頭皮がべたつく育毛剤とべたつきの4つの対策方法

頭皮がべたつく育毛剤とべたつきの4つの対策方法

育毛剤使用者の苦しみの一つに、「頭皮のベタつき」があります。

 

育毛剤は、種類によっては粘り気が強く、付けた後、頭皮が常にベタベタしている場合があります。

 

多くの育毛剤は、朝とお風呂上り、つまりシャンプーの後に使用します。

 

という事は、出勤前ややはり頭皮が素晴らしいになったのに、育毛剤をつける事によってベタベタしてしまう確率があるという事です。

 

やはり育毛剤を使用するのであれば、高い影響を引き出すために朝と夜の2回利用したいですよね。

 

でもただでさえ慌ただしい朝の出勤前に使用すると、べたついて髪のセットも決まりづらくて困っている…。

 

そのような人のために採り上げるのの投稿では、育毛剤のべたつきに悩んでいる人の為に以下の4つの対策メソッドを解説します。

 

・育毛剤を頭皮につける量を少なくする・寝ている時だけ育毛剤を使用するようにする・ドライヤーを冷風モードで使用する・べたつかない育毛剤を使用するこのテキストを読めば、育毛剤がべたつくきっかけと対策技術がわかります。

 

目次頭皮のベタつきは、実際に育毛剤のせいなのか?頭皮がベタつく悪い面育毛剤がべたつく時の4つの対処法ベタベタしないおすすめの2つの育毛剤頭皮のベタつきは、現実に育毛剤のせいなのか?育毛剤を使用していて頭皮がべたつく事例、その育毛剤の成分自体がべたつくという時もあれば、そうでない時もあります。

 

今の時代リリースされている育毛剤の多くは、サラサラとしている成分を売りにしている事が多々あるですが、AGAクリニックでよく使用されている外用育毛成分であるミノキシジルは、粘性が高いという事で著名です。

 

おっしゃる通りミノキシジルの配合された育毛剤を使用した後は、頭皮にベタつきが目立ちます。

 

育毛剤自体にきっかけがないという時、腹積もりられるきっかけは育毛剤をつけすぎているか、あるいは育毛剤のべたつき以前に、そもそも頭皮がべたついているかのどっちかです。

 

育毛剤がべたつくきっかけは以下の2つです。

 

・育毛剤のつけすぎ・頭皮が元来はベタベタしている育毛剤のつけすぎ薄毛で悩んでいる人は、育毛剤を使用するケースに、ついつい規定の容量よりも多く付けてしまう性質があります。

 

理由を言えば、育毛剤を多くつける事によって、育毛影響も急上昇するような気がするからです。

 

薄毛というのは苦しみの質が深く、一刻も早く解消やりたいタイプの問題です。

 

少々育毛剤の支出量が増加し、それに伴って支出も増加したとしても、多めに付けて育毛成果大きく上乗せを意識したいというのが薄毛に悩んでいる人の心境です。

 

どんなにサラサラのタイプの育毛剤だとしても、規定量を超えて大量に頭皮に付けてしまえば、水分が蒸発して乾かすしてきた時に、べたつきが目に付くようになってしまいます。

 

なお、育毛剤を大量に付けて、その後ドライヤーをかけて水分を飛ばそうとする方もいますが、この形を取ったとしても、結局のところはべたつきを防ぐ事はできません。

 

むしろ、育毛剤の有効成分が頭皮の奥まで染み渡るする前に乾かすしてしまう見込みがあるので、育毛剤を付けた後にドライヤーで頭皮を乾かすさせるという行為はあまりお勧めできません。

 

しかも、育毛剤をつけすぎるという行為も、頭皮にとってはダメージを与えるだけの結果になってしまう事があります。

 

理由を言えば、育毛剤に配合されているアルコール成分や、それ以外の頭皮にとって刺激の強い成分は、過剰に頭皮に付ける事によって、どこかに副作用を起こす見込みがあるからです。

 

育毛剤の用量は、各々の製作メーカーがその育毛剤の育毛影響を最大限に発揮し、なおかつ副作用の不安がない量として規定しています。

 

それにより、それを超えた量の育毛剤を頭皮に使用をしてしまうと、育毛影響が急上昇しないどころか、最悪の時、副作用が起きて、湿疹やかゆみ、かぶれ等の症状が引き起こされてしまうのです。

