育毛剤のくさい臭いがなく育毛効果の高い3つの育毛剤

育毛剤を初めて使用する人の中には、その匂いの強さに驚く方も少なくないようです。

 

育毛剤についている匂いには、香料やアルコールなど多彩な種類がありますが、その育毛剤の臭いの多くが、つけた場合にまわりの人も気付くレベルの強いにおいです。

 

可能なら「育毛剤をつけている」という事は他の人には知られたくないものですよね。

 

それにより、中には「匂いで育毛剤を付けている事がバレてしまうのではないか」と懸念事項になり、やはり調達した育毛剤の使用を控えてしまう人もいるそうです。

 

育毛剤を利用し続けている人でも、育毛剤をつけた直後の朝の通勤の電車内や、エレベーターの中など、人の密度が高くなるロケーションにおいて、「匂いで育毛剤を使ってる事がバレてしまうのではないか」と心もとないな人は多々あると考えます。

 

欲をいえば育毛剤は無臭が最も良いですよね。

 

そんな訳で採り上げるのの文章では、臭いが少なく、なおかつ育毛影響も体感可能なという、ベストチョイスの育毛剤をご解説します。

 

目次臭いが気にならずに育毛影響がある3つの育毛剤が知りたい育毛剤をつけた事例に頭皮から育毛剤が臭ってしまうきっかけ臭いが気にならずに育毛影響がある3つの育毛剤が知りたい「育毛剤を使っている事が周囲にばれたくない」と思うあまり、臭いが少ないという要件にこだわりすぎて育毛影響の少ない育毛剤を使用してしまっては、本末転倒ですよね。

 

通例、ヘアーを生やすという目的を第一に購買するはずの育毛剤。

 

ヘアーを生やす事以外の項目を最必須項目として、育毛剤をチョイスしてでしまうのは高い調達だけに宝の持ち腐れだです。

 

そんな訳でここでは、育毛影響も見込みでき、なおかつ臭いも少ないという3つの育毛剤をご解説します。

 

育毛剤の臭いが気に掛かるという方はポイントにしてみてください。

 

チャップアップチャップアップは、香料や塗装料などの添加物を全部使用せずに作られた育毛剤で、ヤフーショッピングの育毛剤部門で提供数1位を入手した実績のある育毛剤です。

 

他に、チャップアップは「育毛剤使用者順位」でカスタマー喜び度第1位、「イチ押し育毛剤順位」で第1位、「最も見込み可能な育毛剤順位」で第1位をゲットするなど、多彩な育毛剤順位で高評価を得ています。

 

その上、AGA関連のドクター100人に聞いたチャップアップの心象チェックでは、「得心度が高い育毛剤」「抜け毛が減る育毛剤」「副作用がない・少ない育毛剤」という3つの部門で1位を入手しています。

 

つまり、このチャップアップは、実のところに使用した方の評価も、AGA専門のお医者さんの評価もとても高く、心配無用して役に立つ育毛剤だという事です。

 

実のところにチャップアップを手に取り、その育毛剤の臭いを嗅いでみると、若干のアルコールの刺激臭がありますが、それは配慮して嗅いだ時で、頭皮につけてしまえば、そこまで気にはなりません。

 

無論、チャップアップには香料が使われてないので、アルコール以外のくさい臭いはおおかたないのです。

 

チャップアップは、副作用の気がかりがないという事を売りにしているだけあって、化学成分が使われずに、その全くが天然由来成分です。

 

中でも厚生労働省認可の有効成分として配合されているのが、センブリエキスとグリチルリチン酸とジフェンヒドラミンHCです。

 

センブリエキスには血行を促進し毛根に栄養を届ける作用と、毛母細胞を活性化させ、新たなヘアーを増やす作用、また抗酸化作用によって頭皮環境を整え、頭皮の老化を防ぐ作用などがあります。

 

グリチルリチン酸には、優れた抗炎症作用があり、頭皮の炎症がきっかけの脱毛を防いでくれます。

 

その上、グリチルリチン酸には頭皮の雑菌の繁殖を防ぐ働きもあるので、頭皮の雑菌がきっかけとなる炎症も防ぐ事ができます。

 

雑菌は、頭皮の臭いのきっかけにもなりますので、頭皮から生じてする悪臭を食い止める成果もあるといえるでしょう。

 

総じて、グリチルリチン酸は頭皮環境を整える影響がある育毛成分といえます。

 

