イクオスとプランテルを比較

評判のイクオスとM字型用育毛剤プランテルはどっちを選ぶべきなのか徹底比較した結果、イクオスの方が優れているという事がわかりました。

 

このページではなぜイクオスの方が優れているのか、イクオスとプランテルの以下の項目で比較しました。

 

・配合成分と育毛への影響:イクオスの勝利
・金額:イクオスの勝利
・副作用:引き分け
・毛根への浸透:イクオスの勝利
・全額返金保証:イクオスの勝利
・使用感:引き分け

 

イクオスの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

薬用プランテルの公式Webページはコチラ

 

目次

 

イクオスとプランテルの成分数で対比

イクオスの配合成分数は70種類、プランテルは18種類となり、配合成分数ではイクオスがプランテルを圧倒しています。

 

育毛剤の抜け毛への効果を比べるならば、一番最初にまず配合している成分の数を比べるべきでしょう。

 

配合成分数が多いと、それだけ育毛剤の抜け毛への効果が期待できます。

 

その点、イクオスはプランテルの3倍以上の成分数を誇るため、それだけ育毛成果も高いと言えます。

 

育毛剤にコスパよりも抜け毛への効果を求める人は、迷わずイクオスを使用するべきでしょう。

 

イクオスの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

薬用プランテルの公式Webページはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの片方にしか配合されていない固有の成分

イクオスとプランテルには、共通して配合されている成分と、どっちかの育毛剤にしか配合されていない成分があります。

 

ですが、プランテル独自の1種類の成分を除いては、プランテルの成分もほとんどがイクオスに配合されています。

 

イクオスとプランテルの主成分は、ミツイシコンブから抽出されたM-034です。

 

M-034には毛根の毛母細胞で細部分裂を促し血流を良くする働きがあり、髪への発毛促進成果が見込みできます。

 

ただ、配合成分数が圧倒的に違う事もあり、プランテルが配合している成分については、ほぼ一通りイクオスが網羅しています。

 

ただ、一つプランテルにしか配合されていない成分として取り上げたいのがセファランチン。

 

このセファランチン、円形脱毛症の治療にはよく用いられている成分です。

 

セファランチンには血管拡張成果があり、頭皮の血行促進影響が期待できます。

 

これに対して、イクオスには主成分であるAlgas-2に内蔵されるペルベチアカナリクラタエキス、優れた保水力を持つスサビノリエキス、頭皮のアレルギー反応を食い止める有効成分の塩酸ジフェンヒドラミンなど、プランテルには配合されていない成分が数多に配合されています。

 

セファランチン以外のプランテルの配合成分を網羅しているイクオスの方が優れていると言えるでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの成果で対比

イクオスとプランテルの全成分の影響を対比すると、以下の育毛への働きがイクオスの方が圧倒的に高い事がわかります。

 

・頭皮の保湿
・AGA対策の男性ホルモン抑制

 

イクオスとプランテルの育毛成果を対比すると、大きな相違は後で延べるAGA(男性型脱毛症)対策への効果と頭皮の保湿成果です。

 

頭皮の保湿成果を持つ成分について、イクオスは育毛剤の中でも屈指の配合数です。

 

先ほど述べたスサビノリエキスをはじめとして、ヒアルロン酸やコラーゲンといった化粧品にも使われる保水力の高い成分を配合しています。

 

他にも、イクオスで外せない成分がアセチル化ヒアルロン酸ナトリウム。

 

これは通称スーパーヒアルロン酸と呼ばれている成分です。

 

スーパーヒアルロン酸はヒアルロン酸の保水力をそして2倍に高めた成分で、化粧品の業界で大注意を集めています。

 

このアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムを一番に取りいれたところに、イクオスの凄さがあります。

 

これに対して、プランテルにはこれといって、めぼしい頭皮の保湿成分は配合されていません。

 

したがって、頭皮の保湿影響という点ではプランテルにそれに対しイクオスの圧勝と言って良いでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルのAGAへの成果で対比

