アデノバイタルシャンプーを使ってみて使い心地や成分を徹底解析!

アデノバイタルシャンプーを使ってみて使い心地や成分を徹底解析!

アデノバイタルシャンプーを丸々1本使ってみた結果、以下の事がわかりました。

 

・泡立ちはすごくいい・洗浄力は抜群で乾かすに用心・頭皮への刺激は若干あり・洗い上がりはあまり良くない・資生堂独自製作の育毛成分アデノシンが配合されているこの体験投稿を読めば、アデノバイタルシャンプーが自身の頭皮に合うのかがわかります。AGA

 

アデノバイタルシャンプーをamazonで検証するアデノバイタルシャンプーを1本使ってみた薄毛対策に翻弄する30歳(男性)が育毛の為、アデノバイタルシャンプーを使用し、実体験をもとに公式ホームページなどをポイントにしながら皆様に製品トレードマークと状況報告をしていきたいと考えます。

 

アデノバイタルシャンプーをamazonで見極めする私は20代中ごろから前額部を中心に徐々に薄毛が進行し開始出来、30歳を迎えましたが、結局20代の頃よりも抜け毛や髪全部のボリューム不足など、フレッシュな頃よりも状況は悪化しやすい事を自覚しました。

 

なので年齢とともに衰退しやすいこの頭髪状況を維持するため、今現在は諸々な育毛剤を試しながら、若々しい髪型に戻れる事を見込みし毎日育毛に奮闘している次第であります。

 

そのような薄毛の私ですが、育毛を行う上でどんなに優れた育毛剤を使用していても頭皮環境が悪い様子では、やはりの育毛剤も普通の影響は発揮できない事に気が付きました。

 

野菜を育てる事例も、畑の土が悪ければ良い作物が育たないのと同じです。

 

なので、充分にとしたヘアーを育てる土台作りのため育毛剤以外の頭皮ケアには何が良いか腹積もりた結果、私達が定期的何気なく使っていたシャンプーが、物によっては知らず知らずのうち本当は頭皮にダメージを与えている事を知ったのです。

 

正直、シャンプーにも諸々種類がありますが頭皮にやさしく、頭皮環境に最適なもの選べれば育毛剤を最大限有効に応用でき薄毛脱出の近道になると腹積もります。

 

それ故、採り上げるのの実践は化粧品で名高いな資生堂から提供されている育毛アイテムアデノバイタルシャンプーをピックアップさせて頂きました。

 

では公式ホームページでの文章をポイントに調査した中身を踏まえ、さくっと実のところに試してみた個人的見解を皆さまにお伝えしたいと考えます。

 

1、泡立ちシャンプーをするうえで、最初に気に掛かるのが泡立ちかと考えます。

 

一概によく泡立つのがいいシャンプーとは限りませんが、あまり泡立ちが弱すぎると洗いづらいものですよね。

 

実のところに試した結果から言いますと、泡立ちは悪くないのですでした。

 

私はいつも泡立ちオンラインを応用するほど、手で泡立てるのが弱点なのですがそこまでしても問題なく泡立つので、この点だけで言えば良い評価です。

 

けれども、アデノバイタルシャンプーが泡立ちやすいのにはココイルメチルタウリンNaという、泡立ちを良くする成分が内蔵されているのもありますが、それよりも強力なラウレス硫酸Naが配合されているのが大きな要因です。

 

これは泡立ちを良くするための合成界面活性剤で原価が安価に、少量でもよく泡立つため市販の歯磨き粉やボディーソープ、マウスウォッシュなど幅広く使用されている成分です。

 

けれども、一方では強力すぎる洗浄力で皮膚のバリアパフォーマンスをも破壊し頭皮にもダメージを与えてしまうので経皮毒になる確率が高いのです。

 

それ故、この成分が配合されているという事は育毛を真剣で思案する事例には不向きな代物なのです。

 

これらから、泡立ちが良いシャンプーにはラウレス硫酸Na、もしくは一層毒性の強いラウリル硫酸Naが内蔵されていないか、育毛を行う上では検証したほうが良いと思われます。

 

2、洗浄力シャンプーとは洗浄力が強すぎても頭皮に必須な皮脂もすべて落してしまうため、程よくに汚れを落とせているかが心配になりますね。

 