ジフェンヒドラミンHCは、グリチルリチン酸と同じく、炎症をセーブする影響と、加えて血行促進の影響があります。

 

こちらも頭皮環境を整える作用のある成分と言えるでしょう。

 

チャップアップには、これらの厚生労働省から認可された3つの育毛成分のほかにも育毛影響があるとされる成分が40種類以上配合されています。

 

これは直近で提供されている育毛剤の中でもかなり多々ある種類です。

 

育毛剤の「効く・効かない」は個人差もありますが、これだけ多くの育毛成分が配合されていれば、チャップアップ使用者の頭皮に合い、発毛促進の助けになる育毛成分が何種類かは配合されている見込みは高くなるでしょう。

 

チャップアップの公式Webページを見るチャップアップの臭いについて、実のところに使った体験談もあるので下のリンクからポイントにしてみてください。

 

チャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判批評チャップアップのレビューチャップアップのm字への影響チャップアップの頭頂部(つむじ)に対する影響チャップアップは匂いがしない▲目次に戻るフィンジアフィンジアは、わりと新しく製作されたスカルプ成分が配合された育毛剤です。

 

フィンジアの提供が開始された直後は、あまりの高評価に品切れステータスが続くという、育毛剤としては珍しい経歴を持ったアイテムです。

 

それほど、フィンジアに配合された育毛成分に見込みが持てる育毛剤だったという事でしょう。

 

引っかかるのはフィンジアの臭いです。

 

フィンジアの配合成分表示を見てみると、最高上にエタノールが表記されており、真ん中あたりにあるメントールの表記があります。

 

それにより、アルコールの匂いと、それを打ち消すためのメントールのにおいがする事が見当されます。

 

実のところにフィンジアを手に取り、その匂いを嗅いでみると、おっしゃる通り若干のメントールのにおいがありますが、そこまで見過ごせないほどではないのです。

 

フィンジアは、配合されている成分の育毛成果がとても見込み可能な育毛剤なので、少々の臭いはあっても、ベストチョイス可能なアイテムです。

 

メントール臭がしたとしても、フィンジアをお勧めする訳は、配合されている2つの育毛成分、キャピキシルとピディオキシジルです。

 

キャピキシルは2011年に製作された育毛成分で、薄毛のきっかけとなる悪玉ホルモンの生成を抑制する影響と、毛母細胞を活性化し、発毛を促進させる影響があります。

 

フィンジアのメーカーが、キャピキシルの臨床実験のデータも発表しているのですが、それを見ると、大いに高い発毛作用が見て取れます。

 

医薬品以外でキャピキシルのような客観的な臨床実験のデータをリリースしている事例は少ないので、信用性は高いといえるでしょう。

 

もう一つの育毛成分ピディオキシジルは、現時点でAGA治療の最前線で使われているミノキシジルの誘導体です。

 

誘導体とは、手っ取り早くに言えばその成分を改善し、より効き目を強くしたものと心積もりてください。

 

ピディオキシジルはミノキシジルから副作用を抜いて、頭皮への染み渡る率を高めたという特色のある育毛成分です。

 

ピディオキシジルは、高い発毛促進の影響が見込みできます。

 

このキャピキシルを5%、ピディオキシジルを2%配合したフィンジアは、ヘアーを生やすというところに関して大きな見込みが持てる育毛剤です。

 

フィンジアには臭いこそ若干はありますが、そこまで気にするほど強いものではないので、全力の育毛を一考するのであれば使用してみてはどうでしょうか。

 

フィンジアについてさらに突っ込んで知りたい人は、このWebページ内の以下の投稿を参照ください。

 

フィンジアを1本使ってみた評判▲目次に戻るイクオスイクオスは、天然由来成分で作られた無添加の育毛剤です。

 

イクオスの品質がワールドワイドに認められ、モンドセレクション2016を受賞しています。

 

イクオスの配合成分の中では、「アルガス-2」という育毛成分を売りにしており、イクオスの公式Webページでは、キャピキシルやミノキシジルが配合された育毛剤よりも高い育毛成果が出ているというデータが掲載されています。

 

引っかかるイクオスの匂いは、実のところに手にとって嗅いでみると、そんなにないのです。

 

イクオスは、無臭に近い育毛剤です。

 

今度ご解説する3種類の育毛剤の中でも、最も臭いが少ない育毛剤と言えるでしょう。

 