男性用育毛剤を対比するときに外せないのは、AGA対策に効果があるのかどうかです。

 

このAGA対策への効果については、イクオスが圧倒的にプランテルよりも優れています。

 

最初に、AGAを引き起こす物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する成分を単純に見ても、イクオスがヒオウギ抽出液・オウゴンエキス・ダイズエキスといったお決まりの成分をセットで配合しているのに対して、プランテルではDHT抑制成分はヒオウギエキスくらいしか見受けられません。

 

他にも、イクオスの凄いのはDHTを抑制する成分だけでなく、DHTが生成されてしまった後に分泌される脱毛因子TGF-βを抑制する成分も配合している事。

 

このような脱毛因子TGF-βを抑制する成分としては、クワエキス・シャクヤクエキスといった成分が挙げられます。

 

DHT抑制に力を入れている育毛剤は山ほどありますが、DHTが生じてしまった後の脱毛因子TGF-βの抑制に力を入れているアイテムはあまり見かけません。

 

こういった2段階の準備でAGAによる抜け毛や薄毛の症状に対抗しているという点にイクオスの強みがあります。

 

こうした点から考えても、AGA対策への成果はプランテルよりもイクオスにより望みが持てる事は間違いないのです。

 

イクオスの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

薬用プランテルの公式Webページはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの毛穴への浸透力で対比

イクオスとプランテルの頭皮への毛穴への浸透力を対比すると、イクオスの方が優れている結果となりました。

 

たとえ育毛剤にどんなに優れた育毛成分を配合していても、頭皮への定着力が低いとその影響を十分に発揮する事が出来ません。

 

特に薄毛症状が進行している人の頭皮は毛穴が皮脂で詰まっていたり、頭皮がカチカチに固くなって血行が悪化しているなど、育毛剤が定着しにくい頭皮環境になっています。

 

したがって、配合成分だけでなく、毛穴の奥まで浸透する力という観点からも、育毛剤を選ぶ際の重要な観点となります。

 

ついでに、イクオスは頭皮への定着力を高めるために低分子ナノ水という仕組みを導入しています。

 

低分子ナノ水というのは育毛剤の分子を極小化するというものです。

 

一例を挙げれば汚れが詰まっている毛穴は旧来の育毛剤では粒子が大きすぎて、奥まで浸透する事が出来ませんでした。

 

ただし、低分子ナノ水の仕組みを導入した育毛剤なら毛穴を通り抜けて、毛穴の奥の毛根まで定着する事が出来ます。

 

この低分子ナノ水という仕組みを採りいれている点で、イクオスはプランテルよりも頭皮への浸透力に勝っていると言って良いでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの副作用で対比

イクオスとプランテルはどっちも海藻から抽出された海藻エキスを主成分としており、配合成分も天然成分が元となっています。

 

したがって、イクオスとプランテルには副作用などが生じる発毛剤のようなリスキーさはほぼ皆無と言って良いでしょう。

 

イクオスとプランテルのどっちを買うか迷っている場合は、金額、抜け毛への効果を水準に選ぶとでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの費用で対比

イクオスとプランテルの代金で対比すると、単品購買だとプランテルが安価に、定期コースだと育毛サプリが付いてくるイクオスが安上がりです。

 

育毛剤で成果を出すには、最低半年間は使用することが重要です。

 

なので、育毛剤を使うなら単品購入ではなく、定期コースでの購入を考えましょう。

 

イクオスの定期購入は育毛サプリ付きで、1回から止められるため心配なく注文できます。

 

イクオスとプランテルで迷っている人は、単品と定期コースという2つの手段が選べます。

 

ついでに、単品か定期を選択したイクオスとプランテルの代金は次の通りです。

 

単品購買
イクオス:10328円(税込・送料込) 
プランテル:8840円(税込・送料込)

 

定期コース
イクオス:7538円(税込・送料込)
プランテル:6980円(税込・送料込)

