育毛剤で抜け毛が増えた場合の初期脱毛と通常の抜け毛の見極め方と対処法

育毛剤で抜け毛が増えた場合の初期脱毛と通常の抜け毛の見極め方と対処法

AGA治療や発毛のために育毛剤を使用しているのに、使用前より抜け毛が増加してしまったら「ハゲがまた進行したのか?」と心もとないになりますよね。

 

育毛剤を使用し開始出来てから起こる抜け毛のきっかけには以下の2種類があります。

 

・発毛成果が現れているために起こる「好転反応」による初期脱毛・頭皮に育毛剤が合っていない、刺激が強すぎた、などの要因で頭皮環境が乱れ「異常脱毛」を起こしている育毛剤を利用しスタート出来て抜け毛が増加したら、驚いて取り止めしてしまう事が落着策ではないのです。

 

最初に、それが好転反応の初期脱毛なのか、頭皮環境が乱れたために起こった異常脱毛なのかを決断します。

 

脱毛のきっかけが初期脱毛であれば、使用中の育毛剤を利用し続け、初期脱毛ではない時は使用を取り止めしましょう。

 

この文章では、育毛剤を使って抜け毛が増加した事例の初期脱毛か如何にかの分別方について細かいところまで紹介していきます。

 

目次育毛剤を使って抜けが増加した時に考慮しられる2つのきっかけ初期脱毛かそれ以外の抜け毛なのかの区別方初期脱毛が生じてする期間と収まるまでの期間抜け毛の毛根からの初期脱毛の分別方初期脱毛ではない異常脱毛による抜け毛育毛剤を使って抜け毛が増加した時の対処手法育毛剤を使って抜けが増大した時に腹積もりられる2つのきっかけ育毛剤を使用してから抜け毛が突然増大した事例、以下の2つのきっかけが考慮しられます。

 

1つは育毛影響が表れた事によって即時的に抜け毛が増える初期脱毛。

 

もう1つが、育毛剤の成分が自らの頭皮に合わずに抜け毛が増加してしまうケースの2つです。

 

以下で、この2つのきっかけについて克明に紹介していきます。

 

初期脱毛がきっかけの抜け毛初期脱毛は、発毛が促され毛周期が移り変わりする事によって現れてします。

 

初期脱毛は俗には副作用と言われますが、普通の目的ではない体にとってよくない作用が現れる事を副作用というため、育毛剤の使用による初期脱毛は育毛成果の表れであり、一概に副作用とは言えません。

 

髪は毛周期という進化と退行、休止の3つのサイクルを繰り返してちょっとずつランクアップしています。

 

薄毛によって毛周期が短くなり、育毛剤を使用する事で急激に薄毛になる前の通常の正常なレベルアップペースに戻され、年季の入ったヘアーを押し上げ新しいヘアーが下から向上する事で初期脱毛が起こると言われています。

 

毛周期には、発展期、退行期、休止期という3つのヘアサイクルがあり、文字通り向上期には髪が進化し、発展が緩やかになる事で退行期に移行し、最終的に向上が休止し休止期に入って脱毛する仕組みになっています。

 

正常なペースなら、発展期は2?5年、退行期は2?3週間、休止期が約3ヶ月間で、女子の時レベルアップ期が3?7年になっています。

 

ただし、AGAを発症している人や、薄毛が進行している人の時は、上述のような正常な毛周期ではなくなっているケースがあります。

 

薄毛の人は、細胞分裂する事で毛をレベルアップさせる「毛母細胞」に栄養が行き渡っておらず、通例の進化ペースより向上期が短くなり、反対に休止期が永らくなってしまっています。

 

発展期が短くなる事で抜け毛が慢性的に続いたり、細くて弱々しい軟毛ばかり育つようになります。

 

ただし、育毛剤を使用する事で、伸びるが止まりいつ抜けてもおかしくない様子の「休止期」の毛の下から、新しいヘアーが伸びるしスタート出来ます。

 

抜ける予定の毛を、新しい毛が下から押し上げるため、自然と抜け毛が起こります。

 

初期脱毛の事例、育毛影響が現れ休止期にいた毛が一斉に抜けるので、個人差はあるものの急激に抜け毛が増えるという仕組みになっています。

 

つまり、初期脱毛は、育毛剤の育毛影響により休止していた毛母細胞の働きが活発になり、新しいヘアーがレベルアップしているサインの表れであり、発毛成果が順調に出ている事を現しているのです。

 

それ故、育毛剤を使用して抜け毛が増大したのが初期脱毛であった事例、育毛剤の使用を止める必須はないのです。

 

