ミヨシ無添加せっけんシャンプー

とにもかくにも無添加で確かなシャンプーで考え浮かぶのが石鹸シャンプー。

 

インターネットの評判では「石鹸シャンプーに変更してからヘアーが増加した!」とか反対に「抜け毛が増大した!」「フケが出るようになった!」など賛否両論。

 

自身本人、市販のシャンプーを使用すると頭皮が赤く痒くなり抜け毛も増大してきたため、老舗ブランドのミヨシ無添加石鹸シャンプーをショッピング。

 

運営者は、ミヨシ無添加せっけんシャンプーを使用すると、抜け毛が増えるだけでなく、髪がパサパサし、頭皮の痒みとフケがひどくなってしまいました。

 

運営者自分、頭皮が臭うほどのひどい脂性ですが、そのような頭皮でも石鹸シャンプーだと脱脂力が強すぎるようで、洗いあがり頭皮が突っ張り乾かすします。

 

オンライン上では1ヶ月程度使用すると、市販のシャンプーの成分が頭皮から抜けきり、髪のパサパサや抜け毛が収まってくると言われています。

 

ただし、半年間使ってみたもののフケやかゆみが止まらないため使用を止める事に。

 

結局、実際まで通りのチャップアップシャンプーに戻しました。

 

この投稿では、ミヨシ無添加せっけんシャンプーの抜け毛やフケへの成果、リンスを使えば髪のゴワゴワを防げるのかについて詳しい体験談をお伝えします。

 

ミヨシ無添加せっけんシャンプーをamazonで見定めするミヨシ無添加せっけんシャンプーの調達講評※イメージはクリックで拡大しますミヨシ無添加せっけんシャンプーのインターネットの評判なんかを見ると、「髪の量が増大した!」「抜け毛が減った!」「以前よりも髪も太くなり髪質も改善!天使の輪が可能なようになった」と女から男性まで絶賛の声があるものの、一方では反対に「抜け毛が増加した!」「フケやかゆみがすごくなった!」「髪がキシキシする」などの否定的な考えもかなり見られました。

 

ここまで考えが真っ二つならミヨシ無添加せっけんシャンプーを試してみるしかないと育毛奉行も立ち上がりました。

 

ミヨシ無添加せっけんシャンプーは、香料から塗装料、防腐剤までとにもかくにもパーフェクトに無添加。

 

使い方には、使用後には「せっけんを中和する弱酸性のリンスをお利用しください」とあるが、オンラインでいうキシキシするなんていうのは大げさだろなんて思ってリンスは買いませんでした。

 

ただ、後々この選択が大変な事に…ミヨシ無添加せっけんシャンプーの全成分が水とカリ石けん素地のみ!う?ん、質素です。

 

ミヨシ無添加せっけんシャンプーのフタを開けると消毒液のマキロンのようなタイプでした。

 

このタイプは、旅行なんかには携帯しやすいんですが、居宅で使用するのであればプッシュタイプの方がいいですね。

 

実のところに、ミヨシ無添加石鹸シャンプーを使ってみました。

 

真っ先に、泡立ちがあまり良くない。

 

市販のシャンプーのように泡立たせやすくするための成分が配合されていなく確か性が高い分、泡立ちが悪い事には少々は目をつぶれます。

 

泡立てオンラインは不可欠ですね。

 

ただ、泡立てオンラインを使えば一般的のシャンプーのように泡立ちます。

 

この点は意外でした。

 

頭皮も難なく洗えます。

 

いつも通り、シャワーで髪を流そうとしたその時…!髪がキシキシ。

 

笑洗おうにも指がまったく通らない。

 

ここまでキシキシしたシャンプーは初めてでした。

 

いうなれば海に1日いた事例の塩でべた付いた感じを2倍に倍増させた状況といえばわかりやすいでしょうか。

 

石鹸シャンプーを完璧になめてましたね…。

 

試しに2、3日使ってみましたが、ゴワゴワキシキシする髪質にまったく移り変わりなし。

 

それどころか、ミヨシ無添加せっけんシャンプーの洗浄力と脱脂力の強さからか、頭皮の乾かすがすすみフケや痒みがすぐに出てきてしまいました。

 

どうやら脂性でべたつく運営者の頭皮でも、ミヨシ無添加せっけんシャンプーは合わないみたい。

 

泣石鹸シャンプーは、頭皮に刺激となる成分は配合されていないが、頭皮への洗浄力が強い事は元来は知っていました。

 

石鹸シャンプーは、頭皮の皮脂が少なく乾かす肌気味の人は合わないため、運営者のように脂性の頭皮にはてっきり合うものだと心積もりていたのですが。

 

そのような運営者の頭皮でもミヨシ無添加せっけんシャンプーの洗浄力が強すぎたようで、大粒のフケや抜け毛、切れ毛など様々なトラブルが出てきてしまいました。

 

でも、もしかしてリンスを使わなかったせいかも、とふと考え石鹸シャンプー専門リンスをすぐさま調達しました。

 

ですが、たとえリンスを使用してもこのキシキシ感と、フケを誘発する洗浄力は育毛にとってマイナスでしょう。

 

ミヨシ無添加せっけんシャンプーよりも洗浄力が弱くフケや乾かすを引き起こさず、髪もきしまないチャップアップシャンプーの方がベストチョイスです。

 

(2014/08/18追記)ミヨシ無添加石鹸シャンプーのリンスが届いたので批評します。

 

オンライン注文したミヨシ無添加せっけん専門リンスが到着。

 

箱を開けてミヨシ無添加せっけん専門リンスを取り出します。

 

このミヨシ無添加せっけん専門リンスは石鹸によってアルカリ性に傾いたヘアーを弱酸性に中和させます。

 

どうやら薄めて使用するようです。

 

裏面の解説を読むと、シャンプー後にミヨシ無添加せっけん専門リンス小さじ2杯を洗面器のお湯に溶かし髪を浸すとの事。

 

小さじ2杯…わかりずらい。

 

笑これ加えて石鹸シャンプーと同じく、原料はいたって質素。

 

水とクエン酸とクエン酸ナトリウム。

 

居宅でも自作できそうですね。

 

実のところに洗面器に水を溜めだいたいでミヨシ無添加せっけん専門リンス小さじ2杯をいれてみました。

 

水の色なんかはやはりにこれぐらいじゃ移り変わりないか…頭を洗面器に突っ込む形で(体勢きつい)髪をひたすと…水につけた瞬間髪がすぐさまサラサラに!これは感銘です。

 

一瞬でにキシキシ感がなくなりました。

 

これなら、ミヨシ石鹸シャンプーもいつものシャンプーとそこまで変わらないですね。

 

しかし、なんとなく市販のリンスなんかよりは若干滑らかさと指通りは落ちます。

 

石鹸シャンプーを使ってみて痒みや抜け毛が増大しず、自らの頭皮に合うのであれば、石鹸専門リンスを使用する前提でアリだと考えました。

 

ミヨシ 石鹸専門リンス内容量:350ml値段:648円>>ミヨシ石鹸専門リンスの調達はコチラ数々の育毛シャンプーを使用してみた育毛奉行がベストチョイスする育毛シャンプーは以下のページに順位にしたのでポイントに参照ください。

 

育毛シャンプー順位。

 

トップへ戻る