医薬部外品の育毛剤ランキング

このページでは、薬事法により厚生労働省から一定の影響を認められた有効成分が配合されている医薬部外品の育毛剤で、育毛への影響が高い順に順位を組み立てしました。

 

医薬部外品の育毛剤の選び方が納得出来ない人は、このテキストを読む事で自bヴンに合ったイチ押しのアイテムがわかります。

 

 

医薬部外品の育毛剤順位

配合成分数や成分の影響から見て、成果の高い医薬部外品の育毛剤を順位にしました。

 

医薬部外品の中でも配合されている成分数が多く、影響の高い育毛剤がわかります。

 

チャップアップ CHAPUP

医薬部外品の育毛剤チャップアップには、丸ごとで81種類もの成分が配合されています。

 

チャップアップの成分の中には、頭皮環境を整え頭皮の血行を促進する有効成分が3種類、男性ホルモンの抑制成果のある成分が4種類、頭皮の血行促進影響のある成分が14種類、頭皮環境を整える成分が35種類、頭皮の糖化を防ぐ成分が3種類、ヘアーを完成させる発毛促進影響を持ったアミノ酸成分が15種類配合されています。

 

これらの成果を持つチャップアップの全成分81種類は、医薬部外品の育毛剤の中でも最多で、とにもかくにも高い育毛への影響を求めるならチャップアップをイチ押しします。

 

チャップアップの決まったコースの購買で付いてくるチャップアップサプリメントも、配合成分数も多くバランスの良い構成となっています。

 

チャップアップを購入し使ってみた口コミと効果分析

 

イクオス(IQOS)

医薬部外品の育毛剤イクオスは、全てで61種類の成分が配合されています。

 

医薬部外品の育毛剤の中ではチャップアップに続いて2番目に多々あるイクオスですが、チャップアップとは一味違う成分の構成となっています。

 

イクオスに配合されている成分の影響は、有効成分はチャップアップと同じ3種類、男性ホルモン抑制成分はチャップアップより多々ある14種類、頭皮の血行促進成分が10種類、頭皮環境改善成分が22種類、毛母細胞の活性化成分が1種類、発毛促進成分が16種類配合されています。

 

この中でもチャップアップと違った影響で注意なのが、イクオスの男性ホルモン抑制影響です。

 

チャップアップはAGAのきっかけである男性ホルモンジヒドロテストステロン(DHT)に異なる前の5αリダクターゼという酵素を抑制する事でジヒドロテストステロンの総量を抑え、AGAによる抜け毛を防ぐ影響があります。

 

一方、イクオスもこの5αリダクターゼを押し止める成果のある成分が配合されているのに加えて、ジヒドロテストステロン(DHT)が現れてした後に出される脱毛の指令である脱毛因子TGF-βを抑制する成分が9種類も配合されているんです。

 

これはチャップアップにはないイクオス独自の成果で、医薬部外品の育毛剤の中でも最高AGA対策に力をいれている事がわかります。

 

しかもイクオスのサプリメントは、配合成分数もナンバーワン多く、育毛サプリの質はトップクラスの実力です。

 

イクオスの公式Webページを見る

 

育毛剤イクオス(iqos)の口コミと効果【評判も調査】

 

ナノインパクト100

医薬部外品の育毛剤ナノインパクト100には、一切で53種類の育毛成分が配合されています。

 

ナノインパクト100の配合成分の成果は、男性ホルモンを抑制する影響のある成分と、頭皮の血行を促進する成分、頭皮環境を整える成分の3つにわけられます。

 

チャップアップやイクオスと対比してナノインパクト100には発毛を促進するようなアミノ酸等の成分が配合されていない分、育毛への影響は若干劣るフィーリングです。

 

ただ、ナノインパクト100にはスーパーヒアルロン酸と呼ばれるアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムなどの頭皮の保湿成果の高い成分が配合されているため、頭皮環境改善影響に力を入れている育毛剤という感触です。

 

ナノインパクト100はニキビやフケ、かゆみなどの頭皮環境を重点的に改善やりたい人にベストチョイスの医薬部外品の育毛剤です。

 

ナノインパクト100の公式Webページを見る

 

ナノインパクトプラス(ナノインパクト100)を買って使ってみた口コミと効果

 

 

医薬部外品の育毛剤と医薬品の発毛剤の有効成分の差異

育毛剤は、正しくは医薬品の発毛剤と医薬部外品の育毛剤に分ける事が出来ます。

 

医薬品の発毛剤は発毛が目的の薬で、男性ホルモン抑制や、進化因子を増やす作用により発毛影響が高いのがポイントです。

 

一方、医薬部外品の育毛剤は、有効成分や天然成分により頭皮環境改善や血行促進により髪が生えやすいステータスに導く事が目的です。

 

発毛剤は発毛成果が高く効き目が出やすいため副作用が出る事がありますが、医薬部外品の育毛剤は医薬品の発毛剤よりも成果が低いため人体への影響が少なく、副作用が起こりにくいという両者の相違があります。

 

特質に相違があるので、副作用があっても発毛影響が高いものを利用したいなら医薬品の発毛剤、影響はあっても副作用がない方がいいなら医薬部外品の育毛剤が推奨です。

 

 

医薬部外品の育毛剤と医薬品の育毛剤の購買位置とショッピング技術の異なる点

医薬品の発毛剤と医薬部外品の育毛剤は発毛成果や配合成分だけではなく、かつての薬事法、現時点での薬機法(医薬品医療機器等法)の決まりによって買い物可能なスポットが異なっています。

 

医薬品の発毛剤は、AGAクリニックや病院の皮膚科などでドクターに処方してもらって入手するのが一般的で、AGA治療薬として名高いな第一類医薬品として指定されているミノキシジル入り発毛剤リアップの事例は、ドラッグストアで薬剤師との対面提供によって入手する事ができます。

 

一方、医薬部外品の育毛剤は、提供箇所が特に限定されておらずドラッグストアや薬局、オンライン販売Webページで余裕にショッピングできますが、インターネットで好評の育毛剤はドラッグストアや薬局に取扱いがなく、インターネットカタログ販売でしか流通していないアイテムも多くなっています。

 

 

医薬部外品の育毛剤の選び方

医薬部外品の育毛剤は、医薬品の発毛剤より成果はゆるやかだと言われています。

 

育毛に成果的な成分の配合数が多く、頭皮の血行促進作用や頭皮の抗炎症作用など多彩な作用がある成分が配合されているので、単一的な影響しか得られない発毛剤やAGA治療薬よりも、薄毛のきっかけに多角的にアプローチする事ができます。

 

配合成分を参考にして成果の高い育毛剤をチョイスする場合は、薄毛を改善するのに成果的な、厚生労働省が成果があると認めた有効成分が入っている医薬部外品の育毛剤か如何にかを規格に選定するといいでしょう。

 

医薬部外品として認められるための有効成分としては、頭皮の抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCなど、頭皮の血行促進作用のあるセンブリエキス、頭皮環境を整える酢酸トコフェロール、サリチル酸、男性ホルモン抑制作用が望み可能なエチニルエストラジオールなどが代表的ですので、これらの有効成分が入っているか参考にして育毛成果の高い育毛剤をチョイスするのが推奨です。

 

トップへ戻る