男性ホルモンの抜け毛に育毛剤が効く2つの理由

男性ホルモンの抜け毛に育毛剤が効く2つの理由

男性ホルモンは男性型脱毛症(AGA)を引き起こし、前頭部や頭頂部など特定の部位の抜け毛を増やす特色があります。

 

育毛剤がAGAを防ぐ要因には、以下の2つの働きがあります。

 

・生え際とつむじの抜け毛を防ぐ男性ホルモン抑制影響・生え際とつむじの髪を強くする血行促進影響この文章では、以下の2つについて紹介します。

 

・男性ホルモンによる抜け毛はどういった仕組みで起こるのか・男性ホルモンによる抜け毛に対抗可能な育毛剤に配合されている育毛成分男性型脱毛症を発症している方、男性型脱毛症を治やりたい方は必見です。

 

直ちにに影響の高い育毛剤を知りたい人は、この文章内の「男性ホルモンによる抜け毛に影響がある育毛剤順位」を参照ください。

 

目次男性ホルモンが抜け毛を増やす仕組み男性ホルモンを抑制するのに影響のある育毛剤の有効成分男性ホルモンによる抜け毛に影響がある育毛剤順位男性ホルモンが抜け毛を増やす仕組み男性ホルモンの「テストステロン」と酵素の「5αリダクターゼ」が組み合わせするとジヒドロテストステロン(DHT)が作られてしまいます。

 

そのジヒドロテストステロンには、毛母細胞の働きを阻害する作用がありヘアーが作られにくくなってしまうのです。

 

あと一歩具体的に紹介すると、ヘアサイクルにジヒドロテストステロンは作用します。

 

ヘアサイクルにはランクアップ期や退行期、しかも休止期があり、普通は進化期が4年から6年間程度あります。

 

ただし、ジヒドロテストステロンの影響を受けると伸びる期が数カ月から1年くらいに短縮されてしまいます。

 

ヘアーの発展期間が数カ月から1年くらいだとヘアーが長期に渡ってなりませんし、太くもなりません。

 

ヘアーの進化スピードも鈍化してしまい、結果的に薄毛となってしまうわけです。

 

▲目次に戻る男性ホルモンを抑制するのに成果のある育毛剤の有効成分育毛剤に配合されていて、男性ホルモンを抑制する影響のある代表的な育毛成分は以下の6種類です。

 

・キャピキシル・ヒオウギエキス・オウゴンエキス・亜鉛・ノコギリヤシ・フィーバーフュー一つずつ如何なる成分で如何なる影響を持つのか紹介していきます。

 

キャピキシルキャピキシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド‐3というアミノ酸によって構成されています。

 

アカツメクサ花エキスにはビオカニンAと呼ばれる成分が配合されており、男性ホルモンによる薄毛のきっかけであるジヒドロテストステロンの生成を阻害する作用があります。

 

ビオカニンAには、ジヒドロテストステロンになる前の5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるので、5αリダクターゼとテストステロンの繋ぎ合わせを防いでくれるわけです。

 

アセチルテトラペプチド‐3には、頭皮の細胞の修復作用があります。

 

アセチルテトラペプチド‐3によって、ジヒドロテストステロンによる影響を受けて働きが弱まってしまった毛母細胞や毛乳頭細胞の復活も見込み可能なのです。

 

ついでにキャピキシルには医薬発毛成分のミノキシジルと対比して3倍の育毛成果があるとされています(ポイントページ(英語):http://usuge-nukege-taisaku.com/wp-content/uploads/2717fd581468bcfd494ad621e7a24bc0.pdf)。

 

キャピキシルを配合している代表育毛剤フィンジアを1本使ってみた評判▲目次に戻るヒオウギエキスヒオウギエキスには、男性型脱毛症のきっかけ物質であるジヒドロテストステロンの生成を阻害させる作用があります。

 

ヒオウギエキスが酵素の5αリダクターゼの働きを抑制させる作用があるので、男性ホルモンのテストステロンとαリダクターゼの組み合わせを防ぎ、AGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンの生成を防いでくれるのです。

 

ヒオウギエキスには、頭皮のアンチエイジング作用も見込みされています。

 

頭皮は紫外線やタバコの煙、しかも車の排気ガスなどの影響でMMP-1という分解酵素の生成を促進してしまうのです。

 

MMP-1にはコラーゲンを分解させる作用があるので、お肌のハリや潤いを衰えさせてしまいます。

 

育毛剤に配合されているヒオウギエキスを頭皮に与える事で、アンチエイジングによりお肌の若返り影響が望み可能なわけです。

 