それ故、「匂いでバレたくない」という事第一に考慮するのであれば最もベストチョイスの育毛剤がイクオスです。

 

匂いはそんなにないイクオスですが、その育毛影響はどの程度なのでしょうか。

 

イクオスにはアルガス-2という海藻由来のスカルプ成分を中心として、オウゴンエキスやダイズエキス、ビワ葉エキス、ヒオウギエキスといった諸々な天然由来の育毛成分が配合されているので、副作用の気がかりがなく、優しく発毛促進をしてくれます。

 

イクオスの公式Webページで発表されている実験データを見ると、3つのグループに各々アルガス-2とキャピキシルとミノキシジルを3ヶ月間使用してもらったところ、3ヶ月後に育毛を体感した人の比率は、ミノキシジルが43%、キャピキシルが56%、アルガス-2が78%でした。

 

アルガス-2を使用した人に圧倒的に高い体感のレートが出ています。

 

イクオスの公式Webページを見るイクオスの臭いと影響について突き詰めては下のページを読んでみてください。

 

育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と影響を検証育毛奉行隊員によるイクオス1か月間使用体験講評育毛剤イクオスのM字(前頭部)への影響イクオスはAGAに影響があった!▲目次に戻る無香料、無添加の育毛剤なら、周囲に育毛剤を付けている事がばれない!「周囲の人に育毛剤を使用している事がバレたくない」という時は、無添加・無香料の育毛剤を使用する事をお勧めします。

 

採り上げるのご解説したチャップアップとフィンジア、イクオスの三つの育毛剤であれば、育毛成果を体感可能な見込みも高く、においも気にならないアイテムです。

 

なお、育毛剤は朝と晩で1日2回使用する事をお薦めされています。

 

朝使用する育毛剤は臭いの少ないものにし、夜寝る前に使用する育毛剤は臭いを気にせず、発毛成果の高いものを使用するといった活用をするテクニックもあります。

 

それ以外にも、朝の育毛剤の臭いを、整髪料でごまかすという手段もあります。

 

この手段は、育毛剤のニオイの元が香料である事例のみ有効です。

 

髪型が見事決まっていれば、少々のメントールの臭いが頭皮からしたとしても、「整髪料の香りかな」とも思ってもらえます。

 

あるいは、整髪料それ自体に強い匂いがあれば、育毛剤の香料を打ち消す事もできるかもしれません。

 

とはいっても整髪料は、頭皮環境を悪化させる頭皮にとって悪い成果しかないのですので、全力の育毛をする人には向きません。

 

そうしたニュアンスでは、周囲に育毛剤を付けている事をバレないようにするのに、最もベストチョイスなのは無添加・無香料の育毛剤です。

 

採り上げるのご解説した育毛剤3種を軸にして、比較考量してみてください。

 

▲目次に戻る関連文章男性に推奨の男性用育毛剤順位女子用育毛剤順位AGAへの育毛剤順位つむじハゲに育毛成果のある育毛剤順位m字はげに育毛成果のある育毛剤順位育毛剤の対比▲目次に戻る育毛剤をつけたケースに頭皮から育毛剤が臭ってしまうきっかけなぜ育毛剤を使用すると匂いがするのでしょうか。

 

育毛剤がきっかけでくさくなってしまうのは、大きく分類て以下の3種類のきっかけが心積もりられますので、ご解説します。

 

・アルコール配合やニオイの強い有効成分が配合された育毛剤を使っている・育毛剤をつけすぎている・育毛剤が頭皮の匂いと混ざって臭くなるアルコール配合やニオイの強い有効成分が配合された育毛剤を使っている育毛剤を選り抜くときに、最も優先するのはその配合成分でしょう。

 

育毛剤にどんな育毛成分が、どの程度配合されているのかによって、育毛影響が大きく変化しますので、もちろん肝心視やりたい着眼点です。

 

ただし、そこに配合されている育毛成分によっては、育毛剤が強い臭いを発する事例があります。

 

育毛剤に内蔵されるくさい臭いを発してしまう成分で最も多々あるパターンが、アルコールです。

 

アルコールは、育毛剤の使用期限を延ばすためという目的と、その上、アルコールは揮発性が高いので、頭皮につけた時の「スーッ」とした爽快感を出す目的のために配合されています。

 

育毛剤に配合されているアルコールの中には、多彩な種類がありますが、最も多く使用されているのが、エチルアルコール、別名「エタノール」です。

 

