サウナに入るとフケが治る!?

運営者はスーパー銭湯好きなんですが、行きつけの銭湯にサウナがあってそこの効能・影響のところに「フケ」と書いてありました。

 

中学生の頃から目下までフケにどんどん悩まされてきた運営者が、実のところにサウナに入ってみた成果とスーパー銭湯の人にフケへの影響について聞いてみました。

 

運営者の行きつけのスーパー銭湯は2つほどあり、1つには塩サウナがありもう1つは普通のサウナのみになっています。

 

効能や成果に「フケ」と書いてあったのは塩サウナがあるスーパー銭湯のみだったので、そこへ通ってみる事にしました。

 

塩サウナは、サウナで塩を使用すると排水管がさびてしまうので普通の銭湯ではできないようです。

 

塩サウナの入り方が足のつま先から頭のてっぺんまで見過ごせないところに塩をカラーリングこんで(こすると肌が傷つくのでこすらない)放置します。

 

すると5分から10分ほどしてくるとジワジワと汗をかき塩が溶けはじめてくるので、その時に肌に着色していきます。

 

運営者はそもそものぼせやすくサウナが優れているではないので15分を1セットにし、それを2セットしていました。

 

サウナ後は水風呂で毛穴を引き締めるのがいいようですが、水風呂が大の弱点なので冷ためのシャワーで汗を流し露天ぶろなどにある椅子で体を冷やしました。

 

これを週に2?3回ほどのペースで1か月ほど続けてみたのですがそこまで影響は体感できないというのが正直な感想です。

 

そんな訳で、銭湯のスタッフさんになんでサウナがフケに影響があるか聞いてみたところ、「汗は体内の毒素を排出してくれます。

 

その時に頭皮に残った整髪剤やシャンプーの残りなども共に排出してくれるので頭皮が清潔になります。

 

他にも、塩には殺菌成果があって、お肌に塗るとツルツルになるんですよ♪」との返答をいただきました。

 

ただ、的確な研究やデータなどはなく、どこかで塩サウナが体にいいと聞きつけ採りいれたと言っていました。

 

運営者は重度のフケ症で後で病院に行ってみてわかったんですが脂漏性皮膚炎だったためにサウナなんかでは影響がなかったようです。

 

でも、軽いのフケ症であればサウナで発汗し、体の新陳代謝を良くする事によってフケ症が一発で治ったなんて人もインターネットなどでは見かけるので影響があるのではないでしょうか。

 

この評判が本当であれば、塩サウナでなくても影響はあるはずです。

 

お風呂につかると血行促進にもなって頭皮が柔らかくなるし、育毛の大敵のストレス落着にもなるのでお風呂の成果は大きいと言えそうですね。

 

※運営者の脂漏性皮膚炎改善体験談はコチラを参照ください。

 

 

トップへ戻る