 

▲目次に戻る頭皮がそもそもベタベタしている頭皮がベタベタするのは、育毛剤の問題ではなく、その人の頭皮自体の問題である確率もあります。

 

朝、お風呂に入っても、夕方には顔の周囲が脂でベタベタしているという方は、頭皮の皮脂の分泌も多々ある事が見当されるので、元々皮脂による頭皮のべたつきが強かったという事が言えます。

 

直接頭皮を触って自身の頭皮の脂分を見定めする時は、シャンプー・ドライヤーをした直後に指の腹で頭皮を触ってみてください。

 

その感触と指先についた頭皮の皮脂量を観察し、1時後にもう一度同じように指の腹で頭皮を触ってみます。

 

加えて、その時の感触と、指先についた頭皮の皮脂量を1時前と比較してみるのです。

 

明らかに指に付いた頭皮の皮脂が増大しているようであれば、貴女はそもそも頭皮の皮脂の分泌量が多かったという事が言えます。

 

当然個人差だけではなく、食生活による差も出てきます。

 

脂っこい食事をよく採っている方、外食やコンビニ弁当などの食事が多々ある方、アルコールの摂取量が多々ある方などは、頭皮の皮脂の分泌量が多くなる性質にあるので、育毛剤を付けている、付けていないに関わらず頭皮がいつもベタベタしている見込みがあります。

 

▲目次に戻る頭皮がベタつく短所嬉しい、頭皮は人から触られるという事がないので、育毛剤の使用によって頭皮がベタついていたとしてもそれが他の人にばれてしまったり、嫌がらせをかけてしまったりという事はないので、そのところは心配無用です。

 

ただし、他にに頭皮がべた付く事によって起こる色々な悪い面が影響します。

 

その悪いところの中には、脱毛を促進させてしまうタイプのものもあるので、配慮が不可欠です。

 

頭皮がベタベタしているというのは、精神衛生上あまりよくないのです。

 

特に、薄毛で悩んでいる人にとっては、頭皮環境というのはとても必須な問題です。

 

育毛剤は薄毛が気に掛かるところに、重点的につけますので、そこが特にベタベタしているようであれば、ついつい気になってしまうでしょう。

 

加えて、薄毛で悩んでいる人にとって頭皮がベタベタしている事の最も大きな問題は、「皮膚炎に向上する見込みがある」という事です。

 

頭皮で起こる炎症は、頭皮に住んでいる常在菌の一種である、マラセチア菌が過剰繁殖する事によって、毛根を攻撃して発症します。

 

加えて、マラセチア菌は乾かすしている箇所では繁殖せず、湿った箇所を好んで繁殖します。

 

それ故、ベタベタしている頭皮のようなスポットは、雑菌にとっては繁殖の温床となってしまうのです。

 

そして、これらの雑菌は、皮脂を食べて繁殖しますので、頭皮の皮脂の分泌量が多々ある人は、また要注意です。

 

この、マラセチア菌の増殖によっておこる炎症を、「脂漏性皮膚炎」と呼びます。

 

この脂漏性皮膚炎が悪化すると「脂漏性脱毛症」という抜け毛に繋がってしまいます。

 

また、脂漏性皮膚炎は、「明らかに皮膚炎」という症状ではなく、「慢性的に常に頭皮がかゆい」という症状の現れ方をするので、自覚症状がないまま進行していく事例が多々あるです。

 

その上、一度発症してしまうと慢性的な薄い皮膚炎の様子が続き、病院に行かなければ治る事はおおかたないのです。

 

一般的な男性型脱毛症は、悪玉ホルモンであるジヒドロテストステロンが毛根を攻撃する事によって起こります。

 

けれども、脂漏性皮膚炎にかかってしまうと、ジヒドロテストステロン以外にもうひとつ、脂漏性脱毛症という抜け毛のきっかけとも戦わなければならなくなるので、炎症は避けたいところです。

 

なお、頭皮のベタつきが、育毛剤ではなく、元来はの体質がきっかけであった事例、頭皮の皮脂が過剰に分泌されているという事になりますので、頭皮からは皮脂が酸化した時に出る特有の臭いが現れてします。