▲目次に戻る自らの頭皮に合っていない育毛剤を使ったために増える抜け毛好転反応による初期脱毛でないケース、抜け毛が増加したきっかけは以下の3つだと考慮しられます。

 

・育毛剤に配合されている育毛成分やアルコール等の特定の成分の頭皮への刺激が強かった・育毛成分が自身の肌に合わなかった・頭皮環境の悪化やアレルギー症状が起こったりする事により「異常脱毛」が起こっている「異常脱毛」とは、毛周期の休止期に当てはめて自然に抜ける状況ではなく、頭皮や毛根がダメージを受け、休止期以外の時分に毛が抜けてしまう症状の事を指します。

 

育毛剤で頭皮環境が乱れる訳として最初に第一に、育毛剤に自身の頭皮に合っていない育毛成分が入っている事、肌に対し育毛剤の刺激が強すぎる、などの訳が考慮しられます。

 

なお、育毛剤に配合されているアルコールやエタノール、パラベンなどの防腐剤や保存料、特定の有効成分に反応するアレルギーを持っている時にも異常脱毛が起こるケースがあります。

 

このような頭皮環境の悪化や炎症の生じてが起こると頭皮の血流が悪くなり地肌が赤くなったり、炎症に伴いかゆみが止まらなくなったり、炎症したところがかさぶたのようにはがれる事で大きく分厚いフケが取れたりします。

 

異常脱毛のケースは育毛剤を使用した事で頭皮環境が悪化し、髪が伸びるしにくい環境になってしまっているので、育毛剤を使った好転反応である初期脱毛とは逆のきっかけにより生じてする脱毛なのです。

 

▲目次に戻る初期脱毛かそれ以外の抜け毛なのかの区別方育毛剤を使用して抜け毛が増大した時、影響の表れでもある初期脱毛か、育毛剤が自身に合っていないために現れてする脱毛の2種類あると紹介しました。

 

そんな訳で、以下では初期脱毛といつもの脱毛の異なる点と区別方について紹介していきます。

 

初期脱毛が現れてする期間と収まるまでの期間初期脱毛のケース、髪が伸びるしてから抜け毛が増えるため、育毛剤を使用した数日後に抜けるのではなく脱毛が起こるまでちょっと間が空くのが特色です。

 

俗に初期脱毛が生じてする期間は、育毛剤を使用してから1ヶ月ほどで、初期脱毛が現れてしてから1ヶ月程度で抜け毛の量も個人差はありますが育毛剤の使用前と同じ量に戻ると言われています。

 

それ故、育毛剤を使用し初めてから合計で2ヶ月経った時分に脱毛が穏やかになっていたら、初期脱毛だったと決断できます。

 

▲目次に戻る抜け毛の毛根からの初期脱毛の区別方他にも、初期脱毛は、ポイントだけではなく毛根のステータスからも決断する事が出来ます。

 

毛周期にかかわらず脱毛する「異常脱毛」に対し、休止期にあり抜ける状況になっていた毛が抜ける「生理的脱毛」のため、抜ける毛は健康的な様子になっていますシャンプーをしたり、ブラッシングした事例に自然に抜けた毛を取って、白い机や紙の上などに置き形を見てみましょう。

 

健康的なステータスの毛根は、毛根の根本にある「毛母細胞」に栄養がいきわたっているため根本がふっくら丸みを帯びています。

 

このように抜けた毛が、毛根がふくらんでいて先に向かって細くなっている形であれば、初期脱毛により抜けた毛だと決断する事ができます。

 

▲目次に戻る初期脱毛ではない異常脱毛による抜け毛初期脱毛ではない抜け毛の時、頭皮のステータスやかゆみがあるか如何にかによって頭皮がダメージを受けた事によって起こる異常脱毛だと判別する事が出来ます。

 

初期脱毛は、新しい毛が発展するために休止期の毛が押し出され抜け毛が増える「好転反応」による脱毛なので、育毛剤を利用し開始出来て2ヶ月ほどで脱毛の本数は減ってきます。

 

ただし、初期脱毛ではない抜け毛の事例、使用している育毛剤が頭皮に合っておらず頭皮環境が悪くなり毛根が弱っているため育毛剤を利用し続けて3ヶ月ほど経っても脱毛が改善されない時があります。

 

さらに、初期脱毛の事例、血行が促進され即時的に頭皮の地肌がかゆくなるケースがありますが、異常脱毛のケースは頭皮がかぶれたりアレルギー症状を起こしたりして炎症になる事でかゆくなるので、頭皮のかゆみが数日間続くのが特色です。

 

しかも、異常脱毛は抜けた毛の状況でも判別できます。

 

