ストレスによる抜け毛の原因と育毛剤の効果

ストレスによる抜け毛の原因と育毛剤の効果

ストレスによって抜け毛が増大してしまったと感じ悩んでいる方は数多くいます。

 

職場環境の移り変わり(転勤など)や住環境の移り変わり(引っ越しなど)、加えて人間結びつきの心配などでストレスを抱えてしまい、結果的にそのストレスによる血管収縮作用でヘアーを作成しよう細胞に栄養が行き渡らなくなってしまいハゲてしまうという時は多々あるです。

 

ストレスによる抜け毛は、精神的な影響を受けやすい女子に多く、神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)などと言われる事もあり密接に結びついているわけですが、そのストレスと抜け毛のきっかけが何なのかというものはあまり知られていないでしょう。

 

漠然と「ストレスが高まると抜け毛が増えるきっかけになる」といった認識だけを持っている方が多々あるのではないでしょうか。

 

以下でストレスと抜け毛のきっかけを明らかにし、「ストレスによる脱毛には育毛剤が育毛影響を発揮してくれる」という対策メソッドもお話します。

 

ストレスの影響で薄毛や抜け毛が加速した人は必見です。

 

目次ストレスで抜け毛が増えるきっかけ血行不良がきっかけによる抜け毛育毛剤の血行促進作用睡眠障害がきっかけの抜け毛ストレスによる睡眠不足には育毛剤の毛母細胞活性化作用がベストチョイス内臓の不調ストレスと内臓の不調から起こる髪の栄養不足への育毛剤の成果円形脱毛症の事例ホルモンバランスの乱れ育毛剤のホルモンバランスすり合わせ作用ストレスで起こる亜鉛不足ストレスでヘアーが抜けるきっかけ整理育毛剤は頭皮の血行促進とホルモンバランスすり合わせ作用がある育毛剤の血行促進作用育毛剤のホルモンバランスすり合わせ作用ストレスで抜け毛が増えるきっかけストレスで抜け毛が増えるきっかけは以下の6つです。

 

・血行不良がきっかけ・睡眠障害がきっかけの抜け毛・内臓の不調・円形脱毛症・ホルモンバランスの乱れ・ストレスで起こる亜鉛不足血行不良がきっかけによる抜け毛ストレスには自律神経を乱す作用があります。

 

自律神経は体のパフォーマンスをコントロールしているものであり、自らの意志とは関連なく刺激や情報に反応するものです。

 

呼吸をしたり血液を体中に巡らせたり内臓を正常に働かせたりするのが自律神経の役割です。

 

自律神経が乱れてしまうと、交感神経と副交感神経などの神経にも影響を与えます。

 

ホルモンバランスも乱れてしまいます。

 

その結果、体のバランスが崩れてしまい健康状態不良に陥ってしまう見込みも出てきます。

 

健康を維持するためには自律神経が整っていなければなりません。

 

※交感神経と副交感神経については、次の「睡眠障害で」突っ込んで解説しています。

 

その自律神経は血行にも影響を与えています。

 

血流の維持をするためには、自律神経のバランスが良い様子を維持していく事が不可欠なのです。

 

ストレスによって自律神経に乱れが生じてしまうと、血液の流れが阻害されてしまいます。

 

問題は、血液とヘアーは密接に結びついている、というところです。

 

ヘアーは、毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養を送られる事によって生えてきます。

 

その毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養を与える役割をしているのが血液なのです。

 

発毛してくるのも、ヘアーの原料(タンパク質やアミノ酸)が血液によってヘアーを用意する細胞(毛母細胞や毛乳頭細胞)に栄養が送られているからです。

 

ストレスには自律神経を乱して血管を収縮させる作用があります。

 

血管が収縮すると流れる血液量が減り、毛乳頭細胞や毛母細胞に送られる栄養も減ります。

 

ストレスによる血行不良はヘアーの伸びるスピードの鈍化、抜け毛の促進のきっかけとなる確率があるわけです。

 

▲目次に戻る育毛剤の血行促進作用ストレスが血管の収縮作用や内臓の不調をもたらすきっかけとなり、その結果として血行が阻害されて薄毛や抜け毛が生じてしてしまう事は述べました。

 

ストレスを日ごろの運動などで解決する事が可能ならいいのですが、そうでない時は育毛剤で血行不良を改善するアフターケアをする事が肝心です。

 

要は、「血行促進作用がある育毛剤を対策メソッドとして活用すればストレスからくる内臓の不調や血行不良による薄毛や抜け毛は防げる確率がある」のです。

 