 

年代によって頭皮から生じてする臭いの種類は異なり、30代から40代の方から生じてするこの匂いを「ミドル脂臭」と呼びます。

 

その上、40代後半から50代、60代にかけては「加齢臭」と呼ばれる臭いが現れてします。

 

ミドル脂臭は、使い古した油のような臭い、加齢臭は枯れ木や枯れ草のような臭いがするといわれています。

 

特に、ミドル脂臭はその臭いの不快さが、足の臭いや口の臭いを超えるほど不快であるとされており、女の中では、その匂いを嗅いだだけで吐き気を催す方もいるようです。

 

後頭部から首の付け根のあたりがミドル脂臭の多く現れてする秘訣です。

 

臭いを感じる器官である鼻と、頭を挟んで反対側にありますので、自らではその悪臭に気づきにくいというもち味があります。

 

後頭部の頭皮を触るとベタベタしている、という方はいつもの食生活や、頭皮のケアの手段を再考たほうがいいかもしれません。

 

しかも、悪いところとしては小さな事ですが、髪質によっては、育毛剤を使用したところのヘアーの根元がべたつき成分で塗れてしまい、セットがしにくくなるという悪いところも影響します。

 

▲目次に戻るミノキシジル配合の育毛剤は粘り気が強い目下、AGAクリニックで外用育毛治療薬として使われているのは、ミノキシジルという育毛治療成分です。

 

ミノキシジルは、その発毛成果が高い事から、厚生労働省も認可している育毛成分のひとつなのですが、ミノキシジルが配合されている育毛剤は、心残りながらベタベタするものが多々あるです。

 

ミノキシジル以外にも、一昔前に提供されていた育毛剤は、ベタベタする成分が入っている事が多かったようです。

 

ただし、今の時代提供されている新しい育毛剤は、ベタベタするものは少なく、その多くはさらさらとした成分を売りにしています。

 

おっしゃる通り、ミノキシジルはAGAクリニック、つまり病院で使用されている、信用のおける育毛成分であると併せて、厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)にも育毛成分として認められている育毛成分なので、メリットがあるです。

 

頭皮のベタベタが現実に気に掛かる時は、ミノキシジルではなくサラサラとした成分の育毛剤をピックアップすると良いでしょう。

 

ベタベタしないおすすめの育毛剤はこの投稿の後半で解説させていただきます。

 

▲目次に戻る育毛剤がべたつく時の4つの対処法育毛剤を付けた時に、必然的に頭皮がべたつくという時は、以下の4つの対策手段を試してみてください。

 

・育毛剤を頭皮につける量を少なくする・寝ている時だけ育毛剤を使用するようにする・ドライヤーを冷風モードで使用する・べたつかない育毛剤を使用するその一方で改善が認められない時は、使用する育毛剤を別のものに変更してみると良いかもしれません。

 

育毛剤を頭皮につける量を少なくする育毛剤の量が多々あるからべたついている、という見込みがあります。

 

育毛成果が出る範囲で、ちょっと少なめに育毛剤の使用をしてみてください。

 

普通にはショッピング時に同梱されている育毛剤の取扱解説書に書いてある分量で使用すると良いでしょう。

 

▲目次に戻る寝ている時だけ育毛剤を使用するようにする普通に育毛剤は1日に2回使用するものです。

 

時期は夜寝る前と朝起きた時です。

 

ただし、頭皮のベタベタが引っかかるケースは、使用回数を1日1回に減らしてみてください。

 

また、1日1回の瞬間は、夜お風呂に入った後です。

 

シャンプーの後なので、頭皮の皮脂の汚れが落ちており、頭皮の奥まで育毛剤の育毛成分が染み渡るしやすい瞬間です。

 

その様子で眠る事によって、育毛剤の育毛成果を発揮させる事ができます。

 

頭皮や髪がべたべたしたステータスで、枕に頭をつけるのは抵抗があるかと考えますが、育毛のためにも我慢しましょう。

 

普通であればこの後、朝起きてからもう一度育毛剤をつけるのですが、ベタつき防止のために、朝の使用を控えてみましょう。

 

時によっては、朝もう一度、シャンプー剤をつけずにシャワーで頭皮をすすぎ、前日の夜に付けた育毛剤を洗い流してしまうのも頭皮をサラサラにキープする一つのテクニックです。