実のところに使ってみると、洗浄力は抜群です。

 

頭皮の汚れは、すっきりと洗い流す事ができました。

 

けれども、正直強力すぎて不可欠な皮脂もすべて落としてしまっているように感じました。

 

これは上述でも解説した、ラウレス硫酸Naによる影響が強いと思われます。

 

皮脂がそもそも多々ある方には、ちゃんとと洗浄する事が可能なといった良いところもあるかもしれませんが乾かす肌の人には、強すぎる洗浄力が頭皮環境を悪化させる懸念があるためあまり推奨する事が出来ません。

 

頭皮環境改善を思案するなら頭皮や毛穴に無用な皮脂のみチョイスしてで洗浄し、通例、頭皮に必須な皮脂や潤いは残しながら洗う事が可能なアミノ酸系洗浄成分が配合されたシャンプーを選ばれたほうが良いです。

 

3、刺激シャンプーによっては頭皮がヒリヒリしたりと刺激が強すぎるものもあります。

 

ラウレス硫酸Naが配合されているため、刺激はかなり強いと予想しておりましたが実のところに使用している最中は、刺激が気に掛かる事はないのですでした。

 

けれども、洗髪後に頭皮がすこしヒリヒリした感覚がありましたので全部が刺激を感じるわけではないと考えますが私のように敏感肌の方は、引っかかる症状かと考えます。

 

コカミドプロピルベタインという他の界面活性剤の刺激を食い止める働きがある成分を配合しており、資生堂も刺激緩和は考慮してくれているのでしょうが結局洗浄力が強いという事は、頭皮への刺激も同じくに強くなってしまうのかと考えます。

 

定期的使用するシャンプーですから、刺激が強すぎると頭皮だけではなく、精神的にもこのまま使っていていいのか心もとないになると考えますので、長期使用を吟味されているケースには刺激に弱い方は充分に配慮して、使用する必須があるかと感じます。

 

4、洗い上がり一般的なシャンプーは洗い上がりでは、よく髪がきしむなどありリンスやトリートメントを使用している方も多々あると考えます。

 

個人的な見解としては、洗い上がりはヘアーのきしみとゴワゴワ感が若干気に掛かるところでした。

 

実際まで、いろいろの育毛シャンプーを使用しましたがそれらはトリートメントなどのコンディショナーがなくても特に問題はなかったのですが、アデノバイタルシャンプーに関してはシャンプー1本では洗い上がりに心もとないを感じます。

 

男性ならそこまで気にしなくても良いかもしれませんが女子が使用ケースには、帰するところコンディショナーの同時使用を思い巡らすしたほうがいいかもしれません。

 

5、成分公式ページにて解説されている配合成分をインターネットをポイントにリサーチしご解説いたします。

 

調査してみるとアデノバイタルシャンプーはノンシリコンシャンプーです。

 

そもそもノンシリコンとはジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言い回しがつく成分が入っていないものを言います。

 

シャンプー器の裏の成分一覧に、上述成分が内蔵されていない時はノンシリコンシャンプーとなります。

 

市販のシャンプーでシリコンが入っているものがありますが、このシリコンは表面的な美しさを出す役割は果たしますが、ヘアーを中から補修したり強くする事は出来ません。

 

反対に毛根や毛穴がつまって、栄養分が行き渡らず、ヘアーが細く弱ってしまう事もあるため育毛を行う上では、ノンシリコンシャンプーのほうが頭皮には適している事になります。

 

以下はアデノバイタルシャンプーに配合されている成分の解説です。

 

・ラウレス硫酸Na          :強力な洗浄力を持つ界面活性剤。

 

ラウリル硫酸Naよりも分子量を大きくする事で定着力を緩和し、頭皮へのダメージを低減。

 

・コカミドプロピルベタイン     :ヤシ油脂肪酸を生成した両面界面活性剤。

 

低刺激な洗浄成分で他の界面活性剤の刺激を食い止める働きがある。

 

・PEG-2ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na  ;洗浄力はわりと高いが、わりと低刺激。

 

・ソルビトール           :糖アルコールの一種。

 

栄養素もあるが清涼剤としての役割が強い。

 