そもそも育毛剤の多くには血行促進作用のある育毛成分が配合されています。

 

【育毛剤に配合されている血行促進系の育毛成分例】・センブリエキス・ニンジンエキス(オタネニンジンエキス)・ショウキョウエキス・酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)・唐辛子チンキ・ニンニクエキス・ジオウエキス・イチョウ葉エキス・クジンエキス・セファランチンなど頭皮の血行促進作用は育毛剤の主要な育毛成果の一つです。

 

血行促進作用のある育毛成分をいくつか含んでいる育毛剤も滅多にないのです。

 

ストレスがきっかけの血行不良や内臓の不調により起こる抜け毛で薄毛になっている方には育毛剤による血行促進対策を推奨します。

 

頭皮の血行促進成果の高い育毛剤を以下のページに整理ています。

 

育毛剤順位▲目次に戻る睡眠障害がきっかけの抜け毛ストレスが高まると不眠症になってしまいます。

 

ストレスが高まる事によって交感神経(昼間などの活動している時帯に活発化する神経、緊張やストレスを感じている事例にも活発化する)の働きが強くなって優位なステータスになります。

 

日中にしきりに活動している交感神経は体に緊張を与えてしまうため、普通であれば睡眠時は交感神経の働きが収まっており、反対に息抜き作用のある副交感神経というものが優位に立っていなければなりません。

 

けれどもストレスが高まっていると、いつまでたっても交感神経が優位に立ってしまい、そもそも眠気というものがやってこなくなってしまうのです。

 

いつも、睡眠中に分泌された進化ホルモンが生じてさせるはずの発毛シグナル(IGF-1)が、ストレスからくる睡眠不足によってランクアップホルモンの分泌が減り、髪を完成させる毛母細胞を活発化させる事ができずヘアーが伸びるしづらくなってしまうのです。

 

個人差があるのですが、普通に多くの人は寝ている時にヘアーが最もレベルアップしています。

 

寝ている時に人間の脳からは伸びるホルモンというものが特に大量に分泌されます。

 

そのランクアップホルモンによって我々のボディーの細胞は活性化するのです。

 

一例を挙げればアダルトになっても筋肉は発展するわけですが、その筋肉もレベルアップホルモンの影響を強く受けて増大していきます。

 

ランクアップホルモンはヘアーのランクアップにも深く関わっており、レベルアップ促進作用や毛母細胞・毛乳頭細胞の活性化にも役立っています。

 

レベルアップホルモンが健康な髪を生み出す影響を持つ所以は2つあります。

 

1つめは、進化ホルモンが髪の主成分であるタンパク質のケラチンを合成してくれる事です。

 

向上ホルモンには、食事などから摂取した栄養を髪やボディーの各器官を作ったり修復したり、ボディーを動かすエネルギーとして使用する作用である代謝の促進させる働きがあるので、体内の栄養素を髪の主成分であり髪をランクアップさせるために不可欠なタンパク質のケラチンに変更してくれるんです。

 

2つめは、伸びるホルモンが発毛シグナルを分泌させてくれるからです。

 

レベルアップホルモンの分泌により肝臓から発毛シグナルIGF-1(インスリン様発展因子-1)が分泌されます。

 

このIGF-1(インスリン様発展因子-1)が髪を用意する毛母細胞と毛乳頭を活性化させ血流膨れ上がるにもつながるのです。

 

このように、ランクアップホルモンは健康で強いヘアーを用意するには欠かせない要素となっているんです。

 

ところで、睡眠不足に陥ると発展ホルモンの分泌が減るだけでなく、なおストレスが高まります。

 

我々には寝ている時に脳が息抜きステータスになってストレスが落着する、といったメカニズムがあるのです。

 

不眠症などの睡眠障害に陥ると、睡眠中にストレスを落着する事ができずストレスが高まりやすい状況になってしまいます。

 

ストレスは血管を収縮させ血流を悪化させる働きがあるので、血液を使って発展させるヘアーにとってはヘアーを生み出す血液が足りず、髪を弱らせ抜け毛のきっかけともなるので要注意です。

 

▲目次に戻るストレスによる睡眠不足には育毛剤の毛母細胞活性化作用がイチ押しストレスがきっかけの睡眠障害のケース、睡眠時が減る事によって、睡眠中に分泌している髪の発展や毛母細胞の活性化に関わる進化ホルモンが減少してしまいます。

 

実のところに伸びるホルモンには、髪に不可欠なたんぱく質を合成するだけでなく、毛母細胞を活性化させる発毛シグナルも出しています。

 