 

▲目次に戻るドライヤーを冷風モードで使用する育毛剤の使用回数を減らしたくないというケースは、ドライヤーを使用するというメソッドもあります。

 

しかし、熱風モードで強烈に乾かしてしまうと、やはりの育毛成分が頭皮に定着しにくくなってしまいますので、程よくに乾かすという解釈で冷風モードを使用すると良いのではないでしょうか。

 

パーフェクトに育毛剤を乾かしきるわけではなく、頭皮のベタベタを防ぐという意味合いで、頭皮についた育毛剤のアルコール成分だけを程よくに揮発させてくれます。

 

眠る前や朝の出勤で出かける前に必然的に育毛剤のベタベタが見過ごせないという事例には有用手段です。

 

▲目次に戻るベタベタしない2つの推奨の育毛剤では最後に、頭皮のベタベタを防ぐ、推奨の育毛剤を解説します。

 

ここで解説する2つの育毛剤は、配合されている育毛成分がサラサラなので、大量に付けたとしてもベタベタする事がないのです。

 

自身本人使った経験がありますが、多忙な出勤前の朝にも使い勝手のよいし、ヘアセットの障害をしません。

 

夜もさわやかな様子の頭皮と髪で眠る事ができます。

 

頭皮のべたつきを気にしている方は、一度この育毛剤を比較考量してみてはどうでしょうか。

 

チャップアップチャップアップは、配合されている約50種類の成分のおおかたが天然成分で、サラサラとして利用し心地が良いトレードマークを持っています。

 

ヘアーのセットにもチャップアップならべたつかず障害になりません。

 

チャップアップは多彩な育毛剤順位で一位をゲットし、AGA結びつきのドクターも育毛影響が高いと認めている育毛剤です。

 

チャップアップには「育毛保証書」という書類が付いて来るのですが、その中身は、「育毛をサポートし、万が一ヘアーが生えなければ買い物値段を耳を揃えて償還する」というものです。

 

こういった償還バックアップ仕組み自体は、他の育毛剤でも作用しているものはありますが、ここまでわかりやすくしているのはチャップアップ以外にないのです。

 

それだけメーカー側も育毛にそれに対し自信があるという事なのでしょう。

 

ところで2017年2月より、償還バックアップの期間が、1ヶ月サポートから永久サポートに移ろいました。

 

永久バックアップというシステムは、育毛剤業界の中でも、このチャップアップだけです。

 

チャップアップの公式Webページを見るチャップアップ(CHAPUP)を試してみた感想と評判講評▲目次に戻るイクオスイクオスも、サラサラとした手触りがトレードマーク的な育毛剤の一つです。

 

実のところ、インターネット上の評判でも、イクオスのそのサラサラとした使用感が気に入ったという人が多々あるようです。

 

定期的使用するものなので、育毛剤の使用感は大切です。

 

頭に付けていると気持ちいいという話もあります。

 

それ以外、イクオスには、低分子ナノ水という、分子の大きさを小さくした水分が使用されており、頭皮への定着率が高まるような創意工夫がされていたり、「アルガス2」という海藻由来の育毛成分を配合する事によって、高い発毛体感率を実現したりと、望みの持てる育毛剤です。

 

ところで、このアルガス2は、「m-034」という成分と、「ペルベチアカナリクラタエキス」という育毛成分を混合させて作られていますが、そのうちのm-034は、チャップアップにも発毛促進の成分として配合されており、その育毛成果がミノキシジルと同程度という事でトピックになりました。

 

イクオスの公式Webページを見る育毛剤イクオス(IQOS)を育毛奉行が使ってみた評判と影響を検証▲目次に戻る整理こうして、育毛剤使用者の不満の一つである頭皮のベタつきですが、何個かの技術で回避する事ができます。

 

普通に育毛剤はヘアーを生やす事を目的に使用するものなので、発毛成果が高いものを選択し、少々のべたつきは目をつぶるべきです。

 

ただし、必然的にべたつきや頭皮環境が気に掛かるというケースは、育毛剤としての実力も高く、ベタベタも少ないチャップアップやイクオスといった育毛剤を使用してみるのがいいのではないでしょうか。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る