頭皮のうるおいが維持される事で肌トラブルが減少し、ヘアーが生えやすい環境を維持できます。

 

※ポイントページ:http://www.skincare-univ.com/article/005437/ヒオウギエキスを配合している大注目育毛剤チャップアップを試してみた感想と評判▲目次に戻るオウゴンエキスオウゴンエキスには、5αリダクターゼの活性度合いを弱める成果が見込みできます。

 

オウゴンエキスによって5αリダクターゼとテストステロンとの組み合わせがされにくくなり、男性型脱毛症の発症きっかけであるジヒドロテストステロンが作られにくくなるのです。

 

オウゴンエキスは男性型脱毛症の防止や改善に役立ってくれます。

 

他にもオウゴンエキスには頭皮の抗炎症作用や抗アレルギー作用、しかも抗菌作用や収れん作用(肌の引き締め作用、毛穴の引き締め作用)があります。

 

オウゴンエキスには頭皮環境の改善の育毛成果も見込み可能なのです。

 

保湿作用もあるので、乾かすによる頭皮環境の悪化にも扱ってしてくれます。

 

煙草の煙や車の排気ガスなどの化学物質による環境ストレスは、頭皮にそれに対し重大な悪影響をもたらします。

 

環境ストレスに頭皮がさらされると、お肌のコラーゲンを分解する酵素MMP-1やエラスチン分解酵素といったものが作られてしまうのです。

 

お肌の若々しさを維持するコラーゲンやエラスチンが分解されてしまうので、皮膚の老化につながってしまいます。

 

オウゴンエキスには、環境ストレスによるコラーゲン分解酵素(MMP-1)やエラスチン分解酵素の異常現れてを防ぎます。

 

お肌のアンチエイジング作用が望みでき、元気なお肌を製作する事で。

 

頭皮環境も改善し育毛対策にも良い影響をもたらすのです。

 

※コラーゲン・・・保湿働きあり、お肌の弾力にも関わる※エラスチン・・・保湿働きあり、お肌の弾力にも関わる▲目次に戻る亜鉛亜鉛は育毛剤で摂取するのではなく、育毛サプリメントや食事などで摂取するのが適切です。

 

理由を言えば亜鉛が体内に取り込んで育毛影響が発揮される栄養素だからです。

 

亜鉛の育毛影響としては、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があります。

 

5αリダクターゼの働きを食い止める事で、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが繋ぎ合わせするのを防ぐ作用があるので、男性型脱毛症のきっかけ物質であるジヒドロテストステロンによる抜け毛を抑制させる作用があります。

 

もう一点注意されているのが、亜鉛によるケラチンの合成作用です。

 

ケラチンはタンパク質でありヘアーの主成分です。

 

ケラチンを用意するためには亜鉛が必要であり、亜鉛が欠乏してしまうとヘアーが細くなるなど弱くなってしまいます。

 

亜鉛の欠乏は抜け毛のきっかけにもなるので、育毛サプリメントだけではなく、亜鉛を摂取可能な食事対策も必須です。

 

▲目次に戻るノコギリヤシノコギリヤシは亜鉛と同じく、頭皮に塗布するのではなく内服する事で育毛成果が発揮されます。

 

ノコギリヤシには、前立腺肥大症の改善パフォーマンスがあります。

 

ノコギリヤシのパフォーマンスは発毛剤のプロペシアに内蔵されているフィナステリドという医薬有効成分と同じ働きです。

 

ノコギリヤシには、フィナステリドと同じくに5αリダクターゼの働きを抑制させるパフォーマンスがあり、男性型脱毛症による抜け毛を防いでくれます。

 

ノコギリヤシには男性型脱毛症以外に対する育毛成果はないので普通に男性の薄毛のみに応対可能な成分です。

 

女がノコギリヤシを摂取しても特に明確な育毛成果が得られるわけではないのです。

 

▲目次に戻るフィーバーフューフィーバーフューは育毛剤で塗布するのではなく、育毛サプリメントなどで摂取する事によって育毛成果が得られます。

 

フィーバーフューの育毛影響として注意されているのが、タンパク質NF-KBの抑制作用です。

 

タンパク質NF-KBは男性ホルモンのテストステロンと繋ぎ合わせする事で、男性型脱毛症のきっかけ物質であるジヒドロテストステロンを分泌する事が分かっています(ポイント:https://hagelabo.jp/articles/523)。

 

フィーバーフューによってタンパク質NF-KBの抑制が実施されると男性ホルモンテストステロンと結びつきにくくなり、結果としてジヒドロテストステロンの量も減ります。

 

その結果、AGAによる抜け毛が減少するわけです。

 

他にもフィーバーフューには頭皮の抗炎症作用や血行促進作用があります。

 

