頭皮のフケ・かゆみ・乾燥で困ったら白ワセリン

頭皮のフケ・かゆみ・乾燥で困ったら白ワセリン

どんだけシャンプーしても、かゆみとフケが止まらない!そのようなケースってありますよね?ここでは、そのようなケースに運営者も使っている白ワセリンについて書いていきます。

 

極力、頭皮には定期的のシャンプーと育毛剤で頭皮環境を正常に戻せると思っています。

 

なので、通常であれば白色ワセリンを付ける必須はないんですが、必然的に頭皮がかゆかったり乾かすしてしまう人のために運営者も一時期使っていた白色ワセリンについてお伝えします。

 

白色ワセリンは石油を精製し、不純物を取り除いたものです。

 

その確か性から、保湿剤や軟膏として数々のものに使われていて、自分の手の届く範囲なものではリップクリームなんかにも入っていますね。

 

必然的に石油から精製したというと危ういなんじゃないかと思う人も多々あるみたいですが、そもそも天然のワセリンは少々であれば口に入っても問題ないくらい確かなんです。

 

保湿剤としての影響も高く、アトピー性皮膚炎の患者や赤ちゃんの肌の保湿にも使われます。

 

アトピー性皮膚炎の肌に機能面で優れたのは余程刺激やアレルギーのない証拠ですよね。

 

これを乾かすやフケが際立つようなケースに現実に少量だけ。

 

少量だけですよ。

 

ここ大事なので2回書きましたが、米粒ほどの小ささでワセリンを指にとって手の平にうすーく伸ばします。

 

薄く伸ばしたワセリンを頭皮に優しく塗装こむ感じです。

 

しかし、何事もやりすぎは毒になる事があります。

 

言ってみればワセリンは、頭皮で皮脂膜の役割をします。

 

皮脂膜とは人間の汗と皮脂で作られた外部の刺激から肌を守るためのバリアーですね。

 

その皮脂膜をワセリンで分厚く着色すぎてしまうと、通例正常なフケとして落ち新しい細胞が生まれる事を阻止してしまう事にもなります。

 

そうなると結果的に頭皮が薄くなる事にも繋がってしまうんです。

 

どんだけワセリンが刺激がないからといっても、頭皮にカラーリングすぎは薄毛にもつながりかねません。

 

最後に、ワセリンを使っても改善しなかったり、明らかに異常な大きさのフケが出るなどの症状があれば、脂漏性皮膚炎の確率もあるので皮膚科で見てもらうようにしましょう。

 

(→運営者の脂漏性皮膚炎治療体験談はコチラ)。

 

トップへ戻る