エタノールは高い揮発性と消毒作用を持っており、他にも原価が安いという事もあって、育毛剤に限定しず、化粧品などにも幅広く使用されています。

 

育毛剤の成分表示には水の第二にエタノールと書いてある物が多々あると考えます。

 

育毛剤の成分表示は配合されている分量が多々あるものから順番に表記されますので、多くの育毛剤はその体積の多くを、水とエタノールによってまかなっているという現実があります。

 

それだけ育毛剤に配合されている比率の高いエタノールですから、頭皮につけた時にもちろんアルコールの刺激臭はしてしまいます。

 

更に、エタノールは揮発性の高い物質ですから空気中に発散されやすく、その匂いも周囲に拡散されやすいのです。

 

特に、育毛剤を頭皮につけた直後はエタノールの匂いが強く、朝に育毛剤をつけたとしたら、通勤時の電車内や、出勤した直後のエレベータなどは気をつけたいところです。

 

反対に言えば、育毛剤をつけてから時がたてば、アルコールの成分は揮発してしまうので、匂いはそこまで気にならないでしょう。

 

育毛剤に内蔵される臭い育毛成分として第二に見過ごせないのが生薬の臭いです。

 

育毛剤の中には「生薬配合」というポイントを売りにしているアイテムがあります。

 

生薬とは、自然由来の成分を精製(何個かの混ざり合った物質を単体の純度の高い物質にする事)せずにデフォルト使っている物の事をいいます。

 

極端に言えば、道端に生えている雑草をすりつぶし、どこかに健康作用があれば、それも生薬なのです。

 

という事は、植物の中でも特有のニオイがあるものを生薬として使用している育毛剤の事例は、独特の漢方のような臭いがするという事になります。

 

生薬は育毛影響が望み可能なものですが、その分生薬の独特の臭いが周囲に不快感を与えてしまう見込みがあります。

 

育毛剤の臭いのきっかけとなる育毛成分の最後は、香料です。

 

育毛剤を頭皮につけた時に、心地よい香りをリミックスするため、あるいはアルコールの匂いを打ち消すため、といった目的で香料が配合されている育毛剤があります。

 

育毛剤に内蔵される香料の多くのケースはメントールが使用され、頭皮につけた時のスーっとした爽快感と、さわやかな香りがトレードマークです。

 

メントールのいい匂いがするのであれば問題ないのではないか、と一考する人もいますが、育毛剤は、つけている事それ自体が周囲にばれたくない種類のアイテムでもあります。

 

つまり不自然に頭皮からメントールの香りがしていると「この人は何かをつけている」と周囲に思われてしまうのです。

 

これがきっかけで育毛剤の使用がバレてしまう確率だって大いにあります。

 

育毛剤に配合されているメントールは爽快感のある匂いなので、個人の自分の嗜好によっては香料が配合されている方がいい、というケースもありますが、多くの人にとっては育毛剤の中に香料を配合する不可欠はない、むしろ余分だ、と感じている人が多々あるようです。

 

▲目次に戻る育毛剤をつけすぎている育毛剤の育毛成分自体に匂いがそこまで付いてなかったとしても、育毛剤を大量につける事によってその匂いが増幅し、更に長時間、頭皮に残ってしまう確率があります。

 

どの育毛剤も取扱解説書に「用法・用量」が書かれています。

 

スポイト式の育毛剤であればスポイトにメモリが書かれていて、そのメモリの通りに使用するのが適正な量です。

 

プッシュ式の育毛剤であれば、取扱解説書に書かれたプッシュ数を頭皮につけるのが適正な量です。

 

ただし、人の心理として、必然的に「育毛剤をふんだんにつけたほうが育毛影響が大きいのではないか」と心積もりてしまい、ついつい取扱解説書に書かれた用量よりも多く育毛剤を頭皮につけてしまうものです。

 

けれども、育毛剤を取扱解説書の規定量より多くつけても、あまり良い事はないのです。

 

むしろ逆成果のほうが大きいです。

 

理由を言えば、頭皮が一度に吸収可能な育毛剤の量というのは決まっているからです。

 

それ以上の量を頭皮につけたとしても毛根まで育毛成分が染み渡るせず、ただ蒸発してしまうだけです。

 

各メーカーが定めている育毛剤の規定量は、「育毛影響を十分に発揮でき、また、それ以上つけても育毛成果は増大しない」という分量である事がそんなに。

 

