ドラッグストアにある市販の育毛シャンプーランキング

ドラッグストアにある市販の育毛シャンプーランキング

CMでやっているようなシリコンや石油系界面活性剤が配合されたシャンプーを使っていて、シャンプーの時に明らか100本以上抜け毛が出ている気がする。

 

敏感肌でもあり、前に使った市販のシャンプーでは、ヒリヒリしたりかぶれて痒くなってしまう事があった。

 

そのような人のために、頭皮環境の乱れがきっかけの抜け毛を抑えてくれるのに役立つ、刺激が少なくて敏感肌や乾かす肌でも役に立つ無添加の頭皮にやさしいシャンプーを解説します。

 

自身の頭皮に合わないシャンプーを永らく使用するとその分、頭皮へのダメージとなります。

 

抜け毛が気になった機会で早めに薄毛防止を行いましょう。

 

自身のように、お金的にもゆとりがない人のために、3000円位で手に入り続けやすい薬局やドラッグストアでショッピング可能な市販のベストチョイス育毛シャンプーを解説します。

 

目次男性と女子の薄毛にイチ押しなのはアミノ酸シャンプー男性と女の市販のイチ押しシャンプー順位1位ウーマシャンプー2位スカルプシャンプースカルプDオイリー(脂性肌用)3位スカルプケア薬用シャンプー4位資生堂アデノバイタルシャンプー5位みよし石鹸シャンプー6位カウブランド無添加シャンプー7位UL・OS(ウルオス)市販のシャンプーに配合されているリスキーな洗浄成分なぜ市販のシャンプーには危ういな成分が配合されているのか男性と女の薄毛にイチ押しなのはアミノ酸シャンプー頭皮の痒みやかぶれをなくし抜け毛を防ぐためには、頭皮の皮脂をほどよく残してくれる洗浄力が弱めで刺激も少なく、弱酸性で男性の頭皮に適しているアミノ酸系シャンプーがイチ押しです。

 

ですがインターネット上で高評価のアミノ酸系シャンプーは、ドラッグストア等で買えるハイグレードアルコール系シャンプーより原料の原価が高く、値段もわずか高めの3000?6000円台が多々あるという短所があります。

 

けれども、オンライン販売でショッピング可能なアミノ酸系シャンプーは刺激が少なく頭皮環境を守りながら洗えるうえ、弱酸性の特質を持っています。

 

それ故、脂性の男性の頭皮に合っているので、薬局等で買えるリッチアルコール系洗浄成分のシャンプーよりも、頭皮トラブルが起こりにくく抜け毛の危険性も減らす事が出来ます。

 

アミノ酸系シャンプーは値段こそ高いですが、男性の頭皮にはアミノ酸系シャンプーの方が適しています。

 

このWebページでの最上のベストチョイスは毛髪見立て士と美容師が製作したチャップアップシャンプーです。

 

4180円とちょっと値段が張るものの、とにもかくにも頭皮に刺激を与えずに、頭皮の汚れを落としてくれます。

 

シャンプーが合わずにかゆみや赤みが現れてし、シャンプー時の抜け毛に悩んでいる人には最適のシャンプーです。

 

チャップアップシャンプーの公式Webページを見るチャップアップシャンプー以外のカタログ販売型アミノ酸シャンプーのイチ押しは以下のページに整理ました。

 

男性用育毛シャンプー順位▲目次に戻る男性と女の市販のベストチョイスシャンプーランキングスーパーや薬局、ドラッグストアやドンキホーテのようなバラエティショップで市販されているシャンプーは、通信販売Webページのスカルプシャンプーより安価なアイテムが多々ある性質があります。

 

けれども、市販のシャンプーの中にも、優れた洗浄成分を使用していたり、育毛有効成分が配合されていたりして育毛成果が見込み可能なシャンプーも影響します。

 

採り上げるのは市販のシャンプーの中でも推奨のシャンプーをピックアップし順位にしました。

 