ストレスによる睡眠障害は、向上ホルモンの分泌を減少させ毛母細胞の働きを悪くしてしまうのです。

 

けれども、育毛剤には毛母細胞活性化成果があるものもあります。

 

【育毛剤に配合されている毛母細胞の働きを活性化させる成分例】・海藻エキスM-034・センブリエキス・ニンニクエキス・パントテニールエチルエーテルストレスによる睡眠不足がきっかけで抜け毛が起きている確率がある事例は、毛母細胞を活性化させる育毛剤の使用をベストチョイスします。

 

上述で解説したストレスによる抜け毛に成果的な育毛剤を使用する場合は、育毛剤の血行促進影響や毛母細胞活性化の影響を最大限に高めるために、忘れずに頭皮マッサージしながら育毛剤を塗布する事を心掛けましょう。

 

毛母細胞を活性化させる影響のある育毛剤を以下のページで順位に整理ました。

 

育毛剤順位▲目次に戻る内臓の不調ストレスによって内臓の不調が起こると、ヘアーは栄養不足になって薄毛や抜け毛が増大してしまいます。

 

ストレスが高まると自律神経が乱れるわけです。

 

自律神経が乱れると内臓の働きにも不調が生じてしまいます。

 

自律神経には内臓の性能をコントロールする作用もあり、乱れてしまうとその性能を著しく低下させてしまうのです。

 

ストレスがあると下痢になったり便秘になったりした経験はないのですか。

 

自律神経がストレスによって乱れて交感神経が活発化してしまうと、胃液や腸液の分泌が減ります。

 

胃や腸の働きが弱まって便秘がちになってしまいます。

 

本当は、体内に入った病のウイルスなどから体を守る免疫働きは、二分の一以上が腸内に影響します。

 

そのような腸内が便秘になると食べ物が腸内で腐敗し、腐敗による毒素を腸内から血液を経て全身に送ったり、免疫力が低下し健康状態不良につながります。

 

このように生命維持にも関わる大事な腸の働きを改善させるために、血液のそんなには便秘を改善するために使われ、ヘアーを進化させるための血液は後回しにされてしまいます。

 

つまり髪に使用する血液が少なくなり髪の向上の鈍化と抜け毛につながるというわけです。

 

我々は腸から栄養を吸収しています。

 

腸によって食べ物などを消化して栄養を血液内に取り込み全身に送り届けているのです。

 

ヘアーのレベルアップに関わっている栄養素も、腸内から吸収されたものです。

 

けれども、ストレスによって腸内の働きが弱まれば消化も吸収もされにくくなります。

 

ヘアーを生み出すための栄養が体に取り込まれにくくなってしまうわけです。

 

毛母細胞や毛乳頭細胞にヘアーを仕上げる栄養が届かなくなり、ヘアーのランクアップがストップし脱毛が促進されるような状況に陥ってしまいます。

 

▲目次に戻るストレスと内臓の不調から起こる髪の栄養不足への育毛剤の成果ストレスからくる内臓の不調による髪への栄養不足には、もちろんストレスをなくし内臓の不調を早く改善させ髪に不可欠な血液を巡るようにする対策手段が第一ですが、育毛剤に配合されている頭皮の血行促進成分と毛母細胞活性化作用が成果的です。

 

上にも書いた育毛剤に配合されるセンブリエキスなどの血行促進成分や、海藻エキスM-034などの毛母細胞を活性化させる作用のある成分が、ストレスと内臓の不調により弱った髪や毛母細胞を活性化させてくれます。

 

ストレスを解決し内臓の不調を治すような暮らし習性に変える事が先決ですが、ヘアーと毛母細胞のためにも育毛剤を併せて並行して使用していく事も腹積もりましょう。

 

円形脱毛症の時ストレスによる抜け毛が続いてしまうと、円形脱毛症に進歩してしまいます。

 

よく円形脱毛症と神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)を混合している人がいますが、どっちもストレスからくる血行不良がきっかけですが、髪の抜け方に相違があります。

 

円形脱毛症は、その名の通りごそっと円形で一度に髪が抜けますが、神経性脱毛症(ストレス性脱毛症)は円形ではなく徐々にいびつな形となって髪が抜けていきます。

 

円形脱毛症は「自己免疫疾患」が関わっています。

 

要は、免疫体系に異常をきたしてしまうのです。

 

ヘアーを異物と決断して免疫が攻撃を加えてしまい、ごっそりとヘアーが円形状に抜けてしまいます。

 