・ラウリン酸PEG-2          :保湿、保持作用。

 

乳化剤の安定などコンディショニング成果あり。

 

・ココイルメチルタウリンNa     :程よくな洗浄力と確か性の高い成分。

 

アニオン系界面活性剤だがアミノ酸と特質が似ている。

 

・塩化Na              :収れん作用、キューティクルの引き締め影響。

 

・ポリクオタニウム-10        :保湿、維持作用。

 

コンディショニング的影響はあるが、成分分類は界面活性剤。

 

・メントール            :清涼成果。

 

血行促進も局所的いは見込み可能な。

 

・ベタイン             :陽イオンと陰イオンを持つ天然の両面界面活性剤。

 

保湿、染み渡る性に優れる。

 

ヘアケア剤として配合されている。

 

・ポリクオタニウム-7        :泡立ちのよくなる洗浄成分。

 

頭皮、頭髪のバリアパフォーマンスを高める。

 

・ポリクオタニウム-11       :頭皮、頭髪に吸着し被膜を形成する成果あり。

 

・グリチルリチン酸2K        :抗炎症作用、抗アレルギー作用。

 

敏感肌に影響あり。

 

・酢酸トコフェロール        :血行促進、抗酸化作用。

 

・メタケイ酸アルミン酸Mg      :保湿作用。

 

頭皮に被膜を形成する。

 

・アルギニン            :血管拡張作用、血行促進作用。

 

・ポップエキス           :抗菌作用、保湿作用、鎮静作用、収れん作用。

 

ビールに多く内蔵される成分。

 

・サンショウエキス         :抗菌作用、血行促進作用。

 

みかん科の山椒の果皮から抽出されるエキス。

 

・チオタウリン           :抗酸化作用、皮脂の酸化分解抑制、頭皮臭の改善。

 

・オノエスエキス          :抗炎症作用、抗アレルギー作用。

 

マメ科ハリモクシュ属の根や茎から抽出されるエキス。

 

・シソエキス            :抗アレルギー作用、抗炎症作用。

 

・クエン酸             :頭皮のphを整える。

 

疲労回復にも影響あり。

 

・クエン酸Na            :キレート作用、肌phすり合わせ、保湿作用、酸化防止剤として使用。

 

・アデノシン            :資生堂独自製作の伸びる因子促進成分。

 

・エタノール            :殺菌作用、抗菌作用、酸化防止作用。

 

防腐剤としての役割。

 

・メチルタウリン酸Na        :泡立ちも良い界面活性剤。

 

・EDTA-2Na             :品質低下防止のためのキレート剤。

 

・BG                :皮質性、吸湿性に優れ、頭皮にも低刺激な成分。

 

・安息香酸Na            :防腐剤の一種で、水に溶けやすく微生物などの繁殖を抑制する作用がある。

 

ただし刺激は強め。

 

・フェノキシエタノール       :パラベンの代用とされる防腐剤。

 

アルコールの一種。

 

・香料上述中身からアデノバイタルシャンプーの成分もち味は大きく分けると3つになります。

 

1つは洗浄成分はラウレス硫酸Naが主成分になっている事です。

 

これは、低プライスで高い洗浄力をもち、泡立ちも良いので安価な市販シャンプーに配合される事が多々あるですが必須以上に皮脂を洗い流してしまうため、育毛を行う上で頭皮環境に配慮するスカルプシャンプーにはあまり使用されません。

 

2つ目はコカミドプロピルベタインです。

 

これはおそらく、ラウレス硫酸Naの強い刺激をどうにか緩和したいという意識しから配合されている思われます。

 

この成分自体は両性界面活性剤で、赤ちゃん用のシャンプーにも配合されている成分なので安心性は高いのですが、はじめからラウレス硫酸Naを使用しなければ良いのではないかと個人的には感じてしまします。

 

加えて3つ目はアデノシンです。

 

これは資生堂独自製作の育毛成分で、育毛促進影響が望みされる成分です。

 

ただし、配合されているからこれだけで育毛ができるかと言われれば理不尽でしょう。

 

まぁ結局はシャンプーに配合されている時点でベースは洗ってしまうと成分も流れてしまいますからね。

 

それに、配合されている成分量も値段やシャンプーという事を踏まえると微量だと思われます。

 