1位ウーマシャンプーウーマシャンプーは、頭皮と髪を防護する作用のある馬油を使用しているスカルプシャンプーで、通信販売Webページでも買い物できますが、市販もしています。

 

スカルプシャンプーでは洗浄力が弱く頭皮に刺激となりにくいアミノ酸系洗浄成分を使用するのがメインではあります。

 

ウーマシャンプーの主要となる洗浄成分はリッチアルコール系洗浄成分のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naで洗浄力、脱脂力が強く頭皮への刺激も強めなので、皮脂が多々ある方向けの処方になっています。

 

しかもウーマシャンプーには育毛有効成分グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキスや、頭皮の血行促進作用のあるニンニクエキス、頭皮の保湿作用のあるアロエベラ葉エキス、男性ホルモン抑制作用のあるダイズ種子エキスなど20種類の植物成分を配合しています。

 

ウーマシャンプーの洗浄成分はリッチアルコール系が主で育毛に成果的とはいえないかもしれませんが、育毛成分が多々あるのは評価できます。

 

ウーマシャンプーの公式Webページを見るウーマシャンプー(U-MA)を試した評判と成果【講評あり】▲目次に戻る2位スカルプシャンプースカルプDオイリー(脂性肌用)スカルプDには頭皮の状況に当てはめて選択の余地があるドライ用、オイリー用、超オイリー用の3タイプのシャンプーがあります。

 

スカルプDオイリー用シャンプーは、スカルプシャンプーの中でも洗浄力と脱脂力が強く、頭皮の皮脂汚れを充分に落とすタイプのシャンプーです。

 

スカルプDオイリーの洗浄成分はわりと刺激が少ないベタイン系のラウリン酸アミドプロピルベタイン液です。

 

スカルプDオイリーに配合されている育毛成分としては、男性特有の皮脂分泌の多さに着目し男性ホルモン抑制作用のある豆乳発酵液、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキスを配合しています。

 

特にオイリー用は皮脂を押し止めるサリチル酸、消炎作用のある育毛有効成分のグリチルリチン酸ジカリウム、抗菌作用のあるピロクトンオラミンを配合し、頭皮の皮脂を抑え頭皮を清潔に維持する事に力を入れた処方になっています。

 

スカルプDシャンプーの公式Webページを見る▲目次に戻る3位スカルプケア薬用シャンプースカルプケア薬用シャンプーは、医薬部外品のシャンプーで、抗菌作用に優れた有効成分ピロクトンオラミンを配合しています。

 

スカルプケア薬用シャンプーの洗浄剤には、アミノ酸系洗浄成分の中でも刺激が弱いココイルグルタミン酸K、同じくアミノ酸系洗浄成分ラウロイルメチルアラニンNa、ハイグレードアルコール洗浄成分で洗浄力の強いラウレス硫酸Naをブレンドして、頭皮への刺激と使用感の良さのバランスを取っています。

 

スカルプケア薬用シャンプーの育毛成分としては高い抗酸化作用のあるリン酸アスコルビルMg、頭皮の保湿作用のあるセチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、ジオウエキス、頭皮の血行促進作用のあるニンジンエキスなどを配合しています。

 

スカルプケア薬用シャンプーの洗浄成分の構成や育毛成分の配合中身からして、スカルプケア薬用シャンプーは、頭皮環境を清潔に維持する、保持するといった目的を優先したシャンプーだという事がわかります。

 

スカルプケア薬用シャンプーをアマゾンで見る▲目次に戻る4位資生堂アデノバイタルシャンプー資生堂アデノバイタルシャンプーは、育毛や髪質改善用シャンプーとして提供されていますが、ハイグレードアルコール系洗浄成分のラウレス硫酸Naを使用しているうえ、かなり脱脂力が強いPEG-2ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naも使われており、頭皮への負担が大きいシャンプーとなっています。

 

アデノバイタルシャンプーには、アデノバイタルの育毛剤にも入っている、髪の進化期間を継続させるランクアップ因子を増やす作用のあるアデノシンが入っています。

 