ついでに円形脱毛症の初期段階であれば10円ハゲと言われる様子ですが、進行してくると頭髪すべてが抜けてしまったり、全身の毛が抜けてしまったりする時もあります。

 

免疫仕組みも自律神経にコントロールされており、ストレスによって働きが乱されてしまうおそれもあるわけです。

 

しかし、円形脱毛症のきっかけやストレスとの関連性はまだハッキリとは分かっていません。

 

「ストレスは円形脱毛症の「きっかけ」ではなく、「誘因」要素である」といった指摘もあります(「スキンケア大学」 聖心美容クリニック札幌院院長前多一彦先生のテキストより(http://www.skincare-univ.com/article/005413/)。円形脱毛症の対策手段は、初めに頭皮の炎症を押し止める事です。

 

免疫が過剰に反応して頭皮の皮膚に炎症を起こしている時があるので、医療機構や薄毛治療の専門病院でステロイド剤などを処方してもらってください。

 

そしてアレルギーが関わってくる事もあるので、抗アレルギー系の医薬品の使用も円形脱毛症の治療手段の一つです。

 

円形脱毛症は自己対策では相当治りません。

 

最初に医療機構や薄毛治療の専門病院で対処してもらう事が肝心です。

 

円形脱毛症への育毛剤の成果▲目次に戻るホルモンバランスの乱れストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスの乱れも生じてしまいます。

 

男性型脱毛症になりやすい体質が遺伝されている人は、ストレスによるホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが高まってしまうと抜け毛の進行が早くなる懸念があります。

 

男性型脱毛症は睾丸から分泌される男性ホルモンの「テストステロン」と、体内にある酵素の「5αリダクターゼ」が組み合わせして可能な「ジヒドロテストステロン」がきっかけでもたらされます。

 

ストレスによってホルモンバランスが乱れるような事があると、男性ホルモンのテストステロン過多の状況になりかねません。

 

テストステロンが増加しすぎてしまうと、5αリダクターゼとの繋ぎ合わせ量も増加してしまいます。

 

結果的に分泌されるジヒドロテストステロンが増加してしまい、男性型脱毛症による抜け毛の進行を早めてしまうわけです。

 

男性ホルモンのテストステロンには頭皮の皮脂の分泌量を増やす役割もあります。

 

頭皮には大量の皮脂腺があるので、ストレスが高まると皮脂が大量に分泌され頭皮の炎症などの頭皮環境の悪化を招く事もあるのです(脂漏性皮膚炎)。

 

ストレスは脂漏性脱毛症と呼ばれる症状を引き起こすきっかけにもなるわけです。

 

※脂漏性脱毛症・・・ホルモンのバランス異常などで過剰に頭皮の皮脂が分泌され、それら(皮脂)が毛穴を塞ぐ事で毛穴周辺部や毛根が炎症を起こし、髪が抜けるという症状を引き起こす脱毛症の事(Hair-SpecialityCENTRALより抜粋(http://www.hair-speciality.com/central/datsumoushou_03.html))▲目次に戻る育毛剤のホルモンバランスすり合わせ作用ストレスによってホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過多になり、男性型脱毛症のきっかけ物質であるジヒドロテストステロンが増加してしまう事は述べました。

 

そのジヒドロテストステロンは、酵素の5αリダクターゼと言うものと繋ぎ合わせする事でジヒドロテストステロンになり、抜け毛を促進してしまうのです。

 

育毛剤には、男性型脱毛症のきっかけの一つである5αリダクターゼの働きを抑制させる成分が配合されています。

 

【育毛剤に配合されている5αリダクターゼの働きを抑制させる成分例】・オウゴンエキス・ヒオウギエキス・ソウハクヒ・アロエエキス・柑橘エキス・ノコギリヤシ・・・育毛サプリメントの成分・亜鉛・・・育毛サプリメントの成分男性用の育毛剤には普通に5αリダクターゼの働きを阻害させる育毛成分が配合されています。

 

ストレスによって男性型脱毛症による抜け毛が現れてしてしまった方の対策には育毛剤はイチ押しです。

 

AGAへの育毛剤順位なお、女のケースも加齢や更年期がきっかけで女子ホルモンの分泌が減少すると、相対的に体内の男性ホルモンが満たす比率が高くなります。

 

そうなると、女子でも男性ホルモンによる薄毛の女男性型脱毛症(FAGA)が発症する確率もあるので、上述のような男性ホルモンを押し止める成果のある成分が配合されている女用育毛剤を選りすぐるようにしましょう。

 

女の育毛剤順位▲目次に戻るストレスで起こる亜鉛不足ストレスがきっかけの亜鉛不足によって、抜け毛につながる事もあります。

 