 

こうして単純に対比しても、プランテルの方が安いのですが、イクオスは1本で30日分、プランテルは1本で50日分使えてしまいます。

 

したがって、1日刻みの費用になおすと、よりプライスの差が明確になります。

 

単品(1日当たりの単価)
イクオス:1日当たり約344円
プランテル:1日当たり約177円

 

このようにしてみると、1日当たりのプランテルの単価はほぼイクオスの半額になり、コストパフォーマンスに優れている事が一目瞭然です。

 

したがって、単品で安い育毛剤でないと金銭的に厳しいなら、イクオスよりもプランテルを買うべきです。

 

ただ、定期コースで買い物したケース、イクオスにはイクオスサプリという育毛サプリがフリーでついてくる特典があります。

 

プランテルでも育毛剤と育毛サプリをセット調達可能な全セット定期コースがありますが、その値段は19800円で大いに割高です。

 

そうなると、定期購入のコストパフォーマンスはプランテルよりもイクオスの方が優れていると言って良いでしょう。

 

イクオスの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

薬用プランテルの公式Webページはコチラ

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの全額返金保証で対比

イクオスとプランテルの返金保証の期間で対比した結果、以下のようにイクオスの方が優れているという結果になりました。

 

イクオスの期間:45日間
プランテルの期間:30日間

 

イクオス、プランテル共に返金保証という仕組みが設けられています。

 

購入後に育毛剤を試してみて、自らの頭皮に合わなかった時、一定期間のうちに申込み手順をする事で、育毛剤代金を返してもらえるというシステムです。

 

イクオスとプランテルの返金保証システムの中身を対比すると、どっちも初回に購入した代金分のみが返金対象という点で違いはありません。

 

ただ、違うのは全額返金保証を受け付けてもらえる期間。

 

全額返金保証の期間がイクオスは45日間となっているのに対して、プランテルは30日間。

 

イクオスの方が15日間長く使用して、その成果を確かめる事が出来ます。

 

したがって、返金保証の中身ではプランテルよりもイクオスの方がより親切だと言えるでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの使用感で対比

イクオス、m字はげ用のプランテルともにジェット噴射のスプレータイプの育毛剤本体です。

 

一点目がけて集中的に育毛剤を噴射可能なので、M字ハゲやつむじハゲのような人には大いに重宝する育毛剤です。

 

他にも、無色無臭でべたつきも無いため、通勤前などに塗布しても心配なしな育毛剤です。

 

使用感については、イクオスとプランテルのどっちを使っても不快感を覚える事は無いでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

イクオスとプランテルの対比まとめ

イクオスとプランテルを対比した結論ですが、ガチで薄毛対策を行いたいならイクオスを購入することを推奨します。

 

とどのつまり、イクオスには生え際へのAGA対策影響を持つ成分が圧倒的に多く配合しているというのが大きな理由です。

 

そして、イクオスの定期コースを頼めば、業界で評価の高いイクオスサプリももれなくついてきます。

 

いろんなことを考慮しても、ベストなのはプランテルよりもイクオスです。

 

イクオスの公式販売サイトを調査目的で見てみる

 

薬用プランテルの公式Webページはコチラ

 

このWebページ内のイクオスとm字ハゲ用プランテルの抜け毛への影響や口コミ、評判については以下のテキストを参照ください。

 

育毛剤イクオス(iqos)の口コミと効果【評判も調査】

 

薬用プランテルの口コミレビュー【効果の独自評価】

 

このWebページ内での最もベストな販売育毛剤が知りたい人は、以下の育毛剤ランキングを参照ください。

 

男性用で評判の育毛剤チャップアップや、ブブカ育毛剤、女用のベルタ育毛剤などの中から、イチ押しがわかるので育毛剤を選ぶ際のポイントにしてください。

 

男性におすすめの効果の高い男性用育毛剤ランキング12選
女性の育毛剤ランキング

 

▲目次に戻る

 

トップへ戻る