そして、頭皮の血行促進作用のある酢酸トコフェロール、サンショウエキス、抗酸化作用のあるホップエキスなど、他のシャンプーには見られない独自の育毛成分を配合しています。

 

アデノバイタルシャンプーは独自の育毛成分を使用していますが、主要の洗浄剤がリッチアルコール洗浄成分で頭皮への負担が大きいので、使用する人を選り抜くシャンプーだと言えます。

 

アデノバイタルシャンプーをアマゾンで見るアデノバイタルシャンプーを使ってみて利用し心地や成分を徹底解析!▲目次に戻る5位みよし石鹸シャンプーみよし石鹸シャンプーは、石鹸系洗浄成分を使用したシャンプーで、水とカリせっけん素地の2種類の成分で構成された質素な処方になっています。

 

みよし石鹸シャンプーには育毛にいい成分は全部入っておらず、育毛を目的に使用するシャンプーではないのです。

 

みよし石鹸シャンプーの洗浄剤は石鹸系洗浄成分です。

 

石鹸と言うと自然で優しい心象がありますが、実を言えばアミノ酸系洗浄成分より脱脂力が強く皮脂を取る力が強いのがポイントです。

 

さらに、石鹸系洗浄剤はアルカリ性の特質があるため、皮脂が多く頭皮が酸性に傾きやすい男性の頭皮環境を破壊したり、髪の外側のキューティクルというところを開き髪をキシキシさせたり枝毛を増やしたりする懸念があります。

 

みよし石鹸シャンプーは、アレルギーがあって肌荒れしやすい方、さっぱり洗いたい方向けのシャンプーだと言えます。

 

みよし石鹸シャンプーをアマゾンで見る▲目次に戻る6位カウブランド無添加シャンプーカウブランドのシャンプーは、色付け料、香料、パラベンなどの不必要な添加物を加えず、育毛成分も特に入っておらず、育毛のためというより控えめに頭皮の汚れを洗浄する事を目的に作られたシャンプーとなっています。

 

カウブランドのシャンプーの洗浄成分は、アミノ酸系より若干洗浄力が強いベタイン系のコカミドプロピルベタイン、洗浄力が強いハイグレードアルコール系のスルホコハク酸ラウレス2Na、アミノ酸系のココイルグルタミン酸Naなど頭皮への刺激と利用し心地を考慮して洗浄力の違う洗浄成分を取り合わせています。

 

カウブランドのシャンプーには育毛成分は特に入っていませんが保湿作用のあるDPG、グリセリンを配合しているので、地肌の乾かすを防ぎ、頭皮トラブルを阻止する事が出来ます。

 

加えて、カウブランドのシャンプーはコンディショニング成分が少なく、使用後にキシキシしやすいのでリンスも使用した方が良いでしょう。

 

カウブランド無添加シャンプーをアマゾンで見る▲目次に戻る7位UL・OS(ウルオス)ウルオスは、わりと安価でありながらも、頭皮の殺菌、消炎影響のある成分を多く配合して頭皮環境を整える事が可能なシャンプーです。

 

ウルオスの洗浄成分はアミノ酸系で頭皮への刺激は少ないながらも泡立ちが良いラウロイルアスパラギン酸Na、洗浄力を高めるためにハイグレードアルコール系のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを使用しています。

 

ウルオスの洗浄成分としては殺菌影響のあるシメン-5-全て、消炎作用のある育毛有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。

 

この他には特に育毛に影響的な成分は特に配合されていない事から、ウル・オスは頭皮環境を清潔にキープする事に長けているシャンプーだと言えます。

 

ウルオスの洗浄成分はわりと頭皮に優しいものを使用していますが、清涼感を与える目的でメントールを配合しているため、敏感肌の方は刺激が強いと感じるかもしれません。

 

ウルオスをアマゾンで見る▲目次に戻る市販のシャンプーに配合されているリスキーな洗浄成分市販のシャンプーはわりと安価な分、洗浄力が強く頭皮にとってリスキーな洗浄成分を使っている事があります。