これは、断っておきますがアデノバイタルスカルプエッセンスと並存する事で相乗成果を見込み可能なといったものだと腹積もりております。

 

何となく、やはり抗炎症作用や抗菌作用、血行促進作用がある有効成分も配合されているのにラウレス硫酸Naの配合によって、育毛を行う事例には長所よりも悪いところが強くなってしまった感触が大きいです。

 

まぁ、オイリーな肌の方にはこの洗浄力が成果的な時もありますので、すべてが悪いわけではないのでしょうが敏感肌や乾かす肌の方には、この強力な洗浄成分は頭皮のかさつき、フケが増加してしまうといった事もあるので自分の頭皮にあっているか使用の場合は、見極めしたほうが良いでしょう。

 

6、頭皮の様子・抜け毛への影響アデノバイタルシャンプーでは、育毛は無理ですが頭皮の正常な環境を保てるか如何にかという観点で判定。

 

私の実体験と成分配合から評価した事例、個人的な見解ですが保湿影響や血行促進作用、抗炎症作用など頭皮に有効な成分が使用されていますのでその点は評価できます。

 

とはいっても、ラウレス硫酸Naが配合されている段階で育毛を行う上でのマイナス要素が強すぎます。

 

これは、洗浄力が強すぎるゆえに乾かす肌の方には特に刺激が強く頭皮に必須な潤いまでも洗い流してしまうので頭皮環境を正常にキープする事が面倒になってしまう懸念があります。

 

どんだけ清潔な頭皮環境であっても潤いがなくなれば頭皮環境が悪化しますし、発毛どころか抜け毛の増加を招き薄毛の進行を促進してしまうかもしれません。

 

ただしすべての肌に短所が強いかというとそうではないと思われます。

 

おそらくオイリー肌の方には、水準を満たすまで洗浄力が強いほうが頭皮の汚れを充分にと落とせるためそのような時には、洗浄力が弱いアミノ酸系成分のシャンプーより成果的な確率もあるかもしれません。

 

なお、アデノシンといった育毛促進成果が望みされる成分い配合は育毛シャンプーには大変ありがたいので高評価ではありますが成分量が微量である確率が高く、このシャンプー単品では育毛は無理です。

 

その点で勘違いしている方は配慮してください。

 

一応、ここまでの私の評価はシャンプー単体での使用と成分から調査した見解ですので、現在までの育毛シャンプーよりも酷評になってしまいましたがアデノバイタルシャンプーはスカルプエッセンスと並存する事を前提に製作されていますので、資生堂が意図している使用手段を行う事でラウレス硫酸Naが配合されていても、頭皮環境によっては充分な育毛成果と頭皮環境の改善が望める見込みもあります。

 

なので、今後使用を比較考量している方は自分の頭皮環境とスカルプエッセンスも使用するのか充分に腹積もり調達して頂ければ良いかと思われます。

 

7、アデノバイタルレフィル(業務用)についてアデノバイタルシリーズには、低値段の詰め替えタイプのレフィル(業務用)といったものがあります。

 

これは、旧来の値段よりも大幅な値下げがされているのでちょっとご解説いたします。

 

例としてアデノバイタルシャンプーですがいつもの事例は500mlの容量でプライスが4330円(アマゾンでは2193円で購買可能な)です。

 

これがレフィル(業務用)になると容量が3倍以上の1800mlで金額が7569円(アマゾンでは3378円)で提供されております。

 

この事から、詰め替える手間をかけるだけで格安でアイテムを調達する事ができるなのです。

 

ところでレフィルはシャンプーだけなく、スカルプエッセンのシリーズにもありますので長期間使用を熟慮する方は、レフィルにしたほうが断固リーズナブルですのでベストチョイスいたします。

 

アデノバイタルシャンプーをamazonで見極めする→実際まで10種類以上育毛シャンプーを試した順位アデノバイタルシャンプーの抜け毛防止影響アデノバイタルシャンプーの抜け毛への阻止影響と、アデノバイタルシャンプーを使って抜け毛が増加した時の対策手法を以下のページで紹介しました。

 

アデノバイタルシャンプーは抜け毛に成果があるのか。

 

トップへ戻る