それにより、育毛剤のつけすぎは、単に頭皮からの臭いを増幅させているだけという、むなしい結果しか生まないのです。

 

特に、ミノキシジルなどの副作用の報告がある育毛剤を使用しているケース、つけすぎは臭いの増幅だけではなく、副作用の危うい性を急上昇させるという短所もあります。

 

頭皮につけるタイプの育毛剤で起こる副作用は、頭皮のかぶれや湿疹・炎症などです。

 

これらの頭皮環境の乱れは育毛にとって逆影響以外の何物でもないのです。

 

更に言えば、一度に数多くの量の育毛剤を使用するという事は、育毛剤の支出するスピードも速くなるという事。

 

つまり、育毛剤の買い物頻度が高くなり、経済的にも良くないという事です。

 

頭皮にいろいろつけてしまいたくなる想いはわかりますが、そこは抑えて育毛剤は適正な量を使用しましょう。

 

そうする事で、頭皮から出る育毛剤の臭いも抑えられます。

 

▲目次に戻る育毛剤が頭皮の匂いと混ざって臭くなるにおいの少ない育毛剤を使っていて、頭皮に使用する容量も適正である時、そこまでしても育毛剤の臭いがするのであれば、頭皮環境の改善が必須です。

 

頭皮から生じてするくさい臭いには、何個かの種類があります。

 

その中でも、後頭部を中心に現れてするツンとした刺激の強い臭いは、頭皮の皮脂が酸化して、その中で雑菌が繁殖している事がきっかけとなる「ミドル脂臭」というものです。

 

このミドル脂臭は、口臭や足の臭いよりも強烈であるとして、女からも嫌われてしまう刺激臭です。

 

雑菌は湿度の高いロケーションをお好きな、その中で繁殖していきます。

 

つまり、育毛剤を使用して頭皮が湿った環境というのは、雑菌がより繁殖しやすい位置になっているのです。

 

育毛剤に配合されているアルコールには殺菌作用がありますが、近頃では、アルコール成分が肌荒れを引き起こすきっかけになる事が知られており、「敏感肌の方でも心配無用して使用可能な」という所以で、アルコールフリーの育毛剤も増大してきています。

 

そのようなアルコールフリーの育毛剤は、殺菌の力が弱いので、頭皮に付けたときにアルコールの臭いは少ないものの、頭皮の雑菌の繁殖を促してしまい、結果的に時をおいてから、より不快な頭皮の臭いを現れてさせてしまう確率もあるのです。

 

このケース、頭皮のくさい臭いのきっかけは育毛剤というよりも自身本人にあるため、食生活の改善や暮らし習性の再考が必須になります。

 

できるだけ油っぽい食べ物を控え、野菜中心の食生活にしたり、睡眠時を充分に取ったり、シャンプーを丹念にしたりする事によって、そこそこその頭皮の不快な臭いを抑制する事ができます。

 

▲目次に戻る臭いがいやなら無香料、無添加の育毛剤を使用するべきここまでにご解説してきたように、育毛剤をつけて頭皮からくさい匂いが出るきっかけは、何個かがあります。

 

アルコールが配合されている育毛剤を使えば、アルコール特有の臭いがしてしまいますし、アルコールの配合されていない育毛剤を使えば、雑菌が繁殖して頭皮の臭いの現れてきっかけになってしまう確率があります。

 

それにより、このアルコール配合の育毛剤を使用するか、アルコールフリーの育毛剤を使用するかのところはいつもの個人の頭皮のステータスによって使い分けるのが望ましいです。

 

いつも頭皮の臭いがきつい方はアルコール配合の育毛剤を、いつも頭皮が臭わない方はアルコールフリーの育毛剤を選択すると良いかもしれません。

 

ただ、アルコール配合の育毛剤とアルコールフリーの育毛剤のどっちの事例も、確実に言える事は「無香料・無添加の育毛剤を使用するのが望ましい」という事です。

 

結局、育毛剤に香料が入っていると、それだけ周囲に「頭皮に何かをつけている」という事が臭いでばれてしまう見込みが高くなりますし、添加物も同じくに頭皮から臭いを現れてさせる見込みがあります。

 

「育毛剤をつけている事が周囲にばれたくない」という方は、無添加・無香料の育毛剤を探し、使用すると良いでしょう。

 

次の章では、臭いが少なく、育毛影響も望み可能な育毛剤をご解説しますのでポイントにしてみてください。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る