ヘアーの土台が充分にとしてくるため、抜け毛を減らす事が出来ます。

 

M-034が配合されている代表的な育毛剤はブブカです。

 

他にもM-034を配合している育毛剤は何個かありますが、ブブカは市販の育毛剤の中でM-034の配合量が最も多々あるものになっています。

 

濃密育毛剤BUBKAを購買し使ってみた感想と講評▲目次に戻るオウゴンエキスAGAの薄毛症状を押し止めるためにはDHTというきっかけ物質の生成につながる5αリダクターゼを抑制する事が大いに大切です。

 

この5αリダクターゼ抑制に抜群の影響を発揮するのがフィナステリドですが、医薬品のため心残りながら市販の育毛剤には配合する事ができません。

 

では、市販の育毛剤では5αリダクターゼの抑制は見込みできないのか?そのような事はないのです。

 

市販の育毛剤において5αリダクターゼ抑制の役割を担っているのがオウゴンエキスです。

 

オウゴンエキスはシソ科のコガネバナと呼ばれる植物から抽出されたエキスで、痛むようにから漢方薬として用いられてきました。

 

このオウゴンエキスには、5αリダクターゼの抑制成果が備わっています。

 

オウゴンエキスが配合されている代表的な育毛剤はチャップアップです。

 

チャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判講評▲目次に戻る有効成分以外の成分にも注意して育毛剤を選定する事が大事有効成分は明確言って育毛剤の差別化の要因にはなりません。

 

理由を言えば、厚生労働省から認められた有効成分は全くの育毛剤で共通して配合されている成分になるためです。

 

特にセンブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウムなどは配合されていない育毛剤を見つける方が困難なほどです。

 

したがって、普通には厚生労働省認可の有効成分を規格に育毛剤をチョイスする不可欠はないのです。

 

ただ、男性のケースであればAGAが薄毛のきっかけの90%以上を以上を満たすため、オウゴンエキスをはじめとしたAGAを防ぐための成分がキッチリと配合されているかは参考にしておきましょう。

 

このようなAGAを防ぐために有効な成分の例としては、オウゴンエキス以外にヒオウギエキスやダイズエキスといったものも挙げる事が出来ます。

 

ココだけ押さえておけば、後は自ら本人の自覚症状にマッチして育毛剤を選べばよいでしょう。

 

一例を挙げれば、チャップアップであれば固くなった頭皮を柔らかくする成分が満喫しているので、頭皮を触ってみて固さを感じる人にはイチ押しです。

 

その上、頭皮がオイリーな人は皮脂の分泌量が多く、皮脂で毛穴が詰まっている確率があります。

 

毛穴が詰まってしまうと常識的の育毛剤は相当毛穴から染み渡るできず、育毛成果を発揮する事は出来ません。

 

そのような人であれば、育毛成分の極小化を実現し、定着力を高めたM-1ミストやナノインパクト100を使用するのもイチ押し。

 

「AGAを防ぐ成分を配合している育毛剤の中から、自身の自覚症状にマッチして、それを改善するのに最も適した育毛剤を選定する」、これが育毛剤選択しの定石です。

 

イチ押しの育毛剤に関しては以下のページの育毛剤順位に整理てあるのでポイントにしてください。

 

育毛剤順位▲目次に戻る。

 

トップへ戻る