強いストレスを感じると、活性酸素が体内に多く生じてします。

 

活性酸素は体を酸化させる錆びのようなもので、細胞を攻撃し病の基になってしまう物質です。

 

この活性酸素を排出させるために、体内の亜鉛を支出します。

 

亜鉛には体内で髪の原料となるケラチンを生成する働きがあるので、活性酸素の除去に亜鉛を大量に支出されてしまうと、亜鉛不足となりケラチンの生成ができなくなってしまうんです。

 

結果的に、髪に回される栄養素が少なくなり、細く弱い毛が生える事になってしまいます。

 

ストレスによる抜け毛の増加を感じている人は、亜鉛不足に気を付け亜鉛が配合されている育毛サプリメントを活用するのがベストチョイスです。

 

亜鉛入りの育毛サプリが付いている育毛剤チャップアップがイチ押しです。

 

チャップアップを試してみた感想と評判▲目次に戻るストレスでヘアーが抜けるきっかけ整理・血行不良・睡眠障害・内臓の不調・円形脱毛症・ホルモンバランスの乱れ上述の要因がストレスによる抜け毛に関わっているわけです。

 

注意してくれのが、「ストレスを落着する事、または血行不良、加えてホルモンバランスの乱れに応対可能なら薄毛は改善可能な見込みがある」という事です。

 

極力、初めに薄毛のきっかけであるストレスを運動や趣味などで決着可能なように努めましょう。

 

運動自体には、ストレス解決成果だけでなく、血液を送るポンプの役割を持つ筋肉を鍛え、血行促進影響も大きく上乗せさせる事ができ、薄毛対策にはもっていこいの技術です。

 

万が一、ストレスがきっかけの抜け毛の根本であるストレス解決が難しかったとしても、頭皮の血行を促進すればヘアーがレベルアップしやすくなります。

 

ホルモンバランスの乱れが解決されれば、男性型脱毛症の症状も安らぎ抜け毛も減ります。

 

そもそもストレスには人間係りや業務、暮らし習性など、一朝一夕には解消できないものも多々あるのです。

 

ストレス対策がハードルが高いケースには、わずか視野を広げて育毛対策を実施する事が大事です。

 

▲目次に戻る育毛剤は頭皮の血行促進とホルモンバランスすり合わせ作用がある育毛剤の血行促進作用ストレスには血管の収縮作用があり、それがきっかけとなって血行が阻害されて薄毛が現れてしてしまう事は述べました。

 

要は、「血行促進作用がある育毛剤を活用すればストレスによる薄毛は防げる確率がある」という事なのです。

 

そもそも育毛剤の多くには血行促進作用のある育毛成分が配合されています。

 

育毛剤に配合されている血行促進系の育毛成分例・センブリエキス・ニンジンエキス(オタネニンジンエキス)・ショウキョウエキス・酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)・唐辛子チンキ・ニンニクエキス・ジオウエキス・イチョウ葉エキス・クジンエキス・セファランチンなど血行促進作用は育毛剤の主要な育毛成果の一つです。

 

血行促進作用のある育毛成分をいくつか含んでいる育毛剤も滅多にないのです。

 

ストレスによって頭皮の血行不足になり、その影響で薄毛になっている方には育毛剤による血行促進対策を推奨します。

 

▲目次に戻る育毛剤のホルモンバランスすり合わせ作用ストレスによってホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過多になり、男性型脱毛症のきっかけ物質であるジヒドロテストステロンが増加してしまう事は述べました。

 

そのジヒドロテストステロンは、酵素の5αリダクターゼと言うものと組み合わせする事でジヒドロテストステロンになり、脱毛を促進してしまうのです。

 

育毛剤には、男性型脱毛症のきっかけの一つである5αリダクターゼの働きを抑制させる成分が配合されています。

 

育毛剤に配合されている5Αリダクターゼの働きを抑制させる成分例・オウゴンエキス・ソウハクヒ・アロエエキス・柑橘エキス・ノコギリヤシ・・・育毛サプリメントの成分・亜鉛・・・育毛サプリメントの成分男性用の育毛剤には普通に5αリダクターゼの働きを阻害させる育毛成分が配合されています。

 

ストレスがきっかけとなって男性型脱毛症による抜け毛が生じてしてしまった方の対策手段には育毛剤はベストチョイスです。

 

育毛奉行が30種類以上の育毛剤を試してみて辿り着いた育毛剤はコレだ!▲目次に戻る。

 

トップへ戻る