赤みなどの頭皮環境の悪化による抜け毛や血行不良による抜け毛にも対抗してくれるのがフィーバーフューです。

 

▲目次に戻る男性ホルモンによる抜け毛に成果がある育毛剤順位上で男性ホルモンによる抜け毛に育毛影響のある成分を解説しましたが、以下で男性ホルモンによる抜け毛に成果的な育毛成分を配合している育毛剤を順位にして解説します。

 

チャップアップチャップアップは多彩な育毛成果を持っている育毛剤ですが、特に男性ホルモンによる抜け毛に対抗可能な育毛成分を数多く配合している事でも知られています。

 

【チャップアップに配合されている抗男性ホルモン成分】・オウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギ抽出液(ヒオウギエキス)・ビワ葉エキス・ボタンエキス・シナノキエキス・ヒキオコシエキス・ジオウエキスチャップアップには丸ごとで8つの育毛成分が、男性型脱毛症を引き起こす成分の一つである5αリダクターゼに扱ってしてくれます。

 

5αリダクターゼの抑制に反対に一つではなくいくつかの育毛成分が配合されているので、仮に一つの育毛成分に5αリダクターゼを食い止める成果がなかったとしても他の育毛成分が扱ってしてくれます。

 

よりパーフェクトに近いAGA対策が可能なのがチャップアップです。

 

他にもチャップアップには数多くの育毛成分が配合しているので、男性型脱毛症が解決可能なだけでなく頭皮の皮脂の分泌量のコントロールもでき、頭皮環境の改善や頭皮の血行促進なども見込みできます。

 

チャップアップの公式ページを見るチャップアップを使ってみた詳しい体験談や配合成分についての紹介は以下のページを参照ください。

 

チャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判批評▲目次に戻るイクオスイクオスも男性ホルモンがきっかけの男性型脱毛症による抜け毛に対抗可能な育毛剤です。

 

その上、イクオスは2016年に大々的に育毛成分のリニューアルを実施し、その上男性ホルモンによる抜け毛に対抗可能なようになりました。

 

イクオスは、男性ホルモンのテストステロンと組み合わせしてしまう5αリダクターゼの働きを抑制する作用がある育毛成分を5つも配合しています。

 

【イクオスに配合されている抗男性ホルモン成分】・オウゴンエキス・大豆エキス・ビワ葉エキス・クララエキス・ヒオウギ抽出液(ヒオウギエキス)しかも注意してくれのが、イクオスならAGAのきっかけ物質であるジヒドロテストステロンが出来てしまった後の対策も可能なところです。

 

ジヒドロテストステロンが出来てしまうと、アンドロレセプターと呼ばれる受容体と組み合わせしてしまいます。

 

そんな訳で脱毛因子の「TGF-β」や脱毛司令の「FGF-5」が生み出される事でヘアーは抜けてしまうのです(ポイント:http://iqos-official.jp/user_data/LP1.php)。

 

イクオスには脱毛指令のTGF-βとFGF-5を抑制させるための育毛成分も配合しています。

 

【イクオスに配合されているTGF-βとFGF-5の抑制成分】・クワエキス・シャクヤクエキス・セイヨウキズタエキス・ゴボウエキス・ローマカミツレエキス・シナノキエキス・ヒキオコシエキス・ボタンエキス突き詰めてはイクオスの公式Webページを参照ください。

 

イクオスの公式ページを見るイクオスを実のところに使ってみた体験談や配合成分の紹介は以下のページになります。

 

育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と影響を検証▲目次に戻るフィンジアキャピキシルとピディオキシジルを配合した育毛剤として注意されているフィンジアは、男性ホルモンによる抜け毛にもちゃんとと応対してくれます。

 

フィンジアには抗男性ホルモンパフォーマンスのあるキャピキシルやヒキオコシエキス、なおヒオウギエキスも配合しています。

 

それらの抗男性ホルモン成分を、唐辛子の辛味の成分であるカプサイシンによって頭皮の奥まで染み渡るさせる事に成功したのです。

 

カプサイシンを頭皮に塗布すると毛穴を開く作用が望みできます。

 

カプサイシンによって頭皮の奥まで抗男性ホルモン成分を送り込む事で、ジヒドロテストステロンをパフォーマンス的に抑制させられるようになるわけです。

 

フィンジアの公式Webページは以下から飛んでください。

 

フィンジアの公式ページを見るフィンジアを体験してみた評判や配合成分についての紹介は以下のページを参照ください。

 

フィンジアを1本使ってみた評判!キャピキシルはすごかった!?▲目次に戻る。

 

トップへ戻る