メソケアプラスシャンプーの成分と効果

メソケアプラスシャンプーの成分と効果

メソケアプラスシャンプーをを実のところに使ってみて以下の事がわかりました。

 

・泡立ちがいい・程よくに汚れを落とせるすっきりした洗い心地・頭皮への刺激はなし・洗い上がりも抜群・頭皮環境正常化する成分が多く配合されているこの投稿を読めばメソケアプラスシャンプーが自らの頭皮に合うかどうか理解いただけます。

 

メソケアプラスの公式Webページを見るメソケアプラスの体験談薄毛対策に翻弄する30歳(男性)が育毛の為、メソケアプラスシャンプーを使用し、実体験をもとに公式ホームページなどをポイントにしながら皆様に製品もち味と状況報告をしていきたいと考えます。

 

私は20代中ごろから前額部を中心に徐々に薄毛が進行しスタート出来、30歳を迎えましたが、帰するところ20代の頃よりも抜け毛や髪総体のボリューム不足など、フレッシュな頃よりも状況は悪化しやすい事を自覚しました。

 

なので年齢とともに衰退しやすいこの頭髪状況を維持するため、直近では色々な育毛剤を試しながら、若々しい髪型に戻れる事を望みし毎日育毛に奮闘している次第であります。

 

けれども、頭皮環境が良好なステータスでないと育毛剤の影響を最大限発揮する事は持て余すため直近では育毛シャンプーも並存しながら毎日の頭皮ケアにも力を入れている状況です。

 

それにより、今度の実践はAGA治療で著名な「銀座総合美容クリニック」の正木院長先生が監修された事でトピックの育毛アイテムメソケアプラスシャンプーをピックアップさせて頂きました。

 

では公式ホームページでの投稿をポイントに調査した中身を踏まえ、早いところ実のところに試してみた個人的見解を皆さまにお伝えしたいと考えます。

 

1、泡立ちシャンプーをするうえで、最初に気に掛かるのが泡立ちかと考えます。

 

一概によく泡立つのがいいシャンプーとは限りませんが、あまり泡立ちが弱すぎると洗いづらいものですよね。

 

このシャンプーは適量(1?3プッシュ)を手にとり、デフォルト直接頭皮につけて泡立てます。

 

当たり前は手で取ってから泡立てますが、シャンプーの粘性が若干低いため公式ページでもそのように記載ありました。

 

実のところに試した結果から言いますと、泡立ちは良いです。

 

私は元々手で泡立てるのがウィークポイントなのですが、このテクニックだと割と手っ取り早くに泡立ちますしキメ細かいモチっとした泡が出来、シャンプーが非常にしやすかったです。

 

メソケアプラスシャンプーが石鹸素地のシャンプーであるため普通は泡立ちは弱くマイルドになるのですが脂肪酸とアルカリのバランスを程よくにキープする事でキメ細かい泡立ちをのシャンプーに仕上がっているようです。

 

2、洗浄力シャンプーとは洗浄力が強すぎても頭皮に不可欠な皮脂もすべて落してしまうため、程よくに汚れを落とせているかが不安になりますね。

 

実のところに使ってみると、洗浄力は大変良いです。

 

頭皮の皮脂が多々ある私でもすっきりと洗い流す事できすっきりした洗い心地です。

 

これは石鹸素地のシャンプーのポイントが現れています。

 

ただし洗浄力が高い反面、頭皮に必須な皮脂も落としてしまうといった短所もあるのですがメソケアプラスシャンプーは、天然ヤシ植物から抽出した脂肪酸を配合する事で過度に皮脂を落とす事なく、悪いところを克服しております。

 

これによって頭皮環境に最適な洗浄力を実現し、合わせて殺菌をビューディフルに落としてくれるなど独自の製作知識が活かされた洗浄力となっており個人的にも高評価でした。

 

3、刺激シャンプーによっては頭皮がヒリヒリしたりと刺激が強すぎるものもあります。

 

石鹸シャンプー自体が低刺激のもち味がありますが、メソケアプラスシャンプーは頭皮に悪影響を与えると言われるパラベン、石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、ラウリル硫酸系界面活性剤、カラーリング料を全部使用していない事も、低刺激に多々あるに貢献していると考えます。

 

実のところに使用してみても、まったく刺激がなく皮膚が弱く発赤など肌トラブルが多々ある私でも問題なく使用する事が出来ました。

 

加えて、石鹸シャンプー自体の脂肪酸が疑似皮膚膜を形成する事で歴史ある皮脂膜や頭皮の汚れと入れ替わりに、頭皮のうるおいを外に逃さないようにする成果も、刺激緩和にもつながっているかと思われます。

 

4、洗い上がり一般的なシャンプーは洗い上がりでは、よく髪がきしむなどありリンスやトリートメントを使用している方も多々あると考えます。

 

個人的な見解としては、洗い上がりはヘアーのきしみとゴワゴワ感などはまったく不安になりませんでした。

 

