ハゲや薄毛必見!驚愕の玄米パワー

薄毛民の救世主、玄米パワーについてお伝えします。

 

薄毛に葛藤する人、懸念事項な人は現在直ちに白米をやめて玄米に変更してください。

 

運営者は1年ほど前から主食を白米から玄米に変更しました。

 

実を言えばキッカケは薄毛ではなく、ワキガ。

 

笑運営者は薄毛+ワキガのコンボ。

 

泣玄米がワキガに成果があると知って食べスタート出来たのが一番目です。

 

育毛にいいと知ったのは食べスタート出来て半年がたったころから。

 

無論、驚くぐらいワキガに成果があって、ワキガどころか足の臭いなど体概要の体臭が収まっていきました。

 

玄米に並みならぬパワーを感じていた運営者は、玄米が育毛に良いと知った時、何も疑う事はないのですでした。

 

実のところに、如何に育毛にいいのか調査してみると、玄米は「パーフェクトに近い食物」と言われていて白米と栄養素を比較してみると一目瞭然でした。

 

ビタミンB1が4倍、ビタミンB2が2倍、ナイアシンが3倍、食物繊維が3倍、鉄分が2倍も内蔵されているんです。

 

ここで注意やりたいのが、ビタミン類。

 

玄米に内蔵されているビタミン類は育毛にとってかなり大切で、ビタミンB2とB6は細胞分裂を助けます。

 

定期的の食事で摂取した栄養素を体にうまく摂りこみながら細胞分裂を助ける業務人なんです。

 

しかもしかも、業務や人間係りで疲れやすい現代人にとってありがたいGABAまで内蔵されているんだからパーフェクトに近い食物と言われるのもうなずけます。

 

これだけの栄養素を食事からとろうと思うとすごい大変なんですよね。

 

 

↑実のところに運営者が近所のスーパーでいつも購買している「発芽玄米」。

 

1kgで、900円程度です。

 

玄米と発芽玄米の相違は、発芽玄米は玄米を水に浸して1mmほど発芽させたものを言います。

 

発芽したところに高い栄養素がギュッと凝縮されているので吸収もいいし、「玄米は固いしウィークポイント…」って人でも食べやすいと考えます。

 

自らでも、玄米を水に浸しておくと発芽させる事はできるなようですが、保存が持て余すため品質が悪くなってしまう事もあるようです。

 

でも、はじめから発芽されている玄米を買えば、時も保存の手間もかかりません。

 

玄米というと、炊くのに水につけて1晩置いたりとなにかと骨が折れるで、苦労して作ったはいいけど、全然おいしくないって心象がありました。

 

でも、面倒くさがりな運営者にもバッチリなのがスーパーなどにある発芽玄米。

 

このところのこういったパックになっているような玄米はだいたい洗ったり水につけずにデフォルト炊飯可能なんですね。

 

無洗米と一緒です。

 

更に食べてみると、その上味が悪くない。

 

そうなると必ず、玄米の方がいいですよね。

 

今の時代では玄米は、IGF-Iという毛を生やさせる信号を出させるという研究結果も出ています。

 

玄米には育毛だけでなく、食欲を抑えたりお通じをよくしたりという様々な恩恵もあるのでこの機会に玄米食に変更してみてはどうでしょうか。

 

 

トップへ戻る