休止期に自然に抜けた毛は毛の根元が丸くふくらんでいますが、異常脱毛のケース毛根ところが棒状でふくらみがなかったり、細くとがったりしています。

 

育毛剤を使って増大した抜け毛の中に棒状や毛根が細くなっている毛を発見したら、初期脱毛ではなく異常脱毛である事を疑ったほうが良いでしょう。

 

▲目次に戻る育毛剤を使って抜け毛が増大したら初期脱毛なのか、普通の抜け毛が増加しただけなのかを見極めよう!育毛剤を使用して抜け毛が増大してしまったら、「この育毛剤は使わないほうが良いのか?」と心もとないになりますが、最初に初期脱毛なのか頭皮環境の悪化がきっかけの抜け毛なのか正しく決断する事が大事です。

 

育毛剤を使って抜け毛が増える症状は、好転反応による初期脱毛か、頭皮環境の悪化やアレルギー反応による抜け毛かどっちかに分類られます。

 

 この2つの現象はそもそもきっかけが相違ますので、育毛剤の使用を続けるか打ち切りするかの決断を誤ると、育毛できないどころか、他にも薄毛が進行してしまう事もあります。

 

今後、育毛剤を使用して生じてした脱毛が初期脱毛か異常脱毛か決断し抜け毛が増大した時の対処法をご解説しますので、自身の頭皮や抜け毛の状況と対比してみましょう。

 

▲目次に戻る育毛剤を使って抜け毛が増大した時の対処技術育毛剤を使用して抜け毛が増加した時の第一の対処法は、育毛剤の使用を続けるのか、止めるのかの2択です。

 

以下で細かいところまで紹介していきます。

 

初期脱毛の時初期脱毛は頭皮の炎症やアレルギーがきっかけで起こるものではなく、新しい毛が進化し休止期の抜ける予定だった毛が自然に抜ける現象で、好転反応と言われるものです。

 

育毛剤を使用しているのに抜け毛が増加してしまうとハゲが進行しているように思えるかもしれませんが、好転反応による初期脱毛のケースは引き続き育毛剤を使用した方がいいです。

 

理由を言えば、初期脱毛の時は進化している毛が増加した事で抜ける毛も増大している状況なので、このまま継続して使用する事で正常な髪のランクアップペースに戻す事が可能なからです。

 

初期脱毛の事例、育毛剤を使用してから約1ヶ月後に抜け毛が増加しますが、多くの事例初期脱毛から1ヶ月後には抜け毛の量は減ってきます。

 

初期脱毛が起こると必然的に「薄くなるのではないか」と心もとないに思ってしまうかもしれませんが、現在は初期脱毛で抜け毛が多くても約1ヶ月後には抜け毛が治まってきますので懸念事項しすぎなくてもいいのです。

 

反対に、慌てて育毛剤の使用を取り止めすると、やはり正常なペースに近づいていた毛周期が再び崩れてしまう事になりかねません。

 

初期脱毛の事例は、「育毛剤が効いてきたサイン」と考慮して継続して使用するようにしましょう。

 

▲目次に戻る初期脱毛ではない抜け毛の時育毛剤を使用する事で頭皮環境が悪化している事例は、頭皮環境が改善されるまで、使用中の育毛剤を一度打ち切りする事が解消策になります。

 

自身の頭皮に合わないとわかっている育毛剤を理不尽して使用すると、頭皮の炎症やかゆみがひどくなり、ますます頭皮環境が悪化し髪の伸びるが望みできなくなります。

 

一度、育毛剤を使ってみて頭皮が荒れたり、かゆみが止まらなくなったりした時は、肌に合っていない確率が高いです。

 

時によっては医者に話し合いし、使用中の育毛剤を利用し続けて良いのか如何にか、なお自らがアレルギーに反応する体質なのか如何にかといった事を調査してもらうのも有効です。

 

この他には、現在まで使っていた育毛剤を止めて、自身の肌に合う育毛剤に変えるという技術も推奨です。

 

新しい育毛剤をチョイスするときは、頭皮環境を悪くしないように、実際まで使っていた育毛剤より肌への刺激や負担が少なく、炎症やかゆみの起きにくい育毛剤を選定する事が要点になります。

 

一例を挙げれば、アルコールやエタノールフリーの育毛剤、添加物や香料無添加の低刺激な育毛剤、育毛に有効な成分が天然由来の育毛剤など、肌に優しく刺激の少ない育毛剤などがイチ押しです。

 

頭皮への刺激や負担が少ない無添加の育毛剤のイチ押しは以下の育毛剤順位を参照ください。

 

育毛奉行が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!▲目次に戻る。

 

トップへ戻る