トリートメント無しでも、この完成具合です。

 

私は過去に石鹸系シャンプーを使用した事がるのでここまで問題ない洗い上がりになるとは考えもしませんでした。

 

さらに、洗い上がりにすっきり感をだすため、メント―ルのみ天然の香料が配合されています。

 

これは、洗浄力の強いシャンプーを長期に渡って使用している方で大いに強い脱脂力による洗髪後の頭皮の軋み(キシキシ感・ゴワゴワ感)に慣れている方でも洗い上がりのスッキリ感を感じて頂けるようにとの配慮のようです。

 

実のところに現実にすっきりした感覚を味わえ、シャンプー1本でこの完成具合ですから経済的にも高評価です。

 

5、成分公式ページにて解説されている配合成分をインターネットをポイントに質問しご解説いたします。

 

以下はメソケアプラスシャンプーに配合されている成分の解説です。

 

精製水、・濃グリセリン:頭皮の保湿作用。

 

濃度98%以上のグリセリンの名称・塩化O‐[2‐ヒドロキシ‐3‐(トリメチルアンモニオ)エキスパートピル]ヒドロキシエチルセルロース:保湿作用、防護作用、肌荒れ防止作用・DL‐ピロリドンカルボン酸ナトリウム液:保湿作用、皮膚柔軟化作用、肌荒れ防止作用・L‐ピロリドンカルボン酸:保湿作用、血流改善作用・水酸化ナトリウム:皮膚柔軟化作用・N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸トリエタノールアミン液:アミノ酸系アニオン界面活性剤、洗浄剤、乳化剤、ヘアコンディショニング剤・N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸カリウム:陰イオン系界面活性剤 洗浄力が優れており低刺激、洗浄剤、ヘアコンディショニング剤・N‐ヤシ油脂肪酸アシル‐L‐グルタミン酸ナトリウム:アミノ酸系界面活性剤、洗浄力が優れており低刺激・2‐アルキル‐N‐カルボキシメチル‐N‐ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン:加味とマイナス(カチオンとアニオン)のどっちもの特性を持つ低刺激の両面活性剤 洗浄剤、皮膚柔軟化作用・サリチル酸:消炎作用、鎮痛作用、殺菌作用・グリチルリチン酸ジカリウム:消炎作用、解毒作用、抗アレルギー作用・カリウム石けん用素地:弱アルカリ性で脂肪酸カリウムを主成分としている。

 

・ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド:泡立ちを安定させる・フェノキシエタノール:パラベンの代用とされる防腐剤。

 

アルコールの一種。

 

・l‐メントール:皮膚刺激作用、局所血管拡張作用、抗菌作用よく市販の安価なシャンプーで泡立ちをよくするため使用される事が多々あるラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなど育毛には不向きな成分は内蔵されていないので心配無用できます。

 

さらに、コンディショニング成果がある成分が充分にと内蔵されている事からトリートメントいらずのシャンプーに仕上がっているのと保湿作用も充分にと配慮された配合になっております。

 

正直、育毛シャンプーとして近頃多々あるアミノ酸系ではなく少数派の石鹸系を採用しているので、このシャンプーが著名になると一段と石鹸系のシャンプーが出てくるかもしれませんね。

 

6、頭皮の様子・抜け毛への影響メソケアプラスシャンプーでは、シャンプーで育毛は、無理ですが頭皮の正常な環境を保てるか如何にかという観点で判定。

 

私の実体験と成分配合から評価した事例、個人的な見解ですが成分数は少ないですが、保湿成果や血行促進作用、消炎作用など頭皮に有効な成分が使用されていますので、頭皮環境改善に見込み可能なと考えます。

 

そして、頭皮に悪影響を与えると言われる成分に関しては上述でも解説しましたが、全部配合されていないのも頭皮ケア行うにあたって相当大切な事ですし実のところに成果を体感可能なからこそ、オンラインでもトピックのアイテムとなっているのでしょう。

 

この他にも、AGA治療で名高いな「銀座総合美容クリニック」の正木院長先生が監修されたアイテムである事も、育毛シャンプーとしての認知度を上げるきっかけにもなっていると思われます。

 

そもそもシャンプーのみで発毛や育毛が可能なといった事はほぼ無理ですが、頭皮環境が改善されれば抜け毛の減少や育毛剤を使用した場合の、成果を最大限まで引き出す事ができるになるので関節的には育毛に貢献する事になります。

 

野菜作りと一緒で、荒んだた畑ではどんなに良い野菜を植えても、充分に育たないという事ですよね。

 

なので、真剣に頭皮ステータスを改善したいと腹積もりられており石鹸系シャンプーに関心がある方はメソケアプラスシャンプーを試すありがたみは十分にあると私は思っておりますので一度購買の熟慮をされてみてはどうでしょうか。

 

メソケアプラス。

 

トップへ戻る