 

シャンプーの洗浄成分は界面活性剤という、水と油をつなぐために乳化剤として使用されたり、頭皮への洗浄のためや泡立ちを良くするために使用される成分の事を指しています。

 

ですが、特に石油系原料を元に生産された「ラウレス硫酸」、「ラウリル硫酸」という名称の、ハイグレードアルコール系洗浄成分に属する石油系界面活性剤は、頭皮の皮脂を根こそぎ落としてしまうほど頭皮への刺激が強く、発毛の妨げになる事があります。

 

石油系界面活性剤は石油から生成された洗浄成分で、脱脂力とタンパク質変性作用があるため肌を傷める見込みが高く、育毛の妨げになってしまうんです。

 

石油系界面活性剤は、肌への刺激が強く、強い洗浄力と脱脂力で頭皮に不可欠な皮脂まで取り除いたり、アルカリ性の特性を持っているので、酸性ステータスに傾きがちな男性の頭皮環境を打ち毀し薄毛を深刻化させる確率があるためリスキーな洗浄成分だと言われています。

 

▲目次に戻るなぜ市販のシャンプーには危ういな成分が配合されているのかハイグレードアルコール系洗浄成分は、食器用洗剤や洗濯用洗剤にも使用される、わりと安価な洗浄成分で、泡立ちも良く重宝するので市販の多くのシャンプーに使用されています。

 

市販されているシャンプーにリスキーな成分が配合されている事が多々あるのには、巨大資本メーカーの広告や大量生産が結びつきしています。

 

特に一流企業のシャンプーメーカーは、テレビCMなどマスメディアを使ってアイテムを告知しており大幅に広告費がかかっているため、アイテムの製作費や原料にあまり総額を掛けられず、安価な洗浄成分になっている事が心積もりられます。

 

その上シャンプーの拡販用に在庫を数多く提供するために、手に入りやすく原価の安い洗浄成分を使用し大量生産する事も係りしています。

 

このように、市販のシャンプーはメーカーの事情により、頭皮に刺激となる安い洗浄成分が使用されている事でプライスが安価になっているのです。

 

それ故、値段こそすこし成果ですが頭皮に刺激とならない育毛シャンプーを使用するのがベストチョイスです。

 

このWebページでベストチョイスしている育毛シャンプーは以下の順位を参照ください。

 

男性用育毛シャンプー順位▲目次に戻る関連テキスト男性用育毛シャンプー順位育毛シャンプーの値段で対比し順位育毛シャンプーの償還サポートで対比し順位育毛シャンプーを中身量で対比し順位男性に推奨の男性用育毛剤順位女子用の育毛剤順位▲目次に戻る薬局やドラッグストアで市販されている、1000円から2000円のプライス帯のわりと安いシャンプーは、頭皮への洗浄力や脱脂力の強い洗浄成分を使用しているシャンプーが多々あるのでイチ押しできませんと言われています。

 

薬局やドラッグストアで市販されているシャンプーが安いのは、500円以下で買えるような食器用洗剤や洗濯用洗剤にも配合される石油系界面活性剤を使用しているためです。

 

市販のシャンプーには、リッチアルコール系洗浄成分に分類される「ラウリル硫酸Na」や「ラウレル硫酸Na」などの洗浄力が強く頭皮への刺激の強い洗浄成分を洗浄剤として配合しています。

 

薬局やドラッグストアで市販されている頭皮への強い洗浄力、脱脂力を持ったシャンプーは、皮脂を取りすぎたり頭皮への刺激が強すぎたりする事で、かえって頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになったりします。

 

これによって、かゆみやフケなどの炎症が起こるなどの頭皮トラブルのきっかけとなり抜け毛を増やす確率があるので、市販のハイグレードアルコール系洗浄成分を使用した安価なシャンプーは育毛にはあまりおすすめできません。

 

▲目次に戻る。

 

トップへ戻る